School Withとは

School With は留学・語学学校の今がわかる留学情報メディアであり
一人ひとりの留学に向き合う留学エージェントです。

無料会員登録して使ってみる

  • 留学経験者の口コミが見れる!

    世界32カ国の語学学校を約4,000校掲載。
    最新の学校のカリキュラムや料金表や
    留学経験者の最新の口コミ評判も充実。

  • 見積り、申込の手数料無料!

    School Withでは、留学のお手続きは
    全て無料でサポートしています。
    ご安心してご利用ください。

× 次回から表示しない

School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

オーストラリアに行ったら絶対に食べるべき地元の料理12選

みなさんこんにちは!ロンです。

現在私はオーストラリアに住みはじめてから、もう7年ほどになります。ワーキングホリデーで2年間オーストラリアに滞在した後、結婚。それから5年間こちらに住んでいます。

今回はそんなオーストラリア生活歴7年の私がおすすめする、オーストラリアに訪れたとき絶対食べておきたい料理12選をご紹介いたします!
これからオーストラリアに行く方は、チェックしてみてくださいね!

【PR】

1.ベジマイト (Vegemite)

オーストラリアのおすすめ料理、ベジマイト

オーストラリアと言えばこれ!というくらい有名な食べ物。
チョコクリームのような茶色いペースト状の食べ物で、これを主にパンやクラッカーに塗って食べます。

どこのスーパーでも手に入る食べ物で、オーストラリアでは一家に一つは必ず常備されているほど。

しかし味はというと、とてもしょっぱくてしかも匂いも強烈なので、日本人にはあまり好まれません。

このベジマイト、「オーストラリアの納豆」という表現もよくされています。

日本人が普段納豆を食べたり味噌汁を飲んだりするのと同じ感覚で、オーストラリア人は日常的に好んで食べているのです。

私は長年オーストラリアに住んでいますが、ベジマイトだけはどうしても食べられません。

日本人にとっては罰ゲームと感じるかもしれませんが、オーストラリア人には古くから愛されているこの味。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

2.ティムタム (Tim Tam)

オーストラリアのおすすめ料理、ティムタム

言わずれと知れたオーストラリアの有名なチョコレート菓子!

中はサクサク、外はチョコレートでコーティングされており、こちらでもとても人気のお菓子です。

最近は日本でもよく見かけるので、知っている方も多いかもしれませんね。

味の種類もとても豊富。

特定のスーパーにしか売っていないお店限定の味や期間限定の味もあり、また値段も3ドル前後と手頃です。

なので、オーストラリアに来る旅行者は、必ずと言っていいほどお土産に買って帰ります。

一口サイズの個別に包装されたティムタムは手を汚すことなく気軽に食べられるので、会社などへのお土産には特におすすめです。

3.フィッシュアンドチップス (Fish and Chips)

オーストラリアのおすすめ料理、フィッシュアンドチップス

海で囲まれた島国であるオーストラリアでは、美味しい魚が食べられます。

その中でも一番手軽でよく食べられているのがフィッシュアンドチップス。

使う魚はお店によって多少異なりますが、ほとんどが白身魚。

大きなビーチの側には必ず1軒はフィッシュアンドチップスのお店があるので、そこで注文してビーチで食べるというのがオーストラリアでの定番スタイル。

家で揚げるのとは異なり、お店の大きなフライマシーンで高温でカラッと揚げられるフィッシュはとっても美味しいです。

値段は10〜15ドルくらい。

魚だけでなくイカリングなどもとても美味しいので、友達と色々とシェアしながら食べるのもいいかもしれませんね!

4.カンガルーミート (Kangaroo Meat)

オーストラリアのおすすめ料理、カンガルーミート

略して「ルーミート」とも呼ばれます。

オーストラリアにはたくさんのカンガルーが生息しています。

あまりにも増えすぎて農作物などに被害を及ぼすこともあり、一部の地域では有害な動物と見なされています。

そのため、過剰繁殖を防ぐために多くのカンガルーが駆除され、そして食用となっているのも事実なのです。

あの可愛らしいカンガルーを想像するととても食べにくいのですが、オーストラリアではスーパーでも普通にカンガルーミートが売られています。

値段は牛肉や豚肉などの他の肉とそんなに変わりません。

高くもなく、安くもなくといったところでしょうか。

カンガルーミートは赤身の肉で、低脂肪で低カロリー、高たんぱく質でヘルシーなのでダイエット食にいいそうです。

柔らかく、食感は牛肉と似ており、なかなか美味しいです。

ただ独特な臭いが苦手という方も多いです。

5.ミートパイ (Meat Pie)

