【旅行の英会話フレーズ】海外旅行で役立つ覚えておきたい例文50選をシーン別に解説

旅行グッズ

「海外旅行に行くけれど、英会話が初心者レベルでも大丈夫かな…」

という方は多いのでしょうか?

海外旅行で必要な英語力は「挨拶や日常会話ができるレベル」です。というのも、旅行のシーンごとによく使うフレーズは決まっているため、例文を覚えることで現地で慌てることはありません。

定番フレーズや例文を覚えておくことで、スムーズな旅行が可能に。トラブルに巻き込まれる可能性も少なくなります。

とはいえ、どんなフレーズが必要なのか、なかなかイメージしにくいですよね。

そこで今回は、海外旅行で必要な英語レベルに加えて、

  • ・機内
  • ・空港での入国審査
  • ・ホテルのチェックインやチェックアウト
  • ・食事
  • ・移動
  • ・買い物
  • ・観光

の7つのシーンごとに例文を紹介します。

「旅行前に勉強する時間がない…」と感じるかもしれませんが、このページをブックマークしておけば、現地でもすぐにふりかえることができます。

まずは海外旅行に必要な英語レベルから、ざっくりと理解しましょう!

【PR】

海外旅行に必要な英語力は日常会話レベル

英語

海外旅行で必要な英語力は、「挨拶や日常会話ができるレベル」です。

日常会話は中学英語と同じレベルのため、難しくありません。さらにシーンごとに使うフレーズは決まっているため、必要なことは基本の例文を覚えるだけです。

フレーズが決まっているシーンは例えば、

  • ・入国審査
  • ・ホテルでのチェックイン
  • ・レストランでの食事

などです。

対策は、旅行で役立つフレーズを覚えてしまうこと

海外旅行での対策は、「フレーズを覚えてしまうこと」です。

日常会話やディスカッションなどの場合、丸暗記はあまり意味がありません。しかし旅行なら、ほとんど同じ状況でしか使わないため、フレーズをそのまま使用できます。

イメージしたり、口に出したり、何度も練習して覚えましょう。

基本の疑問詞を覚えておこう

英語

旅行中は、質問をすることが多くなります。そのため、基本的な疑問詞「5W1H」を知っておくことで、スムーズに道や場所を尋ねることができます。

  • ・What「何を」
  • ・When「いつ」
  • ・Where「どこで」
  • ・Who「誰が」
  • ・Why「なぜ」
  • ・How「どのように」

これらをもとに、フレーズを覚えましょう。

また定番のフレーズもあります。

  • ・May I〜? :許可をとる
  • ・Can I〜? / Could you〜? :相手にお願いする
  • ・Would you〜? :相手にていねいにお願いする
  • ・I’d like〜:〜が欲しいと希望を伝える

「Please」でも通じますが、こちらの方がより丁寧です。

基本的なものをもとに、アレンジをして使ってみましょう。

英語が必要な旅行シーン

海外旅行中、英語が必要なシーンは、

  • ・機内
  • ・空港での入国審査
  • ・ホテルのチェックインやチェックアウト
  • ・食事
  • ・移動
  • ・買い物
  • ・観光

の7つです。

これらのシーンにしぼってフレーズを覚えることで、英語がわからなくても慌てずに旅行できます。

そこで続いては、シーン別に役立つフレーズを紹介します。

旅行の英会話シーン1:機内で役立つフレーズ

英語 機内

まずは機内で役立つフレーズとして、

  • ・飲み物や機内食を頼む
  • ・入国カードをもらう
  • ・到着時間を尋ねる

など6つを紹介します。

座席の場所を尋ねるとき

例文:Where is 28F ?
訳:28のFはどこですか?

飲み物を頼む

英文:Can I have some water?
訳:お水をいただけますか?

飲み物や食事だけでなく、毛布(a blanket)やメニュー(a menu)などにも応用できます。

周囲の人に尋ねるとき

英文:May I recline my seat?
訳:シートを倒してもいいですか?

知らない人に聞くときは、「Can」よりも「May I〜?」の方がていねいな印象です。

機内食を選ぶ

機内食の「meat or fish」などメニューを聞かれたら、以下のように答えましょう。

英文:I’d like fish / meat / chicken, please.
訳:魚(肉 / チキン)でお願いします。

入国カードをもらう

英文:Can I have immigration card?
訳:入国カードをもらえますか?

入国カードは「immigration card」です。

到着時間を尋ねる

英文:What time will we arrive?
訳:何時に到着しますか?

