TOEIC特化型シェアハウス『ENGLISH Camp』入居後どれくらいスコアが伸びたのか、1月度月間MVPを大発表!

  • 企画・取材
    • 公開 : 2018/05/22 編集 : 2018/11/21
    • ENGLISH Camp運営事務局

「ENGLISH Camp」は2018年から運営を開始した、TOEICスコアアップに特化したシェアハウス。

専属パーソナルコーチが日々の英語学習をサポートし、TOEICという同じ目的を持った人たちが集っています。十数名の社会人中心キャンパー(入居者)で共同生活しながら、日々英語学習に励んでいます。

ENGLISH Campでは毎月月間MVPとして、"モチベーション高く英語学習に取り組んだ方" "周りのキャンパーに良い刺激を与えた方"を表彰しています。

ということで早速ですが、1月度月間MVPの発表です。

1月度月間MVPはこちら、那須香(なすかおり)さんです!
おめでとうございます!!

ec_nasusan_MVP

那須香(なすかおり)さん
【入居の目的】TOEICのスコアアップにより、仕事の幅が広がるから
【入居期間】2018年1月7日~2018年6月30日
【入居時のスコア】750点
【最新スコア】870点(4月11日公開テスト結果)
【目標スコア】850点

ENGLISH Camp監修兼ヘッドコーチ、セレンさんから表彰コメントをいただいています。

ENGLISH Camp監修兼ヘッドコーチセレン氏
あなたは、2018年1月において日々の多忙な業務の中、目標学習時間の達成と自身の英語力向上のために妥協なき努力をされました。そのたゆまぬ努力と向上心をたたえ、ここに表彰いたします。

そして以下、受賞した那須さんへのインタビューです♪

【PR】

今回の受賞を受けて率直な感想をお聞かせください

とにかく驚きました。初代MVPって凄い人がもらうものだと思っていたし、みんな頑張っていたので。表彰の時、名前を呼ばれた瞬間は信じられない気持ちでしたが、周りのみんながわーっと笑顔で称えてくれたので、一気に嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

ただ、本当に自分が特別に頑張ってきたというつもりはなく、運営やコーチ陣のみなさん、キャンパー(シェアハウスの入居者)のみんなに刺激されて勉強や環境づくりに夢中になれたという感覚です。

当たり前ですが、MVPで満足することなく、TOEICスコアで結果を出して自分にも周りにも良い影響を残したいという気持ちがいっそう強くなりました。

ENGLISH Campにそもそも入居した背景やきっかけは?

昨年末、仕事でのとある出来事をきっかけに、英語ができなくて悔しいという気持ちが爆発したんです。「もう今度こそ、英語をどうにかしたい!」と強く思いました。これまでも英会話教室や自己学習など色々試みましたが、どれも長続きしなくて。

もっとコミットできる方法はないかと考えていた時に、英語学習がテーマのシェアハウスがあることを知りました。はじめに見つけたのはENGLISH Campとは別の、よくある「外国の方と同居して話そう」だったり「月に一回講義があるよ」といったコンセプトのシェアハウスでした。

早速見学に行ってみたのですが、思っていたほど会話や学習の機会が多くなさそうで、本当にこれで伸びるのかな?と躊躇していました。

そのあと再度ネットで調べた時に辿り着いたのがENGLISH Campです。ここなら本気で取り組めそうだなと思って、飛び込みました。あの時にENGLISH Campを選んで本当に良かったです。

ENGLISH Campではどのようなことを取り組んだんですか?工夫した点は?

些細な疑問や悩みなど、気づいたことを逐一コーチに報告するようにしています。自分の特性をふまえた最適なプランを立てたかったので、当初より細やかな情報共有を心掛けているのですが、この行動は予想以上のメリットがありました。例えば以下の2つ。

・言葉にして誰かに伝えることで自分の状況が整理され、日々の行動への意識が高まる
・報告を受けてコーチからアドバイスが返ってくるのですが、それにより自分でも気づいていない癖や思い違いに気づけたり、より深い理解や明確な答えが得られる

1人で勉強していると、何からやるべきなのか?このやり方でよいのか?テキストの解説が腑に落ちない……など、何かと迷ってしまいがち。

また「なんとなく」や「わかったつもり」も無意識のうちによく起こります。けれどENGLISH Campではコーチの方と毎日やりとりをするので、1人で悶々と悩む時間がゼロになり、前に進むことに集中できています

勉強時間の確保や勉強方法などで苦労した点は?

