オーストラリアの水道水は飲める?渡航前に知っておきたい水事情

オーストラリア 水 飲める?渡航前に知っておきたい水事情

こんにちは!
オーストラリアで2年間、パースを中心にワーキングホリデーをしていたMasakoです。

オーストラリアはワーキングホリデーや留学にも人気の国ですよね。

コアラやカンガルーが有名で自然豊かな国なのですが、実は水不足に悩まされていることをご存知ですか?オーストラリアは国土の18%が砂漠で乾燥している地域なのです。

もし現地で生活をするなら、渡航前に知っておきたいのが水事情。

  • ・水道水は安全に飲める?
  • ・水の種類は硬水?軟水?
  • ・飲料水の値段は?

など、現地の水事情は気になりますよね。

日本の水道水は安全に飲むことができますが、海外では水道水が飲めない国も多いため、注意が必要です。

そこで今回はオーストラリアの水事情について、安全性や注意すべきポイント、値段などもまとめてご紹介します。

これからオーストラリアに行く予定の方はぜひ読んでみてくださいね。

【PR】

オーストラリアの水事情

オーストラリア 水事情

オーストラリアは南半球に位置し、乾燥しやすく「水不足の国」としても知られています。

わたしが実際にホームステイをしてまず驚いたのは、食器を洗う際にスポンジで汚れを取り洗い流さないこと。シンクに食器用洗剤とお湯をはってつけ置きするだけなんです。

洗い流さなくても大丈夫なのか聞いたら、「水がもったいないしこれで綺麗だから大丈夫」とのこと。
オーストラリアの人がどれくらい水を大切にしているかがわかります。

また水は貴重で水道代が高いため、ホームステイ先ではシャワーは5分で浴びるように心がけていました。日本は水に恵まれていてバスタブに入る人が多いですが、オーストラリアの生活を体験すると改めて水の大切さに気付かされます。

水道水はそのまま飲める?

一般的に、オーストラリアの水道水はそのまま飲むことができます。

しかし、水に含まれている成分が日本とは異なる場合があるため、沸騰させるか飲料水を購入する方が安全です。

実際はオーストラリアの人でも、ペットボトルの水を購入する人が多い印象です。

わたしがオーストラリアに滞在していた時は、日本と成分が違い味が好みでなかったため、浄水器でろ過できるものを使用していました。

働いている時に水道水を飲んでいる人もいましたが、少数派に感じました。やはりみんな味が好みじゃないのかもしれません。

料理で沸騰させる場合は問題なく水道水を使っていましたよ。

オーストラリアの水の特徴

日本の水は硬度の低い軟水ですが、オーストラリアは地域によって硬度が異なります。

メルボルン、パース、シドニーは硬度60以下の軟水で日本とあまり変わりません。一方でアデレードやブリスベンは硬度100を超える硬水です。

オーストラリアの水道では、殺菌に「塩素とクロラミン」がメインで使われていて塩素が含まれているので、シャワーを浴びると髪がきしみやすいです。

飲料水を購入しよう

飲料水 購入

水道水が合わない場合や、飲むのが怖い場合は飲料水を購入しましょう。スーパーで購入したり、レストランで簡単に頼むことができます。

ちなみにレストランでは、tap waterは無料ですが水道水です。お店によっては浄水器の水を無料で提供してくれるところもあります。

水道水を避けたい場合は、bottled waterかstill waterといって購入しましょう。

飲料水の値段、種類は?

オーストラリアは物価が高い国としても知られています。物によっては日本の物価の2倍は高いです。

レストランでお水を頼むと高くつくので、飲料水はスーパーマーケットで購入するのが一番安くておすすめです。

【スーパーで購入した場合の価格】

「Woolworths Select Mountain Spring Water」の場合

オーストラリア スーパー 水
Photo by : Woolworths

※1AUD=77円で計算

飲料水の容量 価格
600ml 1〜2AUD(約77〜154円)
1L 1.65〜AUD(約127円〜)
1.5L 70C〜AUD(約54円)

