転職で英語は有利?必要な英語力の目安や面接で役立つ例文まとめ

「英語力を活かして転職したい」、そういう方は特に留学経験者だと多いです。

ですが実際に転職するとなると、有利になる英語力はどれくらいなのかなど色々と疑問が出てきます。また転職に向けて英語力をアップしたいけれど何をどのくらいすればいいのか、というのも分かりにくいですよね。

そこで今回は、英語力を活かす仕事を探している社会人に向けて、転職で役立つ情報をまとめて紹介していきます。

転職で有利な英語力の目安や仕事内容、仕事の探しでおすすめなサイトを解説します。英語の面接で使えるフレーズも紹介しているので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

英語力があると転職で有利?必要な英語力はどれくらい?

まずは、英語力があると転職で有利になるのかを確認していきます。合わせて、必要な英語力もご紹介していきます。

英語力が高いほど転職活動では有利

結論から言うと、英語力があるだけで転職活動は有利に展開します。求人サイトの条件欄で、「TOEIC700点以上」「英検準1級以上」などの英語力が求められているほど、高収入であることが多いです。

収入をアップさせたい、有名企業へ転職したい人はもちろん、英語力があれば外資系の企業や海外で仕事をするなど幅がぐんと広がります。

英語力があるだけで、仕事を選ぶ側から選ばれる側にチェンジするチャンスを得ることができるんです。今の環境を変えたい、新しいことにチャレンジしたいという人は、ぜひ英語力を身につけましょう。

転職活動で求められる英語力の目安

では、転職時にどのくらいの英語力が必要になるでしょうか。日系企業と外資系企業それぞれの目安をチェックしましょう。

日系企業への転職で求められる英語力はTOEIC750点以上、英検準1級

日本企業への転職で有利になる英語力の基準は英検準1級もしくはTOEIC750点以上です。

TOEICを運営する一般社団法人国際ビジネスコミュニケーション協会の「上場企業における英語活用実態調査 2013年」によると、企業が中途採用社員に求める英語力は710点でした。

2013年時点で710点なので、現在ではもっと高いスコアが求められることが予想されます。私の体験値では、TOEICだと750点以上があれば英語力の高さを武器にできます。

また、大学中級程度の英語力を証明できる英検準1級も、国内企業であれば英語力を評価してくれます。英検はTOEICとは異なり、スピーキングとライティング試験も課されるので、英語を使う国際部門などへの転職で有利です。

日系大手企業には、転職時のTOEICスコアを応募条件としている企業も多数あり、逆を言えばTOEIC750点以上があるだけで、日系大企業で働けるチャンスが広がっているというわけです。

例えば楽天株式会社は、日本企業ではあるものの公用語を英語とし、社員にはTOEIC800点以上を取ることを課しています。

外資系企業への転職で必要な英語力

次に外資系企業ではTOEIC850点以上、英検1級が目安です。

外資系企業では、共通言語が英語であることも珍しくありません。TOEIC850点以上のレベルは、ノンネイティブとして幅広いシーンに対応できる英語力とレベル分けされています。

TOEIC L&Rのスコアだけでは話すことは心配という人もいると思いますが、スコアだけ見れば外資系企業への転職も通用するレベルです。

また、英検1級は大学上級程度のレベルで、世界で通用できる英語力と位置付けられています。こちらも外資系企業で即戦力として働けるだけの英語力です。

LINE留学相談

英語力が重視される仕事・職場

必要な英語力の目安わかったところで、転職活動で英語力を重視される仕事や業種を確認していきます。

仕事(1)営業職

まずは営業職です。営業は会社の顔として、さまざまな人に自社のサービスや製品を紹介する役割を担っています。海外のお客さんが多い会社、販路を成長著しいアジア諸国に広げている会社の営業職は、英語力を重視されることがあります。

営業職に求められる英語力は、文章を読み書きするだけでなく、コミュニケーションを取るという高度なものです。転職時に高い英語力があれば、条件面で優遇されることもよくあります。

仕事(2)国際部門の事務職

次は企業の国際部門です。国際部門では、海外のお客さんとのやり取り、文章のチェックに加え、海外部署とのミーティングなど幅広く高度な英語力を求められます。

企業によって業務内容に差はあるものの、即戦力としての英語4技能をバランスよく身につけておくことがポイントです。

英語を活かせる仕事や求人が多い転職サイト3つ

続いて、英語を活かせる仕事や求人の探し方をご紹介します。手っ取り早く仕事を見つけるには、英語力を生かした求人が数多くあるサイトを利用するのがおすすめ。今回は3つのサイトをピックアップしました。

