ケロウナ留学のメリット・デメリットを徹底解説!

最終更新日:2024/07/10

ケロウナ 留学 メリット デメリット

カナダのケロウナ留学が気になる」
「でも他の都市とも迷う……」

と悩んでいる方はいませんか?

ケロウナはブリティッシュコロンビア州内では3番目に大きい都市でありながら、街中に木々や芝生など緑があふれる落ち着いた環境です。

また英語ネイティブのカナダ人が人口の86%を占め、サポートが手厚い学校も多いことから英語学習を頑張りたい人におすすめの留学先です。

とはいえ、日本人にとってはあまり馴染みのない都市のため、留学先に選んで良いのか不安は残りますよね。

そこで今回はケロウナの基本情報、ケロウナ留学のメリットとデメリット、留学費用の相場、ケロウナ留学をおすすめする人の特徴を紹介します。

この記事を参考に、ケロウナ留学が自分に合っているのか、じっくり考えていきましょう。

なおケロウナ留学について、おすすめポイントや語学学校などは下のページでまとめているので、具体的な検討を進めたい方はチェックしてみてください。
ケロウナ留学ガイド

※この記事は1CAD=約109円で計算しています。
※記事は2024年1月時点の情報を参考にしています。

監修者

高橋 まどか

留学カウンセラー:高橋 まどか

初めての海外経験は、学生時代にロサンゼルスへの短期留学。見るもの感じるもの全てが新しく刺激的な時間を過ごす。卒業後、銀行に3年間勤務をするも、留学への想いが再熱。意を決して退職し、サンディエゴで留学を経験。帰国後は、留学カウンセラーとしてお客様に寄り添ったカウンセリングを行っている。

【留学行くか迷っているなら、まずはLINEで相談!】

LINEで留学のプロに無料相談

いつかは留学へ行ってみたい。そう思ったら今すぐ留学相談!

スクールウィズのLINE相談なら、ちょっとした疑問から具体的な留学先の検討、見積もり・申込手続きまで留学カウンセラーが一人ひとりのご相談に対応しているので、検討が一気に前に進みます。

【LINE相談で知れること】
1. 目的を叶えるための留学プランづくり
2. 学びたいことや学習・生活環境など希望に合った留学先のご紹介
3. 想定する期間や留学先で実際にかかる費用
4. ビザや航空券などの準備の流れ

LINEだからいつでも思い立った時に、自分のペースで聞ける。憧れの留学に「あなたにピッタリなプラン」を見つけてみませんか?

【無料】LINEで留学相談する!

ケロウナはカナダ内でも特に自然豊かで、気候も雰囲気も穏やかな都市

ケロウナはカナダのハワイといわれるほど自然が広がる都市

ケロウナはカナダのブリティッシュコロンビア州南部、バンクーバーやビクトリアから見て東に位置する都市です。実はブリティッシュコロンビア州内ではバンクーバーとビクトリアの次に大きい都市でもあります

オカナガン湖の中央付近に位置するため、規模は大きいながら穏やかな雰囲気であることが特徴です。このオカナガン湖を始めとして自然豊かな観光スポットが多数あり、都市内にも木々や芝生など緑を感じられる場所が多々見つかります。

例えばウォーターフロントパーク、マイラ渓谷などが有名で、その他にはゴルフやサイクリングなどアクティビティも楽しめるため、出かけることが好きなら楽しめる場所です。

気候も夏は20℃前後、冬でも5℃前後と他の都市ほど寒くなりません。穏やかで過ごしやすい気候、自然や観光スポットの多さから「カナダのハワイ」と呼ばれることもあるほどです

一方、都市内の利便性は高く、バスやタクシー、ライドシェアと公共交通機関も充実しています。バスが1回あたり2.50CAD(約291.6円)と使いやすい値段のため、地元の人から観光客まで幅広く使われています(※1)

