School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

オーストラリアで寿司職人?ワーキングホリデー中に寿司職人になるまで【仕事探し編】

オーストラリアで寿司職人

こんにちは!ライターのAkaiです。

私はワーキングホリデー中に、オーストラリアのパースという西の都で寿司職人をしていました。ワーキングホリデーのビザを利用して海外に行く多くの方が、現地で働いてみたいなあ、と思っているはずです。

「でもいったいどうやって仕事を探すの?」

など、不安も多いですよね?

今回はそんな私の、オーストラリアで寿司職人になるまでをご紹介します!

ワーホリ中の仕事の探し方から、どうしたら海外で寿司職人になれるのかまで、気になる方は見てみてくださいね!

【PR】

まずはワーキングホリデーで働ける求人情報を探してみた

オーストラリア、パース

私はオーストラリアにある語学学校に3ヶ月間留学していました。学校を卒業したあとは、せっかくオーストラリアにいるのだから、どこかで仕事の経験をしてみたいなあと思っていました。

しかしどんな仕事があるのか、どうやって探したらいいのか、全く分からず。。周りのワーホリ参加者も仕事がなかなか見つかっていないようでした。

「いかん!これは早めに動かなくては!」

と思い、学校卒業の1カ月前から仕事を探し始めました。

まず情報収集のために行ったのが、無料の留学センターです。ここには現地在住の日本人のスタッフがいて、オーストラリアでの留学生活や仕事探しなどあれこれアドバイスをくれます。

もう1つはコミュニティカフェ。ここにはシェアハウス募集の情報や、モノの売買情報に加えて、求人情報も集まってきます。ワーキングホリデーでは是非活用しておきたいスポットですよ。

最後はインターネットで、「パース 求人」で検索!

私が寿司レストランで働くきっかけになったのも、ネットで偶然にも求人情報を見つけたからです。

こういったところで情報をたくさん得て、まずはオーストラリアの賃金相場やどんな職種が多いのかなどを学びました。これはとても大事!事前リサーチを怠ると、あとで自分が苦しむことになります。

海外で働くのであれば、賃金や労働条件はしっかりチェックしておくべきです。
なかなか仕事が見つからなくても、焦って闇雲になりすぎないように!

仕事探しは度胸試し?迷っている時間なんてない!

オーストラリアには、ワーキングホリデー中で仕事を探している人が、本当にたくさんいます。ですので、

「この求人いいなぁ!でも電話してみて、英語でバーっと話されたらどうしよう。。」

なんて迷っている時間はありませんでした。

仕事探しは、度胸試し

英語圏の国にいるのだから、相手が英語を話してくるのは当たり前。不安な気持ちは、ぽいっと捨てすぐに行動しました。例え1つ受けてみてそこがダメでも、

「今私、自分の力で仕事を探している!しかもオーストラリアで!!」

と自分を誇りに思って、すぐに次の面接を受けましょう。待っていてもチャンスが来ないのは、万国共通。

また働く場所によっては、トライアル採用といって「とりあえず1週間働いてみて」という制度もあります。その期間の働きぶりを見て、その後本採用にするかどうかを決めるというものです。インターンシップのようなものですね。

トライアルを提案されたら、その間の賃金は出るのかなどきちんと確認しておきましょう!

お金がもらえると思っていたのに、後で実際はもらえなかったとなると自分へのダメージが大きいですよ。特にお金をそこまで持ち合わせていないワーホリ中はなおさら。海外では自分のもつ常識は一切通用しません。

ワーキングホリデー中の仕事探しでは、気になることは全て確認するようにしたほうが良いですよ!

勇気を出して寿司レストランへ直撃!そして寿司職人へ

私がパースにいた当時は仕事の求人が少なく、面接をしてくれるところもそんなに多くありませんでした。

「なんとか一発で決めたい!」

と思っていたそんなある日、インターネットでパースで人気の寿司レストランでの求人をみつけました!

「しかも給料もすごくいい!
何より、オーストラリア生活も長くなり、日本食がとても恋しい!」



「寿司レストランに絶対受かりたい」

メラメラと燃えた私は、一発で受かるためには他の人と同じことをしてはダメだと思い、対策を練ります。

考えた末、まずメールか郵送で送るように書かれていた履歴書を、
寿司レストランに自分で直接持っていくことにしました

緊張で震えながら「採用担当の人お願いします」と告げ、出てきた採用担当の方に

「どうしてもここで働きたいので、直接もってきました!よろしくお願いします」

と伝えました。すると、ラッキーなことにその場で面接してもらえることに!

そして、無事合格。

大胆に行動すると、結果が出るのも早い!面接で終始心がけていたのは、「できない」と言わないことでした。肝心なのは本当に自己PRです。それは日本でもオーストラリアでも同じです。

面接では「I want to~」のシンプルな英語で全然大丈夫。ここで働きたい、これもできます、あれもできます、と熱意を持って伝えましょう。

私を雇えばプラスになる、と上手にPRできたことで寿司職人の採用を勝ち取れたのだと思っています。


かくして私は、語学学校を卒業した次の日からオーストラリアで寿司職人として働き始めました!!寿司職人生活では実際にどんなことがあったのか、それはまた次回お話したいと思います。

今回の記事が、ワーキングホリデー中のみなさんの仕事探しに、少しでも役立つと嬉しいです!
ではまたっ!

次回記事、寿司職人の修行編はコチラ↓

オーストラリアで寿司職人?ワーキングホリデー中に寿司職人になるまで【修行編】

以下の記事もオーストラリアでワーホリする方におすすめですよ!
↓↓

オーストラリアで仕事を探すには?ワーホリする人は必見の求人サイト4選

オーストラリアでワーキングホリデーするなら抑えるべき滞在方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Akai

Akai

学生時代、お金を貯めてオーストラリアへはばたく。語学学校、寿司職人を経て、オーストラリア大陸を四分の三周する旅へ。帰国後広告代理店勤務などを経て、現在は子供英会話の教師として働く。「やりたいと思ったときにやれ!」をモットーに生きる、沖縄が生んだ風雲児。

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。