一度で完璧になろうとしないことです。もともと「ゼロか100か」主義的なところがあり、慎重にやり過ぎてなかなか前に進めず、焦りを募らせるタイプでした。

例えば私は語彙力が大きな弱点なのですが、せっかく単語帳をやっても最初の方のページを行ったり来たり。

でもあるとき、カウンセリングや日々の学習を通して「単語と長時間にらめっこしていても覚えられる訳じゃない」という気付きを得たんです。開き直ったというか。それからは「覚えたら進む」ではなくて「理解したら進む」ようにして、着実にテキストを進められるようになりました。

一夜漬けではなくしっかりと定着させたいなら、結局は繰り返しの中で覚えていくことが大切です。今では一度で完璧になろうとするなんて無茶だったな、と思います。

ENGLISH Campに入居してみて良かったと感じることはありますか?

同じ志の仲間ができたことですね。自分が何かを頑張りたいと思う時に、同じ目標を持った同じ温度感の人に囲まれながら取り組めるというのは、とても幸せなことです。

お互いにお手本になったり反面教師になったり、1人で取り組むよりもずっと多くの気づきを得ることができますし、何よりいつも楽しく心強くいられるからです。

「今こそ英語を頑張りたい!」と意気込んでENGLISH Campに入居してきた仲間たちは、みんな自由な発想で海外へ目を向けています。ライブラリで飲みながら話していたりすると、とても刺激を受けますよ。

私自身も、1つの考えに縛られずにもう一度自由に人生を考えてみようかな……なんて壮大なテーマについて考え始めてしまうことも(笑)。

ここで出会えたキャンパーのみんなとは、退去した後も何かの形で関わりを持てたらいいな、と思っています。

今後の意気込みをお聞かせください。

おかげさまで当初の目標スコアには近づきつつあります。ですが、ENGLISH Campで真剣に英語学習と向き合う中で、さらに高い目標や新たな課題が生まれてきています

まだまだ、やるべきことが盛りだくさん!「英語ができる人」になったら世界はどんな景色に変わるのかな。そう思うとわくわくして、どこまでもチャレンジを続けていきたい気持ちになります。

本当に前向きに、当たり前に勉強に取り組んでいる自分には毎日驚かされていますが、すべてはこの環境のおかげだと思っています。

ここでは、他のみんなが毎日頑張っていることが伝わってきます。時には挫折していることも、それでも踏ん張っていることも伝わってきます。

TOEIC本番には励まし合ってから臨むことができます。これ、意外と心強いですよ。この調子で残りの数か月も、楽しく本気で英語学習と向き合っていきます!


那須さん、改めまして1月度月間MVPおめでとうございました!

最近では今まで以上に仕事で英語の必要性を感じたり、キャリアアップのためにTOEICを勉強する社会人の方も増えてきています。ですが苦手意識もあって1人ではなかなか学習が続かないという方も多いですよね。

そういう方にはコーチや仲間と一緒に学習を進めていく環境に身を置くことも選択肢として十分にありかなと思います。ぜひチャレンジしてみてはどうでしょうか?

※ENGLISH Campは現在サービスリニューアルをし、シェアハウスに住まずに受けられる通学型のプランに変更しました。
ENGLISH Camp応募フォーム
ENGLISH Campトップページ

今後もENGLISH Campのキャンパーのスコアの変動や、キャンパーへのインタビューなども随時公開していきます!

※他のENGLISH Campの関連記事は下部バナーからチェックできます。


ENGLISH Campブログ一覧

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

ENGLISH Camp運営事務局

ENGLISH Camp運営事務局

英語学習シェアハウス『ENGLISH Camp』の中の人がお届けするブログです。TOEICスコアアップの様子や、取り組みなどを随時発信していきます!

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。