【お知らせ】7月〜8月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

ワーキングホリデーの仕事の探し方は?日本で事前に探すおすすめな方法もご紹介

ワーキングホリデー 仕事

「ワーキングホリデーで仕事をしてみたいけれど、事前に日本で探すことってできるのかな?」
と考えてる方。

正直なところ、ワーキングホリデーでの仕事は現地で探すのがおすすめです。現地では日本では得られないローカルな情報や、友人からの紹介などが期待できます。その一方で、あらかじめ日本で準備しておくことで、仕事が探しやすくなることも事実です。

とはいえ、具体的に何を準備すればよいのかはわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、

  • ・ワーキングホリデー制度の概要
  • ・ワーキングホリデーの仕事の探し方
  • ・ワーキングホリデーで人気の仕事
  • ・ワーキングホリデーの仕事を決める時にチェックしたいポイント

などをお伝えします。

海外で仕事を探すことはハードルが高そうに思えますが、押さえるべきポイントはそれほど多くありません。

まずはこの記事を読んで、ワーキングホリデーの仕事の探し方を知りましょう!

【PR】

ワーキングホリデーってどんな制度?

ワーキングホリデー 仕事

ワーキングホリデーは、働きながら長期間海外に滞在できる制度です。利用には18歳~30歳までの年齢制限があり、毎年日本からは多くの若者がワーキングホリデーを利用して海外へ渡航しています。まず最初に、ワーキングホリデーの制度についてざっくりとお伝えしますね。

ワーキングホリデー概要

ワーキングホリデーは、外務省において以下のように定義されています。

「ワーキング・ホリデー制度とは、二つの国・地域間の取り決め等に基づき、各々の国・地域が、相手国・地域の青少年に対して自国・地域の文化や一般的な生活様式を理解する機会を提供するため、自国・地域において一定期間の休暇を過ごす活動とその間の滞在費を補うための就労を相互に認める制度です。」

参考:外務省「ワーキング・ホリデー査証発給要件(https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/working_h.html)」

簡単に言うとワーキングホリデーは「海外で長い期間自由に観光したり、働いたりできる制度」です。

ワーキングホリデー制度がある多くの国では、年齢制限の上限を30歳に設定しています。これはワーキングホリデーが若者を対象とした制度であることが理由です。

ある程度年齢を重ねてしまうと利用したくても利用できなくなってしまうので、興味があれば思い切ってチャレンジしてみることをおすすめします。

ワーキングホリデーに参加できる人

ワーキングホリデーを利用できる条件は、以下の通りに定められています。

【ワーキング・ホリデー査証発給要件】
・相手国・地域に居住する相手国・地域の国民・住民であること。
・一定期間相手国・地域において主として休暇を過ごす意図を有すること。
・査証申請時の年齢が18歳以上30歳以下であること(オーストラリア、カナダ及び韓国との間では18歳以上25歳以下ですが、各々の政府当局が認める場合は30歳以下まで申請可能です。またアイスランドとの間では18歳以上26歳以下の方が申請可能です)。
・子または被扶養者を同伴しないこと。
・有効な旅券と帰りの切符(または切符を購入するための資金)を所持すること。
・滞在の当初の期間に生計を維持するために必要な資金を所持すること。
・健康であること。
・以前にワーキング・ホリデー査証を発給されたことがないこと。
参考:外務省同ページ

初めてワーキングホリデーを利用する方が注意すべき点は「年齢」と「資金」の2つ。ワーホリビザ申請時の年齢が「18歳以上30歳以下」でなければ利用できません。

また、現地での生活や、帰りの旅券などに問題が発生しないだけの資金を用意しておくことが求められます。

ワーキングホリデーの制度がある国

2018年12月時点で、日本とワーホリ協定を結んでいるのは22カ国です。協定を結んだ国以外にも現在交渉中の国があり、今後も新たにワーキングホリデーを利用して渡航できる国の増加が見込まれています。

【ワーキングホリデー制度の導入国】

1. オーストラリア
2. ニュージーランド
3. カナダ
4. 韓国
5. フランス
6. ドイツ
7. 英国
8. アイルランド
9. デンマーク
10. 台湾
11. 香港
12. ノルウェー
13. ポルトガル
14. ポーランド
15. スロバキア
16. オーストリア
17. ハンガリー
18. スペイン
19. アルゼンチン
20. チリ
21. アイスランド
22. チェコ
参考:外務省「ワーキング・ホリデー制度(https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/working_h.html)」

ワーキングホリデーに行く前に仕事は見つけられる?

ワーキングホリデー 仕事

冒頭でお伝えした通り、ワーキングホリデーでの仕事は現地で探すことがもっとも確実です。とはいえ、よりスムーズに仕事に就くため、あらかじめ日本で準備を整えておくことはおすすめできます。

日本でも仕事を見つけることはできる?

