School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

歴史と趣ある雰囲気が堪らない!イギリスのケンブリッジを紹介してみた

こんにちは!イギリスオタクのゆみと申します!
私は18歳から17年間毎年イギリスへ旅行をしています。

1年間マーゲイトに語学留学、半年はロンドンで仕事もしていました。ケンブリッジには観光と仕事で5回ほど滞在経験があります。

ケンブリッジと言えば世界トップ大学の一角、ケンブリッジ大学が有名ですが、実際どんな街なのかというとなかなかイメージが沸かないですよね?ケンブリッジは歴史や趣あるとっても素敵な街なんです。

今回はそんなケンブリッジの魅力について迫っていきたいと思います!

【PR】

コンパクトで活気溢れる街!ケンブリッジの基本情報

ケンブリッジの地図

ケンブリッジは、イングランド東部に位置するケンブリッジシャー(ケンブリッジ州)にあります。イギリスの首都ロンドンキングスクロス駅から電車で約50分ほど

日本からケンブリッジへは、ロンドンまでの直行便で約11時間半の後、空港からキングスクロス駅経由で向かうことになります。

ケンブリッジと日本の時差は9時間(サマータイム時には8時間)のマイナス。

緯度は日本よりも高いわりに、暖流の影響でケンブリッジの気候は比較的温暖になります。夏は湿度が低いので過ごしやすいですが、昼と夜との寒暖差が大きいです。

ケンブリッジの街自体は小さいですが、多くのカレッジが点在し、大学生で活気がある雰囲気。街の中心には「ケム川」が流れ、小さな橋がいくつもかかっていて、街の象徴的な風景となっています。

ケンブリッジの良いところってどんなとこ?

そんなケンブリッジのオススメポイントをご紹介します。ケンブリッジの雰囲気を少しでも掴んでいただければと思います!

趣あるカレッジに囲まれた、知的な雰囲気のある街

ケンブリッジ大学、キングス・カレッジ

ケンブリッジは大学都市として発展してきました。街には30を超えるカレッジがあり、それらをまとめてケンブリッジ大学と呼ばれています。オックスフォード大学と肩を並べ、両大学をあわせて「オックスブリッジ」と言われ、世界トップレベルの大学です。

オックスフォード大学が社会学系で、ケンブリッジ大学は理系に強い傾向があります。ケンブリッジ大学の学生はいずれかのカレッジに所属しています。歴史のあるカレッジの建物が街にひしめき、大学生が多く住むケンブリッジは、街全体から知的な雰囲気があふれています

滞在するだけでも刺激を受けることでしょう!!

800年以上の歴史をもつケンブリッジ

ケンブリッジ大学は中世に創設され、800年以上の歴史をもちます。オックスフォード大学よりやや新しいのですが、それはオックスフォードから逃れてきた学者たちがこの街で研究を始めた場所だからだと言われています。

一番古いカレッジであるピーターハウス(Peterhouse)は1284年の創立。そのほかのカレッジも歴史が長く、重厚感のある美しい校舎からは古(いにしえ)の香りが漂ってきます。

著名な研究者としては、アイザック・ニュートンやチャールズ・ダーウィン、スティーヴン・ホーキングらを輩出しています。彼らがケンブリッジで学んでいた時代から流れる空気を感じとってみては?

街の中心には穏やかで美しいケム川が流れる!

ケンブリッジを流れるケム川

街の中心を流れるケム川は川幅の狭い穏やかな流れの川で、その緩やかな雰囲気は学生で活気のある街と何とも言えないハーモニーを醸し出しています。そもそも、ケンブリッジという都市名の由来は、「ケム川にかかる橋」であり、川にはいくつもの小さな橋がかかっています。

ケム川の土手には芝生の場所が多く、川の両側には木々があふれ、春から夏にかけてはケム川周辺で過ごす学生と観光客がたくさんいます。

この美しいケム川があるからこそ、ケンブリッジでの学生生活も豊かになっているのではないかと思います。またカレッジキャンパスの庭も広いため、街全体に緑があふれています。

ケンブリッジ観光をもっと楽しくするポイント!

