【お知らせ】7月〜8月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

アメリカで銀行口座を開設するには?開設までの流れとおすすめ銀行をご紹介

アメリカ 銀行口座開設

「アメリカに長期滞在をするので銀行口座を作りたいけど、どうやったらいいのかな……」とお困りではありませんか。

アメリカに長期間滞在する予定がある人は、生活のために銀行口座を開設しておくと非常に便利です。ですが、海外で口座を開設となると、慣れない英語のでのやり取り、準備しなければいけない必要書類、ルールの違いなどに戸惑ってしまうこともあるはずです。

そこで今回は、アメリカへの長期在在を前にもしくは到着後に口座開設を行う方法を5つのステップに分けてご紹介していきます。おすすめの銀行も紹介するので、ぜひチェックしてくださいね。

【PR】

そもそもアメリカ生活に銀行口座は必要?

アメリカ 銀行口座開設

まずはアメリカでの生活で、どのようなシーンで銀行口座が必要になるのかを解説します。

方法(1)日本で作ったキャッシュカードを使う

アメリカでは、日本で作ったキャッシュカードを使うことが可能です。もちろんすべてキャッシュカードのキャッシュカードがアメリカで利用できるとは限りませんが、利用できる場合には、現地のATMなどで気軽に引き落としができ便利です。

しかしアメリカでも地方に行ってしまうとキャッシュカードが対応できないこともあるため、キャッシュカードを持っていくだけでは安心できません。

方法(2)日本で作ったクレジットカードを使う

日本で作ったクレジットカードもキャッシング機能を利用すれば、現金を現地のATMで引き出しが可能なカードもあります。またアメリカはクレジットカード払いが広く普及しているので、大都市であれば大抵のお店でクレジットカードで支払いを済ますことが可能です。

方法(3)アメリカで銀行口座を作る

アメリカの現地の銀行の多くが毎月口座維持手数料がかかります。また、アメリカ現地の銀行でも日本で開設可能な銀行もありますし、ONLINEで日本で口座を解説することもできますが、米国での滞在を証明できる住所と、身分証明書が必要になります。

アメリカの銀行口座にはどのような種類があるの?

アメリカ 銀行口座開設

アメリカの銀行の口座には、以下の2種類があります。

Saving Account(普通預金)

日本でいう普通口座です。普段私たちが使っている口座と同じように自由に、引き出し預け入れなどが利用が可能です。

Checking Account(当座預金)

アメリカでは小切手の支払いなどをする際に使う口座です。

銀行を選ぶ基準は?

アメリカ 銀行口座開設

銀行を選ぶ基準は、クレジットカードと連結しているカード、または口座維持費についてもしっかり確認することが大切です。

アメリカ国内でのATM数、支店の営業時間、自宅から近い場所にATMがあるかどうかも大切な基準です。

アメリカで銀行口座を開設するまでの流れ

アメリカ 銀行口座開設

現地で銀行口座を解説するにあたりまず、来店して、口座開設専用のテーブルに案内してもらう、身分証や住民のわかるものを提出ますが、身分証明書はパスポートでもokです。パスポートが必要になり、有効期限も6カ月以上のパスポートが指定されている銀行もあります。

ステップ(1)口座の種類、開設する銀行を選ぶ

口座の種類は銀行によって異なります。上で紹介した口座の種類と選ぶ基準を元に自分に合った銀行口座を探してください。

ステップ(2)書類を揃える

開設した銀行口座が決まったら必要書類を揃えます。

現地での運転免許証、または国際運転免許性も同時に身分証明として提出すれば更に口座開設がスムーズに行うことができます。また学生、就労での滞在においては必ずVISAが必要です。

