【2021年版】マイアミの治安事情まとめ!トラブル事例から防犯のポイントまで紹介

マイアミ 治安

海外を訪れる方の多くが気にするのが現地の治安。渡航する国や地域によっては治安の悪いエリアもあり、生活する上でさまざまな点に注意が必要です。

特に海外に比べ治安の良い日本で暮らしている人にとっては、思わぬことがトラブルのきっかけになることも十分にあります。

そこで今回はマイアミの治安に関して、現地で注意すべきトラブル事例、危険な目に遭わないためのポイントなどを紹介します。現地でトラブルに巻き込まれないためにも、ここで紹介するポイントをしっかり押さえておきましょう。

留学カウンセラーがあなたのお悩みを無料で伺います!

「留学にはどれくらい費用がかかるんだろう?」
「渡航時期や期間はどうしよう?」
「留学先はどこにしよう?」

その留学のお悩み、プロに相談してみませんか?

スクールウィズでは無料で留学相談を受付中。 留学について気になっていることがある方、ぜひお気軽にご相談ください。

LINEで留学相談する

無料留学相談

マイアミの治安概要

マイアミ 治安

マイアミの治安は全米で最も犯罪発生率が高い地域の一つとなっています。特にマイアミ内でも治安の特に悪い危険なエリアと比較的安全なエリアが分かれているので、現地を訪れる方は事前にどのエリアに注意すべきかを知る必要があります。

昨年は犯罪発生件数が減少

それでは実際に近年のマイアミの治安状況を確認していきましょう。なお、今回は下記の分類で罪種別の犯罪件数をお伝えいたします。

凶悪犯罪:殺人、性犯罪、強盗、暴行・傷害
窃盗犯罪:侵入盗、非侵入盗、乗り物盗

罪種ごとの計算は国や都市によって定義が異なるため単純比較はできませんが、一つ現地の治安イメージを持つ参考として捉えていただければと思います。

その上で、2020年にマイアミで発生した犯罪件数は下の通りです(※1)

マイアミ 治安

FBIの発表に基づいて編集部が作成

マイアミ 治安

FBIの発表に基づいて編集部が作成

2020年、マイアミでは凶悪犯罪、窃盗犯罪ともに犯罪件数が前年から減少しました。過去10年間で見ても、特に窃盗犯罪の発生率が減少傾向にあります。

また、2020年の犯罪発生率を日本、アメリカの平均値と比べると下の通りです(※2、3)

地域 凶悪犯罪 窃盗犯罪
マイアミ 607.1件 2,582.3件
アメリカ平均 411.7件 1,958件
日本平均 46.5件 330.6件

※10万人あたりの犯罪発生件数

マイアミの犯罪率は日本平均と比べるとかなり犯罪率が高くなります。ただし、観光地として有名なボストンでは、人口に含まれない旅行者が多く、犯罪率は高くなりやすい傾向にあります。

LINE留学相談

マイアミでの犯罪・トラブル事例

すり

ここではマイアミで実際に発生している犯罪、トラブルについて紹介します。対策を練るにもまずはどんなトラブルが実際に起こっているかを知る必要があります。

トラブル(1)車上狙い

海外旅行でレンタカーを利用する方は多いですが、マイアミでは車上狙いが多発しています。特にガソリンスタンドでの給油中や、駐車場での被害が多いです。

中にはドアロックを掛けておいたにもかかわらず、窓ガラスを破壊され車内のバックを盗まれた例もあ流ので、油断は禁物です。またアメリカでは、車のバッテリーを盗むタイプの車上狙いもありますので、駐車をする場所には注意が必要です。

トラブル(2)置引き

日本では荷物を置いて席取りをする場面がよくあります。しかしアメリカでこれをしてしまうと格好の置引のターゲットとなります。特に開放的な気分になりやすいビーチでは、観光客の置き引きトラブルが多発しています。