旅行の英会話シーン2:空港で役立つフレーズ

英語 空港

次は空港の入国審査やチェックインで役立つ

  • ・旅行の目的
  • ・滞在期間
  • ・荷物の追加

など、8つのフレーズを紹介します。

入国審査で使うフレーズ:旅行の目的

英文:What’s the purpose of your visit?
訳:今回の渡航の目的は何ですか?

この質問には、「For sightseeing / holiday.(観光 / 休暇です。)」などと答えましょう。

他には、

・出張など仕事:on business.(仕事です。)
・乗り継ぎ:Just transit.(乗り換えだけです。)、I’m on my way to 〇〇(〇〇まで行く途中です)

などと答えます。

入国審査で使うフレーズ:滞在期間

英文:How long will you be staying here?
訳:どれくらい滞在しますか?

この質問には「I’ll be staying here for five days.(5日間滞在します。)」などと答えましょう。

入国審査で使うフレーズ:ビザの有無

英文:Do you have visa ?
訳:ビザは持っていますか?

オーストラリアやアメリカなど、国によっては観光だけでもビザが必要です。ビザが貼られているページを見せながら「Yes, this page.(はい、このページにあります。)」などと答えましょう。

チェックインから搭乗まで:チェックインをお願いする

英文:I’d like to check in for my flight.
訳:フライトのチェックインをしたいのですが。

「check in please」でも問題ありません。

チェックインから搭乗まで:座席指定をする

英文:Could you please check the availability of window seats/aisle seats?
訳:窓側の席(通路側の席)が利用できるか、確認してもらえますか?

航空会社によっては、当日に座席指定が可能です。

指定する場合は、

・窓側の席「window seats」
・通路側の席「aisle seats」

の2つを覚えておきましょう。

チェックインから搭乗まで:ゲートの場所を尋ねる

英文:Where is the departure gate of flight JAL1007?
訳:JALの1007の出発ゲートはどこですか?

「departure」が“出発ゲート”の意味です。

現地に到着後:税関

英文:I have nothing to declare.
訳:申告するものはありません。

税関はほとんどの人が利用しないため、この例文を覚えておくだけです。

現地に到着後:両替をお願いする

両替所は英語で「currency exchange office」。空港でその看板を見つけたら、いくらか両替しましょう。

英文:I’d like to change some Japanese yen into euro.
訳:日本円をユーロに両替したいのですが。

またいくつかの両替所をのレートを比べたいときは

・What’s the exchange rate today?「今日のレートはいくらですか?」
・How much is the commission?「手数料はいくらですか?」

などのフレーズも役立ちます。

旅行の英会話シーン3:ホテルで役立つフレーズ

英語 ホテル

続いてはホテルの

  • ・チェックイン
  • ・チェックアウト
  • ・荷物を預ける

ときなどに役立つ9つのフレーズを紹介します。

ホテルの空き部屋があるか尋ねる

英文:Do you have any vacancies tonight?
訳:今日、空き部屋はありますか?

vacanciesが「欠員」などの意味です。電話などでも利用できます。

チェックインで予約していることを伝える

英文:Can I check in ?
訳:チェックインをお願いできますか?

他にも、

・I have a reservation. 「予約しています」
・I have the confirmation slip.「予約確認書を持っています」

などと伝えます。

「May I help you?」とフロントスタッフに聞かれるため、その流れで解答しましょう。またこのときにパスポートを用意しておくと、手続きがスムーズです。

部屋を変えてもらいたいとき

英文:Could I move to a different room?
訳:部屋を移動できますか?

他にも、

・I would like to confirm that my room has a view of the Bay Bridge.「海側の部屋に変更したいのですが。」
・Could you find me a non-smoking room?「禁煙の部屋を探していただけますか?」

など、希望を伝える例文も覚えておきましょう。

部屋の設備が壊れたとき

英文:The air conditioner doesn't work. / There’s no hot water in the shower.
訳:エアコンが動きません。/ シャワーからお湯が出ません。

「〇〇 doesn't work.」で“動いていない”という意味です。

宿泊を延長したいことを伝える

英文:Would it be possible to extend my stay till the day after tomorrow?
訳:明後日まで延長できますか?

「extend」で“延長する”という意味です。

またシンプルに、

・Do you have any vacancies tonight?「今日の夜、空き部屋はありますか?」

でも問題ありません。

ランドリーサービスを使いたいことを伝える

英文:Do you have laundry service ?
訳:ランドリーサービスは受け付けていますか?

