カナダのホームステイの滞在費用、注意点、英語力アップのための過ごし方を解説

カナダ ホームステイ

留学先として人気のカナダですが、ホームステイを考えている人も多いかと思います。中には、学校の寮とホームステイで迷っているという人も、いるのではないでしょうか?

今回は、学校の寮とホームステイを比べながら、それぞれの特徴について解説をしていきます。カナダでホームステイを考えている人は参考にしてみてください。

【PR】

カナダのホームステイの基本情報

カナダ ホームステイ

まずはカナダでホームステイする際に必要な基本情報をご紹介します。

ホームステイとは

ホームステイとは、留学生が現地の一般家庭の滞在をさせてもらうシステムです。家庭によりますが、食事の提供があったり、一緒に買い物や外出を楽しむこともあります。

カナダでは空き部屋を貸して収入を得る、ビジネス寄りなホストファミリーもいます。そのため、日本人が想像するアットホームな雰囲気でない家庭もあるのも事実です。

ホームステイの高い時期、混む時期

ホームステイは、時期によって料金が大きく異なります。特に夏休みや春休み、冬休みの時期は中高生から大学生までホームステイを利用して留学に行く人が多いです。

そのため、ホームステイ先も混むことが多く、料金も高くなります。人気のホームステイ先はすぐに埋まってしまうので、早めに予約をするか、時期をずらして行くことをおすすめします。

寮とホームステイの違いについて

カナダ ホームステイ

寮とホームステイは、それぞれ異なるスタイルを持っています。寮は学校が運営する宿泊施設で、他の学生と相部屋で生活をすることになります。

逆にホームステイは一般家庭に滞在をさせてもらう形式で、基本的には1人部屋になることが多いです。それぞれメリットやデメリットもあるので、特徴を紹介しつつ解説をしていきます。

寮生活のメリット

(1)さまざまな国の文化を体験できる

学生寮には、世界中の国から同世代の人たちが集まります。違う国の文化を知ったり、自分の国の文化を教えたりして文化交流もすることができます。

自分が知らない文化や、お互いの国の料理を作ったりして交流を深めることができ、充実した寮生活を送ることができます。

(2)時間に自由がきく

寮生活は、ホームステイに比べて時間を自由に使うことができます。ホームステイは、シャワー時間のルールや、消灯時間の決まりなどが多く、少し窮屈に感じてしまうこともあります。

寮は時間に縛られることも少ないので、自由な時間を過ごしたい人にはおすすめです。

(3)友達がたくさんできる

寮は、同じ学校の勉強をする生徒が集まっているので、友達ができやすいです。

私も語学留学で寮生活体験しましたが、多くの友人を作ることができました。相部屋の人と仲良くなるのはもちろんのこと、廊下で会った人やエレベーターで一緒になった人ともすぐに仲良くなれます。

いろんな国の友達を作りたい人にとっては、寮生活がおすすめです。

(4)イベントが多い

寮生活は学生同士でイベントを開くことが多いです。

私も留学中に寮の友達と飲みに行ったり、部屋でパーティーを開いて楽しむことが多かったです。海外生活で寂しい思いをしたくない人や、パーティーなどのイベントが好きな人は寮生活を選んでもいいかもしれません。

寮生活のデメリット

(1)自分1人の時間がない

寮生活は相部屋が基本なので、プライベートな時間を取ることができません。

私も6人部屋で寮生活をしていましたが、数ヶ月間、1人の時間を取ることができませんでした。短期の留学なら気にせず過ごせる人もいますが、長期の留学の人はストレスが溜まってしまうかもしれません。

私の場合は、1人でカフェに行って自分の時間を作り、ストレス発散をしていました。中には1人部屋に移動する人もいたので、共同生活が初めての人は、よく考えてから選んでみてください。

(2)静かに勉強ができない

寮生活は学習に向いていますが、ルームメイトや隣の部屋の人がうるさいと勉強に支障をきたしてしまう可能性があります。特に、学校の寮はパーティーなどのイベントが多いので、騒いでいる人もいます。

勉強に集中したい人は1人部屋にしたり、学習環境が整っている寮を選ぶ必要があります。

(3)自炊が面倒

寮生活は自炊が基本なので、料理をしたことがない人や、買い物が面倒な人にとっては苦痛になるかもしれません。

また、栄養バランスを考えた食事をする人も少ないので、体調不良になってしまう人もいます。

ホームステイのメリット

(1)英語を話す環境になる

ホームステイは、ネイティヴの日常会話を聞きながら生活をします。学校では習わないフレーズや単語が学べるので、実戦でも使える生の英語を取得することができます。

また、ホストファミリーのコミュニケーションを取るためには、英語で話すことが必須です。頑張って意思疎通を取ろうと努力するので、英語の上達も早くなります。

本気で英語を取得したいのであれば、ホームステイがおすすめです。

(2)自炊をしなくても良い

ホームステイ先によっては、食事を提供してくれるホストファミリーもいます。家庭によってさまざまですが、朝と夜は食事を作ってくれるケースが多いので、勉強の時間の確保もしやすいです。

