School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

英語学習にオススメの映画20選!初心者が楽しく英語を学ぶコツとは

映画で英語学習

英語学習というと、参考書を読んだり、英会話教室に通ったりすることを思い浮かべますよね。しかし、参考書やレッスンはどうしてもやる気が出ず、なかなか長続きしない方が大多数でしょう。

そこでおすすめな英語勉強方法が、映画を見ること!

楽しみながら英語を勉強できるうえに、英語音声・英語字幕でくり返し見ることで、生きた英語が身につきます。

今回は、英語学習におすすめの映画を20本ご紹介します

・初心者 / 中級者
・上級者
・ジャンル別
・子ども

という4つのカテゴリーに分けて紹介していくので、自分に合った映画を見つけやすいはず。また合わせて、映画での英語学習のコツや注意点もお伝えします。楽しく英語を勉強する手助けになれば幸いです!

【PR】

英語学習に映画を使う3つのメリット

映画で英語学習

英語学習に映画を使うと、

・生きた英語が身につく
・文脈から英単語を覚えることができる
・リスニング力の強化になる

という3つのメリットがあります。

メリット1 生きた英語が身につく

映画での英語学習は、生の英語を耳にすることが魅力です。ネイティブが実際に使っているフレーズがたくさん登場するのです。

教科書や参考書に登場するフレーズは、どうしても硬い表現になりがち。もちろん正しい表現ですが、実際の会話はもっとフランク。映画でも日常的なシーンではやわらかい表現を好んで使うため、より自然に近い英語表現を覚えることができます。

メリット2 文脈や文章から英単語を覚える

映画では文脈や文章から英単語の意味が理解できます。こうすることで、勉強したことを実際の会話で活用できます。

日本人は特に丸暗記で勉強してしまいがち。しかし、英単語だけを覚えても、会話で使わなければ意味がありません。意味だけでなく使い方も学ぶことで、頭に定着しやすくもなります。

また同じ単語や文章でも、使うシーンによって意味が大きく変わることもあります。どんな風に使っているのか、ニュアンスも分かるのです。

メリット3 映画を視聴するとリスニング力の強化になる

映画で英語を聞き続けることで、リスニング力の強化にもつながります。ただ教材を聞くだけでなく、楽しく学習できるはずです。

参考書よりも映画は気軽に取り組めます。さらに俳優さんはネイティブだけでなく、ヨーロッパやアジア圏など、非ネイティブもたくさん登場します。様々なイントネーションやアクセントの英語を聞いて、耳を慣らすこともできるのです

メリットを理解した上で映画を見ると、効果も倍増ですね!

初級〜中級者向け おすすめ映画5選

まずは、英語レベルが初級から中級の方向けの映画を5つご紹介します。迷ったときは、まずこれを見てくださいね。

おすすめ英語映画1 ハイスクール・ミュージカル

主人公は、アメリカの高校に通うトロイとガブリエラ。2人が学校で開催するミュージカルのオーディションを通して、惹かれあうラブストーリーです。

ミュージカル映画のため歌うシーンもたくさんあり、飽きない映画です。さらには、この映画の舞台は学校。日常的に使うフレーズが登場するため、留学での学校生活でも役立つフレーズが身につきます

英語レベルが初級で、これから留学予定のある人におすすめです。

おすすめ英語映画2 ホーム・アローン

ホーム・アローンは、家で1人で留守番をする8歳のケビンと、泥棒2人組を中心にストーリーが進みます。3人のバトルがおもしろいと、世界中で大ヒットした名作。ストーリーを知っている人も多いため挑戦しやすい映画です。

子どもが主人公のため、簡単なフレーズや表現を使っていることが特徴です。英語初心者で、普段映画を見ない人でも楽しめるはずです。

おすすめ英語映画3 ターミナル

ターミナルは、クラコウジア(架空の国)出身のビクターが主人公です。NYに向かっている間に祖国が消滅してしまい、入国も帰国もできない状態に陥ってしまいます。そのまま空港で暮らし始めて、空港関係者と仲よくなる様子を描いたヒューマンドラマです。

この映画は、言葉のまったく分からないビクターが英語を覚えていく過程を描いています。はじめから終わりまで簡単な英会話で話しているため、一緒に勉強している感覚になれます。英語初心者で、どうやって勉強していけばいいのか分からないという人におすすめです。

おすすめ英語映画4 マダム・イン・ニューヨーク

マダム・イン・ニューヨークは、英会話学校に通うインド人女性の話です。用事でNYに来たシャシが、家族に内緒で英会話学校に通い、英語を話せるようになるストーリーです。

