School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

日本にいながら国際交流はできる?日本に来ている留学生にインタビューしてみた

ロンドン

こんにちは、フランスの大学院に留学中のKURIKOです。

語学学習において、最も効果的な方法が留学と言われています。
現地に行けば現地の人と交流し、その国の言語を見聞きし話す機会が自国にいるよりも多いというのが理由としてあげられます。一方で、留学をしても思った以上に言語を使用する機会がないという意見や、現地の人との交流が少なかったという結果もあります。

では日本にいても海外のように英語を話したり、外国人と交流する機会を増やすことは可能なのでしょうか?

実は海外に行かなくても日本にいながら英語に触れる機会や、外国人留学生に会える場所は意外と多くあります。今回は日本に来ている留学生と国際交流をし、グローバルな視点を持つこととはどういうことかご紹介します。

【PR】

大学国際化のためのネットワーク形成推進事業、グローバル30とは

ロンドン

日本にいながら国際交流できる選択肢として真っ先に思い浮かぶのは、やはり大学ですよね。現在文部科学省がグローバル30という「国際化拠点整備事業(大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業)」を展開しており、現在日本の13大学がグローバル30に採択されています。

グローバル30に採択された大学は留学生に魅力的な教育を提供すること、そして留学生と切磋琢磨する環境の中、世界で活躍する日本人学生の人材養成を推進していかなければなりません。

国際化のためグローバル30に採択された大学
東北大学、筑波大学、東京大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学、慶応義塾大学、上智大学、明治大学、早稲田大学、同志社大学、立命館大。

採択された大学のグローバル化事業の柱として、

・英語による授業のみで、学位が取得できるコースの大幅な増設
・留学生受入体制の充実 

が導入されました。では実際これらの大学がグローバル化の模範として、機能しているのでしょうか?

留学生は、結局留学生で固まってしまう

グローバル30の取り組みは一見素晴らしいものに見えますが、それが実際に実践されているのかというと、そうではない結果も出ているようです。

私の研究分野でもある「留学による友好関係に関する調査」で様々な学生にインタビューをしたところ「留学生用の日本語の授業と英語で行われるその他の科目授業には、あまり日本人学生がいなかった」と報告してくれました。

留学生受入体制を充実させると同時に国際学生寮なども多くなってきましたが、留学生の住む寮は日本人学生と一緒ではない寮が多い、つまり留学生だけで固まってしまっているという結果になっているようです。

留学生が多い大学だとしても、結局留学生同士が一緒にいる傾向になり、日本人学生の友人を作るのが困難であるという状況になっています。

留学生にとって日本人の友人を作ることは難しい

ロンドン

日本に学びに来ている留学生に「大学のキャンパス内で日本人の友達を作るのが難しい」と聞いたところ、7人中6人が難しいと答えてくれました。

あまり留学生を受け入れていない大学に留学したんじゃないか、と思われるかもしれませんが、インタビューに答えた7人中のほとんどが上記に挙げたグローバル30に採択された大学だったんです。

留学生の受入れ体制が整っていてグローバル化が推進されている大学で、なぜ日本人の友達を作るのが難しいのでしょうか?

どうして留学生は日本人の友達を作るが大変なのか?

同じクラスにあまり日本人学生がいない、英語ができない日本人学生は外国人学生に近づいてきてくれない、など様々な意見がありました。

一方で、日本人と外国人が一緒に住む学生寮で日本人の友達ができたという声もあったので、やはり日本人学生と一緒にいる環境にいなければ日本人の友達を作ることが難しいのは明確でしょう。

日本にいても外国人の友達を作ることは難しくない

ロンドン

本当は留学生も日本人の友達を作りたいけど、なかなか交流の機会がない。
この結果を見て、皆さんはどう思われるでしょうか?

逆に外国人留学生同士で固まってしまっているから、日本人が話しかけにくいという見方もあるかもしれません。しかし留学生は留学生なりに、日本人学生と友達になりたいと思っていますし、日本人学生が話に来てくれないいう意見もあります

グローバル化が国家規模で押され日本人は外へ外へと行こうとしていますが、実は自分の国の中でも国際交流は可能だということです。

もちろん、団体でいる外国人学生に声をかけるのはちょっと勇気がいることかもしれません。ですが、外国人留学生も日本に興味があって日本に来ていると言う意味で、友達になりやすいのではないでしょうか。

国際化はお互い持ちつ持たれつ

どんな規模の小さい大学にも留学生が在籍しています。
自分の大学に留学生がいるのであれば、まずは彼らに話しかけてみるのはいかがでしょう。

日本に留学している留学生は日本語の勉強をしている学生も多くいます。英語が話せないなどと気にせず、ぜひ話しかけて見ましょう

自分の英語学習のためだけでなく、相手の日本語学習のためにもお互いが協力しあえる関係を作っていけることが本当の意味の国際化だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

KURIKO

KURIKO

イギリス、フランス、イタリアと12歳から留学歴20年。ロンドンの語学学校で日本マーケテイングマネージャーや中高生の語学研修のグループリーダーなどを務め、現在はフランスの大学院で語学学習や留学に関する博士論文を書いています。

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。