School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

留学中の不安や悩みを解消しよう!充実した留学生活を送るために、心得ておくべきこと6選

市場

こんにちは、ただいまカナダのバンクーバーに留学中のyurinaです。

2年前にカナダに留学していたときは1年に1度しか雪が降らなかったのですが、今年は驚くほど雪が降り、現地の人も寒さにびっくりしている!そんなバンクーバーです。笑

私は18歳のときに日本を離れ、カナダ・マルタなど複数の国に留学をしました。留学中って、うまくいかないことが続いたり、不安や悩みを抱えたりすることが結構あると思います。今回は、そういった迷いを解消し充実した留学生活を送るために、留学中に心得ておくべき6つのことについてシェアしていきたいと思います。

【PR】

1. 自分の意見をはっきり伝える

「自分の意見をはっきり伝えよう」は、留学経験者の方からよく聞くフレーズの1つだと思います。よく聞くフレーズだからこそ、声を大にして私はこの点を強調したいです。

以前海外の友達から、

「日本人は自分の意見を言わなくて、何か聞いてもいつもYesしか言わないから、何を考えているのか、ちゃんと理解しているのかわからないんだよね。」

と言われたことがありました。海外では日本の空気を読むという文化は、ほとんどありません。海外の人たちは自分の言いたいことをしっかり伝えてくるので、日本人も自分から言葉を声に出して伝えなければ、相手は理解してくれません。

YesとNoがはっきりしているのが、海外と日本の違いかなと思います。

「これを言ったら、相手に嫌な風に思われるのではないか」「断ったら、もう誘ってもらえないのではないか」そのようなことが頭に浮かんで、なかなか自分の気持ちを言葉にできないことが私も何度もありました。

しかし、自分の意見を相手に伝えるようになってからは、そのような身勝手な空想は一度も考えなくなりました。もし、パーティーに誘われて気分がのらない・または体調が悪いのであれば遠慮しないでしっかり断ることが大事です。また、自分がされていやなことがあったり、相手が間違っているのではないかという時でも伝えることを遠慮する必要はないのです。

自分の意見を伝え、相手が自分から去って行くようなことがあったとしても、自分が間違っていた・伝えるべきではなかったのではないか、とネガティブに考える必要は全くありません。その人はただあなたの人生にいるべき人ではなかった、と思うようにしましょう!

2. 郷に入れば郷に従え

勉強

【郷に入れば郷に従え】は、心を広く持てという意味も含まれているのではないかと思います。

留学をする上で、「こうでなければいけない・日本ではこうだ!」という考えは捨てた方がいいでしょう。むしろ、もっと頭を柔らかく心を広く持つ必要があると思います。なぜなら、海外では時に自分の常識が通用しない、また想像を超えてくるようなことがたくさんあるからです。

例えばですが、スーパーやお店で何かを買うとき、日本の丁寧な接客を期待してはいけません。お店や人にもよりますが海外では、丁寧さというより素早さを重視しているように思います。そのため、買い物時に店員さんがあまりにもあっさり、または態度が冷たかったとしても、これがこっちの文化なのだと受け入れてみてください。そうすることで、いやな気持ちになることを軽減できるでしょう。

他の例として、私が住んでいるバンクーバーでは、チップの文化が強く根付いていることで知られています。チップの制度を知らないで払い忘れたところ、店員さんに「チップを払って」と言われたとがあるほど。あまりにもひどい接客をされた時以外は、チップは払うものなのだと割り切ってその文化を尊重しましょう。

文化の違いを「なんで日本と違うの?」と考えるのではなく、楽しく学ぼうという姿勢でいると留学がより充実したものとなるはずです。

3. とりあえずやってみる

人によって留学期間は違うと思いますが、いずれにせよ時間は限られていますよね。その限られた時間をどう過ごすのかによって、得るものも多く素晴らしい留学になるのか、ただ海外に行っただけになってしまうのかが決まってしまいます。

「やりたい、挑戦してみたい、行ってみたい」のような、〜たいという願望があるのなら迷わずやってみましょう!経験は何にも変えられない、とても貴重なものです。特に留学中に体験したことは、一生忘れられない生涯の宝物となることでしょう。

やりたいことを決めるときに、ただ自分がやってみたいことを考えるのではなく、英語の上達と合わせて考えるとより良いと思います。例えば、ボランティアに参加する・海外の友達と小旅行をする・他の国の人たちとシェアハウスをしてみる・ヨガクラスをとってみるなどなど。

毎週、もしくは毎日小さな目標を立ててみるのもいいのではないでしょうか?
1日10人の人と英語で会話をする・クラスメイトを遊びに誘ってみる・学校で習った単語やフレーズを実際に会話で使ってみる、など小さなことから始められることもたくさんあります。