口座を開設する際にもこのビザも同時に提出しましょう。大抵はパスポートに付帯しているので、そのままコピーをとって提出してください。

その他必要となる書類は銀行によって異なるので、開設する際は窓口に行く前にどんな種類が必要か調べてから行きましょう。

ステップ(3)店舗に行く

アメリカの銀行の営業時間は、基本的に月曜日から金曜日の9時〜15時です。

店舗についたら、口座を係員に開設したいことを案内に告げましょう。口座開設のコーナーの場所を指示してくれます。

ステップ(4)窓口で申請する

銀行口座を開設するにあたり窓口では本人確認から、住所などを聞かれ、また現地で何をしているのか、仕事をしているのかなども聞かれます。

日本と同じようにクレジットカードの機能を付帯させたいかどうかも聞かれます。アメリカタウイザイにおける滞在予定期間などもしっかり明記しておきましょう。

ステップ(5)キャッシュカードを取得

無事手続きが進めば口座を開設でき、キャッシュカードを手に入れられます。即日で受け取りが可能な銀行も多いですが、中には1週間から10日ほどかかる銀行もあるので、手続きの際に送付までにどのくらいの期間がかかるかを事前に確認しておきましょう。

以上がアメリカで銀行口座を開設する際のステップです。次では具体的にどの銀行がおすすめなのかをご紹介します。

おすすめの銀行紹介

おすすめの銀行は以下です。

おすすめ銀行(1)BANK OF AMERICA

アメリカ 銀行口座開設 BANK OF AMERICA

Photo by : BANK OF AMERICA(https://www.bankofamerica.com/

「BANK OF AMERICA」は、国内においては支店数が最も多い大手の銀行です。

基本的に銀行維持費はかかりますが、毎月1,500ドル以上の貯金があり、25ドル以上の入金があれば、銀行維持費が無料になります。
BANK OF AMERICAホームページ(https://www.bankofamerica.com/

おすすめ銀行(2)CHASE BANK

アメリカ 銀行口座開設 CHASE BANK

Photo by : CHASE BANK(https://www.chase.com/

「CHASE BANK」はアメリカ国内で口座を開設するならばスムーズな開設が可能な銀行で、ONLINEで自分に似合うカードを選択することが可能です。

CHASE FREEDOM UNILIMITEDカード、またはCHASE SLATE CREDIT CARDなど銀行のカードの他にもクレジットカードを付帯することができて、現金の借り入れも可能な銀行です。

海外送金も対応しているので、日本の銀行に直接振込が可能ですが、この銀行も毎月口座維持手数料がかかります。
CHASE BANKホームページ(https://www.chase.com/

あわせて知っておきたい日本でアメリカの銀行口座を開設する方法

ここまでアメリカ国内で開設できる銀行口座について開設してきました。しかしアメリカの銀行の中には、日本にいながら口座を開設できる銀行もあります。

日本で開設する場合、アメリカにいる場合と比べ必要書類を揃えやすく、無駄に時間が取られないためおすすめです。

日本国内で口座を開設できる銀行「UnionBank」

アメリカ 銀行口座開設

Photo by : MUFG(https://www.bk.mufg.jp/tsukau/kaigai/kouza/cali/index.html

日本国内にいるうちに講座を開設できる銀行は「UnionBank」です。

UnionBankの口座は三菱東京UFJ銀行のサイト内から開設可能です。日本語のガイダンスに従って口座を開設することができ、手間がかからずにアメリカで使用できるキャッシュカードを作成することができます。

詳細は以下のページよりご確認ください。
三菱東京UFJ銀行ホームページ(https://www.bk.mufg.jp/tsukau/kaigai/kouza/cali/index.html

まとめ

これまでアメリカの銀行口座開設の方法をご紹介してきました。アメリカの口座は日本で作るサイト比べて少し時間はかかりますが、今回ご紹介した手順をしっかりと踏めば、誰でも開設が可能です。

口座を開設する際は、口座維持費・ATMの数に特に注意して銀行を選びましょう。それでも心配な人は、国内であらかじめ口座を開設してしまうというのもひとつの手です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

SchoolWithアメリカ編集部

SchoolWithアメリカ編集部

アメリカで実際に滞在経験のあるライター、今も生活をしているライターによる編集チームです。アメリカでの留学を考えている皆さんに役立つ情報をお届けします。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。