【お知らせ】2月~3月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

休学留学でかかる費用はいくら?節約する方法や低価格で留学できる国をまとめて紹介

休学留学でかかる費用はいくら?節約する方法や低価格で留学できる国をまとめて紹介

「大学を休学して留学したいけれど、費用はどれくらいかかるんだろう……」
と悩む人は多いのではないでしょうか。

休学留学は一般的な留学費用に加えて、在籍している日本の大学にも学費を支払う必要があります。その金額は平均20万〜30万円と、決して安いものではありません。

しかし休学留学には「新卒として就職できる」などメリットも多いです。また「奨学金を活用する」など、留学費用を安くする方法を知っていれば、低価格で留学することも可能です。

そこで今回は、休学留学にかかる費用や、休学留学のメリットとデメリット、安く留学する方法、低価格で留学できる国などを紹介します。

今回の記事を参考に、休学留学に必要な費用などを確認し、検討してみてくださいね。

【PR】

1年の休学留学にかかる費用の項目と総額まとめ

1年の休学留学にかかる費用の項目と総額まとめ

まずはじめに、休学留学にかかる費用を以下の方法ごとに紹介します。

  • ・語学留学
  • ・認定留学
  • ・ワーキングホリデー
  • ・インターンシップ

ただし費用は学校によって異なるので、ここでは平均として20万〜30万円にしています。細かい金額は、ご自身の通う大学に問い合わせてみてください。

また滞在費や生活費は、アメリカなど先進国に留学した場合の金額です。

パターン(1)語学留学

語学留学とは、海外の語学学校で英語などの言語を学ぶことを指します。学校に通いながら、ホームステイや学生寮などでの生活で、海外の文化や習慣を学ぶこともできます。

休学して語学留学をすると、1年で合計346万〜607万円の費用が必要となります。

項目 金額
学費 83万〜155万円
滞在費 120万〜180万円
生活費 120万〜240万円
渡航費 9万〜12万円
ビザ代 2万円
海外留学保険 12万〜18万円
合計 346万〜607万円

学費

語学留学にかかる学費は、およそ83万〜155万円です。内訳は現地の語学学校に支払う費用と、休学する日本の大学に支払う休学費用です。

  • ・現地の語学学校:63万〜125万円
  • ・休学費用:平均20万〜30万円

滞在費

滞在費は、方法によって異なります。平均すると、120万〜180万円となります。

  • ・ホームステイ:140万〜200万円
  • ・学生寮(相部屋):100万〜160万円
  • ・シェアハウスやルームシェア:100万〜180万円

生活費

生活費は食費や通信費、雑費などの費用です。1年間の留学では、120万〜240万円ほど必要となるでしょう。

渡航費

渡航費は往復でおよそ9万〜12万円です。

ビザ代

語学留学は学生ビザ(F-1)を申請するので、およそ2万円が必要となります。

海外留学保険

保険会社の保険を利用すると、およそ12万〜18万円かかります。

パターン(2)認定留学

次は、海外の大学に留学する方法です。その中でも認定留学とは、海外の大学で取得した単位を日本の大学でも認めてもらえるもの。指定された大学に留学することになりますが、単位を取得できるので、卒業や就職が遅れることはありません。

日本の大学でもしっかりと単位を取得していれば、4年間で卒業することが可能です。

休学して認定留学をすると、合計583万〜882万円の費用が必要となります。

項目 金額
学費 320万〜430万円
滞在費 120万〜180万円
生活費 120万〜240万円
渡航費 9万〜12万円
ビザ代 2万円
海外留学保険 12万〜18万円
合計 583万〜882万円

学費

認定留学にかかる学費は、およそ320万〜430万円です。

  • ・現地の大学の授業料:300万〜400万円
  • ・休学費用:平均20万〜30万円

滞在費

平均すると、120万〜180万円となります。

  • ・ホームステイ:140万〜200万円
  • ・学生寮(相部屋):100万〜160万円
  • ・シェアハウスやルームシェア:100万〜180万円

生活費

1年間の留学では、120万〜240万円ほど必要となるでしょう。

渡航費

渡航費は往復でおよそ9万〜12万円です。

ビザ代

語学留学では学生ビザ(F-1)を申請するので、およそ2万円が必要となります。

海外留学保険

およそ12万〜18万円かかります。

パターン(3)ワーキングホリデー

ワーキングホリデーは、海外で就学や就労、観光などさまざまな生活ができる留学方法です。渡航できるのは日本と協定を結んでいる国に限られますが、海外で働く経験ができるのが、他の留学との大きな違いです。

休学してワーキングホリデーをすると、合計310万〜527万5,000円の費用が必要となります。

項目 金額
学費 47万〜74万円
滞在費 120万〜180万円
生活費 120万〜240万円
渡航費 9万〜12万円
ビザ代 2万〜3万5,000円
海外留学保険 12万〜18万円
合計 310万〜527万5,000円

