CIPの留学体験レポート#3 CIPでの留学生活を紹介

フィリピンはクラーク(アンヘレスとも呼ばれています)にあるCIPという語学学校で留学しました。

私が実際に留学してみて感じたCIPの特徴は、
ネイティブの先生が多い(常に10人以上)
国籍のバランスが良い(日本人、韓国人、台湾人がほぼ3割ずつ、そして1割にベトナムやロシアなど)
学生の年齢層が若め
だと思います。国籍比率は時期によって大幅に変わる可能性もあります。

今回はCIPでの留学生活について紹介したいと思います。
これからフィリピン留学を考えている人(とくに1週間での短期、クラークでの留学)はぜひ参考にしてみて下さいね。

<CIPの留学体験レポート一覧>
CIPの留学体験レポート#1 待ちに待ったフィリピン留学がスタート
CIPの留学体験レポート#2 CIPおすすめの先生と短期留学の方へアドバイス
CIPの留学体験レポート#3 CIPでの留学生活を紹介

【留学プロフィール】

ペンネーム:Yukiさん
性別:女性
留学時の年齢:23歳
留学した国:フィリピン
留学した地域:クラーク
留学先の学校:CIP
留学期間:1週間(2014/10/26 〜 2014/11/1)

お部屋とルームメイト

私は2人部屋希望だったので、韓国人の女の子がルームメイトでした。

学校に到着するまで、どんな子がルームメイトか知らなかったのでドキドキでしたが笑、とっても良い子&体感温度が近い子でラッキーでした。

韓国人の女の子がルームメイト

ルームメイトと一番トラブルがあるのは、エアコンを付けるかどうかということ(嘘のようですが本当です)。

フィリピンは日本と比べたら高温多湿なのでエアコンがお部屋についているのですが、私は寒がりなので寝る時はエアコン消すのですが、私のルームメイトも同じだったようで部屋の設定温度で喧嘩になることは一切ありませんでした。

気をつけていたことは貴重品の管理です。というのも部屋に金庫やセイフティボックスはないので、基本的にパスポートや現金などの貴重品は「スーツケースに入れて鍵をしめて保管」、これにつきます。

せっかくの留学なのに嫌な思いをしたくないですからね。

LINE留学相談

韓国風の食事

食事は韓国系の学校の場合は辛いものが多いといわれていたのですが、意外とそんなことなかったです。

但し、キムチは毎食必ず出てきました(笑)。

CIPの食事

ただしこれも食べたくなかったら取らなきゃ良いので、特に問題ないかと思います。CIPの特徴としては毎食必ず野菜と果物がついています。女子にはすごく嬉しいところですね。

CIPの食事の例

味に関しては不満はなかったのですが、「どうしてこの組み合わせ!?」ってものがある時もあったり(朝からパンケーキ、サンドイッチ、シリアル、ポテトサラダが一度に出てきたときもありました)。

まあ期待しないで行くのが良いようですね。

ちなみに夕食後に学校近くのサリサリストア(日本でいうキオスクのような売店)の横にテーブルと椅子があり、CIPの生徒の多くはここにお酒を飲みに行きます。

なんとフィリピン人の生徒やネイティブの先生もここに飲みにきているので、授業では教えてもらえない生きた英語をここで学ぶことができました!

近くの飲み屋

決して綺麗とは言い難いスペースですが、これぞフィリピン!という気分を味わうことができます。

本格的なハロウィンイベント

CIPは週末に希望者は学校主催のボランティアに行くことができます。近くの孤児院に行って現地の子供たちと遊んだりします。

CIP主催のボランティア

また私が留学していたのがちょうどハロウィンと被っていたため、学校主催のハロウィンパーティーに参加しました。

私は準備する時間がなかったので何もしなかったのですが、長期で留学している生徒は先生と仮装してコンテストに参加します。何人かの先生がどの人の仮装が良かったか評価します。

CIPのハロウィンパーティ

仮装も本気!

日本でのハロウィンも良いですが、外国のハロウィンもお試しあれ!

以上CIPの生活に関してですが、ここでは書ききれないほどたくさんの良い思い出がつまった1週間になりました!

もし現在フィリピン留学を検討している人はぜひ選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

バッチメイトと集合写真

<CIPの留学体験レポート一覧>
CIPの留学体験レポート#1 待ちに待ったフィリピン留学がスタート
CIPの留学体験レポート#2 CIPおすすめの先生と短期留学の方へアドバイス
CIPの留学体験レポート#3 CIPでの留学生活を紹介

Yukiさんが留学していた語学学校「CIP」の詳細は以下から↓↓

CIP
クラーク / フィリピン

4.30

130件

ネイティブマンツーマンとフィリピン人マンツーマンの両方を受講出来るCIPではより効率的に自然な英語が身につきます。全コースにおいてネイティブグループクラスが受講出来る上、定員6名までの少人...詳しく見る
1週間
5.1万円〜
1ヶ月
14.6万円〜

School With(スクールウィズ)では留学経験豊富なカウンセラーによる留学相談を受け付けています。

学校選びはもちろん、国や都市選びなど少しでも留学で気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください!
【無料】LINE・メール相談 / 個別相談 / 説明会はこちらから

LINE留学相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

樋口 夕記

樋口 夕記

旅行業界ベンチャー企業にてインターン。大学三年時に休学をしてオーストラリアでワーキングホリデーを経験。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。