School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

カナダでボランティアするには?ボランティアの種類や参加方法・条件を徹底解説

ボランティア

「何かをしたい」と思ったときにおすすめなのが海外ボランティアです。海外でボランティアに参加することは、現地の生活に触れ、価値観の違いを知るきっかけになります。

海外では多くの国でボランティアを募集していますが、その中でもおすすめする国の一つがカナダです。

この記事では、カナダでボランティアをするメリットや方法、条件などを解説します。

【PR】

そもそも海外ボランティアとは?

海外ボランティア

海外へボランティア活動に行く日本人は年々増えています。国内でもボランティアを募集している場所は多くありますが、なぜ海外まで行ってボランティアをする人が増えているのでしょうか。

海外でボランティア活動をするということは、現地での生活に関わるということ。語学学校で学んだ言語よりも、現地の生活で使われる言葉を学ぶことができるのです。また日本との文化面での違いを学ぶこともできます。

また海外でのインターンシップと比べても、ボランティアのほうが参加しやすいです。海外での就労経験として今後のキャリアアップに繋がるということも、海外でボランティアをすることの大きなメリットでしょう。

これらのメリットから、海外でのボランティアを希望する日本人が増えているのです。

カナダでボランティアをするメリットは?

カナダ

カナダはボランティア活動が日本よりも盛んで、カナダ人の1/4がボランティア活動をしているとも言われます。世界的に有名な環境保護団体である「グリーンピース」も、カナダのバンクーバーで設立されています。

そんなボランティア先進国でもあるカナダでは、日本人もボランティアに参加可能です。カナダでボランティアをすることによるメリットは大きく2つ。1つずつ説明します。

メリット(1)実践的な英語が学べる

カナダの公用語は英語です。カナダは英語を学ぶための留学先としても人気ですが、留学をしても実際に生活で使わないとなかなか目につかないですよね。

前の章でも説明したように、ボランティアをするとその国の言語を使うことを強いられます。カナダでボランティアをすることにより、より実践的な英語を学ぶことができるのです。

メリット(2)カナダで仕事をするチャンスができる

ボランティアが重んじられているカナダでは、ボランティアの経験がキャリアにも影響します。例えば研修医が医者になるためには一定期間のボランティア活動が必要なのです。

カナダでボランティアをすると次のボランティアや仕事を紹介してもらえることがあります。またカナダではボランティアは就労として認められ、カナダで働く時に履歴書に書くことができるのです。

カナダのボランティアで多い活動事例・種類

ゴミ拾いする人々

では、実際にカナダにボランティアするときにはどのような内容が多いのでしょうか。

カナダでは、ボランティアでも様々な活動内容があります。主な活動内容は、デイケアセンターで利用者の話し相手や世話をしたり、キャンプ場の運営補助、公園などの清掃、イベントの運営など。

また自然が豊かなカナダならではのボランティアとして、自然国立公園での業務や動物保護などの活動もあります。日本人向けのボランティアであれば、日本語学校のアシスタントとしてのボランティアもあるようです。

映画が好きな人であれば、カナダのトロントでは毎年有名な国際映画祭が開催されており、そのスタッフとしてボランティアで参加するのもよいでしょう。このボランティアはハリウッドスターを近くで見ることができるかもしれないという理由からか大人気で、カナダ人の応募で埋まってしまうこともあるそうです。

カナダでボランティアに参加するための条件

はてな

前の章では、カナダでボランティアをするメリットや実際の活動内容を解説しました。ではカナダでボランティアをする場合、参加条件や資格などはあるのでしょうか。

求められる語学力

まず気になるのが、語学力について。「カナダの公用語である英語あフランス語が話せないとボランティアに参加できないの?」と思っている人もいるでしょう。

実はカナダでは、英語を話すことができなくても参加できるものも多くあります

しかし、一部の内容では日常会話レベルやそれ以上を求められることもあります。人と接する活動の場合、このように英語を話せることが必須になるようです。

求められるスキルや経験

次に気になるのが、スキルや経験について。カナダでボランティアをするには、特別な経験やスキルがないと応募できないのでしょうか。

基本的にはカナダでのボランティアは参加資格などはなく、経験や学歴に左右されることなく参加することができます。英語が話せなくても、特別なスキルがなくても参加できるのは、さすがボランティア大国カナダといったところでしょうか。

ビザや年齢などの条件面

カナダでボランティアをするには、語学力やスキルなどは不問なのですが、ビザによっては条件が付与されます。

カナダではお金をもらうもらわないに関わらず、基本的にボランティアは「Work(就労)」として扱われます。そのため、就労として扱われるボランティアには就労の許可が必要です。

ワーキングホリデーのビザを取得して、就労に必要なSINナンバーという社会保険番号の取得をしていれば、カナダでのボランティアはできます。なお、ワーキングホリデービザの取得は18歳から30歳まで可能です。