なんと600mlよりも1.5Lのほうがお得なんです。

さらに600mlの24本入りは大体8.40〜AUD(約630円〜)で売っています。わたしはいつも24本入りを購入していました。

代表的な飲料水

オーストラリアで代表的な飲料水は、Woolworths(ウールワース)というスーパーマーケットで売っている「Woolworths Select Mountain Spring Water(ウールワース・セレクト・マウンテン・スプリング・ウォーター)」です。

お店のブランドのため安く購入ができ、わたしはいつもこちらを購入していました。

MOUNT FRANKLIN
Photo by : MOUNT FRANKLIN

あと有名なのが「MOUNT FRANKLIN(マウントフランクリン)」で、先ほど紹介したウルワーススプリングウォーターよりも高く1.5Lで3AUD(約220円)ほどするのですが、質が良く飲みやすいです。

オーストラリアで水を飲む際に注意すべきポイント

オーストラリア 水 注意 ポイント

日本とオーストラリアでは水の硬度や成分などが異なるため、事前にしっかり確認しておく必要があります。

ここでは、オーストラリアで水を飲む際に注意すべきポイントをご紹介します。

注意点(1)水道水にはフッ素が添加されている

オーストラリアの水道水には、ほとんどの地域でフッ素が添加されています。フッ素量は0.7〜1.2ng/Lといわれており、このフッ素が原因でわたしは更に水道水を避けるようになりました。

フッ素は歯にいいという意見もありますが、フッ素を体内に多く取り込んでしまうと体には良くありません。多量に摂取すると人体に悪影響を及ぼす化学物質だからです。

日本の水道水にはフッ素は添加されていないのですが、水道水にフッ素を添加するかどうか長年議論されているんです。

注意点(2)環境が整っていない田舎などの水道水は避ける

わたしはファームで長く働いていましたが、飲水は雨水を飲んでいました。

ファームの雨水はきちんと整備されていて美味しかったのですが、田舎では水道水の環境が整っていない場合もあります。事前に飲めるのか確認し、できる限り飲料水を飲むようにしましょう。

もしもお腹を壊してしまったら

オーストラリア 水

水道水は基本的には飲めるものの、もしも海外でお腹を壊してしまったら……と思うと不安ですよね。

そこで、オーストラリアでお腹を壊してしまった時の対処法を2つご紹介します。

対処法(1)現地の薬を飲む

下痢や腹痛が止まらない場合は、日本の薬ではなく現地の薬を飲みましょう。日本とは環境が違うので、現地の薬が一番効果があります。

オーストラリアだと「Buscopan」が腹痛の薬で「Imodium」は下痢止めです。
購入する際はスーパーマーケットではなく薬局で購入するようにしましょう。自分の症状を話すとそれに当てはまるものを選んでもらえますよ。

日本人は身体が小さいため薬が効きすぎる場合もあるので、摂取する際は気をつけましょう。

対処法(2)症状がひどい場合は病院へ

症状が1週間ほど長く続いて収まらない場合は、病院へ行きましょう。

オーストラリアは診察代・薬代が非常に高く、一度の診察で60〜80AUD(5,000円前後)とられます。

こういった緊急事態も想定し、ちゃんと海外保険には入っておいた方が安心ですよ。

まとめ

今回は、オーストラリアの水事情についてご紹介しました。

オーストラリアの水道水は飲むことができますが、日本とは成分が異なる場合があるのでお腹を壊す可能性もあります。せっかくの留学や旅行が台無しにならないためにも、沸騰させて飲むか飲料水を購入しましょう。

スーパーの飲料水なら安く購入できるので、安全面が気になる方は水道水よりも飲料水がおすすめですよ。くれぐれも環境が整っていない田舎などで水道水を飲むことは避けましょう。

オーストラリアは水が貴重な国なので、水の無駄遣いをしないように日頃から意識して生活することも大事です。

日本とオーストラリアの水事情の違いに気をつけながら、現地での生活を楽しんでくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Machako

Machako

フィジー留学、オーストラリアにワーキングホリデーをしていました。海外を旅することが大好きで現在、海外ノマドでフリーライターをしつつ旅をしています。旅の中で好きなことは、人と会うこと、その国の美味しいご飯食べること、文化を知ることです。Twitterで海外ノマド情報や好きなこと、お仕事のことなど呟いてますので良かったらフォローお願いします^ ^

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。