【お知らせ】7月〜8月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

留学にペットは連れて行ける?預ける方法から寂しい気持ちの解消法までご紹介!

  • 留学前の準備
    • 公開 : 2019/05/02 編集 : 2019/04/17
    • School With 留学ブログ編集部

留学 ペット

「ペットを留学に連れていきた気持ちはあるけど、預けるべきなんだろうか……」

家族のように大事にされているペット。だからこそ留学の期間にペットを日本に残していくのは不安ですよね。

実は留学中のペットの扱い方に関しては、さまざまな選択肢があります。いずれにせよ、念入りな準備と期間が必要になってきます。

そこで今回の記事は、

  • ・留学中にペットを預けていくか迷っている
  • ・預ける具体的な方法や気持ちの整理の仕方を知りたい
  • ・連れていく場合の手順も把握しておきたい

このようなお悩みを持つ皆さんに向けて、留学におけるペットの扱い方をご紹介していきます。大事なペットに関する不安を取り除いて、留学に向けて気持ちを切り替えていきましょう。

【PR】

ペットと一緒に留学はできる国はあるの?

留学 ペット

海外へペットを連れていくには、日本での出国条件もあります、該当国の入国条件をクリアする必要があります。

さらに、犬や猫の種類やそれ以外の動物によって細かい条件も異なってきますので、搭乗するエアラインや動物検疫機関に必ず確認を行っておきましょう。

それを踏まえて、ペットを連れて行ける国をご紹介します。

ペットを連れていける国

  • ・イギリス
  • ・オーストラリア
  • ・ニュージーランド
  • ・ハワイ(アメリカ)
  • ・グアム(アメリカ)
  • ・フィジー諸島
  • ・アイスランド

ペットを連れていけない国

  • ・ジャマイカ
  • ・バリ島(インドネシア)
  • ・UAE(航空貨物扱い)
  • ・南アフリカ(航空貨物扱い)
  • ・ケニア(航空貨物扱い)

飛行機には乗れる?

機内持ち込みとして、飛行機の中まで一緒に登場できるかはエアラインや国によって異なります。

実際は、通常の荷物と同じ貨物室か温度管理された貨物室での輸送がほとんどです。通常の貨物室は冷温や騒音の問題もあり、ペットにとって過酷な条件となります。

さらに、犬の場合はブルドッグやパグなどの短鼻の犬種は、気温や気圧の変化に敏感なため、過呼吸や呼吸困難を引き起こす可能性が高く、各エアラインの取り扱いも慎重になっています。

ペットを飛行機に乗せる際には、さまざまなリスクや覚悟を持って慎重に判断しなければ、ペットの体調不良が起きたり最悪の場合には病気になってしまう危険性もあるのです。

ペットを連れて行く際には、各国、あるいは航空会社が公開している情報をよく確認をして連れて行くか判断しましょう。

ペットを留学先に連れて行ける条件

留学 ペット

留学に限らずペットを海外に連れていくためには、「動物検疫」が必要になります。

動物の病気の侵入を防止するために、世界中で行われる制度をクリアしなければ、海外へペットを連れていけません。

ペットは命がある大切な家族ですが、法律上の区分では「モノ」として扱われるので、ペットを海外へ連れていくことは輸出となり、海外から日本へ連れ帰ることは輸入となります。

そのため輸出や輸入には「動物検疫」が必要になるのです。

海外への手続きには時間と料金が掛かったり、ペットごとにルールが複雑だったりします。今回は一般的にペットとして多く、ルールも比較的わかりやすい犬を例にして、留学先に連れていく場合の条件を解説します。

条件1. マイクロチップを装着すること

ペットの個体識別番号が書かれた小さな名札のような器具を、ペットの体内に埋め込む必要があります。もし現地で迷子になってもデータベースで照合して、飼い主と連絡が取れるようにするためなのです。