学費

ワーキングホリデー中に3ヶ月間、語学学校に通ったとします。その場合、学費はおよそ47万〜74万円です。

  • ・現地の語学学校:27万〜44万円
  • ・休学費用:平均20万〜30万円

滞在費

滞在費は平均すると、120万〜180万円となります。

  • ・ホームステイ:140万〜200万円
  • ・学生寮(相部屋):100万〜160万円
  • ・シェアハウスやルームシェア:100万〜180万円

生活費

1年間の留学では、120万〜240万円ほど必要となるでしょう。

渡航費

往復でおよそ9万〜12万円です。

ビザ代

例えばオーストラリアでワーキングホリデーをする場合、ビザ代が485豪ドル(約3万5,000円)必要です。

海外留学保険

およそ12万〜18万円かかります。

パターン(4)インターンシップ

インターンシップは、現地の企業で就労体験をするもの。例えばデザインや旅行、不動産などオフィス系の業務から、ホテルやレストランなどの接客業まで、幅広い職業を体験できます。

職種やビザの種類にもよりますが、無給と有給があり、その就労スタイルによって費用は異なりますので注意してください。

休学してインターンシップをすると、合計308万〜527万円の費用が必要となります。

項目 金額
学費 47万〜74万円
滞在費 120万〜180万円
生活費 120万〜240万円
渡航費 9万〜12万円
ビザ代 0〜3万円
海外留学保険 12万〜18万円
合計 308万〜527万円

学費

インターンシップ中に3ヶ月間、語学学校に通ったとしましょう。学費は、およそ47万〜74万円です。

  • ・現地の語学学校:27万〜44万円
  • ・休学費用:平均20万〜30万円

滞在費

滞在費は平均すると、120万〜180万円となります。

  • ・ホームステイ:140万〜200万円
  • ・学生寮(相部屋):100万〜160万円
  • ・シェアハウスやルームシェア:100万〜180万円

生活費

1年間の留学では、120万〜240万円ほど必要となるでしょう。

渡航費

渡航費は往復でおよそ9万〜12万円

ビザ代

インターンシップで必要なビザは、国によって異なります。無給インターンシップであれば、ビザは必要ないことがほとんど。有給の場合、およそ2万〜3万円が必要です。

海外留学保険

およそ12万〜18万円かかります。

休学して留学するメリット3つ

休学して留学するメリット3つ

ここまでは休学して留学する費用をお伝えしましたが、「これだけのお金をかけて休学する意味ってあるのかな」と感じた人もいるかもしれません。

そこでここからは、休学して留学するメリットとして、

  • ・新卒として就活ができる
  • ・就活で武器となるスキルが手に入る
  • ・進路をじっくりと考える時間ができる

の3つを解説します。

メリット(1)新卒として就活ができる

休学をすると卒業は遅れますが、帰国後は新卒として就活を進められます。卒業するわけではないので、留学が終わると再び学生に戻れるからです。

日本の就活は「第二新卒」や「既卒」に対して、まだまだ厳しい企業があるのも現状です。新卒として就活をする道を残しておくことで、厳しい就活を少しでもスムーズに進めることができるでしょう。

メリット(2)就活で武器となるスキルが手に入る

留学すると、英語などの語学力が高まります。さらには海外での生活を通して、さまざまな価値観の人と協力する力、自分で計画して実行する力、最後まであきらめない力などが身に付くことも。就活でのアピール材料を増やすことができます。

メリット(3)進路をじっくりと考える時間ができる

休学は6ヶ月から1年の時間を使うので、そのぶん社会人になるまでの猶予が生まれます。進路や自分のやりたいことについてじっくりと考えることができ、納得できる進路が見つかる可能性は高いでしょう。

休学して留学するデメリット2つ

休学して留学するデメリット2つ

休学留学には、以下のデメリットもあります。

  • ・費用が高くなる
  • ・就活や卒業が遅れる

それぞれについて解説します。

デメリット(1)費用が高くなる

先ほど休学留学では、日本の大学にも学費を支払い続ける必要があるとお伝えしました。そのため他の留学方法と比べて、20万〜30万円ほど多めに費用を支払うことになります。

ただし大学によって「休学中は授業料の半額を支払う」など、費用が少なくなることも。休学費用が何百万円にもなることは少ないでしょう。

デメリット(2)就活や卒業が遅れる

休学留学は6ヶ月〜1年ほど大学を休むので、そのぶん就活や卒業の時期も遅くなります。同級生と一緒に卒業できないことで、寂しさを感じることも多いです。

しかし留学では英語力など特定のスキルが手に入るので、就活ではプラスに捉えられることも。時期は遅れますが、自分が気にならなければ特に問題ないでしょう。

休学留学で費用をおさえる3つの方法

休学留学で費用をおさえる3つの方法

休学留学の費用を安くする方法として、

  • ・交換留学を選ぶ
  • ・休学する期間を短くする
  • ・給付型の奨学金を利用する

の3つを紹介します。

方法(1)交換留学を選ぶ

先ほどお伝えしたように、交換留学は現地の大学に学費を支払う必要がありません。そのぶん学費が50万〜100万円ほど安くなることがあり、結果として留学費用も抑えることが可能です。