オーストラリアのおすすめ料理、ミートパイ

「ミートパイ」とは、パイ生地に角切りや薄切りやミンチの肉と、グレービーソースを包んで焼き上げた料理です。

お肉の種類はチキンやビーフやラムなど様々で、また肉だけではなくマッシュルームや玉ねぎが入っていたり、ベジタリアンの方には野菜だけのパイがあったり、種類もたくさんあります。

オーストラリアでは、あちこちでパイを売っているお店を見かけます。

パイ専門のお店もあり、非常に人気の食べ物です!

値段はだいたい5ドル前後です。

食べ方は、熱々のパイにトマトソース(ケチャップ)をかけて食べるのが主流です。

見た目は軽い感じですが、ビーフシチューのようにゴロゴロした肉がぎっしりと中身がつまっているので、1つでかなりお腹いっぱいになります。

6.マッシュポテト (Mashed Potato)

オーストラリアのおすすめ料理、マッシュポテト

「オーストラリアで有名な食べ物は?」と聞かれて私が1番に頭に浮かぶのがこれ。

そう、何てことはないただのマッシュポテトです。

レシピは特になく、茹でたジャガイモをポテトマッシャーと呼ばれるジャガイモ潰し器ですり潰し、そこに牛乳とバターを加えて仕上げます。

クリームやチーズを加えて食べるのも一般的ですが、お店や家庭によって味付けはそれぞれ。

グレイビーソースをかけて食べる場合もあります。

はっきり言ってジャガイモを潰しただけなので特別美味しくも不味くもありませんが、このマッシュポテトは色々な料理に添えられることが非常に多いです。

私は芋類が好きなのでいいのですが、さすがに毎回毎回こればかりが添えられていると少し飽きてしまうこともあるくらい、オーストラリアで定番の料理です。

7.チキンソルト (Chicken Salt)

オーストラリアのおすすめ料理、チキンソルト

こちらはオーストラリアで定番の調味料です。

オーストラリアやニュージーランドでは「チキンソルト」、その他の英語圏では「シーズニングソルト」「シーズンソルト」とも呼ばれています。

フィッシュアンドチップスのお店では必ず「チップスにチキンソルトをかけますか?」と聞かれます。

色は黄色で、味は日本のコンソメのような感じ。

しつこくなく、さっぱりしていてとても美味しいです。

私はこのチキンソルトを知ってからは、断然普通のソルトよりもチキンソルト派!

どこのスーパーにも塩やスパイス系のコーナーに売っており、値段も2ドル前後とお手頃です。

オーストラリア独特の調味料なので、お土産にも喜ばれると思います。

8.ラムチョップ (Lamb Chop)

オーストラリアのおすすめ料理、ラムチョップ

オーストラリアで牛肉と同じくらい非常によく食べられているものはラム、すなわち羊です。

ミンチからステーキ、そして塊に至るまで種類も豊富で、スーパーでも簡単に手に入ります。

ラムチョップとはそもそも、子羊(ラム)のあばら骨のついた背肉、またはそれを焼いた料理のこと。

お好みの味をつけてオーブンまたはフライパンで焼くだけのお手軽料理で、バーベキューをする時にもよく食べられています。

真ん中が赤いミディアムレアの状態で調理されるのが好まれます。

ただし牛肉に比べると臭いがかなり強いのが特徴。

好みの問題ですが、私はこの臭いが苦手で、実はほとんど食べたことがありません。

9.チキンシュニッツェル (Chicken Schnitzel)

オーストラリアのおすすめ料理、チキンシュニッツェル

日本でいうカツレツのことです。

元々はドイツの料理ですが、ここでも大変よく食べられています。

牛肉でも豚肉でも構いませんが、1番人気は「チキン」!