ケンブリッジ観光のおすすめな楽しみ方を紹介します!ケンブリッジにお越しの際は試してみては?

憧れのカレッジツアーでキングス・カレッジのチャペルを見学!

ケンブリッジ大学、キングス・カレッジのチャペル
キングスカレッジのチャペル。ぜひケンブリッジで抑えておくべきスポット!

ケンブリッジ大学に入学しなくても、カレッジツアーを利用すればカレッジの中を見学することができます

ツアーを行っている場合は、各カレッジのゲートのところにツアーの詳細が書かれています。案内役の多くは現役の学生で、カレッジの中を歩きながらそこの歴史をはじめ、大学生活についての話を聞くことができるんです!

入場は有料になりますが、ゴッシック調の建物を間近で見れる良い機会にですよ!中でもキングスカレッジのチャペルは一見の価値があります。特に気になる著名人の出身校があれば、ぜひカレッジツアーをチェックすることをお勧めします。

橋巡りでケンブリッジを知る


セントジョーンズカレッジの「ため息の橋」

美しいケム川沿いを散歩しながら、ぜひ見てもらいたいのがそこに掛かる橋!!それぞれに橋に名前と歴史があって、調べてから一本一本渡ると楽しいのでオススメ!

ケンブリッジの街は小さいため歩いてもそんなに大変な距離ではありませんので、大学巡りと合わせてもいいでしょう。

キングスカレッジ裏にはキングス橋、トリニティカレッジにはトリニティの石橋、クレアカレッジにはクレア橋があります。

セントジョーンズカレッジには、その名も「ため息の橋」と言う素敵な名前の橋があります。カレッジ間を結ぶ敷地内の橋のため、関係者以外は立ち入り禁止なのが残念なところですが、同カレッジには連ブリッジもあり、そちらは観光できます。

クイーンズカレッジの「数学の橋」は不思議な幾何学構造をした橋で、他の橋とはまた一風変わった特徴があります。ちらっとでも訪れてみてはいかがでしょう?

それぞれの表情を持つ橋巡りはケンブリッジの街を知るためにもオススメですよ!!

パンディングでケム川を楽しむ


ケム川でパンディング!!

パンディングとは、パントと呼ばれる平底の手漕ぎ舟に乗って川を進むこと。ケム川にはパントがたくさん行き来しているんです。

パンティングには自分たちで漕ぐものと、ガイドが漕いでくれるものがあり、値段は前者が安いですが結構疲れます。ゆっくり観光を楽しみ、かつケンブリッジやケム川の説明を聞きたい方はガイドに漕いでもらうことをおすすめします。

天気のいい週末や夏などの観光シーズンは非常に混みますが、今はインターネットで予約もできるので、並ぶ時間を節約するならば事前予約をすればいいでしょう。

パンディングでケム川を下れば、徒歩では見ることのできなかったカレッジの裏側から楽しめたり、橋をくぐって低い位置からケム川を楽しむことができます!

ケンブリッジをまた違った視点で楽しみたい方は、ぜひパンディングにトライしてみることがオススメです!


ケンブリッジの雰囲気は掴めましたか??
一度ケンブリッジを訪れればファンになること間違いなし!それくらい素敵な街です。

観光はもちろん、語学学校も多くあるので、留学を検討している方も是非ケンブリッジを選択肢にいれてみるのはいかがでしょうか??

ケンブリッジの学校一覧

イギリスに観光や留学をしてみようか考えている方は以下の記事もチェックしてみてください!

【保存版】絶対に訪れるべきイギリスのオススメ観光地10選まとめ

イギリスでおすすめのお土産を10個まとめてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

ゆみ

ゆみ

17年間毎年イギリス旅行するくらいイギリスが大好き。1年間はマーゲイトに語学留学、半年はロンドンで仕事をしていました。イギリス情報をいろいろ発信していくのでよろしくお願いします。

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。