日本にいながら仕事を探すのであれば、やはり活用したいのはインターネットです。最近は外国人向けの求人サイトも多数できているので、それらをうまく活用すれば効率よく仕事を見つけることができます。

渡航先のエリアにおける求人サイトをチェックすることで、そのエリアの求人のトレンドやシーズンごとの求人の多さなどを見極めながら慎重に仕事先を選ぶことができます。もちろんそのサイト上で仕事先を決めてしまう必要は無く、現地に行ってから目星をつけておいた働き口を狙ってアプローチすることが可能です。

どのタイミングで仕事を探し始めるのか

日本にいながら仕事を探すのであれば、できるだけ早いタイミングから行動することをおすすめします。季節やタイミングによって求人の内容やボリュームは大きく変わるため、長いスパンで見極めた方がより自分の働きたい職場を見つけやすいです。

一般的にワーキングホリデーに行く場合は、1年くらい前から準備を始める人が多いですが、仕事先についてはできれば半年前くらいからリサーチを始めましょう。

ワーキングホリデーの仕事の探し方

ワーキングホリデー 仕事

ここでは、日本でできるワーキングホリデーの仕事の探し方として、

  • ・インターネットの求人サイト
  • ・ブログや口コミ
  • ・友人からの紹介

の3つをお伝えします。

仕事の探し方1. インターネットの求人サイト

1つ目の探し方が、インターネットの求人サイトを利用することです。

ここ数年ワーキングホリデーの仕事を探す方法は、インターネットの求人サイトがもっともポピュラーな手段になっています。ここではワーキングホリデーで人気の上位3カ国である「オーストラリア」「カナダ」「ニュージーランド」のおすすめ求人サイトをご紹介します。

【オーストラリアのおすすめ求人サイト】
日豪プレス:日本人向けの求人が集まっていて探しやすい。
SEEK:ローカルな仕事探し専用のサイト。情報が豊富。

【カナダのおすすめ求人サイト】
JPカナダ:日本人向けの求人が集まっていて探しやすい。
kijiji:エリアごとに細かく仕事を探せる。

【ニュージーランドのおすすめ求人サイト】
NZdaisuki:日本人向けの仕事を探しやすい。
Trade me:よりローカルの仕事が探しやすい。

仕事の探し方2. ブログや口コミ

2つ目の探し方が、ブログや口コミを利用することです。

インターネットを検索してみると、すでにワーキングホリデーを体験した先輩のブログや口コミが多数存在します。そんな中から自分の気になったブログや口コミにアクセスしてみましょう。

最初は簡単な質問でもいいですし、何かコメントを残せば相手から反応があるかもしれません。その中で自分が今仕事を探していることなどを伝えるチャンスがあれば、そこから仕事が見つかることもあります。

仕事の探し方3. 友人からの紹介

3つ目の探し方が、友人からの紹介を利用することです。

ワーキングホリデーの渡航先が決まったらできるだけ周囲の友人や知人にそのことを伝えておきましょう。直接その友人や知人がワーキングホリデーや渡航先に関係はなくとも、友人の友人や、周囲の人が渡航先に強いコネクションを持ってる可能性があります。

私の友人も、ワーキングホリデーに行くことを周囲に伝えていたところ、意外なところから仕事が決まったというケースがあります。周りに伝えておいて損はありません。

ワーキングホリデーで人気の仕事

ワーキングホリデー 仕事 人気

ここでは、ワーキングホリデーで人気の仕事をご紹介します。

自分がやりたい仕事があるという方はそれを優先すべきですが「まだ仕事については何も決めていない」という方については、ここで紹介した仕事をぜひ参考にしてください。人気があるということは、それだけメリットが大きいということでもあります。

ここで紹介する仕事は、

  • ・日本食レストラン
  • ・カフェ
  • ・ツアーガイド
  • ・ファームジョブ

の4つです。

仕事1. 日本食レストラン

日本食レストランは、初めてワーキングホリデーに行く人にオススメの仕事です。基本的にオーナーは日本の方か、日本のことをよく知る方が多いため、安心して働くことができます。加えて従業員も日本語を話せる人が多いため、とても働きやすい職場です。

【人気の理由】
英語が得意でなくても働きやすい

【必要な英語力は?】
目安:TOEIC450~600点

仕事2. カフェ

カフェは日本食レストランに比べてややハードルは上がりますが、日本人が従事できるサービス業として人気があります。基本的なメニューやサービスについての説明ができるのであれば、求人数は多いため仕事を得やすいです。

また加えて、お客さんからのチップなどをもらう機会もあり、給与水準も意外に高いです。

【人気の理由】
求人数が多い

【必要な英語力は?】
目安:TOEIC650~750点

仕事3. ツアーガイド

ツアーガイドは、人気の観光スポットなどが近くにある場合、多くの求人がかけられます。日本語を話せるというメリットをフルに活かせる仕事であるため、日本人ならではの仕事とも言えます。