チェックアウトするとき

英文:Check out , please. / I’d like to check out.
訳:チェックアウトをお願いします。

チェックアウト後、荷物を預かってほしいことを伝える

英文:Would you keep my baggage until four o'clock? / Could you please keep my baggage till the check-in time?
訳:4時まで荷物を預かっていただけますか? / チェックインの時間まで荷物を預かってもらえますか?

預けると「何時に戻ってきますか?」と聞かれるため、

・We’ll be back at around 3pm.「3時には帰ってきます」

など、帰宅時間を伝えましょう。もしくはあらかじめ「〇時まで」と伝えるとスムーズです。

チェックアウト後、タクシーを呼んでもらう

英文:Could you call a taxi for me?
訳:タクシーを読んでもらえますか?

旅行の英会話シーン4:食事で役立つフレーズ

英語 食事

続いては食事の

  • ・来店時
  • ・おすすめメニューを尋ねる
  • ・お会計

などのシーンで役立つフレーズを8つ紹介します。

予約していることを告げる

英文:I have a reservation. My name is Takahashi.
訳:予約をしている高橋です。

もしも予約していないお店に入るときは、

・Do you have a table for three?「3人なのですが席はありますか?」

と尋ねます。

注文をする

英文:Can I order? / Could we order?
訳:注文をお願いできますか?

注文するときは

・I’ll have this one.「これください」

とメニューを見ながら伝えます。

その国のおすすめ料理を聞く

英文:Do you have any recommendations?
訳:おすすめは何ですか?

他にも、

・What's today's special?「今日のおすすめは何ですか?」
・Do you have any local specialities?「この土地の食材を使った料理はありますか?」
・What would you recommend?「あなたのおすすめは何ですか?」

などとも質問できます。

料理がなかなか来ない

英文:My order hasn't come yet.
訳:注文がまだ来ていません。

食材を尋ねる

英文:Can you tell me what's in this dish?
訳:この料理には何が使われていますか?

海外では1つのテーブルに、1人の専属ウェイターが付くことも少なくありません。そのため、担当の人に聞いてコミュニケーションを取ってみましょう。

食べ終わったお皿を片付けてもらう

英文:Could you take our plates away?
訳:このお皿を下げてもらえますか?

レストランを予約する

英文:I'd like to make a reservation for two for tomorrow evening at eight.
訳:明日の20時に2人、予約をお願いします。

「make a reservation」で“予約をする”です。時間と日時も一緒に伝えましょう。

お会計をお願いする

英文:Could I have the check, please?
訳:お会計をお願いできますか?

「check」が“お会計”、「cash」は“現金”、「credit card」は“クレジットカード”です。

個別にお会計したいときは、以下のように尋ねます。

・Could we have separate checks? 「会計は別々にしていただけますか?」

国によってはお会計にチップも含まれていますので、レシートをしっかりと確認しましょう。

旅行の英会話シーン5:移動で役立つフレーズ

英語 移動

続いては、移動中に

  • ・行き先を尋ねる
  • ・運賃を尋ねる
  • ・メーターを使うようお願いする

ときなど、8つの役立つフレーズを紹介します

【タクシー】空港などで乗り場を尋ねる

英文:Where is the taxi stand?
訳:タクシー乗り場はどこですか?

他にも、

・Could you tell me where I can get a taxi?「タクシー乗り場を教えていただけますか?」

だとより丁寧な言い方になります。

【タクシー】行き先を伝える

英文:We want to go to this point on this map.
訳:(地図を見せながら)この場所に行きたいんです。

【タクシー】運賃を尋ねる

英文:What's the fare, please? / How much?
訳:運賃はいくらですか?

【タクシー】メーターを使うようにお願いする

英文:Could you use meter ?
訳:メーターを使ってもらえますか?

人によってはメーターを使わずに、高額な金額を請求してくることもあります。出発する前に、メーターを使ってもらうようにお願いしましょう。

【電車やバス】行き先を確認する

英文:Is this the right bus for the shopping mall?
訳:このバスはショッピングモール行きであっていますか?

他にも、

・Does this bus go to the shopping mall?「〜には行きますか?」
・Is this train for 〇〇 ?「この電車は〇〇行きですか?」

と聞くこともできます。

【電車やバス】目的地に着いたか確認したいとき

英文:Please let me know when this bus gets to the shopping mall.
訳:バスがショッピングモールに着いたとき、教えてもらえませんか?

海外のバスは、順路がなかなかわかりにくいことも多いですよね。その場合、目的地を伝えて「教えて欲しい」と周囲の人に頼むと、「ここだよ」と教えてくれます。

降りるときは「I’m getting off.(降ります)」と伝えましょう。

【その他】道を尋ねる

英文:How can I go to 〇〇 ?
訳:〇〇まではどのようにしてたどり着けますか?

