7/8(金)は社員研修のため、いただきましたお問い合わせは7/9(土)以降順次回答いたします。

海外留学中にオススメな国際キャッシュカード・VISAデビットカードまとめ

海外留学中にオススメな国際キャッシュカード・VISAデビットカード

国際キャッシュカードは、海外留学を考えている方にはなくてはならないものです。

国際キャッシュカードを使えば、わざわざ現地の留学先で口座を開設する手間もなく、日本で開設した口座をそのまま海外で使うことができます。現地のATMを使い、日本で入金しておいた日本円を、渡航先の通貨にかえて引き出すことができるんです。

また日本から口座への振り込みも簡単に行うことができます。

VISAデビットカードも国際キャッシュカードと同じように、現地のATMから現地の通貨を引き出す事ができます。それだけではなく、レストランやお店がVISA加入店であれば、カードだけで支払いができます

いちいちATMでお金を引き出す必要がないので、時間も手間も省けて、非常に便利で安全です! 

当記事では、2015年12月時点での情報を元に作成された記事となっております。
公開から年月が経ち、情報が古くなっている恐れがございますので、記事内で紹介している留学中に使えるデビットカードについては、最新の情報を「デビットカードは留学に役立つアイテム?その理由やおすすめカードを徹底解説!」にて紹介しておりますので、こちらをご参照ください。

留学カウンセラーがあなたのお悩みを無料で伺います!

「留学にはどれくらい費用がかかるんだろう?」
「渡航時期や期間はどうしよう?」
「留学先はどこにしよう?」

その留学のお悩み、プロに相談してみませんか?

スクールウィズでは無料で留学相談を受付中。 留学について気になっていることがある方、ぜひお気軽にご相談ください。

LINEで留学相談する

無料留学相談

国際キャッシュカード

国際キャッシュカードは、新生銀行とSMBC信託銀行(シティバンク)が発行しています。

新生銀行

新生銀行は、ATM手数料が無料なので、いつでも引き出したい時に気軽に利用できます。また、1日に引き出すことができる限度額は10万円までとなっているので、不測の事態が発生しても安心です。レートは+4%です。

SMBC信託銀行(シティバンク)

SMBC信託銀行(シティバンク)のカードは、ATM手数料が一回につき210円かかります。しかし手数料がかかることでむやみに引き出すことを防いでくれるので、逆にメリットかもしれません!またこちらも、1日の引き出し限度額は10万円までです。レートは+3%となっています。

LINE留学相談

VISAデビットカード

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行発行のVISAデビットデビットカードは、年会費、ATM手数料のどちらも無料です。ATMの利用限度額も100万円まで引き出すことができます。高額の買い物をされる時には、持っていると心強いです。

スルガ銀行

スルガ銀行のVISAデビットカードは、ATMの利用限度額を自分で設定することができます。特にお子さまに渡される予定の方は、いくらに設定するのか状況に合わせて決めることができるので便利かつ安心ですね。

またスルガ銀行は家族カードの発行ができるため、家族全員のお金の流れを把握しやすいです。

楽天銀行

楽天銀行のVISAデビットカードは、利用金額に応じて楽天市場のポイントとして還元されます。通常の楽天VISAデビットカードですと1%の還元ですが、ゴールドカードに申込されると2%の還元がされます。

またVISAゴールドデビットカードは、サービス特典として日本語のオペレーターからのサポートを受けられます

慣れない海外生活では、どのようなトラブルがいつ起こるかわかりません。家族であっても、現地の状態というのはわからないことが多いので、御守りがわりに、楽天銀行のVISAデビットカードゴールドを渡しておくと安心です。

りそな銀行

りそな銀行のVISAデビットカードは、レートが+2.5%に設定されています。他のカードは+3%なので、長期間滞在する予定の方は、この0.5%の差が積み重なると大きな節約になるでしょう。

またりそな銀行は、オリジナルタイプとJALマイレージバンクタイプの二種類のカードを発行されています。JALマイレージバンクタイプは入会二年目からカードを1回以上利用すると、マイレージが500マイルもらえます。JALをよくご利用になられる方にはお得なカードです。

自分に合うカードを選びを!

それぞれの国際キャッシュカードやVISAデビットカードによって、様々な違いやメリットがあります。

自分がどのような時にカードを使うのか、自分の生活スタイルにあわせて選ぶことで、慣れない海外生活をサポートしてくれる味方になってくれるはずです。

日本に残られた家族も、日本にいながら使用用途をすぐに確認できます。お互いの無事や近況を知らせることのできる1つの手段でもあります。

また海外では何が起こるかわかりません。特定のATMでは相性が悪くてカードが利用できなかったり、ATMにカードを吸い込まれたり、紛失してしまうケースもあります。

カードを1枚に限定してしまうのではなく、国際キャッシュカード、VISAデビットカードの両方を併用することが、万が一の備えになるはずです。

LINE留学相談

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

スクールウィズ 留学ブログ編集部

スクールウィズ 留学ブログ編集部

スクールウィズ 留学ブログ編集部です。一人ひとりのベストな留学の実現を目指すべく、留学生活や英語学習などに役立つ情報を発信しています!

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談する!

\直接話を聞いて相談したいなら/

留学カウンセラーと
個別面談する(オンライン)

\まずは気軽に相談したいなら/

LINE友達追加で
相談する LINE留学相談 QRコード

スクールウィズのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。