しかし学生ビザや観光ビザの場合だと、ボランティアの内容が就労に該当する場合、別で「就労ビザ(Work Permit)」を申請する必要があります。

就労ビザの取得は、18歳以上30歳以下であることが条件です。ワーキングホリデービザも年齢制限は就労ビザと同じであるため、カナダでボランティアをするには18歳以上30歳以下でなければなりません。

また中には就労扱いにならないボランティアも存在するようです。そのため、ボランティアに参加する前にどのような扱いになるのか確認したほうがよいでしょう。

カナダでボランティア先を探す方法

パソコン

前の章では、カナダでの主なボランティアの活動内容について解説しました。カナダでのボランティアは内容も様々ではありますが、そのボランティア先はどのように探せばいのでしょうか。

方法(1)ボランティア斡旋のエージェントや団体に登録する

カナダでのボランティアを探す方法の1つめは、ボランティアを斡旋するエージェントや団体に登録する方法です。基本的に日本人が運営しているため、英語が読めなくても安心して利用できます。

その中でも特におすすめなのが「NGO NICE」です。NGO NICEは世界のボランティア団体に認められた団体で、確かな実績があります。NGO NICEではカナダ以外にもおよそ90か国3,000のプログラムがあり、きっとあなたに合うボランティア内容を探すことができるでしょう。
NGO NICE

方法(2)インターネットで探す

カナダでのボランティアを探す方法の2つめが、現地で運営されているカナダのボランティア情報サイトから探す方法です。これらは英語で書かれているため、英語が読めないと難しいかもしれません。しかしボランティア先の件数がとても多いのがメリット。

「Go Volunteer」「Volunteer Toronto」が代表的なサイトです。

Go Volunteer
Volunteer Toronto

方法(3)現地で探す

カナダでのボランティア先を探す方法の3つ目は、現地で探す方法。どのような場所で見つけることができるのかと言うと、現地の語学学校や教会で募集を探すことができるようです。

カナダはボランティアが当たり前の国なので、学校にも情報が集まってくるようです。また教会は教会自体が慈善活動をしていることもあり、ボランティアを募集していることが多いそう。またボランティアを募集している団体との繋がりを持っていることもあります。

そのほか、新聞や広告でもボランティアを募集している場所もあります。

カナダボランティアでかかる費用・予算

カナダボランティアの費用

カナダの物価は日本と比べて、あまり変わらないか少し安いくらいです。また日本からカナダへの渡航費は往復でおよそ7万円〜20万円、海外保険は1か月あたりおよそ1万円から2万円ほど。

エージェントのプログラムに参加した場合は、食事や家賃もプログラムに含まれていることがほとんどです。そのため必要な費用は渡航費や保険料にプログラム費用を加えたものに少し予備といった内容になります。

そのためカナダのボランティアに必要な費用は、プログラムの費用や渡航費によって大きく異なる場合もありますが、1カ月あたり30万円〜60万円ほどがおおよその目安でしょう。

カナダでボランティアをするならおすすめの地域

前の章では、カナダでボランティアに参加した場合の費用について解説しました。カナダはボランティアが盛んな国なので、様々な地域でボランティアに参加することができます。

では、どの地域がボランティアに参加するにはおすすめなのでしょうか。この章では、カナダでボランティアに参加する場合のおすすめの地域を紹介します。

おすすめ地域(1)トロント

トロント

カナダでボランティアに参加するなら、まずはトロントがおすすめです。トロントはカナダ最大の都市であり、治安の心配も必要ありません。

またショッピングやスポーツなどを楽しむこともできるほか、世界最大の滝である「ナイアガラの滝」へも1時間で行くことができます。

筆者はこのトロントに1カ月間滞在した経験がありますが、料理もおいしく、観光するにもとても楽しむことができました。ボランティアが休みの日にリフレッシュするには、トロントが一番おすすめ。

おすすめ地域(2)バンクーバー

バンクーバー

カナダでボランティアをするときに、2番目におすすめの都市はバンクーバーです。「世界で一番住みやすい都市」の一つで、大都市でありながら海や山など自然に囲まれています。

こちらも大きい都市なので、ボランティアの情報も多くあります。また日本人も多く住んでいるので、英語に自信がない人はバンクーバーでのボランティア参加がよいでしょう。

カナダボランティアのまとめ

この記事では、カナダでのボランティアについて解説しました。

実践的な英語を学ぶことができ、ボランティア経験がカナダでの就職にも活かすことができるのがカナダでボランティアをすることのメリットです。海外でボランティアをしてみたいという人は、ぜひカナダでボランティアに参加してみてはいかがでしょうか。

社会人の超短期留学って、ぶっちゃけ意味ありますか?イベント詳細

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

恐竜也

恐竜也

フリーのWebライター/ブロガー。カナダ(トロント)へ1ヶ月、スペイン(4ヶ月)留学、アメリカ各地・東南アジアなどにも旅行経験あり。執筆ジャンルは他にもお金・健康・インタビュー・カメラなど。DJダイノジの地方チーム「ジャイコナイトナゴヤ」のDJとしても同じ名前で活動中。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。