肉を叩き薄くのばしたものにパン粉をつけて揚げるだけの簡単料理です。

どこのパブにも必ずある定番メニューで、チップスと野菜が添えられ、大きなチキンシュニッツェルが乗って出てきます。

大体一皿20ドル前後です。

ソースも色々な種類がありますが、やはり定番のグレービーソースをたっぷりかけて食べることが多いです。

スーパーではもう「あとは揚げるだけ」の状態で売られているので、家庭で作る時も簡単です。

サクサクに揚げられたシュニッツェル。
一皿の総カロリーを考えるとゾッとしますが、たまに食べるととても美味しいですよ。

10.バラマンディ (Barramundi)

オーストラリアのおすすめ料理、バラマンディ

バラマンディとはスズキの仲間で、成魚は全長2メートル、体重60キロにも達する大きな魚のことです。

オーストラリアでは、この魚が釣りや食用の対象になっています。

くせがまったくない白身は、さっぱりとしてとても食べやすく、日本人の舌にも合い、味や食感は鯛のような感じ。

レストランやパブでも定番メニューで、グリルやスチームで食べるのも美味しいですが、バラマンディの美味しさが一番よく分かるのはやはりフィッシュアンドチップスでしょう。

揚げたてのフィッシュにレモンをギュッと絞って食べるのが最高です!

スーパーでもさばかれたものが簡単に手に入るので、フライパンでサッとソテーしてタルタルソースと一緒に食べるのもおすすめです。

11.オーシャントラウト (Ocean Trout)

オーストラリアのおすすめ料理、オーシャントラウト

オーシャントラウトとは海で釣れる大きなマスのこと。

味や見た目はサーモンとよく似ていますが、オーシャントラウトの方が脂がのっていて食感もしっとりしているので、サーモンよりこちらの方が好き、という方も多いです。

マス独特の臭みもまったくなく非常に食べやすく、鮭が好きな日本人は絶対好きな味だと思います。

サラダやサンドイッチに入れて生で食べたり、グリルにしたりと食べ方も様々。
スモークされたオーシャントラウトもおすすめです。

スーパーでは真空パックになって売っているので日持ちもします。

塩コショウやオリーブオイルをかけレモンを絞っただけで、美味しいお酒のおつまみの完成です。

12.ラミントン (Lamington)

オーストラリアのおすすめ料理、ラミントン

オーストラリアに古くから伝わる伝統的なお菓子です。

スポンジケーキをチョコレートでコーティングし、それに乾燥ココナッツまぶして作られた甘〜いデザート。

日本の「お饅頭」感覚で、どこのスーパーにも必ず売っていますし、カフェにもあります。

このラミントン、とにかく甘いです!

ただでさえ甘いのに、更にスポンジの間にクリームやジャムが挟まったものもあります。

私は甘いものが苦手なので一口食べただけでギブアップでしたが、甘いもの好きな人にはたまらないかもしれません。

オーストラリアではコーヒーや紅茶と一緒にこれを食べるのが、昔からの定番です。

おわりに

オーストラリア生活歴7年の私が、オーストラリアに来られた際にはぜひ食べてほしい料理12選をお届けしました。

中には地味なものもありますが、ここでは昔から食べられている料理で、オーストラリアにいらっしゃったからにはぜひ食べてみてほしいものばかりです。

オーストラリアへの留学や旅行を検討されている方は、ぜひ参考になさってください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

留学の準備で役立つ「留学のしおり」を無料でプレゼント!

留学のしおり(準備編)欧米Ver.

欧米留学をお考えのみなさんが、 事前に知っておくべきことを「留学のしおり」としてまとめました。

  • VISAや保険、お金周りなど事前の注意事項とは?
  • ワーホリするなら必見!各国の就労・就業条件
  • 日本で準備しておくべき持ち物リスト
  • 知っておくと安心!出発当日確認すべきこと

など、役立つ情報が満載!
是非チェックしてみてください。

無料ダウンロードする

※ ダウンロードには会員登録(無料・30秒でかんたん)が必要です。

この留学ブログを書いた人

ロン

ロン

オーストラリア滞在歴7年。ワーホリで2年間オーストラリアを訪れそのまま現地で結婚しました。オーストラリアの旬な情報をお届けします!

この記事に関連するタグ

こちらの留学ブログもいかがですか?

カテゴリーから記事を探す

みんなの留学相談サービス「留学アンサーズ」
School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。