留学後の就職は不利?留学したい新卒・社会人必見のメリットデメリット

留学後 就職

「海外留学をしたいけれど、帰国後に就職できるのかな……」
「新卒を捨てて、留学しても仕事が見つかるのだろうか」

と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

結論からいうと、留学経験は就職活動の武器になります。実際に留学後、就職活動を成功させ希望の職種に就けた人も数多くいます。

しかし、留学さえすればいいという訳ではありません。留学後の就職には、留学で身につけておくべき語学力や専門スキル、留学経験者が就職をスムーズに進めるためのコツを知っておくことが欠かせません。

そこで今回は、留学後の就職活動に不安がある人に向けて、ポイントやコツ、留学前にやっておくべきことなどを紹介します。

これから留学する人や留学中で帰国後の就職に不安がある人は、参考にしてくださいね。

留学における最大の失敗は
「迷ったまま無駄な時間が過ぎること」

いつかは留学へ行ってみたい。そう思ったのは何度目のことでしょうか?

お金と時間もかかる留学。本当に行く意味はあるんだろうか、次に繋がるんだろうかと悩む点は多いですよね。

ただ、それ以上に問題なのは、留学へ行くかどうかが決められず、長い時間同じところで悩んでいることです。

行くと決めたら準備を始める、行かないと決めたら別のことを始めてみる。留学へ行くかどうかが決まれば行動が進み、その分早く人生の目的を達成できます。

いつか行きたい留学。このタイミングでいつ行くか考えてみませんか?

【無料】LINEで留学相談する!

留学クーポンキャンペーン実施中

留学後の就職活動は戦略がキーポイントになる

留学後 就職 有利 不利

留学後の就職を成功させるには、3つのポイントを押さえながら戦略を練ることが重要です。

ポイント(1)海外経験は今でも就職で大きなアドバンテージ

一昔前に比べて留学のハードルはかなり下がりましたが、海外での留学経験は今でも就職活動時の大きなアドバンテージとして活用できます。

というのも、人口減少が進む日本では、海外に市場拡大を図ろうとしている企業が数多くあるからです。英語力があるだけで、選べる仕事の幅は広がりますし、年収にも影響します。

ただし、対象となるのは海外経験を通してスキルを身につけた人だけ。留学から帰国後、企業から「仕事のブランクがある」と考えられることもありますが、英語力を武器にマイナスイメージをプラスに変えることができるのが海外経験なのです。

ポイント(2)新卒を捨てて留学しても不利にはならない

最近では、大学卒業後に新卒を捨てて海外留学をしたいという声や、実際に留学したという話を時々耳にします。ただ、みなさんが気になるのは、「不利にならないか」ではないでしょうか。

結論からいえば、新卒を捨てて留学しても必ずしも不利になる訳ではありません。ただ、新卒とまったく同じメリットを維持することは難しいかもしれません。

大切なのはポイント(1)で紹介したように、どんなスキルを身につけられたかです。近年では新卒後3年以内の就職活動者を指す「第二新卒」に対する求人も豊富で、就職するチャンスはいくらでもあります。

また、就職活動時には必ず「なんで新卒で留学したの?」と聞かれます。その時に、相手を納得させる理由と語学スキルがあれば、帰国後の就職活動を恐れることはありません

ポイント(3)帰国後の就活を考えるならTOEIC860以上を目指そう

では、具体的にどの程度のスキルがあればいいのでしょうか?帰国後に英語がメインになる仕事を考えているのであれば、ネイティブとスムーズに会話できるレベルの英語力は必須です。スピーキング力が必要なので、英検準1級やIELTS7.0ほどは必須ですね。

英語を使う仕事に限らない場合は、TOEIC860以上あれば、選べる仕事の幅が格段に広がります。

そのためにも必ず留学後に英語試験を受験するようにしましょう。「留学で英語力を身につけた」と客観的に証明することができます。

また社会人で留学するのであれば、今後の就職に関わる就労経験や資格も役に立ちます。例えば、マーケティングの仕事をしている人なら、留学中に現地の企業でマーケティングのインターンとして活動した経験は有利に働くはずです。

LINE留学相談

留学後の就職を成功させるためのコツ3つ

留学後 就職 コツ

留学後の就職において、社会人と新卒に向けて、どんな準備をしておくべきかコツをまとめます。

ポイント(1)仕事で活かせる英語力を身につける

社会人

先ほども少し紹介しましたが、即戦力として仕事で使える英語力はつけておく必要があります。TOEICなら860あれば間違いはありません。もしスコアがそれに達していなくても、履歴書に書くのであれば750以上は必須。

またビジネスで使う場合は、ビジネス英語にも早めから取り掛かっておくといいでしょう。

新卒

新卒で留学する人の目的は、若いうちにいろいろな経験がしたかった、もしくは語学力を身につけたいからだと思います。こちらも社会人と同様、留学後に英語力がどれだけ伸びたのかを証明できなければ、留学の成果も証明できません。

