School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

日本人グループから脱出!留学先で外国人の友人をつくるコツ

友達を作るコツ

こんにちは、ただいまカナダはバンクーバーに留学中のyurinaです。

今回は、留学中に苦戦している人も多いであろう、外国人の友達をつくるコツを皆さんにシェアしていきたいと思います。

私は、バンクーバーとマルタの留学を経験した中で、日本人に関わらず、同じ国の人同士で固まって行動を共にしている光景をたくさん見てきました。せっかくお金も時間も使って海外まで留学に来ているのに、他文化に触れる機会を避け、同じ国の人同士で時間を過ごすだけではもったいないですよね?

外国人の友達を作ることで、コミュニケーションを図りながら英語力の向上に繋がるのはもちろん、たくさんの知識や考え方を得て自分の世界観を広げることができますね。日本とは全く異なる文化に触れることは、とっても刺激的です。留学という素晴らしい経験を最大限に活かせることができるように、今回私が紹介する方法を試して、ぜひたくさんの友達をつくってみてくださいね!

【PR】

1.相手を褒めることから始めてみる

海外では、日本よりも褒める文化が根付いています。

例えば、スーパーでお会計をしている時にレジのお姉さんに「そのジャケット素敵ね!どこで買ったの?」と挨拶代わりに声をかけられることが結構あったりします。クラスメイトに朝の挨拶をした途端、「あなたのブーツかわいい!」と言ってもらえることもあったり。そんな日は朝からハッピーです(笑)このように海外では、日本にいるときよりも圧倒的に褒めてもらえる回数が多いのではないかと思います。

お世辞を言う必要はありませんが、日本にいるときよりもより相手に興味を持ち、相手のいいところを探してみるといいと思います。自分が思ったことを、素直に相手に伝えることから会話が始まり、友人関係を築くことができるかもしれません!

参考までに例文を載せておきます。

女性ならば、
「そのピアスかわいい!どこで買ったの?」
「あなたのメイク素敵!今度教えて!」

男性だったら、
「そのスニーカーかっこいいね!」
「その髪型すごいにあってるよ!」などなど

あまり難しい英語をまだ使えないという人は、
「I like your ○○」と言うだけでももちろんオッケー!

褒められて気分が悪くなる人なんていませんから、恥ずかしがらずに相手を褒めてみましょう。

2.相手の文化に興味を持つ!

海

外国の方が、日本の文化に興味を持っていることを私たちが知ったら嬉しいように、他の国の人たちも自分たちの文化に興味を持ってもらえたら、きっと嬉しいはずです!少しでもいろいろな国の文化を知っておくと、自分の知識を広げることができるだけでなく、友達作りにもとても役立つでしょう。

例えば、
レストランでいろいろな国の料理を試してみる際に、
「この前○○っていうあなたの国の料理をレストランで食べたんだけど、すっごくおいしかったよ!」と伝える。もし、相手の国に実際訪れたことがあるなら、自分が体験したことやびっくりしたことを話すなど、たくさんの方法がありますね。

もちろん、日本に興味を持っている人から話しかけられたときは大チャンス!そんなときのためにも、日本のことはしっかり知っておきましょう!

3.相手の国の言葉を学ぶ

留学

簡単な挨拶程度の「ありがとう」や「こんにちは」のほか、おもしろいワードをその国の言葉で学んでおくと、より早く親交を深めることができると思います。

話しかける際に、相手の言語を使って話しかけると「何でその言葉を知っているの!?」と相手を喜ばせることができる上に、「この人は私の国に興味を持ってくれているんだな」と思ってもらえ、それが友達になるきっかけになるかもしれません。

留学中によく盛り上がったのは、Bad wordをお互いの言語で学び合うというもの(笑)
私はよく、その国の子に教えてもらった言葉を、同じ国の他の人に言い、友達をつくっていくということをしていました。

「これはあなたの言語ではなんて言うの?」と相手に聞くことから始めてみてもいいでしょう。友達をつくるきっかけになる上に、他の言語を学べるとてもいい方法だと思います。

4.英語ができなかったとしても、前向きに!

友達

他の国の友達をつくる上で、たとえ英語ができなかったとしても前向きになることがとても重要になってきます。なぜなら、英語があまりしゃべられなくても、明るくてノリがいい人は次から次へと友達をつくっていくからです。

私は日本ではとても明るい性格だったのに、留学当初は英語の間違いに恐れていたせいでとってもシャイになり、話しかけることすらできませんでした。しかし、その横で英語はつたないながらも、いつもいろいろな国の人たちに囲まれている日本人の姿を見て、英語力だけが大切なわけじゃないんだなと気づかされたんです!元々あまり積極的ではない性格の方は、少し自分を変えて積極的になる必要があるのかもしれません。

もちろん性格を変えることはそう簡単ではありませんが、

・いつもよりリアクションを大げさにとってみる
・パーティーや遊びに誘われたら、積極的に参加する

たったこのことだけでも、ずいぶんと変わってくると思います。

そしてなにより、私自身が経験したからこそ声を大にして言いたいのが、英語の間違いを恐れない!ということです。このフレーズを何度も耳にしたことがある人も多いと思いますが、本当にそうだなと思いました。他の留学生も、英語は私たちと同じく第一言語ではありません。みんな間違えて当たり前だと思ってしゃべっていますし、もしあなたが間違えた英語を使ったからと言って、誰も気にしていません。

とにかくいつも明るく、そしてユーモアも兼ね備えていればバッチリです!


留学期間というのは人それぞれ違いますが、時間の大切さというのをちゃんと知っておくことが大切です。時間は限られているということを考えずに毎日ダラダラ過ごしてしまうと、もっと日本人以外の友達をつくっておけばよかった・もっと積極的に話しかければよかったと後悔してしまうことになってしまいます。

私が紹介した方法は、ちょっとの勇気で変えることができるものです。
1秒1秒無駄にしないように、思いっきり楽しみ、後悔のない留学にしてください。

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

yurina

yurina

高校卒業後、1年間カナダのバンクーバーで語学留学をしたのち、現在はネイリスト 学生としてバンクーバーに留学中。過去に2ヶ月間、マルタにて留学経験も。To travel is to live my lifeというほど、世界を旅することがだいすき!私の第二の 故郷になったバンクーバー、まだまだ馴染みの少ないマルタ、そしてこれまで旅して きた国情報などをシェアしていきます。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。