School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

元英語教材編集者が行く、オーストラリア留学体験記#10 ブリスベン近郊の島へデイトリップ~ノース・ストラドブローク島編

ノース・ストラドブローク島

こんにちは!Ayakaです。私は現在、キャリアチェンジを目指す1年間のビジネス留学中で、オーストラリア・ブリスベンにあるグリフィス大学に在籍しています。7月からの2学期目は、大学のビジネススクールでインターナショナル・マーケティングを学んでいます。

今回は前回の「ブリスベン近郊の島へデイトリップ~モートン島ツアー編」に続き、ブリスベン市内から日帰りで遊びに行ける、ノース・ストラドブローク島への日帰り遠足をレポートします。島の魅力はもちろん、島までの交通手段や現地での楽しみ方をお届けします。

【PR】

仲間とわいわい!ノース・ストラドブローク島

モートン島の日帰りツアーももちろんおすすめですが、ツアーを利用せず、のんびりと自然散策をリーズナブルに楽しみたいならノース・ストラドブローク島がおすすめです。私も4月末にグリフィス大学の留学生仲間と初めて訪れました。

ブリスベン市内から約30km東に位置するノース・ストラドブローク島は、面積約275㎢、フレーザー島に次ぐ世界で2番目の砂の島です。

1896年以前はストラドブローク島だったのですが、嵐により南北に分かれたことから、現在の「ノース・ストラドブローク島」になりました。

ノース・ストラドブローク島のパンフレット

写真:ノース・ストラドブローク島のパンフレット。アクティビティ込みのツアーや、宿泊施設もあるので週末に泊りがけで滞在するのもよいですね。

ノース・ストラドブロークの観光案内ウェブサイトはこちら(英語)↓
stradbrokeisland.com

公共交通期間を乗り継いで行ってみよう

ノース・ストラドブローク島までのフェリーのある港、クリーブランド

インド人大学院生のジョーに誘われ、ドイツ人、日本人の留学生仲間9名でいざノース・ストラドブローク島へ。留学生の私たちは誰も車を持っていないので、大学からはバスを乗り継いでフェリーのある港、クリーブランドまで向かいます。

そこから大型フェリーか小型のウォータータクシーで揺られること約30分。ブリスベンの南側に位置する大学から島までは片道2時間強ほどかかりましたが、交通費も市内から片道$15ほどなのでだいぶリーズナブルですね。

ノース・ストラドブローク島までのウォータータクシー

写真:ウォータータクシーの上で皆でパシャリ!各国の仲間とわいわいでかけるのも留学の醍醐味ですね。

岩に海に自然の景色を楽しむ

ノース・ストラドブローク島のサウスジョージ

島内は各景勝地やビーチを結ぶ公共バスが走っているので、車がなくてもスムーズに移動することができます。私たちもまずは絶景を求めて、バスでサウスジョージと呼ばれるビューポイントへ。なかなかの強風でしたが、断崖絶壁に打ち付ける波は迫力がありました。

島の沿岸部はウッドデッキの遊歩道が整備されており、海と空を楽しみながらのんびりと散策することができます。ザワザワッと遊歩道沿いの茂から音がしたと思ったら、野生のカンガルーの親子連れでした!オーストラリアに来て初めて見るカンガルーがまさか島で野生のものだとは思いもしませんでしたが、改めてオーストラリアの自然の豊かさを実感しました。

ノース・ストラドブローク島内のバス

写真:ノース・ストラドブローク島内のバス。クイーンズランド州の公共交通機関で使うICカード “go card” は使えないので運賃は現金払いです。

サウスジョージの断崖絶壁の上にある警告の看板と救命道具

写真:断崖絶壁の上にある警告の看板と救命道具。“THIS MAY SAVE A LIFE” の文言にリアリティがあってけっこう怖い・・。

地元ショップでお手軽ランチ、海辺でお昼寝

ノース・ストラドブローク島でのランチの様子

歩き疲れて、地元のベーカリーでチキンカレーパイ($5)を購入。デザートには島で人気のジェラートもあります。フィッシュ&チップスが観光客に人気の、ちょっとお高めのレストランもありますが、仲間とわいわい、海を見ながら芝生でカジュアルに食べるのもまた楽しいものです

お腹いっぱいになったところで再び歩いて、フラインダーズビーチというキャンプ場を備えた浜辺のビーチへと向かいます。4月末は海で泳げなくはないけれど、泳ぐには少し冷たく、この日はビーチバレーとお昼寝をしてゆったりと過ごしました。

ノース・ストラドブローク島でビーチバレー

写真:食後の運動がてら海辺を散策してビーチバレー。砂は細かく綺麗なので、裸足でも安心して遊べます。

ノース・ストラドブローク島のビーチ

写真:ビーチで昼寝をしている間に皆にこっそり謎のオブジェを作られ、いたずらされていました・・。

サウスバンクまでの電車

写真:帰り道は電車でサウスバンクまで出ました。バスにフェリーに電車に、異国の地でさまざまな乗り物に乗るのもまた楽しいものです。

クイーンズランド州には魅力あふれる島がまだまだたくさん!

2回にわたりご紹介したモートン島とノース・ストラドブローク島、いかがでしたでしょうか。クイーンズランド州にはこの他にも、車で渡れるブライビー島やジェット機で乗り入れるハミルトン島など、魅力的な島がまだまだたくさんあります

また、同じ島でも1日で体験できるアクティビティの数は限られているので、行く度に違う楽しみ方ができます。季節によって出会える生き物が異なったり、海や空の表情も異なったりと自然の楽しみ方も変わります。

家族と、仲間と、恋人と、毎回違った時間を楽しめる、ブリスベンからの日帰り島旅。ブリスベンに訪れた際は、ぜひ少し足を延ばして冒険してみてくださいね!

【連載】元英語教材編集者が行く、オーストラリア留学体験記↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Ayaka

Ayaka

「日本をもっと元気で楽しい場所にする!」を目標に、キャリアチェンジを目指し退職し、ICC国際交流委員会のInternship Business Professions でオーストラリア留学を経験。実用英語技能検定1級。

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。