School Withとは

School With は留学・語学学校の今がわかる留学情報メディアであり
一人ひとりの留学に向き合う留学エージェントです。

無料会員登録して使ってみる

  • 留学経験者の口コミが見れる!

    世界32カ国の語学学校を約4,000校掲載。
    最新の学校のカリキュラムや料金表や
    留学経験者の最新の口コミ評判も充実。

  • 見積り、申込の手数料無料!

    School Withでは、留学のお手続きは
    全て無料でサポートしています。
    ご安心してご利用ください。

× 次回から表示しない

School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

渋谷にいる外国人観光客は何に困っているのか?自主的に観光ガイドをやってみた

こんにちは。ありぺいです。

こんにちは、ありぺいです

最近の疑問なんですが、渋谷を歩いていると数年前に比べて、外国人観光客が圧倒的に増えてる気がするんですよね。ハチ公前、スクランブル交差点のスターバックスなど。

でも日本では英語があまり通じないから、色々困ると思うんですよ。自分も海外に行って、日本語と英語どっちも通じなかったら困るし。しかも、日本にはフリーWi-Fiが全然ないから、特に困っている人が多いんじゃないでしょうかね。

というわけで、
『渋谷にいる外国人観光客はどんなことに困っているのか』を検証してみました!

渋谷で困っている外国人から質問を集めて、自主的にガイドしちゃいます。行き方がわからないといった感じの質問は多いとは思うんですが、、、どんな質問が多くなるんですかね。めちゃくちゃ気になります。

それではいってみましょう!

【PR】

今回の企画概要はこちら!

渋谷のスクランブル交差点で、2時間調査を行います。日本で外国人の多い場所といえば、渋谷のスクランブル。とにかくスクランブルに行っておけば、外国人観光客がいるのではないでしょか。

質問用紙

調査方法は簡単で、
Any Questions? I can help you!!
と書いてある紙を持って、ただひたすら質問を待つだけ。そして、その質問に全力で答えるというもの。

みなさんも海外旅行中に道で迷ったり、そんな経験があったりしませんか?そんな時に、街中で「質問ありますか?助けられます(日本語)。」なんて看板持っていたら、普通は質問しに行きますよね。その要領で質問を集め、答えていきます。

僕は今回の企画のために、英語がネイティブの友達と"オンライン英会話"を重ねてきました。準備は万端。

とにかく質問が集まらなければ、企画はボツになる。質問が集まらなかったどうしようと不安になりつつも、いざ渋谷のスクランブル交差点へ!!!

質問募集を開始

渋谷に到着したありぺい

渋谷のスクランブル交差点に到着。

外国人を発見したありぺい

おーいるいる!外国人観光客がたくさんいるじゃないですか!
これはすぐ質問が集まるに違いないですね。

ありぺい

注目を集めるため、信号待ちしている人に見せつけてみました。
企画成立間違いなしや。

そば外国人

お、そばに外国人いる!!!しかも、顔がめっちゃ困ってそう。
これはいける!!!

掲げる

あれ・・・素通りされた。
後ろで、「何してんだあいつ」というような会話が聞こえる気がする。

ありぺいさん

何かがおかしい。。。

ありぺ

みんな困ってないの?
無視されて、心が折れそう。ナンパしてる人、尊敬するわ。

ですが、これまで想定の範囲内。
ここでわたくしが隠し持っていた戦略を使います。

案内所

観光案内所の目の前で待ち構える
ここなら困っている観光客ばかり来ますもんね。

そして、案内所の前に立ち始めた直後。

質問される

「質問いいですか?渋谷東急Reiホテルを探してるんですけれど。」
おお!待ってましたーーー!!!って、日本語かよ!
まさかの日本語がペラペラな外国人でした(笑)。丁寧に案内をし、まあとりあえず1つ質問ゲットね。

