School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

生活用品ってどこまで現地で買えるの?アイルランド・ダブリンのショッピング事情まとめ

アイルランドのスーパーの様子

こんにちは!アイルランドはダブリンに約1年ほど留学しておりました、モモです。

アイルランドへ留学に行くまで日本から1歩も出たことがなかった私は、正直海外で何が売ってるのか全く分からず、日本から持っていくモノにも相当に悩みました。

たとえば服はどんな感じのお店で買うのか、そもそも何があるのか、日本にあるものって売っているのかな!?と本当に見当がつきませんでした。でも考えてみれば、身近なZARAとかH&Mはヨーロッパから来てるブランドという・・(笑)無知が過ぎた21歳の夏。

そこで今回は、アイルランドでの日用品や服などの買い物事情や、私がよくお世話になっていたお店をまとめてご紹介いたします!

【PR】

心配不要!アイルランドでも基本的に日用品は何でも揃う

まずは一番大事な生活用品。食料品から日用品まで、街中の至る所にあるTESCOやLIDL、SUPERVALUEなどのスーパーに行けばほとんどそろいます。Bootsという大きなドラッグストアに行けば日本の薬局並みになんでもあります。

シティーセンターにあるジェルビスショッピングセンター内の店舗は大きくて、困った時はよく行っていました。また、滞在中に髪を染めたくなったので、よくBootsからヘアブリーチやらカラー剤を調達し、家で友達に染めるのを手伝ってもらいましたね。生活用品に至っては基本的に不自由しません

日本から生活品を持参する必要はない!

ちなみに私は日本からアイルランドへ旅立つ時、まるで異世界に行くかの如く、日本からシャンプーやら洗顔フォーム、ボディクリームとありとあらゆるものを持参したうえに、さらには航空便で送りました。

今思えばなにをやっていたのかと。いや~若かった(笑)。結局帰国までに使い切らなかったり、生活に慣れてしまって持参したことを忘れて現地で買ったり。むしろ現地のものを気に入ってそっちばかりを使っていましたね。

事前にインターネットなどで現地にいる方のブログなどを見てはいたものの、

「現地の商品は肌に合わないかも」
「匂いとかきつそう」
「日本人とアイルランド人では髪質が違うんじゃ!?」

と考えを巡らせ過ぎた当時の自分に、「買えるよ!だってここにも同じ人間が暮らしているんだから!!」とツッコミを入れながら帰国時のパッキングをしたのは非常にいい思い出です。

現地スーパーの日本食
写真:現地のスーパーでは日本の食品が売っていることも。

それ以来、旅行時は着替えと最低限の化粧品等以外持って行っておりません。ただ肌が弱い方や化粧品などが限られている方は普段使っているものを持っていくことをおすすめします。もし現地で状態が悪化してしまうと、医療費は日本と違って高額になりますからね・・・。イタリア人の友達は風邪で病院へ行ったら50€=約6500円払う羽目になり、みんなで大爆笑した記憶があります。

余談ですが、ヨーロッパでは水の性質が違うため日本のシャンプーは泡立たないと聞いたのですが、某メーカーのい○髪は優秀なまでに泡立ってくれました。それともうひとつ、アイルランドに行ってから肌荒れがびっくりするほど改善されました。水が肌に合っていたのか、Bootsで買った洗顔フォームがよかったのか、はたまたパブでのビールが効いたのか。。

原因が何なのかわかりませんが、おかげで悩みが1つ減ったうえに、英語も話せるようになって、ダブリン生活万々歳でした。

服は現地で買うべき?それとも持参すべき?

基本的にダブリンでは、シティーセンター、特にヘンリーストリートに行けばたくさん男もの・女もの問わずお洋服屋さんがあります。ですので必要以上に日本から持参する必要はないです。

お手頃価格ラインであれば、日本にも店舗があるZARA・H&M・FOREVER21などなど。ヨーロッパのブランドなだけあって、日本よりも安いです

Penneys/PRIMARKがコスパが良くてオススメ!

日本では展開されていないですが、ダブリン発祥のファストファッションブランド"Penneys/PRIMARK(ぺニーズ/プリマーク)"というのも有名です。キッズ・レディース・メンズ・寝具・コスメなんでもあります。

Penneys/PRIMARK(ぺニーズ/プリマーク)
Photo by : Penneys/PRIMARK

他のショップと比較してずば抜けて安く、セールになると1€でトップスが買えちゃったりするんです。もちろん品質は・・というところもありますが(笑)。

いつでも賑わっていて、留学中の服や生活雑貨の調達にはもってこいです!今私が記事を書きながら着ているものも、3€で買ったTシャツです。シティーセンターのメイン通りであるヘンリーストリートにある店舗は規模も大きく、品数もかなり多いので面白いですよ^^

海外で古着を楽しむのもオススメ!

またアイルランドに留学に行ってから好きになったもののひとつに、古着があります。私がよく足を運んでいたお店は「ダブリンヴィンテージファクトリー」です!

