School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

カナダと日本の恋愛価値観ってかなり違う!?国際恋愛で心がけておきたい3つのこと

カナダの恋愛事情

こんにちは、バンクーバーに滞在中のyurinaです。今回は北米、特にカナダでの恋愛価値観について話していきたいと思います。

留学やワーホリなど現地で長く滞在するとなると、時に現地の異性の方と恋愛に発展することもあるでしょう。北米式の恋愛を知らずに恋愛を進めてしまうと、勘違いやすれ違いから傷ついてしまうこともあるかもしれません。

ですので、今日は私が知っていること、また私自身や友人が体験したことを包み隠さず話していきますね。

しかし、北米といっても私が今住んでいるバンクーバーは、同じカナダ人でも様々なバックグラウンドを持った人がいるため、恋愛に関してはやや特殊な都市かもしれません。トロントに比べてアジア人がとても多いため、白人系カナダ人とアジア系カナダ人でも少し違う部分があります。また女性目線中心の記事になってしまいますが、男性の方にも参考になる部分があるかと思います。

一般的な内容というよりは、1つの事例・知識だと思って参考にして下さると嬉しいです。

【PR】

日本とカナダの恋愛事情の違い Datingってどういうこと?

まず日本人の出会ってから付き合うまでのよくある恋愛パターンは、もちろん人それぞれですが、出会って何度か会うことを重ね、好きだという気持ちが芽生えたら告白して付き合う、こんなパターンが多いですよね。付き合ってから、お互いの相性や自分が本当に相手のことを好きだと気づく、なんてことも。

一方、カナダでの恋愛パターンはまた少し違うんです。カナダにはDatingという恋愛文化があります。それがとっても難しくてややこしい(笑)!

Datingというくらいなので、その期間はボーイフレンド・ガールフレンドとして、お互い認め合ってお付き合いしているわけではありません。付き合う前のお試し期間といった感じでしょうか。

その間はお互い何人か他の人とデートをしてもよく、その中から自分にとってベストの人を選びます。お試し期間といっても、体の関係を持ったり、お互いに“I like you”と言うこともあるので、私たち日本人からすると、Dating中とカップルとの境目がとても分かりにくいんです。

ここで、「付き合っている」と勘違いして傷ついてしまう方もいるかも・・。私も最初全く理解できず、何度苦しめられたことか・・。

勘違いするこんな実例も・・

ある時、カナダ人の男性と頻繁に会っている時期がありました。とてもいい人で、信じられないほど忙しいにも関わらず、私のために時間をつくって会ってくれる彼。

彼も私のことを気に入ってくれているようで、私のことを“baby“、“honey“とこちらで恋人同士に使われるワードで呼んだり、“miss you”、“I like you”と言われるため、てっきり私は調子に乗って「結構いい感じかも!」なんて思っていました。

ある日、カナダ人の男友達にこのことを話すと予想外の返答が。

そんなの結構カジュアルに言うよ」と一言。

友人によると、そのようなことを言うからといって本気で好きだとは限らないみたいです。なんてややこしいのでしょう、本当に。心をグッサリとやられた私でしたが、友人の一言がなければ調子にのったままだったでしょう。

そんな彼とは未だに連絡をとっていて、たまに会うこともあるのでこれからどうなるか、という感じです。

カナダには告白という文化はない

また私の友人には、出会ってから6ヶ月ほどのDatingの末、彼の友人に“This is my girlfriend”と紹介された時に自分が彼の彼女なんだと気づいた!という人もいました。

そう、ここで1つ。北米の恋愛文化には告白という習慣がほとんどありません。私の友人のように、何気ない瞬間に付き合っていることに気づく場合もたくさんあります。

会っているうちにいつの間にか・・と、とにかくそのあたりは大雑把。因みに私が過去に付き合った方はヨーロッパの方が多かったので、カナダ人とはまた違い“彼女になってくれる?”と聞かれてから付き合う場合が多かったかなと思います。

また私の友人の1人には、Datingしていた男性に「日本では付き合う前に、彼女になってくれる?って聞くのが普通なんだよ」と伝えてから、彼から告白されて付き合ったという人もいました。

カナダ人の友達や今まで出会ってきたカナダの人たちに付き合った人数を聞いてみると、年齢の割にはみんな少なかった印象があります。カナダでは本気で好きになり、長い期間一緒にいた人しか、「付き合った」とカウントしないのかもしれません

付き合う相手を時間をかけて真剣に選んで、本当に好きだという気持ちが固まってからお互いをボーイフレンド・ガールフレンドと認め合う。これがカナダ式恋愛の特徴です。ここまで読んでみてわかる通り、付き合う相手を選ぶのは、日本よりもかなり慎重だなというのがわかりますよね。

カナダの恋愛事情

国際恋愛で心がけるべき3つのポイント

ここからは、私が今まで経験し学んだことをもとに、国際恋愛をしていく上で私自身が心がけている3つのポイントをみなさんにシェアしていきますね。

正直、国際恋愛も日本人同士の恋愛も「交際」という段階に入ると、とても大きな違いというのはないように思います。やっぱり愛あってこその恋愛ですから、お互いの愛さえあれば海外の方であろうと日本人の方であろうと関係ないですよね。