みんな無視

この流れを切らずにガンガン質問を集めたいのですが、観光客って全然困ってないんですねー。日本人の方からの視線がとにかく痛い。中国人観光客はどこに行っちゃったの。

もしかして、性別が原因なのかな。むさ苦しい男よりも、かわいいそしてセクシーな女の子の方が良いのかも

たしかに自分なら女の子に話しかけるし。

というわけで女性メンバーを緊急招集

斉藤

あまりの質問の集まらなさに、School With インターン生のちゃんまきを緊急招集!
一体どうなるのでしょうか。企画が成立するのかハラハラ。

家族

紙を構えてから30秒ほどでオーストラリアからの家族が接近。
109はどこかしら?買い物したいんだけど
あと、オススメの食べ物があれば教えて欲しい

何これ、嘘でしょ。。。しかも、英語だし。

観光客と一緒に

び、美女と写真なんて...いいなあ。
その後も、ちゃんまきだけには、なぜかガンガン英語で質問する観光客の皆さん。

観光客と一緒に
フランスからの観光客

「山手線の場所を探しているんだけど、どこか教えてくれませんか」

フランス留学経験があり、フランス語を話せるちゃんまきは、観光客がフランス人とわかるや否やフランス語で案内し始める。かっこよすぎる。

観光客と一緒に
オーストラリアからの観光客

「ロフトとスタバの場所はどこでしょうか」と聞かれたり、

観光客と一緒に
オーストラリアからの観光客

「日本で、オススメのカフェを教えてください。スタバ以外で」と聞かれてたりしているんです。

なんなんですかこれ。もう僕がいる必要ないじゃん。
むさ苦しい僕には冷たい世の中ですね。

悔しがるありぺい

セクシーちゃんまき、恐るべし。

セクシー斉藤

質問のほとんどを(女性の)ちゃんまきが集めて、調査が終了しました。

観光客から聞かれた質問の概要

結果発表。渋谷に2時間いて、質問してくれた外国人観光客の方は15人。
それらを3つのカテゴリーに分けてみました。

1) 電車に関する質問

渋谷駅には複数の路線があるので、観光客だけではなく日本人でも迷いやすいですよね。

その中で、聞かれた質問はこちらです。
「山手線の場所はどこ?」
「浜松町までの行き方を教えて?」
「地下鉄の場所どこ?」
「パスモは全部の駅で使えるのか?」

電車に関する質問は、本当に迷っている方が多かったです。目の前に山手線があるけど、山手線の場所を聞かれたり、地下鉄の場所を聞かれたりしました。渋谷が初めての観光客は仕方ないにせよ、もう少し迷わないようにできればいいのになあ。

また、パスモ・スイカのカードが全路線で使えるかなど、単純な駅名や路線名ではない変化球への対応には困りましたね。電車関連は聞かれやすいという傾向にあるようです。駅名を聞かれた際は、Google マップや乗換のアプリを使って教えると良いですよー。

2) 場所に関する質問

観光客からの定番の質問といえば、場所に関する質問ですよね。

聞かれた質問は
「郵便局までの道のりを教えて?」
「パフェが食べれるカフェを教えてくれ?」
「109はどこ」
「ロフトとスタバの場所はどこ?」
「おすすめのカフェ教えて?」
「美味しいラーメン屋どこ?」

という感じです。

ありぺい道案内

僕に質問する観光客はあまりいませんでしたが、珍しくオーストラリア出身の夫婦から郵便局までの道のりを聞かれました。Google Mapを使えば一発で分かるのですが、渋谷でフリーWi-Fiを見つけるのは大変なので、外国人観光客は困っていました。

質問というより、日本人と話したいから聞いてきたという相談に近い質問も多かったですね。特に、カフェとパフェに関しては、さすがにググって良さ気なところを紹介しました(笑)。

3) 斜め45度からの質問

電車や場所に加えて、トリッキーな質問も飛んできました。

「なんで渋谷って混んでるの?」
「なんでそんなこと調査してるの?」
「東京ドリフトの撮影地って渋谷のどこ?」

斉藤の道案内

こちらはネパール人たちで、「渋谷はなんでこんなに混んでるの?」という質問。個人的に、なかなか良い質問だなと思っています。
確かに渋谷ってなんで混んでるんでしょうね。東京ってのもあるけどハチ公以外は特に見所もないし。うちの家の近くにもスクランブル交差点はあるんだけどな。

また東京ドリフト/ワイルドースピードという映画は、海外の方にはかなり有名です。でも僕はその映画を見たことがなかったので、答えられませんでした。せっかく質問してくれたのに本当ごめんなさい。

検証の結論

今回渋谷のスクランブルに2時間立ち続けて、観光客が抱く疑問を集めましたが、やはり電車と場所に関する質問がほとんどでした。場所以外にも、もう少し日本文化に関する質問されると思ったんですけどね。意外なのが、質問してきた観光客の半分がオーストラリア人でした。季節とか関係あったりするのかな。

また、変なことしていると思われてなのか、質問というよりも相談や興味を持って話しかけてきた方もいました。終始鼻で笑われ、怪しまれてたので、1人でやってたら完全に心折れてたと思います(笑)。

結論
渋谷にいる外国人観光客は、そんなに困ってない。
あと、女性の方が圧倒的に質問されます。

やっぱり日本人女性はモテるんですね。

ありぺい悲しい

今回協力していただいた外国人観光客の皆さま、ありがとうございました。
次回は場所を変えてみて、どんな違いがあるのか検証したいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この留学ブログを書いた人

ありぺい

ありぺい

埼玉県在住。現在、大学を卒業してギャップイヤー中。在学中にタイへ1人旅、3週間のインターンシップ、アメリカで半年間の交換留学を経験。また、1年以上タイ料理屋でバイトをしたことがあったり、とことんタイに縁を感じるが、実はタイ料理が非常に苦手である。

この記事に関連するタグ

こちらの留学ブログもいかがですか?

カテゴリーから記事を探す

みんなの留学相談サービス「留学アンサーズ」
School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。