小さな目標を毎週・毎日達成していくことで、留学を終えたときには大きく成長していること間違いなしです!とにかく今までやったことがないこと、海外でしかできないことをどんどんやってみましょう。

4. ポジティブマインドを忘れずに

雪景色

留学をするということは、日本にいる家族や友達、彼氏彼女と会いたい時にすぐに会えないという事実と向き合わなければならないということでもあります。
留学先で新しく友達を作らなければ、1人の時間が多くなるのです。留学は自分自身との戦いであり、いかに自分とうまくつき合っていくかがとても大切。そして1番重要となってくるのが、どれだけポジティブでいられるかということです。

留学中は、日本にいる時よりも落ち込むこと、乗り越えなければならないこと、孤独と戦う時間が増えます。もちろん悩んだり、ネガティブになることは全く悪いことではありません。悩むことだって留学中の思い出や経験になりますから。

ただ、いつまでもネガティブな感情を引きずっていては、時間がもったいない気がします。先ほども話したように、留学期間は限られているからです。

私は留学中に本当にたくさんの経験をしました。
何度落ち込むことがあり、何度もう日本に帰ってしまおうかと思ったことか...
しかし、少しの間自分を悲しみに浸らせた後は、これも経験だ!家族や友達に話すネタが増えた!という風に、ポジティブな考えに切り替えるようにしています。そうでなければ次から次へと起こる困難やチャレンジに、対応できなくなってしまうからです。

留学中はいくら失敗したとしても全てが学び、経験になります。むしろ、こんな経験ができてラッキー!と思って限られた時間を思いっきり楽しみましょう!

5. 初心に戻って考える

こちらは長く留学する人に向けてのメッセージです。

留学生活に慣れてくると、なぜ留学を決意したのか、留学することによって何を得たかったのか、そのようなことを忘れがちになってしまいます。目の前のことに必死になりすぎたり、遊びに夢中になりすぎた時は一人の時間を作り、ここに来た本当の目的は何だったのか?ということをもう一度じっくり考えてみてください。

留学中に自分と見つめ合う時間はとても大切です。

自分の時間を設けることで留学の目的を再確認できたり、新たな目標や夢を見つけることができるかもしれません。そこでオススメしたいのが、自分の気持ちやアイデアなどをノートに残しておくことです。そうすれば、あとから見返した時にその時の気持ちと現在の気持ちを比較できたり、日本に帰国後もノートから何か気づきを得られることもあります。

最近あまり自分自身と向き合えていないな、と思ったら一旦ストップして自分としっかり会話をしてみてください。

6. 人の目を気にしすぎない

カフェ

人の目を気にしすぎてしまうことに、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

これは人それぞれですが、私の場合は海外にいるときの方が日本にいるときよりも、より自分らしくいられます。それは、自分の言いたいことをはっきり言える環境と、人々がより自由に生活しているという事実があるからです。

日本では、相手の目を気にしてあえて言いたいことを遠回しに言ったり、歳だからといってやりたいことに制限をかけたり、ということがよくあるかと思います。しかし海外では、年齢も見た目もあまり関係ありません。夏にビーチに行けば、70歳くらいの方がビキニを着て日焼けをしていたり、男性カップルが小さな子どもを抱えて一緒に歩いていたり、腕にタトゥーがたくさんはいった人が普通にお店で働いていたりします。

いずれも、日本ではあまり見かけないような光景を海外ではよく見かけます。

人の目を気にせず、何事にも思い切っていってみましょう!


いかがでしたでしょうか?
細かい点もまだまだありますが、上記6つが私が今までの留学で学び、大切だと思った要点です。たくさんの経験・思い出をつくり充実した留学にするのか、留学する前とあまり変わらず後悔の残る留学にするのかは自分次第です。言い換えると、自分次第でどうにでも変えることができます。

私があげた6つのうち、どれか一つでも試していただけたら嬉しいです!

【留学中の悩みや迷いを解消しよう!オススメのコラムはこちら】
日本人グループから脱出!留学先で外国人の友人をつくるコツ

留学経験者が語る!海外ホームステイ・学生寮・1人暮らし、各滞在方法のメリット・デメリット比較まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

yurina

yurina

高校卒業後、1年間カナダのバンクーバーで語学留学をしたのち、現在はネイリスト 学生としてバンクーバーに留学中。過去に2ヶ月間、マルタにて留学経験も。To travel is to live my lifeというほど、世界を旅することがだいすき!私の第二の 故郷になったバンクーバー、まだまだ馴染みの少ないマルタ、そしてこれまで旅して きた国情報などをシェアしていきます。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。