料理が苦手な人や、勉強の時間を増やしたい人はホームステイを選んでみてください。

(3)カナダの生活を体験できる

ホームステイは、カナダの日常生活をダイレクトに体験することができます。

留学は語学を勉強するだけでなく、その国の生活を知ることも大切です。一般の家庭に滞在することで、その国の文化や食生活、考え方を学ぶことができます。

英語の環境に身を置いて、現地の文化に触れることができるのはホームステイ最大のメリットと言えます。

(4)ホストファミリーと仲良くなる

ホームステイをしている人の中には、本当の家族同然に仲良くなる人もいます。

留学が終わった後も連絡をとったり、お互いの国を訪れたりして交流を深めることもあります。貴重な出会いがあるのもホームステイの魅力なので、ホストファミリーの人とは積極的にコミュニケーションを取ってください。

(5)相談ができる

カナダに留学をしていると、困ったことや心細くて不安になることもあります。

そんな時は、ホストファミリーに相談をするといいでしょう。学校の悩みや生活の悩みを伝えることで、アドバイスや助けをくれることもあります。特に現地の生活で困った時は、その場所にずっと住んでいるホストファミリーは心強い味方になってくれるでしょう。

ホームステイのデメリット

(1)ルールが厳しいところもある

ホームステイ先によって、ファミリールールが厳しいところも数多くあります。門限が早かったり、朝のシャワーが禁止だったり、キッチンのルールが複雑な場合も。

事前にファミリールールを確認しておかないと、入居してからトラブルになってしまうこともあります。家に到着したら細かいところまでルールを聞いて、破らないようにしましょう。

(2)食事がまずい可能性も

ホームステイ先では食事を提供してくれる家庭が多いですが、その料理が美味しいとは限りません。中には料理が下手な人もいて、そういった人に当たってしまうと我慢して食べなければなりません。

口コミでは分からないので、こればかりは運と言うしかありません。

ホームステイにかかる費用について

カナダ ホームステイ

ここではホームステイにかかる費用についてご紹介します。

滞在費

カナダのホームステイ費用は地域によって変わってきますが、月8万円前後をみておくといいでしょう。後ほど、都市別にホームステイ費用の相場を紹介するので参考にしてください。

滞在手配手数料

語学学校やエージェントと通して、ホームステイ先を決める場合は手数料が発生します。会社によってさまざまですが、1〜2万円が相場となっています。滞在費用にプラスして計算をしておいてください。

食費

ホームステイ先では食事を提供してくれる家庭も多いので、食費が大幅にかかることはありません。

ただし、昼食が出ない家庭が多いのでその分だけは食費を払う必要があります。月に2万円前後をみておけば問題なく生活をすることができると思います。

交通費

ホームステイ先によっては、学校から離れていたり、郊外に家があったりする場合があります。そうすると学校までの交通費がかかってしまいます。事前に学校の場所と、ホームステイ先の住所は照らし合わせてどのくらいの交通費がかかるのか計算をしておくようにしてください。

ホームステイ費用の相場

カナダ ホームステイ

それではカナダの各都市のホームステイ費用の相場を紹介していきたいと思います。

バンクーバー(4週間)の相場

相場:10万円〜

バンクーバーはカナダ第3の都市として栄えており、留学生が数多く訪れる場所です。日本からの直行便もあるので、アクセスも良く留学先として不動の人気を誇っています。

アメリカの玄関口としても知られており、アメリカへ遊びにいきたい人にとってもおすすめです。留学生が多いのでホームステイの料金は高くなりますが、語学学校も多く英語を学ぶ環境は整っています。

トロント(4週間)の相場

相場:8万円〜

カナダ最大の都市として知られるトロントは、インフラや生活面が充実しており、留学生からの人気も高いです。

世界中から移民が集まる都市で、世界で最も多文化な都市とも言われています。さまざまな文化に触れ合いながら留学をしたい人には、おすすめの都市だと思います。

カルガリー(4週間)の相場

相場:7万円〜

カルガリーは、留学生にとってあまり馴染みのない都市ですが、近年人気が出てきている留学先です。人口は100万人を超える都市ですが、コンパクトシティなので自転車があれば問題なく回れるほど。

日本人は非常に少ないので、本気で英語を学びに行く人にとっては最適な環境です。

モントリオール(4週間)の相場

相場:7万円〜

カナダの東部に位置するモントリオールは、オーケストラや芸術などが盛んな文化都市として知られています。英語だけでなくフランス語が話される街としても有名なので、いろんな言語を学びたい人にもおすすめ。