他の都市もフライトであればバンクーバーが1時間、トロントが4時間半で到着する距離にあり、週末や留学後の旅行も可能です。

留学先としては日本人の数はまだまだ少なく、時差は17時間と離れていますが、その分海外に滞在している気分は思いっきり感じられるはず。海外のリゾートらしい雰囲気を感じながら英語学習ができる環境です。

ケロウナについてはこちらもご参照ください。
ケロウナの交通手段まとめ!バスなどの利用方法から料金まで解説
【2023年版】ケロウナの治安事情まとめ!トラブル事例から防犯のポイントまで紹介

LINE留学相談

ケロウナ留学のメリット

ケロウナ留学のメリット

ケロウナは観光地やリゾート地として人気がありますが、留学先としても魅力的です。

代表的なメリットを紹介するので、留学先を決める参考材料にしてみてください。

メリット1.カナダ人の多い地域でネイティブの英語に触れやすい

ケロウナ留学のメリットとデメリット

photo by:Christa Kartika / Shutterstock.com

カナダは移民が多い国ですが、その中でもケロウナはネイティブが比較的多く住んでいます。

2021年時点で人口22万2,162の内、19万587人が移民ではないカナダ人であると明らかになっています。これは人口の86%を占める数値です(※2)

カナダは移民の多い国であり、特にトロントやバンクーバーはさまざまな国籍の人が集まるため、ケロウナはカナダ人の割合が高い傾向です。実際の割合を比較してみましょう。

  • ・ケロウナ:22万2,162人の内3万1,575人が移民(カナダ人86%)(※2)
  • ・バンクーバー:66万2,248人の内27万4,365人が移民(カナダ人59%)(※3)
  • ・トロント:279万4,356人の内128万6,140人が移民(カナダ人54%)(※4)

ほとんどの都市が半分ずつのため、ケロウナほどネイティブの割合が高い地域は他にありません。

またホームステイ先や語学学校がアットホームで、手厚くサポートしてくれる人が多いことも特徴です。すべての家庭や学校がそうではありませんが、週末はホストファミリーが一緒に出かけてくれたり、学校では個人のレベルに合わせて学習カリキュラムを考えてくれたり、暖かい環境です。

授業では留学生との会話がメインにはなりますが、都市や滞在先ではネイティブのリアルな発音を聞きながら、手厚いサポートも受けながら英語を勉強できます。

メリット2.自然の中で観光やアクティビティを楽しめる

ケロウナ留学のメリットとデメリット

冒頭でお伝えした通り、ケロウナはオカナガン湖に面していることから自然が身近にあります。バンクーバーやトロントと比べると街中から緑を感じられる環境で、週末や留学後に観光やアクティビティを楽しみやすいです。

有名な観光スポットとしてハイキングコースやキャンプ場のある「ベアークリーク州立公園」、全長18kmのトレイルコースを散歩できる「ミッション・クリーク・リージョナル・パーク」などがあります

またゴルフのメッカとしても有名で、都市内に15以上のゴルフ場が作られています。一部の語学学校ではアクティビティ込みのプログラムも用意されているため、午前は英語、午後はゴルフといった留学プランを組むことも可能です。

カナダ内でも特に自然やアクティビティが充実しているため、勉強も観光や旅行も楽しみたい人にはおすすめです。

メリット3.都市部よりは落ち着いた雰囲気で勉強に集中しやすい

ケロウナ留学のメリットとデメリット

photo by:Klara_Steffkova / Shutterstock.com

ケロウナは州内では3番目に大きな都市ですが、大都市ほどにぎやかな雰囲気はありません。物足りなさも感じますが、その落ち着いた雰囲気が良いという声も耳にします。

特に街中から緑あふれる環境のため、街全体に穏やかな雰囲気が漂います。遊びの誘惑が少ない分勉強にも集中しやすく、英語力アップといった目標は達成しやすくなるはずです

英語学習に集中したい、勉強と遊びのメリハリを付けたい人には最適な環境です。

メリット4.他の都市より雨や積雪が少なく、過ごしやすい

ケロウナ留学のメリットとデメリット

カナダといえば雪をイメージする人もいるのではないでしょうか。確かにトロントやモントリオールは積雪があるほど極寒で、カナダ留学のデメリットとして取り上げられる面です。

