【お知らせ】2月~3月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

TOEIC300点台ってやばい?500点まで上げる勉強法やおすすめの参考書を紹介

TOEIC300点台はやばいか

TOEICを受けたものの、300点というスコアを取ってしまい、これは「やばい」のでは、と気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

特に就活を控えている場合、この点数では危機感を持ってしまうかもしれません。もし、海外留学を考えているなら、現在の語学力に不安を感じているのではないでしょうか。

今回はTOEIC300点の人が、まずは平均点である500点まで伸ばす方法を紹介していきます。

これから就活に語学スキルを役立てたい人や海外への大学進学など長期留学、または英語圏以外への留学を考えている人まで、とにかく短期間で英語力をつけたい人は参考にしてください。

【PR】

TOEIC300点の英語力ってどれくらい?就活でも活用できる?

TOEIC300点の英語力

TOEICのスコアが300点ほどだった場合、英語の実力はどのくらいなのでしょうか。また、他の英語テストに換算した場合にどの程度のレベルになるのでしょうか。

TOEIC300点の英語レベルやできること

TOEICは、L&R(リスニングとリーディング)各495点満点であり、合わせて990点が最高スコアです。2つ合わせて300点では客観的に見ても点数が低いと分かるのではないでしょうか。

TOEIC公式によると、リスニングが270〜5点なら、短い会話や写真描写は理解できるものの、難しい語彙や長文は理解が難しいとしています。また、リーディングのスコアが220〜5だと、簡単な語や句が理解できますが、情報の推測や関連付けができないレベルのようです。

この基礎レベルに達していないのが、300点というスコアなのです。

英検やIELTS、TOEFLなど他のテストに換算したときのスコア

もうひとつTOEICのスコアを客観的に見る方法に、他のテストとの比較があります。

TOEIC300点は英検に換算すると3級程度になります。また、IELTSに換算すると3〜3.5程度であり、TOEFLのCBTでは110程度、同PBTでは400程度です。

これらのスコアは中学校卒業程度と同じくらいの英語力であり、日常会話を少し理解できるレベルです。

TOEIC300点は就活でアピール材料にならない

履歴書にTOEICのスコアを記載すれば、英語力のアピールになるとされています。しかし、300点台のスコアだと逆に英語力不足をアピールしてしまうので注意が必要です。

履歴書に書けるレベルのスコアは個々の企業によって基準は異なるものの、新卒では少なくとも400点台後半〜600点台後半とされています。そのため、500点なら履歴書に書いてもマイナスに働くことは少ないと考えられます。

ただ、中途採用や国際部門なら600点以上の英語力が求められることが多いので、600点未満なら記載すべきか慎重に決める必要があります。

TOEIC初心者は点数を300点から500点まで伸ばそう!その理由とは?

300点のスコアを持つ人が目指すべき目標が、なぜ500点なのでしょうか。3つの視点から理由を解説していきます。

理由(1)500点は社会人として最低限欲しいライン

社会人になったら、急に英語が必要となる場面に出くわすことがあります。グローバル化して久しい今日の社会において、海外からクライアントやゲストが来ることは珍しくありません。TOEICのスコアを500点以上維持できていれば、急な海外からの訪問客にも、失礼のない対応ができるでしょう。

500点台は、TOEICにおいて大体の平均値です。例えば、第243回の平均スコアは583.1でした。直近10回の平均スコアを見ても同じような数字なので、500点台が目指したいひとつの指標となるでしょう。

また、英語ができれば仕事の幅を広げられるので、将来的に就きたい仕事などがある人はできるだけ早いうちに勉強を始めることをおすすめします。語学は費やした時間の分だけ成長が見込めるものなので、思い立ったらすぐに勉強を始めてみましょう。

理由(2)就活するなら履歴書に書いても問題ない

履歴書の資格欄が華やかであればあるほど、努力の歴史が垣間見えるものです。TOEICで500点を取ったら、履歴書に書いても問題ありません

ただし就活する部門や企業によっては、500点では足りないということもあるでしょう。その場合でも、500点あれば英語の素地はできていると証明できるので、努力次第でこれからもスコアは伸ばせると取ってもらえることもあります。