ただ女性目線によってはいますが、この3つを心がけていけたら、あなた自身もパートナーにとってもよりよい恋愛を築くことができるのではないかなと思います。

(1) 伝える

国際恋愛をしてみて「伝える」ことの難しさと大切さを身にしみて学んだ私。なぜなら19、20歳だった当時の私には「わがまま」と「伝える」、この2つの境界線が難しかったからです。

「こんなに言ったらわがままだと思われるんじゃないかな」とビビりながらも、理解して欲しいという気持ちから、バシバシ彼に言っていたことを覚えています(笑)。

カナダを含め欧米では、男性に従うおしとやかな女性はあまり好まれず、そのような女性は自分の意見がない、何の特徴もない女性として見られます。

自立している、自信があることが魅力の1つだと捉えられるため、私はこういう人間なんだと最初の頃はしっかり自分自身をアピールすることが大切です

それに、「察する」ということも日本人ほどしてくれません。私が明らかに不機嫌そうにしていても、放っておかれたことなんて何度もありました。

生まれ育った環境も文化も違うので、伝える、話さなければ分かり合えないことだらけです。相手への尊重を無視して、ただ言いたい放題言うのはわがままだ思うかもしれませんが、「こうしてほしい」、「これは直してほしい」ということ、もちろん相手への愛情もしっかり伝えてこそ、リレイションシップが成り立つ、そして深く強いものになると思います。

また海外の男性は、本当に気に入っている、愛している相手にはとことん尽くします。もし彼が本当にあなたに気持ちがあるのなら、少々のわがままも聞き入れてくれるはずですよ。

逆に、あなたの意見に耳を傾けようとしない、あなたと真剣に向き合わないような相手との関係は考え直した方がいいかもしれません。もし私が今日本人の男性とお付き合いしたら、「なんて性格がきつい女なんだ」と思われるかもしれませんが(笑)、海外の方と付き合っていくためには、とにかくコミュニケーションは必要不可欠です!

(2) 心を最大限に広く持つ

気にしない期待しない受け入れる。この3つを私は、「心を最大限に広く持つ」という言葉にまとめました。

先ほども言った通り、生まれ育った環境も国も違う相手を全て理解することなんてほぼ不可能。私自身、今まで価値観の違いや言語による誤解から、日本人の方とのお付き合いならきっとしなくてもよかったであろうぶつかり合いを必要以上にしてきました。

相手の言うこと、することを細かく気にしていては、自分自身が本当に疲れてしまいます。私が経験してきた以上、もうこれは受け入れる、もしくは気にしないのが1番

今考えると、昔は本当にどうでもいいような細いことを気にして、意味もなく相手に当たっていたな~と思うことばかりです。変化や違いに柔軟に対応できれば、自分自身にも彼との関係にもとてもプラスになります。

でも、同じ国で生まれ育ってきた日本の方とお付き合いしていて「これくらいわかるでしょ?」ということも、海外の方とのお付き合いなら「これも文化の違いか」という考えに変換することができるのは、結構便利じゃないですか?

それに、海外の方の考え方はおもしろく学べることもたっくさんあります!こんな風にいかにポジティブに考えるかもカギですね(笑)。

(3) 自立する

自立といっても、経済的な自立と精神的な自立がありますよね。この2つどちらも必要ですが、特に精神的に自立していることは国際恋愛においてかなり大切

彼に依存しないで、仕事や自分の好きなこと、夢に一生懸命なことは、海外の男性にとってとても魅力的に見えるポイントです。その反面、いつも彼に頼ってばかりで、友達よりも彼氏優先、自分自身のことを高めようとしないような女性はただの重い女性と思われてしまう傾向が。

また日本では、外見の磨きにお金や時間を費やす女性が多いように思います。もちろん海外でも外見は気にはされますが、それよりも「いかに中身に興味が持てる女性か」ということが重要になってきます。

外見が美しくても、中身が空っぽな女性は、真剣な相手としてはNG。知性・経験があり、目標や夢を語れる女性は、セクシーで魅力的だと好印象を持ってくれるでしょう。旅をしたり、好きなことにフォーカスしたり、自分の時間も充実させることにまずは重点を置いてみてください。


カナダの恋愛事情

いかがでしたでしょうか?もちろん、恋愛の価値観は人によってまた少し違ってくるため、私が話したこと全てが当てはまるとは限りませんが、知識として頭の片隅においてくださると嬉しいです。

そしてどんな恋愛でも「自分らしさ」は忘れないでください。あなただけが持つ魅力を最大限に引き出して恋愛を楽しんでくださいね!

社会人の超短期留学って、ぶっちゃけ意味ありますか?イベント詳細

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

yurina

yurina

高校卒業後、1年間カナダのバンクーバーで語学留学をしたのち、現在はネイリスト 学生としてバンクーバーに留学中。過去に2ヶ月間、マルタにて留学経験も。To travel is to live my lifeというほど、世界を旅することがだいすき!私の第二の 故郷になったバンクーバー、まだまだ馴染みの少ないマルタ、そしてこれまで旅して きた国情報などをシェアしていきます。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。