School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

ワーホリで大人気のイギリス、ワーホリの特徴やVISA申請方法を解説!

ビッグ・ベン

歴史ある伝統と近代的な文化が溶け合うイギリスはイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドからなる連合国家。美しい街並みと地域ごとに異なる風景を楽しむことができ、交通機関が充実しているので、他のヨーロッパ諸国へのアクセスも便利です。

スポーツや音楽でも世界の最先端をいくイギリスは、博物館や美術館なども充実しており、日本からも観光や留学、そしてワーキングホリデーの渡航先として人気があります。

本記事ではそんなイギリスのワーホリ制度の特徴やワーホリビザの申請方法などについて、ご紹介していきます。

【PR】

ユース・モビリティ・スキームとは?

イギリスは2001年から日本との間にワーキングホリデー協定を結びましたが、2009年度より独自の新制度「YMS/Youth Mobility Scheme(ユース・モビリティ・スキーム)」を始めました。

YMSとは1年に一度希望者を募り、その中から抽選で1000人に対しワーホリビザを申請する権利が付与されるものです。以前は先着順でしたが、申込者があまりにも多くシステムがパンクしてまったことから、2012年度に抽選方式に移行しました。

2016年度は1月に応募期間が設定されましたが、応募者が多く狭き門でした。その倍率は20〜30倍とも言われています。

2017年度のプログラムは定員が1,000名で、応募期間は1月9日から1月11日となっています。

就労期間と就学期間に制限なし!

ロンドンバス

通常ワーキングホリデーは、「相手の国や文化を理解し、休養を最たる目的とする」といったことが大前提となっており、就労について制限されている場合が多くなっています。

生活に必要な最低限の資金は日本から持ち込み、それを補助する程度の労働しか認められないので「1年以内」や「同一事業者の元では6ヶ月以内」などの条件がつくことがほとんどです。

それに対してイギリスのYMSは短期就労ビザとしての色合いが濃く、なんと最長2年間、制限なく就労や就学が認められています。滞在期間により自由な過ごし方ができることがワーホリの渡航先として人気の理由の一つです。

イギリスのワーキングホリデービザ申請方法

ではワーホリビザの申請方法をご紹介して行きましょう。

ワーホリビザ取得希望者は、まず応募期間(2017年度は日本時間の1月9日正午から1月11日正午)に指定されたメールアドレス宛てに以下の内容を記入したメールを送ります。

  • ・氏名
  • ・生年月日
  • ・パスポート番号
  • ・申請手続きを行う国
  • ・電話番号

メールは1人につき1通のみ送信可能です。抽選に選ばれた応募者には、申請可能通知とその手順について後日メールが送られます。

申請可能通知が届いたら、英国査証申請センターのサイトからオンライン申請書をダウンロード、プリントアウトし記入しましょう。

また同様にオンラインで来館予約をとり、申請書と必要な書類を用意して直接来館(東京または大阪)して申請します。

ワーホリビザ申請に必要な物

パスポート

  • ・査証申請料(東京:230ポンド、大阪:282ポンド相当の日本円、クレジットカード払い)
  • ・旅券と写真ページのコピー(残存期間半年以上)
  • ・1890ポンドの滞在資金証明(預金通帳・英文残高証明書・取引明細書のいずれかを選択して提出。[1ヶ月前までのもの])

※申請時に生体認証登録が義務付けられているので、必ず本人が出頭します。
※英国健康保険制度NHSへの加入義務があり、料金は2年間で400ポンド。査証申請料と一緒に支払います。

ビザ申請からイギリス入国まで

申請を通過すると、30日間限定の滞在許可とレターを受け取れます。申請した入国予定日より30日以内に入国し、入国から10日以内に英国内の郵便局(ビザ申請時に指定した場所)にて、「生体認証付き在留許可カード(Biometric Residence Permit)」を受け取ります。

ビザ取得条件

ビザを取得するための条件は以下のようになっています。

  • ・年齢制限:18~30歳(申請時)
    ※ビザ発給時に18歳の人は17歳での申請可、申請時に30歳の人は31歳での入国可。
  • ・就労期間:特になし(滞在先管轄税務署に要登録)
  • ・就学期間:最長2年
  • ・滞在期間:入国日より2年(有効期間中の入出国制限なし)
  • ・扶養家族、子供の同伴は不可
  • ・滞在延長や他のビザへの切り替えは不可
  • ・過去にワーホリ制度を使ったイギリス滞在経験がないこと

注意したいこと

イギリスのワーキングホリデー制度は一年に一度しか募集期間がないので、希望される方は情報をこまめにチェックし、機会を逃さないようにしましょう。

また倍率が高く狭き門となっていることから、誤情報が流れたり、「必ず当選する方法を教えます」といった業者からの勧誘が毎年報告されています。

またワーホリビザ申請に関する条件や情報は変更される可能性があるので、最新情報はビザ申請センターや英国大使館公式ページなど、公に発表されている内容を都度checkしておくべきでしょう。

ビザ申請センター
英国大使館公式ページ(英語)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

20倍、30倍とも言われる抽選倍率を誇る人気のイギリスへのワーキングホリデー。

日本と同じく歴史ある島国のイギリスには地域ごと、街ごとに独特の魅力があり2年間の滞在は一生の財産になるでしょう。

当選までの間にブリティッシュ英語を学んだり、観光ビザでイギリスに渡り仕事や学校などの目星をつけて、準備万端にしてからワーホリにのぞむ方もいるようです。

みなさんの素晴らしいワーキングホリデー体験を応援しています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

まさし

まさし

フリーの翻訳者・ライター。アメリカ・カリフォルニアに5年ほど滞在していました。仕事や旅行で海外にはよく行きます。よろしくお願いします!

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。