留学で激太り!?留学前に知っておきたい体型をキープするための対策法

留学 激太り

こんにちは、イギリスのロンドンに留学中に10kg近く太ってしまった柴田です。

これから留学を控えている人は、現地生活にワクワクしているのではないでしょうか。しかし、留学中に気をつけなければいけないことがあります。それは「体重管理」です。

私もそうでしたが、留学生活を経て激太りしてしまう人は少なくありません。しっかりと食事管理をしないと、帰国後にダイエットすることになります。

とはいえ、具体的にどのような留学生活で太るのかは、なかなか分かりにくいですよね。

そこでこの記事では、留学で太るのは本当なのか、なぜ太るのか、太らないためにできることなど解説します。

これから留学する予定の人は、参考にしてみてください。

【PR】

留学すると激太りするのは本当なのか

留学 激太り

そもそも、留学をすると激太りするものなのでしょうか。この答えは「はい」ともいえますし、「いいえ」ともいえます。

私の考えは「結局のところ、その人による」というものです。私は実際に留学中に10kg近く太ってしまったため、留学すると激太りするのは本当だと思います。

対して私と同じタイミングで留学していた他の日本人学生は、同じ留学生活を過ごしてもまったく太っていませんでした。

もちろん私が太ってしまったことには、原因があります。そのためこれから留学に行く人は、太る原因に気をつけていれば体型をキープすることは十分可能です。

それでも激太りしてしまう恐れがあることは、頭に入れておきましょう。

留学中に激太りしやすい原因6つ

留学 激太り

ここまで留学中の激太りについて解説しましたが、なぜ留学中に激太りしてしまうのでしょうか。ここからは私の体験も踏まえながら、激太りする6つの原因を解説します。

原因1:食事の量が多い

海外のファーストフードやレストランで出てくる食事量は、日本人にとって多いことがあります。またホームステイをしていると、その家の食事量があわないことも少なくありません。

国によっては、日本人が多いと感じる量が通常量になっていることもあります。そしてその量を食べ続けていると、普段の食事量よりも多いため、少しずつ体重も増えてしまいます。

また海外はサイズも大きいです。例えば同じMサイズのドリンクでも、海外は日本のMサイズよりも量が多い、日本のLサイズくらいのものが出されることも。自分にあったサイズを早めに把握することが大切です。

原因2:食料が安い

国によっては物価が安く、食料を気軽に購入できることも多います。安いと食材をついつい多めに購入して食べ過ぎてしまい、結果として太ってしまいます。

ちなみに私の場合は、語学学校の近くにあったスーパーマーケットで、よく大判のクッキーを購入していました。クッキーは5枚入り1ポンド(約130円)と安かったので、授業終わりに何度も気軽に購入できたのです。

物価の安さは留学生活で大きな助けになりますが、太ってしまう原因にもなりかねません。

原因3:ストレス発散に食べてしまう

日本語の通じない、慣れない環境での生活は、何かとストレスが溜まります。誰かに愚痴を聞いてもらいたくても、周囲に日本人がいないケースもあります。また時差の都合もあるので、日本の友達に何度も連絡するわけにはいきません。

そのような海外生活で、溜まりに溜まったストレスをすぐに発散できる方法が、食事です。好きなものを暴飲暴食することで、むしゃくしゃした気持ちやストレスを発散するのです。

当然食べ過ぎたぶんは体重増加につながりますので、注意しましょう。

原因4:運動不足になる

日本にいるときは、ジムに通ったりランニングをしたり、定期的に運動をしていた人も多いかと思います。

しかし留学生活が始まると、以下の理由から運動不足になることが多いです。

・勉強が忙しくてなかなか運動の時間が確保できない
・近くにトレーニングジムがない

そして運動の頻度や量が減ったからといって、食べる量もそれに合わせて減るわけではありません。そのため運動量の少ない留学生活を通して、少しずつ太ってしまう可能性があります。

日本にいるときから運動はあまりせず、体型をキープできていた人であれば、留学中の運動不足も影響ないかもしれません。運動する頻度が多かった人は、特に注意が必要です。

原因5:周囲の人たちが太っている

外国人の中には、日本人より太っている人が少なくありません。周囲の人が太っていると、「自分は痩せている方だ」、「少しぐらい多く食べても大丈夫」という根拠のない安心感が生まれてしまい、ついつい食べ過ぎてしまうことがあります。

