School Withとは

School With は留学・語学学校の今がわかる留学情報メディアであり
一人ひとりの留学に向き合う留学エージェントです。

無料会員登録して使ってみる

  • 留学経験者の口コミが見れる!

    世界32カ国の語学学校を約4,000校掲載。
    最新の学校のカリキュラムや料金表や
    留学経験者の最新の口コミ評判も充実。

  • 見積り、申込の手数料無料!

    School Withでは、留学のお手続きは
    全て無料でサポートしています。
    ご安心してご利用ください。

× 次回から表示しない

School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

絶対に外せない!シドニーのおすすめ観光スポット6選まとめ

オーストラリア シドニー

ハロー!オーストラリアでワーホリをしていました、ライターのAkaiです。

私はオーストラリア滞在中、2週間ほどシドニーを訪れる機会がありました。シドニーには魅力的なスポットがたくさんあります。今回は是非みなさんに行って欲しい、シドニーの観光スポットを6箇所まとめてご紹介します!

それでは、Here we go!

【PR】

(1) やっぱりここは外せない!オペラハウス

シドニーのオペラハウス

シドニーで一番有名な観光スポットといえば、オペラハウスですよね!やはりシドニーに来るならここは外せません。

オペラハウスの中ではバレエやコンサートなど、様々なショーが行われています。中のショーを見に行くか行かないかは別としても、オペラハウスは建築物としてだけでもかなり見応えあり!最寄り駅であるサーキュラキー駅から徒歩数分で行くことができるので、一度は行ってみることをおすすめします。

大人は25ドルで日本語でのツアーもやっているので、チェックしてみてくださいね。

サーキュラキー駅周辺

ちなみにサーキュラキー駅周辺では、ほぼ必ずアボリジニの人々がディジュリドゥの演奏しながらCDを販売していたり、多くのパフォマーがショーを行っています。こちらも見応えありなので、是非見物してみてはいかがでしょうか。

詳しくは以下のバスカー(路上パフォーマーのこと)に関する記事も見てみてください。
街のあちこちにパフォーマーが!オーストラリアの路上パフォーマンス事情について紹介

名称 Sydney Opera House
住所 Bennelong Point, Circular Quay, Sydney 2000
地図
HP sydneyoperahouse.com

(2) フェリーでハーバーブリッジの真下を通りぬける!

ハーバーブリッジ

オペラハウスを見に行った後は、すぐ近くのフェリー乗り場へ。ここサーキュラキーからは、毎日たくさんのフェリーが運航しています。せっかくなので、私たちもフェリーに乗ってみることに!オーストラリアに来て初フェリーにちょっとテンションが上がります!私たちはサーキュラキーからダーリングハーバーまでの、約30分の船旅を選びました。

ハーバーブリッジ

このフェリーに乗ると、オペラハウスを海上から眺めるだけでなく、文字通りハーバーブリッジの真下をフェリーで通り抜けることができます!

ハーバーブリッジ

下から見るハーバーブリッジは、圧巻!というか、橋を真下から眺めるなんて、日本にいてもそうそうない経験!この日は天気も良くて、30分という短い時間でしたが大満足!基本的に波もほとんどなく穏やかなので、30分なら船酔いが心配な人でもチャレンジしやすいかと思います。オススメです!

ハーバーブリッジ

住所 Sydney Harbour Bridge, Sydney NSW
地図

(3) 3 Wise Monkeys 見ざる、言わざる、聞かざる

3 Wise Monkeys

シドニーの街中には、カフェやパブがいっぱい。そんな数あるパブの中でも私が皆さんに行って欲しいところ。それは、ジョージストリートとリバプールストリートの角にある、「3 Wise Monkeys」です。

シドニーの数あるパブの中からなぜ!?と思うかもしれませんが、行ってみればすぐにわかります。パブの入り口の上には、「見ざる聞かざる言わざる」を表すお猿さん3匹が、ババーン!と鎮座しています。心細い異国の地での待ち合わせ場所にぴったり!私がこんな感じの一風変わった場所を探して街を歩くのが大好きでした!

名称 3 Wise Monkeys
住所 555 George St, Sydney NSW 2000
地図
HP 3wisemonkeys

(4) マーリックビルマーケット 現地の魅力を感じるならやっぱりマーケット散策もおすすめ!