転職サイト(1)dodaグローバル

大手求人サイトのdodaが展開するdodaグローバルには、海外勤務から外資系企業まで数多くの求人情報が掲載されています。日本国内だけでなく、アジアやヨーロッパなどの求人も多数あります。非公開求人が多いので、まずは登録して条件とマッチする求人を探してみましょう。

dodaグローバル公式サイト

転職サイト(2)マイナビ転職グローバル

マイナビ転職グローバルは、海外勤務・語学力を生かした求人・外資系企業の仕事を探せるサイトです。働きたい国や活かしたい語学など、希望の条件からマッチする仕事を見つけることが可能です。加えて、人材エージェントに相談したい、英文履歴書の書き方が知りたいなど語学力を活かした転職を考えている人に役立つ情報も詰まっています。

マイナビ転職グローバル公式サイト

転職サイト(3)JACリクルートメント

30代以降の転職、外資系、海外転職に力を入れているJACリクルートメントもおすすめの一つです。高年収好条件の求人が多く、もちろん英語力を活かせる募集もたくさんあります。専門的スキルと英語力を活かしたい人、よりいい条件で転職したいと思っている人はぜひチェックしてください。

JACリクルートメント公式サイト

LINE留学相談

英語で転職の面接!よく聞かれる質問や回答例を紹介

では続いて、転職時に英語面接を行う際に知っておきたい情報をご紹介します。転職の面接で役立つ基本の質問3つと、回答例を一緒にチェックしていきましょう。

前置き:転職って英語でなんて言う?

まず、転職を英語でどう表現するかご存知ですか?

答えは「Career change」または「Job change」という表現を使います。例えば、友達との会話で「I will change jobs next month (来月転職するんだ)」などと使えますね。

ちなみに転職活動は「Job hunting」です。ぜひ覚えておきましょう。

質問(1)Tell me about yourself.(あなたのことを教えてください)

まずは王道の質問です。日本の面接でもよく聞かれますよね。自己紹介をするように促されています。自分のことを知ってもらうために学歴やこれまでの職歴を紹介します。回答例を確認してみましょう。

回答例

My name is Ayaka. I’ve been working at A corporation in the production department for three years.
(私の名前はAyakaです。私はA社の商品開発部門で3年間勤めています)

質問(2)Why are you interested in this position?(あなたはなぜこの職種に興味を持ったのですか)

次に、どうして応募してきたのか理由を聞かれます。これまでの経験と重ねながら募集に興味を持った理由を説明します。いくつか理由があるときはFirst, secound……などの表現をうまく使いましょう。

回答例

I got interested in your company’s position because I have over three year’s production department experiences.
(私は商品開発部門で3年間の経験があるので、御社の求人に興味を持ちました)

質問(3)What are your biggest strengths/weaknesses?(あなたの長所・短所を教えてください)

次も面接ではよく聞かれる質問です。長所と短所を問われたら、〇〇が長所・短所ですと答えた上で、続けて理由を続けるようにしましょう。

回答例

・My biggest weakness is that I can be too critical of myself. Because〜
(私の短所は、自分に対して批判的なところです。なぜなら〜)

・One of my greatest strength is that I am very self motivated. For example〜
(私の長所の一つは、一生懸命仕事に取り組むところです。例えば〜)

まとめ

ここまで英語力を活かして転職したい人に向けて、転職時に必要な英語力のご紹介や仕事の探し方をご紹介してきました。役立つ情報が見つかりましたか?

今回ご紹介した転職で必要な英語力をもう一度おさらいしてみましょう。

・国内企業はTOEIC750点以上、英検準1級
・外資系企業はTOEIC850点以上、英検1級

英語力がまだ足りないなという人は、TOEICもしくは英検の教材を使って試験の対策をしたり、短期留学でTOEICコースを受験したりして英語力をアップさせましょう。

みなさんの転職活動が充実したものになることを祈っています!

もし本気で英語力を上げたいのあれば、英語留学が最短で効率良い方法です。留学総合サイト&エージェント「School With」では留学経験豊富なカウンセラーによる留学相談を受け付けています。LINEやメール、また個別面談(対面 / オンライン)などですべて無料で相談できます。

実際どれくらい英語力が伸びるのかはもちろん、国や都市、学校選びなど少しでも留学で気になることがあれば、お気軽に問い合わせください!
【無料】LINE・メール相談 / 個別相談 / 説明会はこちらから

LINE留学相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Ayaka

Ayaka

編集者・ライター。18歳の時に初めてタイを訪れてから、ひとり旅に魅せられ以後ライフワークに。「Where am I?」すら英語にできないレベルから、10年経って、ようやく普通の会話には困らないレベルになりました。夢の海外移住のためもう一歩上の英語力を目指して日夜勉強中です。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。