School Withとは

School Withは海外留学、語学留学の口コミ情報サイトです。
世界各国の語学学校と、留学経験者の口コミを多数掲載!

ユーザー登録して使ってみる

  • 留学経験者の口コミが見れる!

    実際に留学を経験した人の口コミを
    4000件以上掲載しています!

  • 見積り、申込の手数料無料!

    実際に留学を決めた際の費用の見積りや
    申込みサポート手数料は無料です!

× 次回から表示しない
School With 留学コラム 留学で役立つ知識や情報を配信中!

教会は意外にオープンなところ?海外で現地の文化を体感するなら、教会を訪れてみよう

海外の教会

ハロー!ライターのAkaiです。
私はオーストラリアに1年ほど、ワーホリで滞在していました。

大きな大陸の各地を1人で旅していたので、これまで「行く場所が当日まで分からない"ミステリーツアー"」や、「パースでスカイダイビングをした話」など、オーストラリアの観光情報をいくつか紹介してきました。

そこで今回は、どの土地にもあるけど普段とは一味違う場所、かつ絶対に行くべき「教会のすすめ」をご紹介します。普段日本にいると、宗教を意識することがあまりないからこそ、留学や旅行など海外に出たらぜひ教会を訪れてみるのがオススですよ。

それでは、Here we go!

【PR】

No More 英語学習 春の留学応援キャンペーン

教会はどこにでもある!海外ではとても身近な存在

日本で生まれ育つと、他の国に比べて、宗教というものにあまり縁なく育つことが多い気がします。教科書で出会うキリスト教、仏教、イスラム教など、名前やちょっとしたイメージは知ってても、自分とはなんだか遠い世界のような気になってしまいがちです。

ですが一歩海外に出ると、どこにいても宗教を意識する瞬間が必ずあります。信仰の重みはそれぞれですが、ほとんどの人が自分の信じる神様がいるし、

「ごめん今ラマダーンだからイライラすること多いと思うの。」とか、
「私今の彼と結婚するんだけど、きちんと式を挙げるまでは健全なお付き合いなの」

なんてこともざらにあります。

オーストラリアではどの街に行っても、大小さまざまな「教会」がありました。

そこの角を曲がると教会、あの川の向こうに教会。街を少し歩けばすぐに見つけることができます。国民の生活のすぐ側にいつでもある、教会はそんな感じでした

中に入っても大丈夫なの?教会は比較的自由に出入りできる

教会は、私たちが思っている以上にオープンに開かれています!ふらっと入って中の椅子に腰掛けていても、聖書を手にとってみても、基本的には何も聞かれないし何も言われません。

海外の教会

私がオーストラリアで初めて教会に入ってみた時は、

「入りまーす(心の声)」
「あれ?誰もいない・・いいのかな・・いいや、入っちゃえ!」

と恐る恐る入り、いつ何か言われるかなとドキドキしていました。ですが、すれ違った参拝者らしき人はにこやかに私の横を通りすぎて行き、あららと拍子抜けするくらいでした。

でもよく考えてみたら、それはそうだなと。教会は聖なる場所であり、祈ったり神様の話を聞きに行くための場所です。そこに入るためにいちいち身分証のようなもので確認されてたら、行きたい人も足が鈍ってしまうから。

私はキリスト教徒ではありませんが、教会に行ってただ椅子に腰掛けているだけで、とっても神聖な気持ちというか、心が静かになりました。空気感が他の場所とは違っていた気がします。

パイプオルガンを聴いてみるのもオススメ

また、教会には大抵「パイプオルガン」が置かれています。礼拝の時やイベントの時に、実際に弾くものです。重厚なパイプオルガンの音に誘われて教会の中に入ってみると、子供たちが賛美歌の練習をしている、なんて日もありました。

それを聞きにふらっと中に入ることができるくらいに、教会はいつでも誰にでも、オープンです。

教会のステンドグラスはすごく綺麗!

海外の教会のステンドグラス

教会の窓は、時々ステンドグラスで彩られています。外から見てもとても素敵ですが、中から見ると太陽の光がステンドグラスであちこち教会内に反射して、もっと綺麗です

電気のなかった時代は、ステンドグラスは外の明かりを取り入れる目的でもあったとか。

またステンドガラスには大抵、聖書の物語がモチーフになった絵が描かれています。昔は市民の識字率が低くて聖書が読めない人が多かったので、神の教えを伝える手段の1つとして絵を用いられていました。そんな風にガラスに聖書の内容の絵が描かれているのはカトリックの教会が多く、プロテスタンの教会にはステンドガラスに絵は描かれてないと言われています。

もし教会でステンドガラスを見る機会があれば、絵が描かれているのかチェックしてみるのもいいですね。

オーストラリアでオススメな教会は?

私は個人的には有名で大きな教会よりも、小さいこじんまりとした教会が好きでした。

ですが、有名な教会の中でもお気に入りだったのは、アデレードにあった「セントピータズ大聖堂」です。

アデレードのセントピータズ大聖堂

アデレードは「教会の街」と呼ばれるくらい、街中にたくさん教会がある場所(30箇所くらいあります)。その中でも最も美しいと言われている教会が、セントピータズ大聖堂です。

教会内にはステンドグラスもあって、私が滞在していた時期は、夜になるとライトアップもされていました。
オーストラリアを訪れたなら、ぜひ一度行って欲しい場所です!


いかがでしたか?教会にいきたくなってきましたか??

日本以外の場所に行けば、日本では当たり前なことが、当たり前ではなくなります。宗教というものは、その国や土地や人を知るにあたり、とても重要なものです。宗教の教えを背景にした習慣や考え方を、日常生活で必ず見つけられるかと思います。

たとえば食事の前のお祈りだったり、日曜はスーパーが開いてないことだったり。

海外での生活の中で、「この人のこの行動(または意見や習慣)ってどういう意味なんだろう?」と疑問に思うことが出てきたら、それはもしかすると宗教の考えからきているものかもしれません。
これを機にぜひ教会に行って、色々考えてみてくださいね。

それでは、BYE!

オーストラリアの観光情報はこちら↓
「行かなきゃ損!オーストラリアのおすすめ人気観光スポット10まとめ」
「なぜ人は空を飛びたがるの?高所恐怖症の私が、オーストラリアでスカイダイビングし無事生還するまで」

オーストラリアのワーホリ情報↓
オーストラリアのワーキングホリデービザ 取得方法・条件まとめ
「オーストラリアで寿司職人?ワーキングホリデー中に寿司職人になるまで【仕事探し編】」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この留学コラムを書いた人

Akai

Akai

学生時代、お金を貯めてオーストラリアへはばたく。語学学校、寿司職人を経て、オーストラリア大陸を四分の三周する旅へ。帰国後広告代理店勤務などを経て、現在は子供英会話の教師として働く。「やりたいと思ったときにやれ!」をモットーに生きる、沖縄が生んだ風雲児。

このコラムに関連するタグ

こちらの留学コラムもいかがですか?

留学経験者、留学中の方
ライターとして活動しませんか?

School With 留学コラム ライター募集
No More 英語学習 春の留学応援キャンペーン
みんなの留学相談サービス「留学アンサーズ」

カテゴリーからコラムを探す

School Withのユーザーになる
×

ユーザー登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法でユーザー登録してください。

既にユーザー登録がお済みの方はこちらからログインできます。