School Withとは

School With は留学・語学学校の今がわかる留学情報メディアであり
一人ひとりの留学に向き合う留学エージェントです。

無料会員登録して使ってみる

  • 留学経験者の口コミが見れる!

    世界32カ国の語学学校を約4,000校掲載。
    最新の学校のカリキュラムや料金表や
    留学経験者の最新の口コミ評判も充実。

  • 見積り、申込の手数料無料!

    School Withでは、留学のお手続きは
    全て無料でサポートしています。
    ご安心してご利用ください。

× 次回から表示しない

School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

英語の発音にもルールがある?「フォニックス」を学んで知らない単語もスラスラ読めるようになろう!

ハロー!沖縄出身ライターのAkaiです!

突然ですが、みなさんは「フォニックス」という英語の発音ルールを知っていますか?

例えば、ABCを「エービースィー」と読むのは誰もが知っていますが、これをフォニックスのルールで読むと、「ア、ブ、クッ」となります

正直それが英語学習の何に役立つのか、よくわからない方が大半だと思います。しかし、こういった発音のルールを知っておくだけで、発音を理解することにも繋がりますし、スピーキングはもちろん、リスニングの時にも大いに役立ちます。初めて読む単語も読めるようになったりします。

英語学習をしている全ての人に、ぜひ「フォニックス」は知っておいて欲しいところ。そこで今回は、このフォニックスとは何なのか、について簡単にご紹介いたします

それでは、Here we go!

【PR】

英語発音のルール、フォニックスとは

フォニックスは英語を習得する際に学ぶ、発音のルールのこと。残念ながら日本の公立の学校では、このフォニックスはほどんど教えられていなかったり、簡単にしか紹介されません。

英語圏で育つ子どもたちは、日本語圏で育つ子が小さい頃に自然にひらがなを学ぶように、まずこのフォニックスを徹底的に学びます。

例えば、Aと書かれたカードにAから始まる単語の絵が描かれています。リンゴの絵が書かれているとすると、それを「エイ(文字の名前)、ア(文字の発音)、アッポー(単語の読み)」と、文字の名前と発音、関連する単語を一緒に口に出して読み、アルファベットも読み方も同時に学ぶのです。

アルファベットは全部で26文字あるので、このフォニックスも一番土台となる発音は26パターンあります

フォニックス基礎発音一覧
a b c d e f g h
ドゥ フッ
i j k l m n o p
ジュ
q r s t u v w x
ゥル トゥ ゥワ クス
y z
ィヤ

2文字ルール、特殊な発音ルールを覚えていく

26パターンの基本的な音をマスターしたあとは、フォニックスの「2文字の組み合わせた場合の発音ルール」を覚えていきます。具体的には「TH、SH、CH」などの場合はどう発音するのかなどです。

フォニックス(Phonics)

ある程度2文字組み合わせの発音を学んだ後は、「特殊な発音ルール」を学びます。たとえば、Cは基本的に「クッ」と読むのですが、Cの直後に来る母音が「E、I、Y(Yは時々母音の役割もする)の時は、S=「ス(口を尖らせる日本語のスではなく、口の形は横長のまま上前歯と下前歯の隙間から出す空気に近い音)」という音で読む、などです。

例)Center, Cycling, Cityなど。

このような英語の発音上の特別ルールが、フォニックスには山ほどあります。これをネイティブスピーカーは、私たち日本人が青という漢字を見て「あお」と読むのか「せい」と読むのか瞬時に判断できるようになるように、なんとなく、少しづつ覚えていくのです。ただ、私たちは英語を外国語として勉強するため、これをルールとして覚えなくてはなりません。

アルファベット読みとフォニックス読み

発音上の特別なルールを覚えていく中で、単語によっては「A」をせっかく覚えた「A(ア)」という音ではなく、「A(エイ)」とアルファベットの音でそのまま発音する単語に出会います。そこにまた、新たなフォニックスのルールがあるのです

たとえば、Eで終わる単語(make, date, cake)などは、最後のEの音は発音しない、「サイレントE」というルールがあります。

この場合は、単語の最初に出てきた母音をフォニックス読み(ア)ではなく、アルファベットの読み方(エイ)で読まなくてはいけません。なので、

make = m(ンム)+a(エイ)+k(ク)=ムエイク=メイク

となるのです。最後のEの音は発音しないので、消えています。

細かいルールに関しては、ぜひ以下のリンクも覗いてみてください。
フォニックス (Phonics) 入門

日本式とヘボン式?ローマ字に惑わされるな!

英後の発音の学習のときに私たちを惑わせてくるもの、それがローマ字です。ローマ字のルールと、英語発音のルールは異なります。makeはローマ字で読むと、「マケ」ですね。頭の中に先に定着しているローマ字が、フォニックスを使おうとする頭を邪魔してくるのです!

そもそも日本におけるローマ字教育は、ダメダメです。なぜかというと、日本には現在、「日本式(訓令式)」と呼ばれる日本人のみにしか通じないローマ字と、「ヘボン式」という世界共通のローマ字の2種類が混在しているからです

小学生時に日本式のローマ字を習った方も多いのではないでしょうか。例えば、「ti=ち」、「si=し」と表記するものです。そのあと中学生で習うものが、ヘボン式です。日本式で「あつしくん=Atusi」だったものが、ヘボン式では急に「Atsushi」になり、「ちかちゃん=tika」は「Chika」になります。どちらも正解です.

ただ世界共通のローマ字は、ヘボン式なので日本式のローマ字を使うことはほどんどありません。それならなぜ日本式を教えるんですか!と声高に抗議したいところですが。

ということでフォニックスを学ぶ時は、混乱しないためにもローマ字のことは一旦忘れましょう!


どうでしょう?フォニックスに興味が湧いてきましたか?フォニックスのルールを勉強すれば、「なるほど!だからこうやって発音するのか!」と目からウロコなものばかり。

初めて見る単語でも、読めるようになってくるし、自分の発音もきれいになります。少しでも皆さんの英語学習の役に立ちますように!

それでは、BYE!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この留学ブログを書いた人

Akai

Akai

学生時代、お金を貯めてオーストラリアへはばたく。語学学校、寿司職人を経て、オーストラリア大陸を四分の三周する旅へ。帰国後広告代理店勤務などを経て、現在は子供英会話の教師として働く。「やりたいと思ったときにやれ!」をモットーに生きる、沖縄が生んだ風雲児。

この記事に関連するタグ

こちらの留学ブログもいかがですか?

カテゴリーから記事を探す

みんなの留学相談サービス「留学アンサーズ」
School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。