実際にマイアミビーチでは、置いてあった現金や旅券を盗まれた、椅子にかけておいたバックを盗まれたなどのトラブルも発生しています。

トラブル(3)スリ・ひったくり

不特定多数が集まるテーマ・ パーク、繁華街、ショッピング・モールでは、スリやひったくりに注意が必要です。マイアミでは、現地の人と会話を楽しんでいる隙に現金やパスポートを盗まれた事例があります。

他にも、ナイトクラブでずっとバックを肩に掛けていたにもかかわらず、現金やパスポートが盗まれたという事例もあります。知らないうちに、ナイフでバックを切られて現金を盗まれることも起こっています。

トラブル(4)交通事故

マイアミは交通事故が多く発生しています。マイアミに限らずアメリカは車社会であるため、移動の際に多くの人が車を使用します。そのため、日本と比べても車の事故数は多くなります。

トラブル(5)強盗

窃盗ほどではないですが、マイアミでは暴行を伴う盗難事件も少なくありません。

実際に日本人が巻き込まれた事例であれば、モノレール車内において、乗り合わせた男性から頭部を殴られた上、現金やパスポートの強奪がありました。

また早朝にビーチを散歩中、拳銃を突きつけられバックを奪われた事例もあります。

マイアミで身を守るために気をつけるべきポイント

指を立てる女性

上で紹介したトラブルに巻き込まれないためにも、マイアミに滞在している間は以下のポイントを意識するようにしましょう。

ポイント(1)危険な地域に足を踏み入れない

マイアミでは危険な地域がいくつかあるので、思わぬトラブルに巻き込まれないためにもそういった地域には近づかないことが重要です。

マイアミ中心部から北部にかけての地域は、昼間でもできる限り立ち入らないようにしてください。

ポイント(2)夜と早朝は出歩かない

深夜・早朝の一人歩きは、場所を問わずできるだけ避けたほうが良いでしょう。

特に夜の駐車場やガソリンスタンド、ファスト・フード店などでは、犯罪に会う確率が非常に高くなります。もし立ち寄るなら、携帯電話ですぐ警察に連絡をできるようにしておく、少しでも異変を感じたらすぐにその場を離れるなど、万全の防犯対策を怠らないようにすることが大切です。

やむを得ず、深夜・早朝に外出する時は、人通りの少ない所や街灯のない暗い所は避けるようにしましょう。

ポイント(3)荷物から目を離さない

置引きやスリなどの窃盗事件は、荷物から目を離した時に発生します。そのため、常に持ち物から目を離さない工夫がとても大切となります。

具体的には、バッグやウエストポーチはしっかりと口を締める、荷物を地面に置く場合は両足でしっかり挟むことです。

またレストラン等で席を離れる場合には、決してバッグを置いたままにしないようにしましょう。数人でいるなら、荷物番を残すようにしましょう。

ポイント(4)駐車する場所に気を付ける

マイアミでは車の施錠をしても、必ずしも安全とは限りません。駐車する場所をよく選ぶことで、車上荒らしの被害に遭う可能性を下げましょう。

おすすめの駐車場所は周囲の雰囲気が明るく、人通りや車の交通量の多い場所です。また長時間駐車する場合は、なるべく警備員のいる駐車場を利用するように心がけるのも大切です。

ポイント(5)歩道を歩いているときも周囲に注意を向ける

海外では日本にいるとき以上に、車への注意が必要です。

「もしかして」危険が起こるかもしれないという予測を怠らないようにしましょう。特に交差点に差し掛かる場合には、車の姿が見えなくてもいったん足を止めることを心がけましょう。

LINE留学相談

実際にマイアミでトラブルに巻き込まれたら

マイアミ 治安

どんなに注意をしていても、場合によってはトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。マイアミでトラブルに巻き込まれたら、まずは警察に連絡して下さい。