英会話学校での授業など、モチベーションがあがるシーンがたくさんあります。また、少しずつ英語が話せるようになる姿に勇気をもらう場面も感動的です。勉強をサボりたくなったときに見るのがおすすめです

おすすめ英語映画5 ハリーポッターシリーズ

ハリーポッターシリーズは、誰もが知っている人気作。魔法学校に通うハリーと友人が、度重なる試練に立ち向かいます。

ハリーポッターは、一度見たことのある作品を英語字幕で見る方法がおすすめ。知っている作品であれば集中できるだけでなく、ハリーポッターでは分かりやすいフレーズをよく使っているので学習に役立ちます。

また、登場人物の多くがイギリス人なので、イギリス英語を学びたい、イギリスに行く予定があるときにぜひ見てください。

上級者向け おすすめ映画3選

ここでは、上級者やビジネス英語を勉強する人におすすめの映画を3本ご紹介します。

おすすめ映画6 【ビジネス】プラダを着た悪魔

プラダを着た悪魔は、ジャーナリスト志望のアンドレアが主人公。ファッション雑誌の編集部に配属となり、厳しい編集長・ミランダの指示に耐えながら成長していく物語です。

舞台が雑誌の編集部ということで、ビジネスやファッション業界で使う表現がよく登場します。また、アンドレアが厳しい仕事に耐えながら成長していく姿に勇気をもらえます。

ビジネス英語を学びたい、仕事を頑張りたいときにおすすめです。

おすすめ映画7 【IT / 法律】ソーシャルネットワーク

ソーシャルネットワークは、Facebookを作ったマーク・ザッカーバーグが主人公Facebookを思いついたハーバード大学時代から、著作権について訴訟されるところまでを描いています。

映画では、サービス開発の様子からIT関連、訴訟の様子から法律関連の単語を学ぶことができます。ITや法律といった分野の英語を学びたい人におすすめの映画です

おすすめ映画8 【プレゼン対策】英国王のスピーチ

主人公は吃音症(話すときにどもってしまうこと)を抱えるイギリス国王・ジョージ6世。言語療法士であるライオネルと、話し方を矯正し、国民の前でしっかりとスピーチをするまでを描いた実話です。

難しい単語もありますが、堂々とスピーチするまでの練習風景はプレゼンの参考としておすすめ。課題や仕事でプレゼン発表がある人におすすめです。

ジャンル別 おすすめ映画7選

ここからは、映画のジャンル別にご紹介します。

・ファンタジー
・ラブストーリー
・ヒューマン
・コメディ
・ミュージカル
・アニメ

の6種類から7本の映画を集めました。

おすすめ映画9 【ファンタジー】チャーリーとチョコレート工場

この映画は、チョコレート工場の工場長であるウィリー・ウォンカが、5人の子どもたちへ工場への招待状を送ることから物語がスタート。その1人であるチャーリーとウィリー・ウォンかの交流を描いています。

ウォンカと子どもたちの会話が中心です。幼い子どもを相手にしていることから、簡単なフレーズや言い回しをよく使っています。ファンタジーでおもしろいため、飽きずに見続けることもできるでしょう。英語初心者におすすめです。

おすすめ映画10 【ラブストーリー】ラブ・アクチュアリー

ラブ・アクチュアリーは、クリスマス間近に繰り広げる男女の恋愛がテーマです。世界的に大ヒットした作品でもあり、続編も制作するようです。

この映画は、登場人物が多国籍。アメリカ英語やイギリス英語だけでなく、さまざまなイントネーションの英語を聞き取る練習ができます。これから留学予定のある人が見れば、日本にいるうちから多国籍な英語に慣れることができるはずです。

おすすめ映画11 【ラブストーリー】(500)日のサマー

(500)日のサマーは、LAで働く青年・トムと、秘書として採用されたサマーとの恋愛を描いています。サマーと過ごした500日間を時系列に沿って紹介しています。英語でも展開が分かりやすい映画です。

20代のラブストーリーということもあり、身近に感じる人も多い映画のはず。実際に使えるフレーズも多く、日常英会話を学びたい人におすすめです。

おすすめ映画12 【ヒューマン】フォレスト・ガンプ/一期一会

主人公は、知能指数が平均より低いフォレスト・ガンプ。彼の人生を自身で語りながら、回想形式で物語が進みます。

劇中の英語はすべて簡単なわけではありません。しかし、主演のトム・ハンクスの英語がきれいで聞き取りやすいと評判なのです。英語の基礎をある程度理解して、今よりも高いレベルに挑戦するときに見たい映画です

おすすめ映画13 【コメディ】ハング・オーバー!