英語を聞き取れて読める体験をした人は、勉強が必ずしも苦ではなくなるものです。英語を楽しく学べるようになるためにも、まず500点は目指したい指標といえるでしょう。

【1〜3ヶ月】短期間でTOEICスコアを300点から500点まで上げるための勉強法や対策8つ

短期間でTOEICスコアを上げる勉強法

TOEICのスコアを上げたいけれど、あまり時間がないという人もいるのではないでしょうか。そこで、短期間でスコアを大きく伸ばす方法について解説します。

勉強(1)単語、熟語

単語や熟語が分からなければ、会話や文章の意味が読み取れません。語彙力の強化はスコアを大きく上げるために重要です。

単語帳よりも文章を読もう

単語や熟語を学習しようとすると、単語帳が便利なように思えるかもしれません。しかし、単語とその意味を丸暗記するのは非効率的といえるでしょう。なぜなら、TOEICの試験は必ずしも単語や熟語の意味を答えさせるものではないからです。

リーディングセクションには穴埋め問題があるため、単語帳での学習が無意味とはいえません。しかし、単語や熟語の意味がわかったとしても、文章全体の意味が分からなければ得点を伸ばしにくいのが現実です。

単語や熟語力を伸ばしたいのであれば、TOEICで出題されそうな分野の文章を多く読み込みましょう。文中にわからない単語や熟語があった場合、推測する力を付けることも重要です。

模擬試験も語彙力強化に役立つ

模擬試験を繰り返し行うことでも、語彙力は十分に養われます。

問題を解いた後は、すぐに結果を確認しましょう。意味が分からなかった単語をすぐにチェックすることで、学習効率は向上します。

また、一度解いた問題でも時間を空けてから再度解答することで、記憶に定着しやすくなります。複数の過去問や模擬試験に触れれば、頻出する単語や熟語が次第に分かってくるので、さらに学習効率を高めてくれます。

勉強(2)文法

語彙力があっても、文法を理解していないのなら文意を読み違える可能性があります。英語は日本語と違って文法のルールが厳密なので、しっかりと押さえておきましょう。

文法の基礎は一通り頭に入れておくこと

英語には「分詞構文」や「時制の一致」など、日本人にはあまり馴染みのない文法やルールが存在します。文法で点を取りこぼさないためには、一通りの知識を頭に入れておくことが重要です。

文法とは、小さな子どもが何年もかけて生活の中で体得していく言語のルールを、あっという間に時間短縮させて理解するための大人の知恵ともいえます。

ただし、文法に関する本を読むのが苦痛だという人もいるかもしれません。私は分かりやすく解説している動画も活用しています。参考書は視覚だけの刺激ですが、動画は聴覚(音声)と視覚(映像)の2つで脳を刺激するため、効率的な学習に向いています。

また、英語でたくさん人と話すことでも文法力は鍛えられます。きちんとした文法を使わないと、正しく意味を伝えられません。

私は主にコミュニケーションを介して英語を覚えたので、英語学習における会話と文法の重要性を実感しました。相手のいうことを理解し、相手に自分のいいたいことを伝えたいと思ったとき、文法の見直しや学習は避けて通れません。

映画や歌の文法はあまり参考にならないことも

映像や音声で文法が学べるなら、好きな映画やドラマ、洋楽などを活用したいと考える人もいるでしょう。しかし、あまりおすすめできません。芸術的な作品であればあるほど、文法をあまり気にしないケースも多く、スラングも目立つからです。

映像や音声で文法を学習したいなら、テレビやラジオでニュースを聴くと良いでしょう。ただし、TOEICのスコアが300〜500の場合では日本語訳や英文テキストが付いていないと、内容を理解するのがとても難しいのではないでしょうか。

そのようなときは、ニュースを書き起こして解説した参考書やアプリなどを活用してみましょう。正しい文法を学べますし、リスニング強化にも役立ちます。

勉強(3)リスニング

TOEICのL&Rにおいて、スコアの半分を占めるのがリスニングです。日本人はリスニングが弱い傾向にあるため、ここで点を落とさないように効率的な学習をしていきましょう。

留学するのが早道の場合も

リスニング力を上げるためには、英語でしかコミュニケーションを取れない環境に身を置くのが理想です。英語のCDを聞いていても相手が一方的に話しているだけなので、どうしても聴こうとする姿勢が受け身になってしまいがちだからです。

会話はリスニング力を鍛える絶好のチャンスなので、海外へ語学留学をすれば短期間で大幅なスコアアップが期待できます。

私はドイツに留学したので、留学当初に英語力はそれほどありませんでした。しかし、英語圏ではないとはいえ必要に迫られたので、独学で英語を鍛えました。最初はドイツ語も英語もごちゃごちゃになって辛かったですが、あるときから耳が慣れ始め、両言語とも急成長しました。

ディクテーションもリスニング力アップに役立つ

聴いた言葉を書き取るディクテーションは、リスニングの向上に役立ちます。ディクテーションは単に言葉を書き取るだけのものではありません。文法を理解していなければ、完璧に正解とはいかないものです。