しかしケロウナはカナダ内でも雨や積雪が少ないです。11〜1月の降水量をバンクーバーやトロントと比べてみましょう。

  • ・ケロウナ:31〜36.7mm
  • ・モントリオール:77.5〜93.7mm
  • ・バンクーバー:161.9〜188.9mm

バンクーバーの5分の1程度と、大きな差が見られます。寒くない訳ではありませんが、雨や雪が少ない分出かけやすく感じます

雪に慣れていない人、寒いのが苦手な人も比較的過ごしやすい環境です。
ケロウナの気候とオススメの服装を解説!

メリット5.ワイナリー巡りが楽しめる

ケロウナ留学のメリットとデメリット

photo by:Nalidsa / Shutterstock.com

ケロウナはカナダの中でも代表的なワインの産地で、オカナガンワインがコンクールで入賞するほど評価されています。

オカナガンのワインが有名になったのは、アメリカ・カリフォルニアで安く大量生産されるワインがケロウナに輸出されそうになったことがきっかけです。

輸出品によってオカナガンワインが飲まれなくなることを危惧した行政が農家と協力し、質の良いブドウを育てることに力を入れ始めました。さらに修行環境の整備や職人集めに奔走した結果、ケロウナでおいしいワインが作られるようになったのです。

家族経営や小規模なところが多いですが、現地には40ほどのワイナリーがあり、見学することも可能です(※5)

日本でオカナガンワインを飲む機会はあまりないため、留学を機にワイナリー巡りをしながらケロウナでしか飲めない味を楽しんでください

ケロウナ留学のデメリット

ケロウナ留学のメリット

自然豊かで勉強とアクティビティを楽しめるケロウナですが、留学先としてはデメリットも見られます。

代表的なデメリットを紹介するので、留学先選びの参考にしてみてください。

デメリット1.語学学校の数が少ない

ケロウナは都市としてはブリティッシュコロンビア州内で3番目の大きさですが、大都市ほど語学学校の数が多くありません。何十校もあるバンクーバーやトロントと比べると留学先の候補は限られます。

選択肢が少ないと自分に合う学校やコース、授業が見つかりにくい可能性があります。日本人留学生が少ない分事前リサーチで得られる情報もあまりなく、学校・プログラム選びに悩むかもしれません。

心配な場合は留学先を2都市にしておく、複数の語学学校に留学するプランを立てるなど、万が一学校や授業が合わなくても他で勉強できるような計画を立てておきましょう

ただしケロウナの語学学校は一人ひとりの目標に沿って学習プランを提案したり、より合うコースを切り替えたり、サポートが手厚い傾向です。初めての留学では安心できる環境のため、手厚いサポートが良い人、初めての留学で不安な人はケロウナの学校でも問題ありません。

デメリット2.都市部に比べると娯楽やエンターテイメントが少ない

ケロウナ留学のメリットとデメリット

ケロウナはバンクーバーやトロントに比べると、自然豊かゆえに娯楽やエンターテインメントが少ないです。ダウンタウンにレストランやカフェはありますが、大きなショッピングモールや遊園地、ナイトスポットはあまり見かけません。

長期留学は特に、娯楽の少ない環境に飽きることも考えられます

現地生活を充実させるためにも週末に他の都市に遊びに行く、留学中は英語の勉強に集中すると割り切るなど、事前に対策を考えておきましょう。

デメリット3.日本からの直行便は利用できない

ケロウナ留学のメリットとデメリット

photo by:Veengren / Shutterstock.com

日本からケロウナへのアクセスは、バンクーバーまたはカルガリーなど他の都市で乗り換えが必要です。フライトは乗り換えありで12〜16時間ほど、待ち時間も含めるとさらに長くなり、移動だけで1日を消費します。

