School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

渡航前に要チェック!オーストラリアのコンセント・電圧事情まとめ

ソケット

ハロー!オーストラリアでワーホリをしていました、ライターのAkaiです。

海外に行く準備をする際に、うっかり忘れてしまいがちなのがコンセント事情の確認ではないでしょうか。海外では多くの場合、日本の電源プラグは使用できません。

そこで今回はオーストラリアに行く前にチェックするべき、電源プラグの形状や電圧などのコンセント事情について、お話しします。

【PR】

日本のコンセント、電源プラグとは形が違う

私たちが日本で当たり前に使っているコンセントや電源プラグ。

留学先でコンセントが使えないと、携帯もパソコンもシェーバーもタブレットも、せっかく持っていっても充電できません。

オーストラリアの電源プラグの形状は、日本のものとは違い、以下の画像のように穴がハの字になっています(Oタイプ)

Oタイプのプラグ

当たり前ですが、日本の電化製品は日本の電源プラグの形になっているので、そのまま差し込もうとしても使えません。オーストラリアのコンセントの形状に適応できる、変換プラグを持って行かなくてはいけないのです。

変換プラグは日本で買おう

変換プラグ

まず、変換プラグは確実に日本で買って行った方がいいです。変換プラグは、日本の電化製品をオーストラリアのコンセントに差し込めるようにするためのものなので、オーストラリアで見つけるのは難しいでしょう。

日本であれば、大手の家電量販店にでも行けば、1個200円ほどで手に入るはずです。もしくはアマゾンでも同じくらいの価格で販売されています。私は3~4つ購入して、オーストラリアへ持って行きました!

合わせて電圧の確認も忘れずに

さらに、オーストラリアと日本では、コンセントに流れている電圧(ボルト数)も違います。日本は100ボルトに対して、オーストラリアは240ボルトです。

日本で買った電化製品でも、240ボルトに対応しているものも多いですが、必ず自分の電化製品の裏のラベルを見て確認しましょう。

240ボルトまで大丈夫という表記があれば問題ないですが、そうでないものは、オーストラリアの電圧に合わせるために、変圧器が必要になります(100ボルトの電圧まで、と表記されているものに240ボルトの電圧を流せば、故障の原因になってしまうので)。

一般的に変圧器が必要になるものは、ドライヤーや電気シェーバーだと言われています。ちなみに変圧器は、楽天やアマゾンで購入すると3000円〜です。よって、日本で変圧器を買うよりも、ドライヤーを現地で購入する方が安くつくことの方が多いです。

まとめ

オーストラリア

結論から言うと、私は変圧器は使いませんでした。パソコンも携帯もカメラも240ボルトに対応しているものだったからです。

ですが、自分の大事な電化製品が海外で壊れた時の衝撃度は大きいです。間違いなく凹むでしょう。よって、必ず自分の製品の電圧は、事前に確認してください。

それから、もしも滞在中にどうしても変換プラグや変圧器が必要になったら、現地のコミュニティサイトやカフェなどの掲示板にある「〜を売ります」や「〜を譲ります」といった情報をチェックしてみてください。ラッキーであれば帰国する人から譲ってもらえるかもしれませんよ!

それでは、変換プラグの購入と、電圧の確認を終えたら、ヒューンと旅立ちましょう!
みなさんの海外生活が良きものとなりますように!Have a good day!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Akai

Akai

学生時代、お金を貯めてオーストラリアへはばたく。語学学校、寿司職人を経て、オーストラリア大陸を四分の三周する旅へ。帰国後広告代理店勤務などを経て、現在は子供英会話の教師として働く。「やりたいと思ったときにやれ!」をモットーに生きる、沖縄が生んだ風雲児。

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。