School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

イギリスのスーパーマーケットってどんな感じ?品揃えやレジでの買い方など、日本との違いを解説

こんにちは、イギリスのケント州在住の首藤です。

現地で生活するにあたって欠かせない存在といえば、スーパーマーケットですよね。イギリスのスーパーではイギリスの食材はもちろん、ヨーロッパ各地の食材も手に入ります。今回は日本とイギリスのスーパーマーケットでは、一体どんな違いがあるのかご紹介していきます。

これからイギリスに観光や留学で訪れる予定の方は、ぜひ参考にしてみてください!

【PR】

イギリスのスーパーマーケットにも、庶民派から高級店まで色々ある!

イギリスには古くから階級制度がありました。現在では意識する人が少なくなってきたものの、おだやかな階級制度というのは未だに根付いているのです。スーパーマーケットにもランクのようなものがあり、高級スーパーから庶民派のスーパーまで色々あります

またイギリスではまとめ買いが一般的で、大きなカートにいっぱいに買い物をします

私はいつも庶民派の大型スーパーに車で行き、まとめ買いをしていますが、実は一番近所にあるのはちょっとお高い高級スーパー「Waitrose」(ウェイトローズ)なので、今回はウェイトローズの写真とともにお届けします。

イギリスの高級スーパー、Waitrose」(ウェイトローズ)

イギリスの高級スーパー

ちなみにイギリスで高級感のあるスーパーは、「Waitrose」と「M&S(マークス&スペンサー)」です。

どちらも自社商品を多く取り揃えており、新鮮で品揃えも豊富です。

イギリスの庶民派スーパー

イギリスの庶民派スーパーといえば、

  • ・「TESCO (テスコ)」
  • ・「Sainsburys (セインズベリー)」
  • ・「Morrisons(モリソンズ)」
  • ・「ASDA(アスダ)」

になります。いつもの買い物は庶民派で、ちょっと特別な時にはウェイトローズ、という使い方もできますね。

スーパーの入り口では花束がお出迎え

イギリスのスーパー、花束

イギリスのスーパーマーケットでは、必ず入り口付近に花束が売っています。部屋を飾るため、恋人へのプレゼントなど、気軽に買っていけるよう入り口に置いてあるのですね。

すぐに買っていけるように、あらかじめブーケになっているものが多いです。

乳製品は美味しくて、驚くほど種類が多い!

イギリスに来た当初、スーパーに並ぶ乳製品の多さには本当に驚きました。リーズナブルなものから高級なゴートバターやチーズ、さらにはイタリアやスイスのチーズなどとても種類が豊富です。しかもイギリスでは、どれも比較的リーズナブルに購入することができ、味も濃厚で美味しいです。

イギリスのスーパー、乳製品

イギリス人はバターを料理にたっぷりと使うので、大容量のチーズやバターが当たり前。以前日本でイギリス人の友達に会った時、

「なんで日本のチーズはあんなに小さい上に小分けしてあるの?あれじゃ全然足りないわ」

とぼやいていました。確かにイギリスのサイズに慣れていれば、日本の乳製品はどれも小さく感じるかもしれません。

イギリスは紅茶とポテトの国

イギリス人は本当に紅茶をよく飲みます

イギリスの紅茶

スーパーにはこのようにたくさんの種類の紅茶があり、大容量の紅茶パックが一番の売れ行きです。どの家庭でも色々な種類の紅茶を常に用意し、お客さんが来た時に備えています。

イギリスのスーパーではじゃがいもの種類も豊富

イギリスのスーパーのじゃがいも

またイギリス人はじゃがいもをよく食べるので、どこのスーパーにもたくさんの種類のじゃがいもがあります。マッシュポテト、ジャケットポテト、チップス(フライドポテト)など、料理によってじゃがいもを使い分けるのだそうです

私の夫はイギリス人なのですが、何となくじゃがいもの使い分けが分かるらしいです。私はまだ違いが全然よく分からないのですが・・

イギリス人の定番の朝食は?

イギリスのスーパーマーケット「ポリッジ」

こちらは「ポリッジ」というオートミールで、じぁがいもをミルクでふやかしておかゆにして食べるものです。消化が良いので、お腹の調子が悪い時、朝食などにイギリス人が好んで食べるようです。

日本人の私は、だったら普通のおかゆが食べたいですが、どこのスーパーマーケットにもシリアルと並んで朝食の定番のようです。

アジア食材は日本より高め。ヘルシー志向の人向け

イギリスのスーパーマーケット、アジア食材

ウェイトローズには、アジアの食材も多く取り揃えています。

日本の醤油などは、イギリスでヨーロッパの人向けに加工されているものが多いです。味が微妙に違うので、私はロンドンまで行って日本から輸入したキッコーマンの醤油をかなりお高めで購入しています。

アジア食材はやっぱりちょっとお高めで、置いているスーパーも多くはありません。特に寿司などの日本食に興味があるイギリス人は、かなりのヘルシー志向。スリムをキープしている人が「日本食はすべてがヘルシー」と信じていて、高くても日本食を購入しているようです。

イギリスのスーパーでは、レジでやることがいっぱい!

日本のレジではカゴをそのまま乗せるだけで、コンビニでは袋詰めまでやってくれますよね。しかしイギリスのスーパーマーケットのレジでは、お客さんがやることがいっぱいなのです。

まずはベルトコンベアに商品を次々と並べていきます。全てベルトコンベアに並べたら、「私の商品はここまで」という印に、ついたての棒を置くのです

イギリスのスーパーのレジ

それをもって次の人は自分の商品を並べ始めます。このシステムを知らなかったイギリスに来た最初の頃、後ろのおじさんに咳払いをされ、置くように促されたことがあります。レジでの大切なエチケットです。

そしてレジの人がスキャンした商品は、どんどん自分で詰めていきます。袋は有料なのでエコバッグを持参すると良いです。これは日本と同じですね。


いかがでしたか?イギリスは料理があまり美味しくないなんて言われていますが、スーパーマーケットでの豊富な品揃えはかなりのものです

私は留学中、料理をしなくても友達と生ハムやチーズ、お惣菜をたっぷり買い込んでパーティーしていました。肉と乳製品はとくに品質が良いと思うので、イギリスに来た際にはぜひたくさん買ってみてほしいと思います。

イギリスで留学するなら↓
「イギリス留学ならではのメリットはこんなにある!思いっきり楽しむイギリス留学」

イギリスの生活情報↓
「イギリスのコンセントと電圧について解説」
「イギリスの治安状況・トラブル対策まとめ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

首藤 加奈子

首藤 加奈子

イギリス在住のフリーランスライター。1年半のイギリス留学を経て、イギリス人と結婚。現在はケント州在住。書くことを通して、イギリスに関する情報を発信していけたらいいな、と思っています。

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。