ポイント(2)留学の理由を説明できるようにする

社会人

多くの企業が留学している期間を「ブランク」と感じます。社会人になって以降の留学は、「遊び」「休暇」と思われる可能性も否めません。

一方で、ネガティブな意見だけではありません。きちんと動機と理由を説明できれば、仕事のチャンスは必ず得られます。例えば「英語を使う仕事がしたかった」「異業種に挑戦したかったから、専門スキルを身につけたかった」など、明確な理由を挙げましょう。

新卒

人と同じが求められる日本社会では、新卒で留学した人に対して、「現実逃避をしたかっただけなのでは?」と勘違いされることがあります。

特に新卒の場合、「なんで学生の時に行かなかったの?」と聞かれる可能性は高いです。その際は、学生時代に留学しなかった理由と、現地でどんな経験ができたかをしっかりと説明しましょう。

納得のできる留学理由を説明できることで、企業から「仕事へのモチベーションが高い」とプラスに思われ、目的への計画力や実行力を評価されやすくなります。

ポイント(3)海外でも常に求人情報や就職イベントをチェック

社会人

留学中は時間があまりないかもしれませんが、常に就職情報をチェックするのがおすすめです。自分の職務経験を活かして就職できそうな企業やエージェントの情報をチェックする癖をつけましょう。

そうすることで、「TOEICは800以上必要」「海外でもできる職務経験はないか」など、目標を設定するのに役立つ情報が入ってきます。

また、最近ではオンラインで参加できる転職イベントも豊富です。海外からでも参加できるイベントに顔を出して情報収集を進めましょう。

新卒

新卒で留学をする人は、帰国後にどんな可能性があるかしっかりと把握しておくことが第一歩。起業するのでなければ、働かせてくれる会社を見つける必要があるためです。

例えば「第二新卒」で応募できる仕事を探したり、「合同説明会」の情報収集をしたりと、まずは自分にどんな可能性があるのかを把握しておくことが大切です。留学経験のある知人に話を聞くのも参考になるでしょう。

また、もし現地の会社への就職を考えているのであれば、出国前・留学中にインターンに積極的に応募してみましょう。海外では、有給や無給にかかわらず職務経験が重視されます。

留学後の就職におすすめの仕事【職種と企業別】

留学後 就職

留学後の就職活動において、留学経験を重視してくれる職種や企業があります。

職種

英語を使う仕事であれば、

・外資系企業
・海外とのやり取りが多い企業
・海外向けに商品やサービスを販売している企業

が狙い目です。さらに留学経験を活かせる職種は例えば、日系外資系にかかわらず次の5つです。

・ホテル
・飲食店
・製造業
・メーカー
・小売店

時々、日系企業で海外とのメールのやり取りを担当してほしいという求人が出ていることがあります。その場合、スピーキング力はそこまで問われないためTOEIC700代でも応募できることがあります。

企業

留学経験を活かして就職できる企業を挙げるときりがありません。中小企業から世界的な規模の企業まで多種多様です。それだけ英語力は、就職活動時に有利です。

そうした企業が英語力を求める場合、「日常会話」「ビジネス英語」とよく記載されています。ざっくりしていてどの程度かわかりにくいですね。

日常会話はTOEICだと700程度、ビジネス英語では話す力を求められているケースがほとんど。つまり、ビジネス英語の方が高く評価される傾向にあります。

また、有名企業になればなるほど求められる条件もアップします。英語力だけでなく、「英語を使った実務経験」などです。現時点で応募できなくても、どんな選択肢があるかチェックしておくだけで、就職活動を始める際の有益な情報になりますよ。

LINE留学相談

留学後に就職先を探す3つの方法

留学後 就職

では、どうやって仕事を探せばいいのでしょうか。ここからは仕事の探し方にクローズアップしていきます。

方法(1)転職・第二新卒サイトをチェック

一番ポピュラーな方法は、転職サイトをチェックすること。その際「英語力」「TOEIC800」など、英語力を活かせる条件を加えてみましょう。

第二新卒であれば第二新卒向けのサイトもあるので、いろいろな情報に触れて可能性を見出しましょう。

方法(2)転職エージェントを活用

転職専門のエージェントに相談して、求人を探す方法もあります。特に中途採用で応募する社会人の方におすすめです。

そこでおすすめエージェントを2つ紹介します。

エージェント(1)マイナビエージェント

マイナビエージェントは、マイナビが展開する大手のエージェントです。

・キャリアアドバイザーが求人紹介やESの添削など幅広く支援
・求人の8割は非公開のもの

求人専門サイト「マイナビ転職」も開設しているため、そこから求人を探すことも可能です。

エージェント(2)doda転職エージェント

doda転職エージェントは、求人内容が充実しているエージェントです。

・求人数は10万以上
・求人は希望した業界などにあわせて提案

すでに希望業界が決まっている方におすすめです。

方法(3)留学経験がある友人に話を聞く

デジタルな方法も便利ですが、留学経験がある友人や知人にアドバイスをもらうアナログな方法も意外と役立ちます。すでに経験しているからこそ、気をつけることやポイント、おすすめの求人サイトを紹介してくれるでしょう。