緊急時は「911」(警察、消防、救急)へ通報します。また被害発生から時間が経過した場合は、発生現場の管轄警察署に連絡します。

なお、アメリカでは救急車を呼ぶのに料金が発生します。状況によりますが、料金の平均は5万円ほどです。

また、パスポートを紛失してしまった場合はマイアミにある日本国総領事館へ連絡をしましょう。その後の対処などの流れも教えてくれるので連絡する必要がある場合は、なるべく早い段階で連絡を取ることをおすすめします。

在マイアミ日本国総領事館

受付時間 9:00-17:00(電話)
*緊急電話は24時間対応
9:00-12:30、13:30-17:00(窓口)
電話番号 305- 530-9090
住所 80 SW 8th St #3200, Miami, FL 33130 アメリカ合衆国

トラブルに巻き込まれないために

犯罪に巻き込まれないようにする方法は在シカゴ日本国総領事館がまとめている「安全の手引き」にて、詳しく紹介しているので、渡航前には必ず確認するようにしましょう。
在シカゴ総領事館「安全の手引き」

なお、最新のシカゴの犯罪発生状況を確認したい方は、犯罪マップをご確認ください。
CRIME MAPPING

マイアミで気をつけるべきエリア

マイアミの中には、特に犯罪に巻き込まれないよう注意が必要なエリアがあります。ここでは3カ所紹介します。

エリア(1)オーバータウン

治安 アメリカ マイアミ

オーバータウンはダウンタウンの北西部に位置します。マイアミでも有数の貧困集落で、その犯罪率の高さから地元民も訪れるのを避ける場所です。

目的がない場合はなるべく足を近づけないようにしましょう。

エリア(2)リバティ・シティ


リバティ・シティはオーバータウンの北側に位置しています。ギャングが多く、傷害や窃盗などの犯罪が発生しています。

街では商店、住宅の大半が鉄格子等で厳重に囲まれています。もしどうしても通らなくてはいけない場合は、移動することをおすすめします。その際にはドアは必ず施錠しましょう。

エリア(3)リトル・ハバナ

治安 アメリカ マイアミ

photo by:Fotoluminate LLC/ Shutterstock.com

リトル・ハバナはダウンタウンの北西部に位置します。かつてマイアミに亡命してきたキューバ人が、一時集中して居住していた街で、現在もキューバの食と文化が今でも色濃く残っています。

そういった特長から多くの観光客が訪れるリトル・ハバナですが、治安に関しては決して良くはありません。そのため、訪れる場合は昼間に限り、夜は避けた方が無難でしょう。

マイアミ治安情報まとめ

いかがでしたでしょうか。

マイアミでは、車上狙い置引きなどのトラブルが実際に発生しています。こういったトラブルに巻き込まれないためには危険な地域に足を踏み入れない夜と早朝は出歩かないなどの対策とる必要があります。

また、マイアミの中でも特に治安面で注意が必要なエリアはオーバータウンリバティ・シティです。

これからマイアミを訪れる予定のある方は以上の点に注意して、安全に現地での滞在を楽しんでください。

マイアミ留学に戻る


【参考文献一覧】

※1、2...FBI「Crime Data Explorer」(参照日:2022-08-26)

※3...警察庁「犯罪統計」(参照日:2022-08-26)

LINE留学相談

マイアミ留学ガイド

マイアミ留学のメリット・デメリット

マイアミの治安事情

マイアミの気候とおすすめの服装

マイアミの生活ガイド

マイアミの交通事情

マイアミのエリア情報

マイアミの定番観光スポット

マイアミ留学の休日の過ごし方

マイアミ留学の滞在方法

マイアミの空港と市内へのアクセス方法

マイアミ留学での両替情報

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

スクールウィズならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう オンライン個別面談を予約する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

スクールウィズなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

無料留学相談する!

\直接話を聞いて相談したいなら/

留学カウンセラーと
個別面談する(オンライン)

\まずは気軽に相談したいなら/

LINE友達追加で
相談する LINE留学相談 QRコード

スクールウィズのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。