ハング・オーバー!は、3部作のシリーズもの。友人の結婚式に向かう道中で起こる、酔っ払いたちのハプニングを描いたコメディ映画です。

映画は100分と短いため、飽きにくいです。またコメディなのでもちろん笑えるシーンもたくさん。楽しみながら勉強したい人におすすめです

おすすめ映画14 【ミュージカル】サウンド・オブ・ミュージック

1965年に公開した、すこし古いミュージカル映画です。50年以上前になるものの、有名作品であり、簡単な英語を使っているということでご紹介します。

この映画は、修道女のマリアが7人の子どもを持つトラップ大佐のもとに、家庭教師として派遣されることからスタートします。マリアと子どもたちが中心となって話が進むため、話す英語は簡単で聞き取りやすいです。またミュージカルのため、歌のシーンもよく登場します。

ミュージカルが好きな人、簡単な映画から見たい人におすすめです

おすすめ映画15 【アニメ】トイ・ストーリー

アニメからは、トイ・ストーリーをご紹介します。ディズニー映画ということで、分かりやすくてシンプルな英語を使っていることが特徴です。

トイ・ストーリーはおもちゃであるウッディを中心に、おもちゃの持ち主アンディやその家族との日々を描いた人気作品です。難しい表現もありますが、子どもが登場するシーンの英語はシンプルです。英語初心者でも聞き取れるシーンがたくさんあるはずです。

幼児〜中学生向け おすすめ映画5選

次は、幼児から中学生までにおすすめの映画を5つご紹介します。お子さんが英語学習をするときは、

・英語表現が分かりやすい
・発音が聞き取りやすい
・ストーリーが簡単で理解しやすい

ことを重視しましょう。特にディズニーとジブリはシンプルな英語表現が多くておすすめ。映画を見たことのあるお子さんも多いため、興味が湧きやすいはずです。

おすすめ映画16 ファインディング・ニモ

ファインディング・ニモは、はぐれてしまったニモを探しに、父親のマーリンが海を冒険するストーリーです。15年前に公開した映画ですが、今も大人気の作品です。

子ども向けということもあり英語は簡単。ストーリーも子どもを探しに行くというシンプルな設定のため、分かりやすいです。最初は聞き取れなくても、分かるまで何回も見ることでさらに上達するはずです。

おすすめ映画17 アナと雪の女王

「レット・イット・ゴー」の歌で大ヒットとなった、アナと雪の女王。覚えやすい歌と感動するストーリーが魅力です。

アナと雪の女王も、簡単な英語ばかりが登場します。また歌もたくさん歌われるため、歌いながら英語を覚えることもできます。歌が好き、ディズニープリンセスが好きというお子さんにぴったりの映画です

おすすめ映画18 モンスターズ・インク

モンスターズ・インクは、続編も公開している大人気のディズニー映画。サリーとマイクのキャラクターがかわいいと、子どもから大人までハマる映画です。

モンスターズ・インクの1作目は、人間の子ども・ブーがモンスターの世界に迷い込んでしまったという設定です。子ども相手に話すシーンが多いため、お子さんや英語初心者でも理解できる内容です

おすすめ映画19 魔女の宅急便

ジブリからは、まず「魔女の宅急便」をご紹介します。ジブリ作品はいくつか英語版も販売しているため、お子さんの英語学習にぴったりなのです。

魔女のキキが、親元を離れて人間の街で生活する様子を描いています。実はこの映画で出てくる英語は、中学1年生レベルの簡単なもの。英語を学習し始めた小学5〜6年生や、中学生の英語学習におすすめです

おすすめ映画20 となりのトトロ

となりのトトロも英語版を販売しています。サツキとメイの姉妹が、不思議な生き物・トトロと出会うストーリー。子どもに人気ということで、お子さんでも英語での鑑賞を苦痛に感じないはずです。

劇中の会話も登場人物が幼いサツキとメイということで、簡単なもので作られています。2人の会話であれば、ほとんど聞き取ることができるでしょう。

以上、英語学習におすすめの映画を20本ご紹介しました。ここからは、英語学習に映画を使うときのコツや注意点をお伝えします。

映画を活用して英語力を上げる5つのステップ

まず、映画を使った英語学習にはコツがあります。

・興味のある映画を選ぶ
・吹き替えや日本語で内容を理解する
・リスニングに集中する
・聞き取れた音をスクリプトで確認する
・セリフをくり返して音読する

という5つのステップで学習すれば、ある程度のリスニング力が身につくはずです。

コツ1 まずは興味のある映画から選ぶ

まず、映画を選ぶ際は興味のある(見たことのある)映画を見るようにしましょう。興味がなければ飽きてしまい、せっかくの英語学習も続きません。

例えば、恋愛ものを好む人がアクションを見ても、すぐに飽きてしまいますよね。英語学習となると、集中力が必要。そのため、好きなジャンルや興味のある映画を選んだ方が、継続して学習できるのです。