道に迷ったときは、周囲の人や駅、コンビニ、警察などで聞きましょう。

他にも、

・Could you tell me where it is?「ここまでの行き方を教えてもらえませんか?」
・Which way should we go?「どちらの道を行けばいいですか?」

などと聞きます。

【その他】目的地までの到着時間を尋ねる

英文:How long does it take to get to the airport?
訳:空港まではどれくらいかかりますか?

「How long does it take ~ ?」が時間を尋ねるフレーズのため、そのまま覚えておくと便利です。

旅行の英会話シーン6:買い物で役立つフレーズ

英語 買い物

続いては、買い物中に

  • ・サイズを尋ねる
  • ・試着する
  • ・お会計をする

ときなどに役立つ6つのフレーズを紹介します

見ているだけだと伝える

英文:Just looking.
訳:見ているだけです。

海外では入店すると、“May I help you?”と尋ねられます。このとき見ているだけであれば、上記のフレーズを使いましょう。

値段を尋ねる

英文:How much is this?
訳:これはいくらですか?

これは定番フレーズですね。どんなお店でも使えます。

サイズや色違い、他の商品があるか尋ねる

英文:It doesn't fit.Do you have a smaller one?
訳:これは合わないな。もう少し小さいサイズはありますか?

「Do you have ~ ?」で、“〜はありますか?”という意味です。

試着したいことを伝える

英文:Can I try this on?
訳:試着しても良いですか?

支払いをするとき、クレジットカードが使えるか尋ねる

英文:I'd like this.Can I use this card?
訳:これを買います。クレジットカードは使えますか?

現金の場合は、「Can I pay in cash?(現金で支払えますか?)」です。

使えると言われれば、「I’ll pay it by credit card.(〇〇で払います)」と伝えましょう。

お土産用の袋をもらう

英文:Can I have some extra paper bags?
訳:もうひとつ紙袋をもらえますか?

袋は「bags」です。

海外ではお土産やプレゼントを買ったとき、日本のように手渡し用の袋を入れてくれるところはほとんどありません。必要な場合は、袋をもらえるか尋ねてみましょう。

旅行の英会話シーン7:観光で役立つフレーズ

英語 買い物

続いては観光中の

  • ・ツアーの時間を尋ねる
  • ・パンフレットをもらう
  • ・チケットを購入する

ときなどに役立つフレーズを5つ紹介します

ツアーの時間を尋ねる

英文:What time do you start the guided tour?
訳:ツアーは何時から始まりますか?

写真撮影をお願いする

英文:Could you take my picture?
訳:写真を撮ってもらえませんか?

カメラの使い方を尋ねられたら、

・Just press this button.「このボタンを押すだけです。」

と伝えましょう。

また撮ってもらったら、お礼に

・Shall I take a picture for you?「あなたの写真も撮りましょうか?」

と尋ねると親切です。

街の観光スポットを尋ねる

英文:Do you have any information about sightseeing in the city?
訳:この街の観光スポットについて何か知っていますか?

街のインフォメーションセンターや、ホテルのスタッフなどに聞くと、地元の人からおすすめの場所を知ることができます。

映画やミュージカルの開演時間を尋ねる

英文:What time does the show start?
訳:ショーは何時からスタートしますか?

チケットを購入する

英文:Do you have any seats?
訳:席に空きはありますか?

購入の際は、

・How many person ?「何人ですか?」

と聞かれるため、「one person(1人です)」などと答えましょう。

ここまでシーン別に、旅行で役立つ英会話フレーズを紹介しました。

次に、旅行で英語を話すときのポイントを解説します。

海外旅行で英語を話すときのポイントは?

英語 ポイント

旅行中の英会話のポイントとして、

・話がわからないときは聞き返すこと
・わからないときはGoogle翻訳なども使う

の2つを解説します。

相手の話がわからないときは聞き返す

相手の言っていることがわからないと、不安に感じますよね。特にお会計など、お金が絡むことだとなおさらです。

わからないときは、何回でも聞き返しましょう。あやふやなまま「Yes」と言ってしまって、トラブルになってからでは遅いです。

聞き返すときのフレーズは、以下の通りです。

・What did you say?「何と言いましたか?」
・Could you say that again?「もう一度お願いできますか?」
・Could you speak more slowly?「もう少しゆっくり話してもらえますか?」