音楽や芸術のイベントも毎週開催されているので、文化や歴史に興味がある人は留学先として検討してみてください。

ホームステイ先の探し方

カナダ ホームステイ

ここでは実際にカナダでホームステイする際に利用できる滞在先を探す方法をご紹介します。

語学学校、大学経由で申込む場合

ホームステイ先は語学学校や大学経由で申し込むことも可能です。ホームステイを自力で見つける時間がない人や、どのホストファミリーを選んでいいのか分からない人におすすめ。

ただし、紹介手数料が発生するので、自力で見つけるよりは割高になってしまいます。

自分で探す場合

ホームステイ先を自分で探す際は、ホームステイ専門のサイトで見つけることをおすすめします。まずは、ホームステイ先が探せるサイトをいくつか紹介していきます。

homestaybay

homestaybayは、日本語に対応したホームステイ先が探せる専門サイトです。最大の特長は、自分のプロフィールを見たホストファミリーから直接連絡が届くことです。

プロフィールに年齢や性別、留学期間、国などを入力しておくだけで、興味を持ったホストファミリーから声をかけてもらえます。直接連絡がくるので、友好的な人と繋がれるのがメリット。もちろん自分から連絡することもできるので、じっくり探してみてください。
homestaybay(https://www.homestaybay.com/ja

お泊まりくん.com

こちらのサイトはカナダのホームステイ先に特化した専門サイトです。ホームステイ先の情報だけでなく、シェアハウスやアパートの情報も手に入れることが可能。

カナダに特化しているので、細かい情報や他のサイトに載っていないホームステイ先もあります。カナダ留学を控えている人はぜひ利用してみてください。

お泊まりくん.com(http://www.otomarikun.com/

ホームステイ前の注意点

カナダ ホームステイ

ホームステイ先を決める前にいくつか注意しておくべきポイントがあります。特に重要だと思うものをいくつか紹介していきます。

家族構成をチェック

ホストファミリーの家族構成は最も注意しなければなりません。ホストファミリーが男性1人の場合、女性の留学生がそこへ行くのはおすすめできません。

しっかりと家族構成を理解した上で、ホストファミリーを決めてください。

ファミリールールを確認する

ホームステイ先の中にはファミリールールが細かいところや、厳しいところもあります。事前に確認をしておかないと、生活でストレスが溜まったり、トラブルの原因にもなりかねません。

ペットがいるか確認

動物が嫌いな人や、アレルギーがある人はホームステイ先にペットがいるのか確認をする必要があります。確認をせずに決めてしまうと、トラブルの原因になったり、アレルギーを持つ人は引越しをしなければなりません。

滞在中に注意すること

カナダ ホームステイ

ホームステイ先を決める前の注意点についてお話しましたが、滞在中も注意すべき点があります。

ルールは必ず守る

ホームステイ先を決めた以上、ハウスルールを守らなければなりません。ハウスルールを理解した上で申し込みをしているので、ルールを破るのはご法度です。

事前にしっかりと確認をしておきましょう。

貴重品や現金の管理について

ホームステイ先での貴重品の管理についてですが、全て自己責任になります。ホームステイを体験した人の中には、貴重品がなくなったり、現金が紛失したりした人もいます。

ホストファミリーとトラブルにならない為にも、自分でしっかりと管理をする必要があります。おすすめは、鍵付きのスースケースを金庫として使う方法です。

ホームステイで英語力を伸ばす方法

カナダ ホームステイ

ホームステイは英語を伸ばす方法として最適です。しかし、ホームステイという環境をうまく利用できないと、英語力は上がりません。

そこで、ホームステイで英語力を伸ばす方法について、詳しく解説をしていきます。

授業で学んだことをホストファミリーとの会話で試そう

学校で習ったフレーズや単語を、ホストファミリーとの会話で試してみましょう。英語はインプットだけでは身につかないので、必ずアウトプットが必要になります。

実際の会話でアウトプットすることにより、英語は脳に定着します。失敗してもいいので積極的にホストファミリーと会話をするようにしてください。

料理や家事など積極的に関わろう

ホストファミリーの日常生活に密着をすると、英語が伸びやすいです。料理や家事などの手伝うことで、学校では習えないフレーズや会話を学べます。

ホストファミリーも喜んでくれて、自分の勉強にもなるので一石二鳥です。

まとめ

カナダ留学でホームステイを考えている人は、参考になりましたでしょうか。
ホームステイ先を選ぶコツは以下の3つです。

  • ・ファミリールールを理解する
  • ・周辺環境も調べる
  • ・滞在費用を計算しておく

こういった点に注意しておけば、良いホストファミリーを選ぶことができるでしょう。今回の記事を参考にカナダ留学を楽しんでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

しっしー

しっしー

コンビニ商品開発職を退職後、ライター兼ブロガーとして独立。現在はオーストラリア在住ライターとして活躍。主に留学やオーストラリアについて発信していきます。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。