コツ2 吹き替えや日本語字幕で映画の内容を理解する

初めて見る映画であれば、まずは吹き替えや日本語字幕で内容を知りましょう。いきなり英語字幕・英語音声から見ると、内容を理解できず、ストレスになってしまいます。

いきなり英語のみで見ることは、正直難しいです。映画での英語学習は、「知っている映画の内容を英語でもう一度理解する」ということがポイント。まずは映画自体を楽しんで、内容を理解しましょう。

コツ3 リスニングに集中して聞き取る

日本語で見たら、次は英語音声・英語字幕で見てください。このときに、リスニングのみに集中することが大切なコツです

最初から「今聞き取ったものは正しかったのか?」とリスニングを確認しつつ映画を見ることは、かなりハードで時間も必要です。まずはリスニングのみに集中して、音を聞き取る練習をしましょう。

もしも聞き取れなくても、そのまま進んでください。見終わったあとに、「どれくらい聞き取れたか」ということを思い出すだけで大丈夫です。

コツ4 聞き取れた音と実際のセリフをスクリプトで確認する

次に、聞き取れた音やフレーズが正しいか、答え合わせをしましょう。スクリプトを使うと便利です。

スクリプトとは映画のセリフを書いた台本のようなもの。ネット上に無料で公開されています。聞き取れたフレーズと実際のセリフの答え合わせをしましょう。

スクリプトのおすすめサイトは、「The Internet Movie Script Database (IMSDb)」です。ほとんどの作品が掲載されています。

The Internet Movie Script Database

コツ5 セリフを繰り返し音読する

英語はインプットだけでは上達しません。最後に、聞き取れたフレーズを繰り返し音読しましょう。

映画のフレーズをアウトプットして、自分の発音やリズムを確認することも大切です。俳優さんが話すように、堂々と、ハッキリと話しましょう。

1つの映画につき1〜5のポイントを、まずは1、2カ月かけて実行してください。そのあとも数カ月間、1〜5のステップをくり返すことで、英語が身についていきます。

自分に合った映画の選び方とは?

映画で英語学習

次に、自分に合った映画の選び方をお伝えします。まずは映画を選ぶ前に自分の

・英語レベル
・好きなジャンル
・興味のある国

を知ることで、自分にぴったりの映画も自然に決まるはずです。

選び方1 自分の英語レベルを知る

まず、「自分はどれくらい英語を話せるのか?」を理解しましょう。自分のレベルに合った映画を見なければ、理解できないストレスを感じてしまいます

特に初級者は子ども向けの映画から選びましょう。難しい内容で、淡々と話すだけの映画は挫折しがち。子ども向けの映画は、簡単なフレーズでストーリーのテンポも良く、なかなか飽きません。

最低限、中学英語レベルまで勉強していれば、大人向けの映画にも挑戦できます。

選び方2 好きなジャンルの映画を選ぶ

好きなジャンルの映画を選ぶことも、英語学習を続ける秘訣です。自分が退屈と感じないジャンルから挑戦しましょう。

映画の中でも、恋愛・アクション・学園ものなど、好みは人それぞれです。自分が興味のあるジャンルと内容から選べば、映画を使った英語学習が続くはずです。

選び方3 興味のある国が舞台の映画を選ぶ

最後に、あなたが興味のある国が舞台となっている映画を選びましょう。これからの留学先や旅行先選びの参考になるはずです。

特定の国が舞台であれば、文化や習慣、考え方も一緒に学ぶことができます。さらには、興味のある国のため、飽きることもありません。今後の参考にもなり、留学や旅行の下調べにもなります。

映画で英語学習する際の3つの注意点

映画で英語学習をする際は、

・中学英語レベルは習得する
・刑事物や時代物、アクションは避ける
・スラングの少ない映画を選ぶ

の3つに注意しましょう。

注意点1 中学英語レベルを習得してから映画で勉強する

映画を使って勉強するとなると、最低でも中学英語レベルは必要です。もしも英語が全くできない場合は、英語学習の補助教材として映画を使いましょう。

簡単な映画といっても、「Hello」すら知らなければ内容も分かりません。ある程度のリスニング力と、文脈理解、語彙力は必要。日常会話レベルの中学英語まで勉強しておくと、内容もスムーズに理解できます。