一般的なサービス業の中でも時給が高いため、効率よく収入を得たい方にオススメの仕事です。

【人気の理由】
英語が得意でなくても働きやすい、給与水準が高い

【必要な英語力は?】
目安:TOEIC200~450点

仕事4. ファームジョブ

ファームジョブは語学力に関係なく働きやすいため、ワーキングホリデーの就職先として人気です。季節ごとに就労条件は変わりますが、季節就労のため比較的給与が高く、またチームで集まって働くため友人ができやすいのも魅力といえます。

自然の中で異文化を感じながら働きたいという方におすすめの仕事です。

【人気の理由】
給与水準が高い、友人を作りやすい

【必要な英語力は?】
目安:TOEIC450~600点

ワーキングホリデーの仕事を決める時にチェックしたいポイント

ワーキングホリデー 仕事

ここではワーキングホリデーの仕事を決めるときにチェックしたいポイントについてお伝えします。

チェックしたいポイントは3つです。

  • ・目的に合った仕事かどうか
  • ・渡航するシーズンと希望する仕事の求人トレンド
  • ・安全性と違法性に注意する

ポイント1. 目的に合った仕事かどうか

1つ目のポイントが、目的に合った仕事かどうかということです。

ワーキングホリデーで仕事を選ぶ際に忘れてはいけないのが、自分が「何のためにワーキングホリデーに行くのか」ということ。あくまでワーキングホリデーで選ぶ仕事は、大きな目的を達成するための手段として考えた方が良いでしょう。

例えばある人にとってワーキングホリデーの目的は「語学習得」であるかもしれませんし、ある人にとっては「外国人の友人をたくさん作ること」かもしれません。人によって目的は大きく変わります。目的を押さえておかないと、それに見合った仕事を選ぶことができません。

ポイント2. 渡航するシーズンと希望する仕事の求人トレンド

2つ目のポイントが、渡航するシーズンと希望する仕事の求人トレンドです。

ワーキングホリデーにおいて仕事を重視したい方は、渡航するシーズンをうまく調整をする必要があります。

例えば夏場にしか求人のないピッキングの仕事を狙ってワーキングホリデーを計画している場合、そのシーズンを外して渡航してしまうと計画が大きく崩れます。もちろん仕事に合わせて渡航シーズンを決めるということは本来の目的からずれているかもしれませんが、予算が限られている人にとっては重要なポイントです。

できるだけ早めにリサーチを始め、自分の狙った仕事とそれに見合ったシーズンをしっかりと把握しておくことで計画的に仕事を探すことができます。

ポイント3. 安全性と違法性に注意する

3つ目のポイントが、安全性と違法性に注意することです。

現地のことや事情をよく知らないワーキングホリデー初心者が巻き込まれやすいのが、安全性と違法性の2点。条件に合う仕事が見つかったら、まずその仕事がどのエリアで行われる仕事なのかチェックしましょう。あまり治安の良くないエリアでの仕事は、安全性が確保できませんので避けるべきです。

また外国人の就労者を雇っているところでは、法律から外れた雇用形態のところもあります。自分の知らないうちに違法就労にあたる働き方をしてしまう可能性もあるので、その点にも注意が必要です。違法就労にあたらないためにも、その国の最低時給や基本的な雇用契約の内容についてしっかりと押さえておきましょう。

まとめ

ここまで日本でのワーキングホリデーの仕事の探し方をお伝えしました。

ワーキングホリデーの仕事の情報は現地で探すのが1番確実ですが、あらかじめ準備をしておくことは、仕事探しをスムーズに運ばせるのに重要なことです。

もっとも便利な手段はインターネットの活用ですので、現地で求人募集をかけているサイトをできるだけ小まめにチェックし、自分の興味のある仕事の条件や内容を把握しておきましょう

国ごとに使いやすい求人サイトが各種あるため、渡航先が決まったらそのエリアに強い求人サイトをあたってみることをおすすめします。

仕事を決める時にチェックしたいポイントとしては、以下の3つをお伝えしました。

  • ・目的に合った仕事かどうか
  • ・渡航するシーズンと希望する仕事の求人トレンド
  • ・安全性と違法性に注意する

あくまで現地での仕事はワーキングホリデーを充実させるための1つの手段です。優先すべき大きな目的を見失わないよう、仕事を探すようにしてください。皆さんのワーキングホリデーが実りあるものになるよう、心からお祈りしています!
ワーキングホリデーの費用やオススメの語学学校などの情報はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

長濱 裕作

長濱 裕作

学生時代はお金を貯めて海外各地を放浪。異文化に触れる楽しさや多様性の価値を知る。学生結婚を経て12年に渡り大手アミューズメント企業に勤めるも、家族と過ごす時間を増やすために退職。現在は田舎に引っ越して古民家を購入、半農半ライターとして生活。子どもたちの留学の在り方についても勉強中。妻ラブな3児の父。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。