時間がかかることを理解した上で、移動の分時間を長めに取るなど考えておきましょう。

デメリット4.日本製品や日本食は手に入りにくい

ケロウナ留学のメリットとデメリット

photo by:Jennifer Jessica Peck / Shutterstock.com

バンクーバーなど大都市には日本食を扱うスーパーや100円均一のダイソーなどがありますが、ケロウナに日本製品を取り扱うお店はほぼありません。大都市ではないため、日本製品は手に入りにくい環境です

長期留学では日本食が恋しくなる、日本から持ってきた日用品がなくなるといったことも考えられるため、留学前にしっかりと用意しておくことをおすすめします。

カナダ留学の持ち物については、こちらを参考にしてみてください。
カナダ留学持ち物リスト

デメリット5.地方都市だが、物価は都市部と変わらない

ケロウナ留学のメリットとデメリット

photo by:Elena_Alex_Ferns / Shutterstock.com

ケロウナは自然豊かで落ち着いた都市だと紹介したため「地方なら物価が安いのでは」と期待する人もいるのではないでしょうか。

しかしケロウナは物価が安い訳でもなく、生活や食事にかかる費用は大都市のバンクーバーとそれほど変わりません。日本だと地方のほうが物価が安い傾向のため、現地で生活したときにギャップを感じます。

費用を少なめに見積もるとお金が足りなくなる可能性もあるため、現地での生活費は余裕を持って用意しておきましょう。

ただし家賃はケロウナの方が安く、滞在先を工夫すれば費用の節約は可能です。

  • ・ケロウナ:1,776CAD(約19万4,024円)(※6)
  • ・バンクーバー:2,445CAD(約26万7,111円)(※7)

生活費も少しですが、ケロウナのほうが安いというデータも見つかりました。

  • ・ケロウナ:14万8,582円(※6)
  • ・バンクーバー:16万9,493円(※7)

期待のし過ぎは避けたいですが「工夫すれば抑えられる可能性はある」くらいに考えておきましょう。

LINE留学相談

ケロウナ留学の費用相場

ケロウナ 留学 メリット デメリット

ここまでケロウナ留学の魅力は分かったものの、実際にいくら支払が発生するのか、イメージしにくいですよね。

そこでケロウナ留学の費用相場を計算しました。あくまで目安のため、実費は留学する期間や学校によって異なることはご了承ください。

※今回はILACトロントのGeneral Intensive Englishで30コマ/週を受講し、シングルの3食付きホームステイで滞在する場合を想定しています。

カテゴリ 費用項目 1週間 1ヶ月 3ヶ月 半年
学費 授業料 4.3万円 17.2万円 51.2万円 99.7万円
学校支払い諸費用 5.8万円 5.9万円 6.7万円 8万円
渡航費 航空券購入費 10万円 10万円 10万円 10万円
海外旅行保険加入費 0.5万円 2万円 6万円 13万円
ビザ関連費 0.1万円 0.1万円 0.1万円 0.1万円
現地生活費 滞在費 2.9万円 11.7万円 35.2万円 70.4万円
食費 ※自炊と週2の外食をする場合 1.4万円 5.8万円 17.4万円 34.8万円
通信費 0.4万円 0.4万円 1.2万円 2.4万円
交通費 0.1万円 0.7万円 2.2万円 4.4万円
娯楽費 2万円 6万円 18万円 36万円
雑費 0.5万円 2万円 6万円 12万円
総額 28万円 61.8万円 154万円 290.8万円

費用合計は特に語学学校の授業料と滞在先によって変わるため、どんな語学学校があるのか、調べるのもおすすめです。
ケロウナにある語学学校や滞在先の種類はこちらからご確認ください。
ケロウナの語学学校一覧
カナダ留学の滞在先の種類と特徴

実際に支払う費用を具体的に知りたい場合は、留学エージェントに相談するのがおすすめです。見積もりは自分の留学期間や授業料、滞在先に合わせて計算してくれるため、よりリアルな費用を知ることができます。

スクールウィズでも見積もり依頼を受け付けています。気になる方はLINE登録後、アンケートにご回答ください。

\何も決まっていなくてもOK!/

【無料】留学相談してみる!