初めは難しく感じるかもしれませんが、比較的短い文章をゆっくりと読み上げる動画やCDなどがあれば、こちらも活用していきましょう。

勉強(4)リーディング

TOEICのリーディングは、単に文章に対する理解力を測るだけではなく、メールやイラストなどを使ったテキストといった、バラエティに富んだものが出題されます。

参考書で問題に慣れておこう

試験で確実に点を取りに行きたい場合は、問題の傾向を把握することが重要です。複数の模擬試験を体験し、どのような問題形式が出題されるのかをチェックしておきましょう。

また、模擬試験などで実際に問題を解く際は、初めにテキストを読んでから問題文を読むのではなく、問題文を読んで理解してからテキストを読んだほうが、短い時間で正答に辿り着ける確率が上がります。

リーディングは語彙力が物をいうのと共に、問題を解くテクニックが要求されるものです。そのためには、どれだけ問題に慣れているかの場数が重要になってきます。

時間配分に気を使う

模擬試験に慣れておくことのもうひとつのメリットに、時間配分の対策があります。

TOEICのリーディングは、リーディングセッションだけで400点くらい取れる実力がないと、途中でタイムアップになることが多いです。

もしかしたら後半に自信を持って解答できる問いがあったかもしれないのに、時間切れになるのはもったいないです。模擬試験などで問題の傾向がある程度分かっていれば、得意分野の問題から先に手をつけるなど、スコアアップの対策を練ることができるでしょう。

短期間でスコアアップをしたいなら、苦手分野の克服よりもまずは得意分野でしっかり点を取ることをめざしましょう。

TOEIC300点台の人におすすめの参考書や問題集5冊

TOEIC300点台の参考書

効率的に学習するためには、問題集の選定は必要不可欠です。ここではおすすめの参考書を5冊紹介していきます。

問題集(1)「公式TOEIC Listening & Reading 問題集 5」

TOEIC 300

Photo by : Amazon.com

問題の傾向を知るためには、本番試験同様の問題に慣れておく必要があります。模擬試験の問題集は多数売られていますが、「公式TOEIC Listening & Reading 問題集 5」はTOEICが公式に出している問題集です。

またCDが付属しているため、本番さながらのリスニング試験を体験できます。音声は別途ダウンロードも可能で、CDプレーヤーがない人でも学習可能です。

アマゾンURL

Amazon.com「公式TOEIC Listening & Reading 問題集 5」ページ

問題集(2)「TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問」

TOEIC 300

Photo by : Amazon.com

「TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問」は、文法問題に特化した問題集です。1000問を超える圧倒的なボリュームと、一問一問に対する丁寧で分かりやすい解説が魅力で、数をこなして問題に慣れたい人にとりわけ適しています。

問題のすぐ近くに解答が掲載されており、解いてすぐに結果が確認できる点が特に優れています。短期間のスコアアップを後押ししてくれる、文法問題の強い味方です。

アマゾンURL

Amazon.com「TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問」ページ

問題集(3)「【新形式問題対応/CD-ROM付】 改訂版キクタンTOEIC TEST SCORE 500」

TOEIC 300

Photo by : Amazon.com

単語帳を読み込むのは辛い、中々効果が上がらないという人におすすめなのが、聴覚からも脳を刺激してくれる「【新形式問題対応/CD-ROM付】 改訂版キクタンTOEIC TEST SCORE 500」です。

こちらは500点を目指す人のために単語を厳選しており、1日8語の学習を8週間続ければ終了するプログラムになっています。短期間で効率的に500点を目指したい人や、何千語も学習することに気後れしてしまう人などに適した一冊です。

アマゾンURL

Amazon.com「【新形式問題対応/CD-ROM付】 改訂版キクタンTOEIC TEST SCORE 500」ページ

問題集(4)「公式 TOEIC Listening & Reading トレーニング リスニング編」

TOEIC 300

Photo by : Amazon.com

「公式 TOEIC Listening & Reading トレーニング リスニング編」は、リスニング問題だけを集めたTOEIC公式の問題集です。問題の質や傾向は本番に近く、何度もやりこむことで試験問題に慣れることができます。

何よりうれしいのは、問題数の多さです。すべてのパートを網羅しており、また全体で370問以上も集めているため、苦手なパートの問題だけを集中的に練習するのにも役立ちます。公式スピーカーによる音声が収録されているので、慣れておきたい人も利用価値があるでしょう。

