School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

日本とどう違う?知っておくべきアイルランドのコンセント・電圧事情まとめ

変換プラグ

こんにちは。アイルランドはダブリンに滞在経験を持つモモです!

私たちは普段からスマホ、ドライヤ―、ヘアアイロン、PCなどなど家電製品・電子機器にあふれて生活しているわけですが、もちろん住む環境が変わってもどれも必要なものばかりですよね!

しかし一歩海を越えると電圧が違ったり、コンセントの形が変わったりする関係で、実は日本で使えたものが使えなくなってしまうことがあるんです。

そこで今回は、アイルランドで快適に生活する上で欠かせない「コンセント事情」についてお話していこうかと思います。それではいってみましょう!

【PR】

アイルランドに行くなら、変換プラグをもっていくべし!

アイルランドに行くなら、変換プラグは必須のアイテム。どんなものかといいますと、「さてスマホの充電をしようかな・・ってあれ!?コンセントの形が日本と違う!!!」という事態からあなたを救ってくれます。

日本のコンセント(Aタイプ)

日本のコンセントの形は、おなじみのAタイプです。

アイルランドのコンセント(G/BFタイプ)

一方で、アイルランドのコンセントは足が3本のG(BF)タイプと呼ばれるものです。明らかに1つ数が多いので、日本のプラグが使えるわけもなく。

変換プラグは現地で調達というよりも、ンターネットで簡単に購入することができるので、出国前に日本から持っていくといいかと思います。

全世界対応のマルチプラグがおすすめ!

中でもおすすめは、全世界対応しているマルチタイプ。形を組み替えて、どの形のコンセントでも対応することができます。というのも、例えば旅行の際、アイルランドと同じ形状のイギリスでは問題ありませんが、同じヨーロッパでもイタリアやフランスなど他の国ではまた違う形になっています。

私はアイルランドに留学中、結構あちこち旅行に行きましたが、マルチタイプの変換プラグのおかげでどこの国でも不自由なく電子機器を使うことができました。ヨーロッパに限らず韓国などのアジア圏へ行く際も大活躍するので、1つ持っていると重宝します。

ちなみに超大手のインターネット通販サイトで1000円ほどで購入しました。おすすめです(^^)

アイルランドと日本の電圧の違いって?

コンセントの形の違いがアイルランドと日本で違う、ということが理解できたかと思います。さらに気をつけるべきは、現地の電圧事情。日本の電子機器が対応している電圧と、海外で国ごとに流れている電圧は違いがあります

日本で使われている電子機器が対応している電圧は通常100V、一方でアイルランドで流れる電圧は220~240Vと、日本より電圧が高いです。ですのでそのままでは使えず、無理に繋げると機械の故障などに繋がります。私はドライヤーなどは現地で調達しました。

一方でPCやスマートフォン、カメラの充電器など、中には海外の電圧に対応して作ってあるものも実は多くあります。ですので、正直私は使えなくて困った、ということがほとんどありませんでしたね。

どの電圧に対応しているかは、外箱や電子機器本体に記載されているので、持ち込む際は事前に確認してみてください。

iPhoneの充電機器

例えばiPhoneのコンセント部分だと黄色いラインのところに100~240vと書いてあります。あら、万能ですね!

場合によっては変圧器が必要に

それでも対応していないものをアイルランドへ持ち込む際は、変圧器が必要になります。ですが、実は3~4千円と意外と高額。私が出国前に持っていくか悩んだヘアドライヤーやヘアアイロンは、日本国内仕様でした。

そこで持っていくのも重いしそれだけのために変圧器を買うのも嫌だったので、アイルランドで現地調達することにしました。確か1700円くらいで、「BOOTS」というドラッグストアで購入できたと思います。

参考:生活用品ってどこまで現地で買えるの?アイルランド・ダブリンのショッピング事情まとめ

帰国するときは、まだ現地に残る友人にお譲りしてきたので無駄なしです♡ただどうしても日本製品がいいという時は、初めから海外対応製品を購入しておくのもありです!その方が安く済むこともあります。

事前に確認しておけば怖くない!

いろいろと無知な状態で飛行機に飛び乗ってアイルランドまで行った私ではございますが、変換プラグのおかげでコンセント周りに関して困ったことはありませんでした。

他に留学・旅行している海外の人たちの中にも、同じようなマルチプラグを使っている人がたくさんいて、どれだけこれが便利なものかお分かりいただけるかと思います。

最後に余談ですが、私はiPhoneをアイルランドで中古で譲り受けました。その際コンセントもつけてもらったのですが、「日本と形が違う!!!」と、当然と言えば当然ですがひとまず衝撃を受けました。

プラグのタイプが異なる韓国人のiphoneのコンセントも違う形で、「同じiPhoneなのに・・」とその小さな違いがご当地名物に出会った感覚で個人的に面白かったです。実物を探したのですが、どうやら帰国前に人にあげてしまったようで見つからないので、どんなものかご興味あれば検索してみてください(笑)。

今回もありがとうございました!
また次回もよろしくお願いします。

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Momo

Momo

周りの友達が就活をしている中、大学4年の後期から休学を決意して「日本人が少ない」「ヨーロッパ留学かっこいい!」というだけの理由で2015年10月よりアイルランドに1年の予定で語学留学。現在6ヶ月を終えちょうど折り返し地点に到達。留学情報が少ない国ですがリアルなアイルランド情報を発信していきます!

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。