留学カウンセラーが一人ひとりのご相談に回答いたします

ケロウナ留学をおすすめする人の特徴

気候 ケロウナ

photo by:Ceri Breeze / Shutterstock.com

まとめると、ケロウナ留学は以下のような人におすすめです。

  • ・自然を感じながらスローライフを楽しみたい人
  • ・初めての留学で手厚いサポートを求める人
  • ・雪の少ない穏やかな気候の場所に滞在したい人

カナダの留学先としては語学学校が少ないですが、バンクーバーやトロントよりは自然豊かで、穏やかな雰囲気を感じられます。特にサポートが手厚い学校が多く集まるため、初めての海外留学でも安心です。

反対に「都会的な娯楽のある場所で生活したい」「多数の語学学校やコースから選びたい」という人にケロウナ留学はおすすめできません。その場合は次のような都市をおすすめします。

多国籍かつ日本人も多いエリアでいろいろな語学学校を見たい人はバンクーバー留学
バンクーバー留学の特徴とは?メリット・デメリットを徹底解説!
カナダでもっとも大きく、娯楽も多い都市ならトロント留学
トロント留学の特徴とは?メリット・デメリットを徹底解説!

特にバンクーバーかトロントであれば、スクールウィズの現地デスクが利用可能です。銀行の開設や携帯電話の契約、履歴書の書き方の指導など、現地生活をしっかりとサポートします。

サポートが手厚くても地方は不安という人は、上記の留学先も考えてみてください。

ケロウナ留学が気になるなら留学エージェントに相談を

ケロウナ 留学 メリット デメリット

ここまでを読んでケロウナ留学を決めた人もいるのではないでしょうか。

留学は自分で手続きを進めることも可能です。しかし自分に合う学校や期間は現在の英語レベル、目標によって異なる上に、どんな環境が良いかは自分ではわかりにくいものです。

自分でプランを組むと、現地に行ってから学校などが合わないことが発覚し、勉強に身が入らないまま留学が終わるリスクも考えられます。

心配な場合は留学エージェントに相談するのがおすすめです。留学エージェントはカウンセリングをした上であなたに合うプランを提案してくれる上に、語学学校への入学やビザなどの申請を代行することも可能です。

スクールウィズでも無料カウンセリングを実施しており、留学経験のあるカウンセラーが相談に乗ります。

プランが何も決まっていなくても大丈夫!なんとなくの希望をもとにおすすめのプランを提案するため、質問に答えるだけで構いません。

相談にはLINEを利用するため、まずは登録だけでもしてください。カウンセリング希望の場合は登録後に届くメッセージからアンケートに回答すれば、カウンセラーが面談の案内を送ります

少しでも気になることがあれば、お気軽にご利用ください。

\何も決まっていなくてもOK!/

【無料】留学相談してみる!

留学カウンセラーが一人ひとりのご相談に回答いたします

まとめ

気候 ケロウナ

今回は、ケロウナ留学のメリットとデメリットを解説しました。

おさらいすると、ケロウナ留学のメリットは以下の5つです。

  • ・カナダ人の多い地域でネイティブの英語に触れやすい
  • ・自然の中で観光やアクティビティを楽しめる
  • ・都市部よりは落ち着いた雰囲気で勉強に集中しやすい
  • ・他の都市より雨や積雪が少なく、過ごしやすい
  • ・ワイナリー巡りが楽しめる

特にネイティブのカナダ人が多く住むため、リアルな発音やスペルを見聞きしながら英語を学習できます。

今回の記事を読んでケロウナ留学に興味が湧いた人は、留学プランを考えていきましょう。

1人で考えて行き詰まった、手続きで分からないことが出てきた場合は、留学エージェントに相談するのもおすすめです。

スクールウィズでは、LINEやオンライン面談を通して留学カウンセラーが無料で留学相談に乗っています

都市・学校選びや準備の流れ、費用イメージ、各種手続きなど、1人では分からない留学準備を進めるためにも、ぜひご活用ください。

\何も決まっていなくてもOK!/

【無料】留学相談してみる!