アマゾンURL

Amazon.com「公式 TOEIC Listening & Reading トレーニング リスニング編」ページ

問題集(5)「TOEIC LISTENING AND READING TEST 15日で500点突破! リーディング攻略」

TOEIC 300

Photo by : Amazon.com

短期間に500点を目指す場合、時間配分が難しいリーディングセクションが肝となります。「TOEIC LISTENING AND READING TEST 15日で500点突破! リーディング攻略」には、リーディングには欠かせない30のルールが示されており、リーディングのテクニックを学ぶのにも向いています。

解説は詳しく書かれており、なぜその選択肢が不適切か分かりやすいのが特徴です。

こちらの問題集は15日間で終わるプログラムになっているので、短期間で効率的に学習したい人に向いているでしょう。

アマゾンURL

Amazon.com「TOEIC LISTENING AND READING TEST 15日で500点突破! リーディング攻略」ページ

TOEIC300点台の人におすすめの英語学習アプリ3つ

効率的に英語を学習するためには、アプリの活用もおすすめです。

アプリ(1)「スタディサプリENGLISH TOEIC®L&Rテスト対策」

TOEIC 300

Photo by : App Store

「スタディサプリENGLISH TOEIC®L&Rテスト対策」は、大人気「スタディサプリ」シリーズのTOEICに特化したアプリです。無料で使える便利さも魅力ですが、テストモニターを3カ月した人が平均して100点もスコアアップしたという実績が素晴らしいです。

こちらはダウンロードをすれば、スマートフォンが単語帳、問題集、解説集代わりになります。500点のスコアをゴールとしていないので、990点を取るまで継続して使い続けられます。

アプリのダウンロード先

iOS版アプリページ
Android版アプリページ

アプリ(2)「最重要英単語 for the TOEIC®TEST」

TOEIC 300

Photo by : App Store

2000単語を収めた「最重要英単語 for the TOEIC®TEST」は、TOEICスコア600、730、860点を目指す人に適しています。3段階のゴールを設けているため、自分の目標に合うレベルの単語を徹底的にやり込めます。間違えた単語は日にちごとにまとめられるので、復習したいときはすぐに目当ての単語を見つけられるので便利です。

500点ぴったりをゴールにすると、500点に届かないことも多くあります。そのため、目標よりも少し上にゴールの設定をすることがポイントです。600点がひとつのゴールになるこちらのアプリを利用すれば、500点越えが現実味を帯びてくるでしょう。

アプリのダウンロード先

iOS版アプリページ
Android版アプリページ

アプリ(3)「ざっくり英語ニュース!StudyNow(リスニング・解説付)」

TOEIC 300

Photo by : App Store

「ざっくり英語ニュース!StudyNow(リスニング・解説付)」はTOEICの学習に特化したものではありませんが、使用していると自然に英語力が付き、TOEICスコアのアップが期待できるものです。

現実に起きているニュースを通じて学習できるので、社会や経済などに興味がある人は楽しみながら勉強できるでしょう。

読み上げ機能が付いているため、リスニング力を鍛えることも可能です。語彙や英文の解説だけではなく、ニュース自体の解説もしてくれるため、二重の意味で勉強になります。

アプリのダウンロード先

iOS版アプリページ
Android版アプリページ

点数を確実に上げるには、留学でTOEICコースに通うのもおすすめ!

海外留学でTOEICコースを

TOEICのスコアを短期間で上げるためには留学がおすすめですが、単に留学するだけでは、思うようなスコアアップに繋がらないかもしれません。しっかりと点数アップに繋げたいなら、TOEIC対策コースに通うことをおすすめします。

TOEICコースではTOEIC対策に重点を置いたプログラムを実施しており、効率的にスコアアップを図れます。また、School Withでは、そのようなプログラムがある語学学校への留学相談を受け付けているので、ぜひ活用してください。
TOEIC対策におすすめの語学学校など、TOEIC留学の詳細はこちら

まとめ

本記事では、TOEICのスコアを300点からまずは500点に上げる方法についてご紹介しました。

スコアを伸ばしたい人は、TOEICに特化した参考書や問題集、アプリなどを効率よく活用するのがひとつの方法です。

また、短期間で大きく点を上げたい人はTOEIC対策コースのための留学がおすすめです。英語でしかコミュニケーションを取れない環境に身を置くことで、総合的な英語力も鍛えられるでしょう。就活や長期留学などのためにTOEIC500点を狙っている人は、短期留学を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

英語を使える自分をイメージしながら、学習計画を立ててみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Chivas

Chivas

ドイツの大学に1年間留学していました。現在は文化関係の仕事に就いています。ドイツ語と英語が話せますが、どちらも目下勉強中です。趣味はバードウォッチングで、動物全般が好きです。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。