埋め込むというと、手術のようなイメージを持たれるかもしれませんが、ペットへの負担は少ないのでご安心ください。

条件2. 予防接種を受けること

出国7日前までに狂犬病の検査や予防接種を受けなくてはなりません。国や動物の種類によっては、ジステンパー・猫白血病の予防接種も受ける必要があります。

動物検疫所の問い合わせと申請書の提出を行います。

条件3. 事前許可を取っていること

国によっては、ペットの連れ込むことに事前許可が求められる場合があります。

入国(輸入)するための条件があるので、日本の相手国大使館か相手国の動物検疫機関に直接連絡する2つの方法があります。

確認と事前の申請が必要になりますので、早めの準備が求められるのがペット同伴の留学なのです。

ペットを留学先に連れて行くときの手順

留学 ペット

留学先に連れて行ける条件を踏まえて、実際に連れて行く手順をおさらいしていきましょう。こちらも動物や国によりますが、共通する持ち込みの手順を解説していきます。

手順1. 輸入許可

まずは、日本にある留学先の国の大使館か現地の動物検疫機関に問い合わせを行い、必要な申請や条件を確認しましょう。

検査や問い合わせにも時間がかかりますので、2カ月前を目安に動き出すと良いです。

手順2. マイクロチップの埋め込み

検査の後にマイクロチップの埋め込みは行えませんので、動物病院で獣医師にお願いしましょう。一般的な皮下注射と変わらないため、負担も少なっています。

手順3. 検閲施設の予約

国によっては到着後の一定期間は、ペットを滞在用施設に預けなければなりません。宿泊費や費用が別途かかりますので、このタイミングで予約を行っておきます。

輸入許可証を受け取ったら各自で予約の連絡をしましょう。

手順4. 検査と予防摂取

狂犬病の検査や規定の予防接種を行います。

滞在国や動物の種類によって受ける予防接種が変わるので注意が必要です。

手順5. 適切な輸送ができる航空会社の手配

航空会社によっては、そもそもペットの輸送に対応していない場合もあります。対応していても環境の悪い通常の荷物と同じ貨物室に入れられてしまう恐れも。

日付や値段に惑わされて、ペットが苦しむことがないようにチケットの購入前に航空会社に問い合わせをしましょう。

手順6. 輸出前検査

出国する際の空港の検疫所で、検疫官の検査が行われます。書類の作成も行うので、輸入許可書や他の証明書など忘れ物がないようにしましょう。

手順7. 留学先の国で合流

到着すると規定の検疫施設で検閲が行われます。不安にならないように事前にかかる日数や費用を計算しておきましょう。

無事検閲が終われば長い旅も終了です。

ペットと留学に行く前に確認したいこと

留学 ペット

留学先に大事にペットを連れて行くのは、複雑でクリアするべき課題が多いです。現地の機関と問題なくやりとりできるレベルの語学力も必要になります。

専門の業者にお願いしたとしても費用やコミュニケーションコストは発生します。何より病気や体調不良なくペットを無事に連れ出すことは保証できません。

今一度ペットとの留学の前に理由を考えてみましょう。

本当に一緒に行かないといけないのか

ペットにとって飼い主がいないのは、寂しいことかもしれません。言葉が通じない動物であっても感情の変化はあるものです。

しかし、動物にとって海外への長時間の移動は大きなストレスとなります。人でさえ疲れる長時間移動は、縄張りや習慣がある動物には堪えるものです。

航空会社の都合によっては、最適な環境が用意されない場合があります。それによって病気や体調不良を起こしても責任は負ってくれません。
動物の輸送はデリケートで保証できないでき事だからです。

連れていけない寂しさと長時間移動のリスクをよく天秤にかけて、本当に一緒に行く必要があるのか考えてみましょう。

日本で預けられる人がいないのか

ペットを信頼できる人に預ける方法もあります

連れて行くことを考える前に、安心して任せられる人に世話をしてもらった方がペットの健康に良いかもしれません。

期間によりますが、ペットを預かるサービスもあります。

ペットシッターなどなら、餌や病気の世話もしてくれるので、留守番の病気や体調不良のリスクも減るのです。預かってくれる人とサービスの両方をまずは検討してみることをおすすめします。

ペットと離れた寂しさを解消!留学先で試したい3つのこと

留学 ペット

留学期間中はペットと離れる決断をしたならば、寂しい気持ちを感じてしまいますよね。しかし、留学中は勉強や現地の体験に集中したいのも事実。

ホームシックを引き起こしてしまうと、せっかくの留学に支障が出てしまいます。ここではその寂しさを解消する方法を解説していきます。

寂しさ解消法1. 留学先の勉強に集中する

連れてこれなかったペットのためにも、留学の目的を考えて目標を達成するのがおすすめです

特に留学は語学学習が大きな目的となる場合が多いので、留学が形になるように勉強に集中してみましょう。

ペットのことを想うと自分への適度なプレッシャーになって、より集中できる環境になります。会えない寂しさのエネルギーを勉強に向けてみるのが寂しさ解消の方法です。

寂しさ解消法2. 新しい楽しみや体験を発見する

留学はまったく新しい環境になるので、自分が適応するだけでも大変です。

それにペットを寂しい感じる気持ちが加わって、殻に閉じこもってしまうことは避けたいですよね。

海外では日本とは違う新たな発見や楽しみを見つけることが可能です。現地の友達や珍しいアクティビティなど、とにかく何でも試してみて寂しさを解消しましょう。

寂しさ解消法3. 現地の動物と触れ合う

自分のペット以外の動物と触れ合うのは、心が痛むかもしれません。しかし、動物に癒し効果があるのもたしかです。

海外には、大規模の動物園や固有の生物が生息している場合があります。

動物のエネルギーに触れれば、さらにペットへの愛情も増して寂しさも解消できるでしょう。

まとめ

今回は留学にペットを連れて行く具体的な方法と預けた場合の寂しさの解消手段までお伝えしました。

ペットを海外へ連れて行くには、非常に複雑で手間もかかりペット自身に負担をかける行為です。ご自身とペットの気持ちを今一度考えてみて、結果によらず納得できる覚悟と理由が必要になります。

とはいえ、適切な手順を踏めばペットを連れて留学生活を送ることも可能です。どちらにしても、留学によってペットとの絆がより深まる選択肢を選んでいただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部です。一人ひとりのベストな留学の実現を目指すべく、留学生活や英語学習などに役立つ情報を発信しています!

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。