School Withとは

School Withは海外留学、語学留学の口コミ情報サイトです。
世界各国の語学学校と、留学経験者の口コミを多数掲載!

無料会員登録して使ってみる

  • 留学経験者の口コミが見れる!

    実際に留学を経験した人の口コミを
    4000件以上掲載しています!

  • 見積り、申込の手数料無料!

    実際に留学を決めた際の費用の見積りや
    申込みサポート手数料は無料です!

× 次回から表示しない
School With 留学コラム 留学で役立つ知識や情報を配信中!

留学するなら海外旅行保険に入るべき?ニュージランド留学するなら知っておくべき保険事情まとめ

海外旅行保険

こんにちは!ニュージーランドに留学中のもえみんです!

留学やワーキングホリデーだけでなく、ちょっとした旅行にも加入する人が多い医療保険ですが、「どの保険を契約すればいいかよくわからない!そもそも何に保険をかける必要があるのかも分からない。」という人も多いのではないでしょうか?

今回の記事では私の留学経験を踏まえて、ニュージーランドでの医療保険事情や、ニュージーランドに留学するならどんな補償内容にすべきか、どんなサポートが実際に役だったか、に関してまとめてみました

ぜひ確認してみて下さいね!

【PR】

No More 英語学習 春の留学応援キャンペーン

ニュージランドは医療費が無料になる?

ニュージーランドでは医療保険が無料になる、というのは本当です!ですが、学生ビザやワーキングホリデービザで渡航する場合は、残念ながらその恩恵を受けることができません。

完全に医療費が無料になるのは、事故に遭ってしまったなど、緊急の時のみです

またニュージランドもオーストラリアと一緒で、救急車を呼ぶとNZ$98(約8000円)請求されます。例えば、脳卒中を起こして倒れた場合は、緊急であるためお金を支払う必要はありません。

お腹が痛くて歩けない、などという場合は、審査の結果によっては出張費を請求されます。また救急搬送代は免除になったのに、その後の治療は有料という場合もあります。

上記に関しては、ACCという政府医療補償機関に申請して、初めてお金が返ってくるという形になります。もしもの時のために覚えておきましょう。返ってくるかわからなくても、レシートを取って置いて駄目元でも申請してみると、いくらか返ってくるということがあるそうです。

ニュージーランドでは、移民法で保険の加入が推奨されている

留学生は完全に医療費が補償されていないことを理由に、移民法で大学や語学学校独自の保険加入が義務付けられているそうです。

私の通っている大学では、年間NZ$1,000程度(約8万円)支払いました。ちなみに私は、「すでに別の保険を契約しているので支払いたくない」と抗議しましたが、法律で決まっているのでしょうがないと突き返されました。

それにプラスして留学先の大学の寮でも、保健室利用料を半期分NZ$199(約1万6000円)払いました。これからニュージーランドで留学する予定の方は、学校独自の保険や関連する費用がどれくらいかかるのか、事前に調べておきましょう!

日本の海外保険会社にも契約しておくべき

海外旅行保険

ニュージーランドのACCという機関へ医療保障を申請する際は、もちろん英語になります。ですので、日本の保険に入っておいたほうが申請が楽で、日本語サポートもあるので安心です。

中には「事故にあってもニュージランドには国籍を問わない医療補償制度があるから、保険を契約しなくても良い」または「大学で加入しなければいけないなら、それだけで良い」と思ってしまう人がいますが、ニュージランドの保険には賠償保険など、けがや病気にまつわること以外の補償がついていないので注意しましょう

私の日本で契約した海外保険会社は、ジェイアイ傷害火災保険。契約内容には、

  • 1) けが・病気にかかった場合の疾病治療費
  • 2) 救援者が駆けつけた場合の費用
  • 3) 携行品損害補償
  • 4) 賠償責任補償
  • 5) 飛行機の欠航・遅延補償
  • 6) 電話相談(24時間対応)
  • 7) 月次メール
  • 8) 安否確認サービス(自然災害時)