また国によっては、細い人よりも太っている人の方がモテることも。「もっと太った方がいいよ」とすすめられて、食べ過ぎてしまう可能性も考えられます。

原因6:少ない食事量に満足できず、買い食いをする

これは私の経験談ですが、ホームステイ先で出てくる食事の量が少ないと感じることがたまにありました。日本であれば足りないと思えばおかわりをしたり、コンビニに行って食べ物を購入したりすることができましたが、留学先だとそうはいきません。

そこで私は、家の近所にある中華料理屋で買い食いするようになりました。中華料理屋でご飯を食べた後に、ホームステイ先でも夕食を食べていたのです。

必然的に食べる量が増え、帰国の際には体がひと回り以上大きくなっていたほどです。

このように滞在先の食事量が少ないと、外で食べてしまい、太ってしまう可能性があります。

ここまで激太りする原因を解説しました。

続いては、このような激太りを防ぐ対策をお伝えしますね。

留学中に激太りしないためには何をすればいい?知っておきたい対策法5つ

留学 激太り

留学中の激太りへの対策を5つ紹介します。

対策1:自炊する

留学中の滞在方法にもよりますが、可能な人は自炊をしましょう。自炊であれば、自分にあった量の食事を作れるので、食べ過ぎたり少なさを感じたりすることはありません。また食べたいものが食べられるのも大きなポイントです。

お金はかかりますが、都市によっては日本の食材を購入できるスーパーがあることも。納豆や醤油、カップラーメンなどを購入して、日本食を作ることも可能です。

自炊をしたことがない人は日本にいる間に、少しでもレパートリーを増やしておくことをおすすめします。

対策2:お腹が空いたときはカロリーの低いものを買う

お腹が空いて買い食いをするときは、可能な限りカロリーの低いものを購入しましょう。

例えば、

・サラダ
・フルーツ

などです。

私は留学中、クッキーや中華料理をよく食べていましたが、これをサラダに変えていたら、もう少し痩せていたかもしれません……。

空腹状態をひたすら我慢するのは、ストレスになってしまいます。極端なガマンは避けて、食べるものを工夫してみてください。

対策3:運動する機会を作る

運動不足が原因で太ってしまった人は、運動する機会を作ることが一番の対策になります。

忙しいと思っていても、24時間の中でまったく時間が作れないことはないはずです。時間がない場合は、1日の行動をふり返ってみてください。日々の行動計画を立てることで、スキマ時間があることに気づくかもしれません。

スキマ時間を見つけてコツコツと運動に取り組めば、激太りする可能性を下げることも可能です。

運動メニューは、後ほど自宅でも簡単にできるものを紹介するので、気になる人は参考にしてみてください。

対策4:体重計に乗る

定期的に体重を計ることで、自分が日本にいる時よりも太っているのかどうかが分かります。

自分では体型がキープできていると思っていても、体重を計ってみると太っていたというケースはめずらしくありません。

留学先で体重計が利用できるならば、定期的に体重を計るようにしてみてください。そして体重の記録は残しておくようにしましょう。体重が増えたタイミングが分かれば、原因を考えることができます。

対策5:毎日の食事を記録する

体重と同じように、毎日の食事を記録するのもおすすめです。

前日に食べたものは覚えていても、2日前や3日前となると、何を食べたか忘れてしまうことも多いかと思います。定期的に記録しておくことで、自分の食事量を客観的に知ることができます。

「昨日は食べ過ぎたから今度から気をつけよう」と思っていても、記録を残していないと忘れてしまい、また同じことを繰り返してしまうことも。記録忘れによる食べ過ぎを避けるためにも、毎日の食事は定期的にふり返るようにしましょう。