もしも「パニックになったら言えない!」という場合は、“Sorry?”と聞き返すだけでも問題ありません。

sorryは謝るだけでなく、「ごめん聞こえなかった!」というニュアンスでも使用可能です。そのため「聞き返すときは“sorry”」と覚えてしまうことも1つの手段です。

聞き返してもわからないときはGoogle翻訳を使う

聞き返しても、相手の言っていることがわからない…。そんなときは、Google翻訳を使いましょう。

Google翻訳は口頭で言ったことや文章を、その場ですぐに翻訳してくれます。ほとんどの言語をカバーしており、翻訳の精度も高くすぐ理解できるため、難しくありません。

どうしてもわからないときは、相手にGoogle翻訳に向かって話してもらい、言っていることを理解しましょう。また自分が伝えたいことも、Google翻訳で外国語に変換できます。

わからないまま答えるのではなく、理解できるまで聞き返す、翻訳することがポイントです。

海外旅行の英会話でおすすめの本・アプリ

英語 アプリ

最後に旅行の英会話を学ぶ教材として、

  • ・本
  • ・動画
  • ・アプリ

の3つを紹介します。

旅行英会話の本:HELP me TRAVEL 旅が100倍楽しくなる英会話 / 吉田ちか

「バイリンガール」として人気を集めるYouTuberのちかさん。彼女が旅行に役立つフレーズを集めた本を出版しています。

この本では、海外の文化的な背景などを解説しながらフレーズを覚えられます。そのため、間違った単語や文章を使うことを防止できます。また言い換えも豊富で、シーンによってアレンジをすることが可能です。

HELP me TRAVEL 旅が100倍楽しくなる英会話(http://amzn.asia/d/3g6pMln

iPhoneのみですが、アプリとあわせて利用するのもおすすめです。
iOS版アプリページ(https://apple.co/2GumGHe

旅行英会話は動画もおすすめ

先ほど紹介したバイリンガールのちかさんは、もともとYouTuberです。そのため動画でも、旅行で役立つ英会話を紹介しています。

例えば、

・「海外の入国審査!知っておきたい流れと英会話」

・「ハワイの人気スポットでリアルなレストラン英会話」

などの基本的なものは、見るだけで役立つフレーズがたくさん出てきます。

そして動画は、基本的なフレーズだけではありません。

・「アメリカのガソリン・スタンド!入れ方&必要な英語!」

・「何しにきたの?と聞かれた時のおすすめフレーズ!」

このような、特定のシーンで使うフレーズまでたくさん配信されています。動画を聞き流しするだけでも、基本的なフレージは覚えられるはずです。

旅行英会話のアプリ:旅の指さし会話帳アプリ「YUBISASHI」

英会話本といえば、「指差し会話帳」シリーズという方も多いのではないでしょうか?そのベストセラーが、アプリとしても登場しています。

この「YUBISASHI」では、22カ国に対応しています。イラストや音声付きで、1万以上のフレーズを学ぶことが可能に。すべて無料で利用できます。

基本的なフレーズや、例文をおさえたい人におすすめです。
iOS版アプリページ(https://apple.co/2SWKLIc
Android版アプリページ(http://bit.ly/2LpNE1v

旅行英会話のアプリ:女性は「ことりっぷ」もおすすめ

人気ガイドブックといえば、「ことりっぷ」を思い浮かべる人もいるかと思います。

ことりっぷもアプリとして登場しており、ガイドブックと連動しながら、無料で旅行英会話のフレーズを学ぶことができます。

ことりっぷのアプリは特に、女性向けです。

というのも、基本的な旅行シーンに加えて

  • ・買い物
  • ・エステなどの美容
  • ・エンタメ

など、女性が好きなジャンルを多く取り扱っているから。

女友達との旅行には大活躍します。

iOS版アプリページ(https://apple.co/2SVRBgT
Android版アプリページ(http://bit.ly/2T0N6Sp

このようなアプリも使って、少しずつ覚えてみましょう。

まとめ

今回は、旅行で役立つ英会話フレーズを紹介しました。

おさらいすると、旅行の英会話は、「挨拶や日常会話ができるレベル」で問題ありません。そのため今回紹介したフレーズを覚えてしまえば旅行には

今回紹介した本やアプリ、動画を活用しながら、この記事と一緒に1日1フレーズずつ覚えてみてくださいね。

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

モリキアユミ

モリキアユミ

1992年生まれ、京都府出身のフリーライター。大学卒業時に就職を蹴って、24カ国・50都市の世界一周を実行し、旅の途中からそのままライターへ。現在はタイと日本を行ったり来たりしています。オーストラリア留学とセブ島留学の経験あり。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。