ただし交換留学には日本の大学内で選考があり、倍率も高いです。費用をおさえて留学したいならば、選考の1年ほど前からしっかりと準備しておきましょう。

方法(2)休学する期間を短くする

休学期間を短くすると、そのぶん休学費用は安くなります。また学費や滞在費も少なくなるので、結果として留学費用も抑えられます。

費用に不安があるならば、半期での休学留学を計画してみてください。

方法(3)給付型の奨学金を利用する

留学では、日本政府や企業から支給される「奨学金」を使うことができます。また給付型の奨学金であれば、返済する必要がありません。申請と選考はありますが、およそ30万〜100万円の費用を節約できます。
留学するなら必須!留学奨学金・助成金まとめ

休学留学におすすめ!費用が安い国3つ

休学留学におすすめ!費用が安い国3つ

休学留学でも、費用の安い国を選ぶことで留学費用を抑えることが可能です。

そこでおすすめの国として、

  • ・フィリピン
  • ・マルタ
  • ・インド

の3つを紹介します。

(1)フィリピン

フィリピンは東南アジアに位置する国ですが、近年では多くの日本人が留学しています。物価が安いので、生活費は1ヶ月あたり10万円もかかりません。また日本から近いので、航空券も往復5万円ほどで購入できることが多いです。

特徴

フィリピン留学の特徴は、以下の3つ。

  • ・語学学校はマンツーマンレッスンで指導
  • ・学生寮は学校の近くにあるうえに、食事付き
  • ・日本人の指導に慣れているので、接しやすい

マンツーマンレッスンで英語力が伸びやすいので、語学留学に向いている国と言えるでしょう。

費用の目安

フィリピンに半年留学すると、およそ87万〜131万円が必要です。

学費(滞在費含む) 60万〜90万円
生活費 12万〜20万円
渡航費 5万〜7万円
ビザ代 4万円
海外留学保険 6万〜10万円

おすすめの語学学校などフィリピン留学の詳細はこちら

(2)マルタ

マルタは、ヨーロッパにある島国です。実は公用語として英語を使用しているので、語学留学できる場所として人気を集めているのです。

マルタはヨーロッパからの留学生が多いので、国際交流が実現しやすいです。また観光地でもあるので、勉強と遊びを両方楽しめるでしょう。

特徴

マルタ留学の特徴は、以下の3つ。

  • ・世界遺産など観光スポットが多数
  • ・低価格でヨーロッパに滞在可能
  • ・観光地なのでホテルなどでインターンシップも可能

英語力を伸ばしたい人、インターンシップをしたい人におすすめです。

費用の目安

マルタに半年留学すると、およそ158万〜288万円が必要です。

学費 60万〜100万円
滞在費 60万〜110万円
生活費 20万〜50万円
渡航費 8万〜15万円
ビザ代 1万円
海外留学保険 9万〜12万円

おすすめの語学学校などマルタ留学の詳細はこちら

休学費用のかからないおすすめの留学方法

休学費用のかからないおすすめの留学方法

留学を考えている大学生は、休学費用のかからない方法で留学するのもおすすめです。

最後にその方法として、

  • ・短期留学
  • ・卒業後の留学

を紹介します。

方法(1)短期留学

短期留学は、1週間から2ヶ月ほどの短い期間だけ留学するものです。

主に語学留学になりますが、夏休みや春休みを利用すれば休学する必要はありません。就活や卒業に影響を与えることなく、英語力などを身に付けることができます。
費用やおすすめの語学学校など短期留学の詳細はこちら

方法(2)卒業後の留学

大学を卒業したあとに留学することもできます。

実際に私も大学を卒業した1年後にフィリピン留学をしましたが、以下のメリットを感じました。

  • ・お金に余裕を持って留学できる
  • ・卒業自体は遅れない
  • ・帰国後はまだ新卒として就活ができる

また最近の就活では、大学を卒業してから1〜3年以内であれば「第二新卒」として認められるようになっています。企業も積極的に採用する傾向にあるので、就職の心配は少なくなります。

まとめ

今回は、休学して留学にかかる費用などを解説しました。

おさらいすると、休学留学では日本の大学にも学費を支払う必要があります。そのため通常の留学よりも、平均20万〜30万円ほど費用が高くなることが多いです。

しかし休学留学には、以下のメリットがあります。

  • ・新卒として就活ができる
  • ・就活で武器となるスキルが手に入る
  • ・進路をじっくりと考える時間ができる

最後に紹介した安く留学できる国なども参考にしながら、休学留学の計画を考えてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

モリキアユミ

モリキアユミ

1992年生まれ、京都府出身のフリーライター。大学卒業時に就職を蹴って、24カ国・50都市の世界一周を実行し、旅の途中からそのままライターへ。現在はタイと日本を行ったり来たりしています。オーストラリア留学とセブ島留学の経験あり。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。