私がオーストラリアで留学している間、どこの町に行った時も一番楽しかった場所、それはやはりマーケットでした。規模の大きさに驚かされたり、面白い食材やお土産が見れたりするのはもちろんグッドポイントですが、一番の魅力はやはり地元の人が買い物する様子が見れることでした。

ちなみにシドニーにはたくさんの種類のマーケットがあります。土日のみのマーケットもあれば、平日3日間のみ開催しているマーケットもあり、みんな目的別に行く場所を変えています。

シドニーのマーケット
Photo by : organicfoodmarkets

有名なのは観光客向けのロックスマーケットですが、私のオススメは毎週日曜に開催されている「マーリックビルマーケット(Marrickville Organic Food Market)」です。このマーケットの特徴はオーガニックフード。たくさんのオーガニックフード(野菜・チーズや果物など)を購入することができます。オーガニックに興味がある方は、ぜひチェックしてみてください!

名称 Marrickville Organic Food Market
住所 142 Addison Rd, Marrickville NSW 2204
地図
HP organicfoodmarkets

(5) ブロードウェイ劇場!

ブロードウェイ劇場
Photo by : capitoltheatre.com

生のミュージカルは日本にいるとなかなか見れないものの1つですよね。シドニーにはオペラハウスを始め、キャピトルシアターやリリックシアターなど、市内に何箇所か劇場があります。チケットは1枚70ドル~と決して安くはありませんが、ラッシュチケットというラッキーなシステムを使用すれば半額以下の値段で観劇できることもあります。

ラッシュチケットについては以下も記事もチェックしてみてください↓
シドニーでミュージカルを楽しむコツ 半額で最前列に座れるラッシュチケットとは?

またTicketmasterというエンターテインメントサイトを見れば、豊富な公演情報に加えて、チケットをネット予約することもできるので、是非活用してみましょう!個人的にはシドニー市内のど真ん中に位置するキャピトルシアターが、上演種類も多くてオススメです。ちなみに今年(2017年)の12月からは、オズの魔法使いが上演予定みたいですよ!

名称 Capitol Theatre
住所 13 Campbell St, Haymarket NSW 2000
地図
HP capitoltheatre.com

(6) シドニー天文台で天体観測

シドニー天文台

シドニー天文台はオーストラリア最古の天文台。ハーバーブリッジとシドニーハーバーを一望できる場所であるオブザバトリー・ヒルにあります。

天文台として使われだしたのは、なんと1857年!今から160年も前のことです。館内では天文台の歴史だけではなく、さまざまな望遠鏡や測量器具などが展示されていて、自由に見学することができます。入場は無料です。

私は時間が合わずに参加できなかったのですが、お昼は天体望遠鏡と3Dツアー、夜は天体望遠鏡星空観察ツアーなども行っているらしいので、好きな人は是非参加してみてください!ちなみに料金はお昼のツアーは大人10ドル、夜のツアーは大人18ドルです(参加は要予約)。

名称 Sydney Observatory
住所 1003 Upper Fort St, Millers Point NSW 2000
地図
HP maas.museum/sydney-observatory

いかがでしたか?今回取り上げたのは、短期滞在の方でも行きやすいような、シドニーの観光地の中でも交通の便が良い場所ばかりです。シドニーに行った時は、ぜひ行って見てくださいね。

それでは、Have a good day!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

留学の準備で役立つ「留学のしおり」を無料でプレゼント!

留学のしおり(準備編)欧米Ver.

欧米留学をお考えのみなさんが、 事前に知っておくべきことを「留学のしおり」としてまとめました。

  • VISAや保険、お金周りなど事前の注意事項とは?
  • ワーホリするなら必見!各国の就労・就業条件
  • 日本で準備しておくべき持ち物リスト
  • 知っておくと安心!出発当日確認すべきこと

など、役立つ情報が満載!
是非チェックしてみてください。

無料ダウンロードする

※ ダウンロードには会員登録(無料・30秒でかんたん)が必要です。

この留学ブログを書いた人

Akai

Akai

学生時代、お金を貯めてオーストラリアへはばたく。語学学校、寿司職人を経て、オーストラリア大陸を四分の三周する旅へ。帰国後広告代理店勤務などを経て、現在は子供英会話の教師として働く。「やりたいと思ったときにやれ!」をモットーに生きる、沖縄が生んだ風雲児。

この記事に関連するタグ

こちらの留学ブログもいかがですか?

カテゴリーから記事を探す

みんなの留学相談サービス「留学アンサーズ」
School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。