がついていました。けがや病気などの疾病補償だけではなく、携帯品損害補償や、障害・死亡した場合の補償などがついています。

海外旅行保険

私は一番安いもので、障害死亡の場合1000万円補償されるプランを1年分購入し、143,850円かかりました。私の周りには、障害死亡補償3000万円を1年分で167,730円のプランを買う人が多くいましたね。

しかし死亡補償より、もう少し現実的に利用しそうな損害賠償責任補償や、航空機委託手荷物遅延補償などは、さらにお金を払っても同じ補償額だったので、一番安いプランで十分だと感じました

どんなサポートサービスが便利だった?

実際にニュージーランドに留学してみて、私があって便利だったなと思うサービスは、「無料の電話相談」と「震災安否確認サービス」ですね。以下で詳しく見ていきましょう!

1) 24時間無料の電話相談サービス

私が契約した海外保険では、無料の電話相談員が24時間対応してくれていたので、海外では心強いなと思いました。ちょっと体調が悪い時に電話して、病院に行くべきか、自分で回復できるかなど、気軽な健康相談ができます

私が契約している海外保険は、食生活やちょっとしたけがの応急措置の仕方について教えてくれるサービスもありました。

また24時間ではないですが、ちょっと気分がダウンしてしまった時には臨床心理士と直接話すことができます。私は西洋スタイルの心のケアの方が自分にあっているなと思ったので、学校のスクールカウンセラーに毎月話を聞いてもらっていました。

しかし、授業がない時や、次の予約の日になるまでが辛い時もあったので、そういった時は臨床心理士の方と話すことができて心の支えになりました。

2) 震災時の安否確認サービス

ニュージーランドの地震

ニュージランドも日本と同様に地震の多い国です。ですので、いつどこで何が起きるかわかりません。また同じように日本で何か自然災害があった際に、安否登録を私の保険先が取りまとめてくれるようになっています。

6年前の大震災では、ネット環境が混雑しすぎて、家族と連絡が取れないということがあったので、いざという時のためにこう言ったサービスがあると安心だなと思いました。

気休めでも、日本で海外保険に加入しておくのがオススメ!

最後に、海外へ中長期で留学やワーキングホリデーに行く方は、ぜひ日本で海外旅行・留学保険に加入しておくことをオススメします!

例えば、スキーに行って骨折したけど、それ以外では保険の利用をしなかった場合、もしかしたら保険料を1年分支払うよりも安く済むかもしれません。

でも海外の医療費となるといくらかかるかも予想がつかないので、まず病院に行こうという決心もなかなかつきません。また、もしその一回のけがでスキー板を壊してしまったり、他の人にけがを負わせてしまったりした場合は10万円では済まない額になってしまう可能性だってあります。

ですので、そんな時のために気休めでもいいので、海外保険の加入をおすすめします。安い買い物ではないので、やはりためらってしまいますが、一番安いプランでも良いのであると本当に心強いです。

また、補償以外のサービスが受けられる保険会社もあるので、しっかり吟味して自分に合ったプランを選びましょう!

関連記事↓↓
クレジットカード付帯の海外旅行保険についてメリットや注意点を解説してみた

初めてのニュージーランド留学 最初の1ヶ月で必要な生活費っていくら?初月の家計簿大公開!
ニュージーランドで長期留学するなら知っておくべき、現地銀行口座の開設からオススメの支払方法まとめ

「美しい自然に囲まれながらのんびり過ごせる」ニュージーランドで、あなたも留学してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この留学コラムを書いた人

もえみん

もえみん

”自分らしく”生きれる場所を求めて、三千里。2016年からニュージーランドのオークランドに留学し、ライティングとメディアを勉強しています。

このコラムに関連するタグ

こちらの留学コラムもいかがですか?

留学経験者、留学中の方
ライターとして活動しませんか?

School With 留学コラム ライター募集
No More 英語学習 春の留学応援キャンペーン
みんなの留学相談サービス「留学アンサーズ」

カテゴリーからコラムを探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。