注意点2 刑事ものや時代もの、アクション映画は避ける

英語学習に、刑事ものや時代もの、アクションはおすすめしません。専門用語やその時代特有の表現を使っており、普段の会話で使う機会もあまりないのです

英会話の習得が目的であれば、日常的に使うフレーズを知りたいはず。いま使っていないフレーズや専門用語ばかりでは、意味がありません。

またアクションは戦闘シーンが多く、セリフが少ないことも。日常会話の習得には不向きのため、英語学習では避けてください。

公開が「30年以上前」の映画にも要注意です。昔の表現を使っている可能性があるため、なるべく「1985年以降」に公開した映画を選んでください。

注意点3 スラングの少ない映画を選ぶ

最後に、スラングの少ない映画を選ぶことも大切です。スラングとは、特定の集団しか使わない表現のこと。日本語に例えると、「やばい」「まじで」のような言葉です。

知っておくと会話は理解しやすくなりますが、失礼な意味もあります。間違って使ってしまわないように、スラングの多い映画は避けましょう。

おすすめの映画視聴サイト

映画を使って英語学習するときは、動画サイトを使うのがおすすめ。特にラインナップが充実している

・アマゾンプライム
・Hulu
・U-NEXT

の3つをご紹介します。

アマゾンプライム

アマゾンプライムは、年間3,900円(税込)、月額400円(税込)で利用できるサービス。会員になれば、プライムビデオ対象の映画やドラマが見放題です。30日間の無料お試し体験もあるので、1カ月だけでも使ってみましょう。

ただし、アマゾンプライムでは英語字幕に変更できない作品もあるので注意が必要です。

Hulu

月額1,007円(税込)で映画やドラマ、アニメが見放題のサービスです。パソコン、スマホで利用可能で、Wi-Fiがあればどこでも映画鑑賞が可能に。2週間、無料でお試し体験をすることも可能です。

Huluではほとんどの作品を英語字幕、日本語字幕で視聴できます。ちょっと聞き取れなかったけどなんて言っているのかな、という時はすぐチェックできるので便利です。

U-NEXT

月額1,990円(税込)で映画やドラマ、アニメが見放題です。パソコン、スマホともに視聴でき、専用アプリもあります。無料お試し期間は31日間と長く、じっくり使うことができます。

U-NEXTでは、新作などの作品は見放題ではなく、一部ポイントが必要になるので最新の作品を見たい方は注意してください。

短期集中して英語を学ぶなら、語学留学もおすすめ!

最後に英語学習の方法としては、語学留学もおすすめです。特に「短期間で英語を話せるようになりたい」人は、留学も検討してみてください。

映画を使うと、楽しみながら英語学習ができます。しかし英語の基礎がなければ、聞き取ることも理解することもできません。映画を見ること自体、苦痛に感じてしまう可能性もあります。

留学であれば、どんなレベルからでも挑戦が可能。短期集中で英語だけを考えて学習できるため、身につくスピードも早いです。語学留学で英語の基礎を固めつつ、映画で英語学習をすれば、より楽しく勉強できるはずです

「留学は費用が高い」という人も、安心してください。フィリピン留学なら、生活費も含め1カ月で平均25万円程度で留学ができますよ。短期集中して英語を勉強したいときは、留学も考えてみてくださいね。

留学について調べてみる↓
日本最大級の留学・語学留学の総合サイト「School With」

まとめ

今回は、以下のタイプに分けて映画を20本ご紹介しました。映画は、英語学習としておすすめの方法です。

・生きた英語が身につく
・文脈から英単語を覚える
・リスニング力の強化になる

というメリットがあり、参考書だけでは学習できない生きた英語が身につきます。

また自分の英語レベルに合った映画を選ばなければ、聞き取れないことにストレスを感じてしまう場合があります。レベルに合わせつつ、興味のある映画で英語を勉強しましょう。

自分にあった映画や方法で英語を勉強してくださいね。

社会人の超短期留学って、ぶっちゃけ意味ありますか?イベント詳細

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

モリキアユミ

モリキアユミ

1992年生まれ、京都府出身のフリーライター。大学卒業時に就職を蹴って、24カ国・50都市の世界一周を実行し、旅の途中からそのままライターへ。現在はタイと日本を行ったり来たりしています。オーストラリア留学とセブ島留学の経験あり。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。