ダブリンヴィンテージファクトリー

グーグルマップに"Dublin vintage factory"と打つと出てきますよ^^ ダブリン7のスミスフィールドにあり、シティーセンターからは約15~20分ほど歩きますが自宅から近かったため、よく訪れていました。

このお店は、1点ずつに値段が定められているのではなく、基本的にお会計時の総重量で値段が決まります。シルクシャツ1枚が5€であったり、ダブリン生活には欠かせない、完全防水のアディダスのジャンパーが15€でゲットできたり!中には3€で買えたレースシャツもありました。状態もいいものが多く、お店も大きいので、宝探し感覚でお買い物ができます。個人的におすすめスポットです♡

他にもシティーセンターからリフィーリバーを渡ってテンプルバーに行くと、お洒落なセレクトショップがあったりしていて、ここにも古着屋さんがあります。その中でも"Lucy’s Lounge"というお店も好きでした!

入るとすぐにアクセサリーなどの小物がたくさんあり、地下に降りるとお洋服があります。こちらのお店もリーズナブル。またダブリンに行ったら行きたいところでもあります。外壁がピンクなのですぐわかるかと!また日本に上陸していないブランドだとUrban Outfitters"もテンプルバーにありますよ。

服も最低限のものだけでOK。残りは必要なときに現地で買うべし

国外に出たことがなかった私は、

「服ってどこで買うんだ?」
「ユニクロって~◯◯あるのかな?(ダブリンにはない)」
「気に入るものがなかったらどうしよう!」
「留学は1年間だし季節変わるけど!?」

と、何も想像ができず、ファッション用品に関しては生活用品と同じくらい大きな不安要素の1つでした。結果的に生活用品と同じくスーツケースに詰め込んだ上、箱にも詰めてアイルランドへ送りました(笑)。日本へ帰ってくる時、ほとんどリサイクルボックスみたいなのに突っ込んできました。。

出発前日のスーツケース

写真:出発前日にスーツケースが閉まらず、いったいどうやって移動するのか頭が痛くて吐きそうな時に撮りました。

どこの国の女の子も買い物が好きなのは変わらないようで、暇な時はよくショッピングに出かけていました。「日本からあんなに持ってきたし買わない!」とか言っていた私も、到着後わずか数日で買い物してましたし・・。

結局長期になればなるほど心境の変化や、季節の変化などでファッションも左右されるので、最低限のものを持ってきて残りは必要な時に買う、というスタンスでいいんだなと学びました

お土産屋さんもたくさんある!ダブリンのオススメお土産屋さん

帰国するときに多くの人が買うであろうお土産。もれなく私もたくさん買いました。そこで最後に、私も利用したぜひ立ち寄っておくべきお土産屋さんを2つご紹介します^^

1) CARROLLS

ダブリンのCARROLLS

ダブリンの街中を歩いていると、かなりよく目にする観光客でにぎわっているこちらの緑のお店。迷ったらCARROLLSに行けば間違いないと思います。

ある品数は膨大な量で、結局何を買えばいいのかわからず大混乱になってしまい、不要なものまでたくさん買ってしまったり、本当に必要なものを買い忘れて何回も足を運んだりという時代に陥る人もいるとかいないとか。

ダブリンのCARROLLS

アイリッシュウイスキーのチョコレートであったり、ギネスビール味のファッジ、つける向きによって意味が変わる伝統のクラダリング、世界トップクラスのラグビーチームを誇る国のラグビーボール(?)のおもちゃが買えたり・・正直ここなら何でも揃います。

2) AVOCA

AVOCA

AVOCA(アヴォカ)は老舗の手織りブランドで、デザインもかわいく女性へのお土産にはぴったりのものばかり!お店の中には洋服・食器・紅茶・アクセサリーなど様々なものが並んでおり、見ていて飽きることはありません。

AVOCA

私はこの紅茶コーナーからアイリッシュブレックファーストと、アイリッシュアフタヌーンの紅茶を自分用のお土産に持ち帰りました。実はこちら大阪にも店舗があるみたいです。

このほかにも、身近なスーパーなどでアイルランドの紅茶やお菓子がたくさん買えますよ~^^

ダブリンコンパクトサイズに何でもそろっている街!

この記事を書いていてお気に入りの場所を思い出したり、写真を見返していてダブリンが恋しくなりました。もちろん日本も大好きですが、アイルランドならではな魅力や雰囲気にあふれていて、どちらも比べられない素敵なところだなあと思います。基本的に生活で必要なものは何でも揃いますよ!

もしまだ行ったことがないお店があったらぜひ行ってみてくださいね!

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Momo

Momo

周りの友達が就活をしている中、大学4年の後期から休学を決意して「日本人が少ない」「ヨーロッパ留学かっこいい!」というだけの理由で2015年10月よりアイルランドに1年の予定で語学留学。現在6ヶ月を終えちょうど折り返し地点に到達。留学情報が少ない国ですがリアルなアイルランド情報を発信していきます!

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。