留学カウンセラーが一人ひとりのご相談に回答いたします

あなたの目的に合った語学学校をご紹介します!

留学 ステップ

留学先となる国や都市のイメージを持てたら語学学校選びに移りましょう。ただし、国や都市と違い、語学学校選びはより希望を整理しながら進めていく必要があります。

  • ポイント1. 留学の目的
  • ポイント2. 生徒規模や雰囲気
  • ポイント3. 日本人留学生の比率や日本人スタップの有無
  • ポイント4. 立地
  • ポイント5. 滞在方法、滞在先の希望
  • 特に生徒規模や雰囲気、日本人留学生の比率や日本人スタッフの有無などは時期によって変わりやすいので、自分で調べた情報だけで決めてしまうと学校選びで失敗してしまう恐れがあります。
    より最新の情報をもとに語学学校を決めるなら、留学エージェントに相談してみましょう。

    英語力アップに強い留学エージェント「スクールウィズ」

    スクールウィズ

    スクールウィズは英語力アップに強い留学エージェントです。 初中級者のための英語学習プログラム「プレ留学」×「カスタム留学プラン」であなたの留学を、経験豊富なカウンセラーが万全の体制でバックアップ致します。

    1. 【スクールウィズが選ばれる7つの理由】
    2. 1. 専門家監修!英語学習プログラム「プレ留学」で事前学習もバッチリ
    3. 2. 充実した英語学習サポート体制!
    4. 3. 1万通り以上から選べる「カスタム留学プラン」
    5. 4. 経験豊富なカウンセラーによるベストなプラン提案
    6. 5. 代理店手数料0円&最低価格保証
    7. 6. 安心安全、充実の留学サポート体制
    8. 7. スマホで相談から手続きまで完結!

    せっかくの留学を失敗してほしくない想いから、英語力を伸ばす独自のサポート、納得いくプランづくりに力を入れています。

    いま英語力に不安があっても、しっかり準備するから大丈夫。留学で、憧れだった「英語を話せる理想の自分」を私たちと一緒に実現させましょう!

    留学に対するご質問から、留学プランづくり、事前の英語学習、留学中のサポートまで対応しておりますので、ご相談お待ちしております。

    【無料】LINEで留学相談する!


    【参考文献一覧】

    ※1...BC Transit「Fares」(参照日:2024-01-24)

    ※2...Statistics Canada「Census Profile, 2021 Census of Population Profile table」(参照日:2024-01-24)

    ※3...Statistics Canada「Census Profile, 2021 Census of Population」(参照日:2024-01-24)

    ※4...Statistics Canada「Census Profile, 2021 Census of Population」(参照日:2024-01-24)

    ※5...KELOWNA「WINE TRAILS, TOURS, AND EVENTS IN KELOWNA」(参照日:2024-01-24)

    ※6...NUMBEO「Cost of Living in Kelowna」(参照日:2024-01-24)

    ※7...NUMBEO「Cost of Living in Vancouver」(参照日:2024-01-24)

    ケロウナ留学ガイド

    ケロウナ留学の費用まとめ

    ケロウナ留学のメリット・デメリット

    ケロウナの気候とおすすめの服装

    ケロウナの治安事情

    ケロウナの空港と市内アクセス

    ケロウナの交通手段

    英語力アップの留学エージェントなら
    スクールウィズ

    無料留学相談する!

    英語力を伸ばす「あなたにピッタリな留学プラン」を一緒に見つけましょう

    \直接話を聞いて相談したいなら/

    留学カウンセラーと
    個別面談する(オンライン)

    \まずは気軽に相談したいなら/

    公式LINEで
    相談・質問する LINE留学相談 QRコード

    メール相談はこちら

    スクールウィズのユーザーになる
    ×

    会員登録は無料!30秒で完了します。
    以下いずれかの方法で会員登録してください。

    既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。