また、一人で進めるよりも客観的な意見を聞いた方がより有意義な転職活動になります。

留学後の就職活動でよくあるFAQ

留学後 就職

最後に留学後の就職活動に対して不安を抱きやすい疑問や質問にお答えします。

大学4年生ですが留学に行ったら不利になりませんか

冒頭にもご紹介したとおり、他の新卒とまったく同じベネフィットを受けることは難しいかもしれません。ですが、グローバル化する社会の中で、早いうちに英語力を身につけて将来につなげるという意味では、むしろ有利です。

留学するのであれば、日本社会で有利になる英語試験を受けておくこと、海外での就職に備えて日々の学習の継続と、現地でのインターンを検討してみましょう。

30歳を超えて留学しても帰国後に仕事が見つかりますか

もちろん、見つかります。

ただ、自分がやりたい仕事かどうかは、留学中の過ごし方やこれまでのキャリア形成が大きく影響するでしょう。

海外企業への就職に必要なことを教えてください

まずは英語力です。TOEICのような筆記のみの試験ではなく、IELTSやTOEFLのように総合的な英語力を示せる資格があればパーフェクトでしょう。IELTSなら7.0以上、TOEFLなら90点以上を狙いましょう。

また日本企業と比べて、海外は実力主義です。面接試験でも「あなたを雇うべき理由を説明して」「これまでにどんな経験があるのか」など、人柄ではなく実力重視です。海外企業への就職を考えているのであれば、インターンや実務経験を積むことも必要です。

ワーホリ後に就職したいです。どんな準備が必要ですか

ワーホリは「ホリデー」と名前が付く以上、「現地で遊んでいた」と勘違いされてしまうことがあります。また1年間と期間が短いため、英語力初心者が就職で有利になる上級近くまで英語力を上げるのには相当の努力が必要です。

準備するのであれば、再三ご紹介しているように英語力を証明する資格と、ワーホリの動機と結果を明確に語れるように準備しておきましょう。

語学留学は留学とアピールしてもいいでしょうか

残念ながら、就職活動時に「語学留学」を「留学」と表現するのは注意が必要。一般に留学は、海外の大学などで語学以外の経験があると認識されます。履歴書にも語学留学の経験を記載することはできません。

そうはいっても語学留学も、結果次第では十分にアピールできるポイントです。英語資格のスコアを使って、努力した経験や英語力を武器に転職活動を展開しましょう。

新卒で留学するのは逃げと思われても仕方ないでしょうか

「逃げ」という意見に対して、どれだけ自分の決断を貫けるかが重要です。

日本社会では、「人と同じ」を求められますが、世界に目を向けてみれば30歳を過ぎて初めて仕事に就く人、子育てが落ち着いたから大学院に入学する人など、自分らしい人生を歩んでいる人がたくさんいます。

人とは違う選択をする人に対して、「逃げ」と思う人もいるでしょうが、自分の心地いい場所を離れて海外に飛び立つことは挑戦ともいいます。人の顔色や意見を気にせず、自分のやりたいことを追求しましょう。

在職中や留学中に目指すといい資格はありますか

英語の資格はもちろん、留学後に興味がある仕事の資格や勉強をしておくのはおすすめです。

例えば、プログラミング・デザインなど、将来に役立ちそうなことは積極的に挑戦してみましょう。

まとめ

留学後 就職

今回は留学後の就職が心配な方々へ向けて、就職活動で役立つポイントをまとめました。

30歳を過ぎても、新卒でも、留学に遅いも早いもありません。帰国後の仕事が心配にならないように、

・仕事で活かせる英語力を身につける
・留学の理由や成果を説明できるようにする
・専門スキルを身につけておく

を意識して海外留学生活を過ごしてください。早めの備えが、未来の良い結果につながっていきます。

「就職活動で留学経験を活かしたい!」と思っている人は、ぜひこちらの記事も参考にしてくださいね。
留学経験、就活にどう活かす?体験談やポイント、自己PRの例文など紹介します

LINE留学相談

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

モリキアユミ

モリキアユミ

1992年生まれ、京都府出身のフリーライター。大学卒業時に就職を蹴って、24カ国・50都市の世界一周を実行し、旅の途中からそのままライターへ。現在はタイと日本を行ったり来たりしています。オーストラリア留学とセブ島留学の経験あり。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談する!

\直接話を聞いて相談したいなら/

留学カウンセラーと
個別面談する(オンライン)

\まずは気軽に相談したいなら/

LINE友達追加で
相談する LINE留学相談 QRコード

スクールウィズのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。