ある程度記録をつけたら、1週間前、1ヶ月前、留学当初など、過去の食事と比較してみてください。

留学中に激太りしても大丈夫!おすすめダイエット法&エクササイズ5つ

留学 激太り

ここまで激太りの予防法をお伝えしましたが、「すでに太ってしまったかも……」と悩む人も多いかと思います。

そこで最後に、留学して太ってしまった人におすすめのダイエット方法やエクササイズを紹介しますね。

ダイエット法1:ランニング

脂肪を燃焼するには、有酸素運動がおすすめです。有酸素運動の中でもランニングは、多くの人が取り組むメジャーなものです。

また留学中でも、シューズとウェアがあれば気軽に取り組むことが可能です。国によっては大きな公園があちこちに存在しているので、そこで走ってみてください。

ただし、夜暗くなってからのランニンングはなるべく避けましょう。夜になると治安が悪くなることもあるので、早朝や日中など明るい時間帯に走るのがおすすめです。

ダイエット法2:ウォーキング

ランニングがきつい人は「ウォーキング」に取り組んでみてください。

ウォーキングもランニングと同じく有酸素運動なので、脂肪燃焼が期待できます。ウォーキングであれば、ランニングシューズでなくスニーカーでも取り組むことが可能です。

ウォーキングをするときは、目線をしっかりと前に向けて、腕は前後に大きく振ることを心がけてみてください。

またそのほかにも、

・足は腰から前方方向に押し出すイメージで歩く
・足を地面につける際はかかとから着地する
・少しずつ親指の付け根へと体重を移動させる
などもポイント。

フォームを意識して歩くと意外と息が上がって汗をかき、さらには脂肪を燃焼してくれるはずです。

ダイエット法3:プランク

プランクはインナーマッスル(体幹)を鍛えるトレーニングです。

留学生活で太ってお腹がぽっこりしてしまった人は、体幹を鍛えることでぽっこりお腹を引き締めることができます。

プランクの方法は、両肘と両足のつま先、合計4ヶ所で体を支えるもの。肘と足は肩幅に開き、体が一直線になるようにします。

注意点として、お尻が上がったり、お腹が地面についたりしないようにしてください。あとは一定時間、その体勢をキープするだけです。

詳しい方法は、以下の動画をチェックしてみてください。

ダイエット法4:スクワット

筋肉を鍛えると代謝が上がり、脂肪をより燃焼しやすくなります。人の体にはさまざまな筋肉がありますが、鍛えやすいのは大きな筋肉です。

そして人の体の中でも筋肉が大きいのが「お尻」。そしてお尻は、スクワットによって鍛えることができます。

スクワットをするときのポイントは、以下の通りです。

・足は肩幅より少し広く開く
・つま先は外側に向ける
・背中をまっすぐに伸ばす
・膝は屈伸するように前に出さない

上記の動画も参考にしながら取り組んでみてください。

ダイエット法5:食事制限

ダイエットをしたくても、運動が苦手な人もいるかと思います。運動に苦手意識がある人は、食事制限に取り組んでみてください。

例えば、

・食事の量をいつもより少なくする
・夜19時以降は食べ物を口にしない

などです。少しだけ制限を加えれば、ムリなく取り組むことができます。

ただし極端な食事制限は体調を崩してしまう恐れがあるため、注意しなければいけません。健康にも気をつけながら、少しずつ食べる量を減らしてみましょう。

まとめ

留学 激太り

本記事では、留学で激太りすることはあるのかどうか、太ってしまう人の原因と対策、そしておすすめのダイエット方法などを解説しました。

留学中に太ってしまう人の原因は、主に以下の6つです。

・食事の量が多い
・食料が安い
・ストレス発散で食べてしまう
・運動不足になっている
・周囲の人が太っている
・滞在先の食事量が少ないから買い食いをする

私がそうであったように、留学中に太ってしまう可能性は十分にあります。しかしこの記事で紹介した以下の対策によって、激太りの可能性を低くすることは可能です。

・自炊する
・カロリーの低いものを食べる
・運動する
・体重を計る
・毎日の食事を記録する

また、最後に紹介した運動法もおすすめです。

これから留学をする人は、今回紹介したポイントを踏まえて、激太りすることのない留学生活を送ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Kzy Shibata

Kzy Shibata

2013年4月から9月までの半年間、ロンドンへサッカー留学をしていました。パブで盗難にあい犯人に振り回されたのは今となっては良い思い出。今度はスペインかドイツに長期間での留学をしたいと考え準備中です。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。