圧倒的コスパ!フィリピン留学は食費・寮費込みで1ヶ月15万円から

フィリピン留学の費用

フィリピン留学って、アメリカやオーストラリアなどのいわゆる欧米圏での留学とは比べ物にならないほど安いですよね。

授業料だけで言うと、1ヶ月で最低15万円ほどで留学することができます

私はフィリピン留学の存在を知らないころ、英語圏への留学を考えていました。しかし持ち合わせている留学資金があまりに少なかったために、ざっと計算してみると私が留学できるのはせいぜい2週間ほどでした。これには本当に衝撃を受けましたね。

「お金がないやつなんかが留学なんて行けるわけないんだ……」

と絶望したのを覚えています。

そんな時出会ったのがフィリピン留学でした。留学はもう半分諦めていたので、こんなに安いなんておかしい!何か裏があるんじゃないかと思ったほど。授業料だけだとしても破格のフィリピン留学。でも実は滞在費や食費など、他にもいろいろ込みでこの金額なんです!

ということで本記事では、フィリピン留学の圧倒的コスパの良さについて解説していきます

【PR】

フィリピン留学のコスパが良い4つの理由

フィリピン留学がどれくらいコスパがいいのかをお伝えするべく、授業料以外にどんな費用も含まれているのかお伝えしていきます!

1. フィリピン滞在時の寮費も込み

フィリピン留学の寮費

これはご存知の方が多いでしょう。フィリピンの語学学校には寮が併設されています。その部屋代と授業料が込みでこの金額。これだけでも私は驚きでしたね。

部屋のタイプも1人部屋、3人部屋など、金額次第ですが自分に合った形式を選択することができます。

割高にはなりますが、学校によっては外部のホテルに滞在するプランもあったりします。

参考:フィリピン留学の滞在先の種類と特徴

2. 基本、朝昼晩3食分の食費も込み

フィリピン留学の食費

基本的にフィリピンにあるほとんどの語学学校では、朝昼晩の3食分が含まれます。ビュッフェ形式の学校もあれば、給食のように食堂スタッフの人がお皿に盛ってくれる学校もあります。私は韓国資本の学校しか経験がないのですが、最近では日本資本の学校が増えていますよね。食事に力を入れている学校では、日本食を用意してくれる学校もあります。

私は食事は一切期待していませんでしたが、これがなかなか美味しく、ほぼ毎日食堂でご飯を食べていました。韓国料理がよく出ていたので、留学当初は辛いものが苦手だったのに、3ヶ月の留学が終わる頃には韓国の友達から「君はもうほとんど韓国人だな」と言われるほど辛いものが好きになっていました。

2度目に行った学校には、日本人の料理人の方がいて、よく「日本の学生さんのために」とおにぎりやお味噌汁を作ってくれました。フィリピンの少しパサパサしたお米だけど、ぎゅっと真心こめて握ってくれたおにぎりは本当に美味しかったです。

3. お部屋クリーニング代も込み

フィリピン留学のクリーニング代

私が留学していた学校では、寮の部屋は週に2回、スタッフの人が来てキレイにお掃除してくれます。クリーニングの時間にはルームメイトの中の誰か1人は、部屋にいる決まりになっていました。

私はスタッフの人が鼻歌まじりにサッサーと床やバスルームを磨き、ベッドのシーツや枕カバーを交換してくれるのをじっと見ているのが大好きでした。

このときベッドの上が大量の持ち物や教科書で散らかっていると「わぁ見てコレ、シーツはまた今度でいっか」と交換するのを諦められてしまうので注意してくださいね。

4. ランドリー代も込み

フィリピン留学のランドリー代

お洗濯も学校がしてくれちゃうんです。私がいた学校では、週に2回決まった曜日に業者の人が回収に来てくれます。

ランドリー専用の小さな紙に、自分の名前とシャツが何枚、タオルが何枚と記入して、洗濯物と一緒に出します。すると次の日の夜にはふんわり仕上がってくるんです。

男子は何も気にすることなく上から下までランドリーに出していましたが、女子は下着を自分で洗っている人もいました。私も下着とお気に入りの服などは部屋で手洗いしましたが、お気に入りの服はきつく絞ったりするせいでランドリーに出すよりダメージになっていたようです……。

結論 フィリピン留学のコスパは最高!!

フィリピン留学

フィリピンの語学学校に支払う金額以外に必ず必要になってくるのは、行き帰りの飛行機代・留学期間によって金額が変わるビザ代・教科書代・電気代くらいでしょうか。

ビザの金額はどこのエージェントさんも詳細に表記しているので、自分でもだいたいの金額がすぐに計算できます。

授業料以外も含めた合計金額を知りたい方はコチラも確認してみて下さい。
【徹底検証!】1ヶ月のフィリピン留学費用の総額って実際いくら?

こんなに込み込みでこの金額!というのもフィリピン留学の注目すべき点ですが、この環境はまるで合宿で、英語の勉強にしっかり集中できる環境が整っているのです。

ガッツリ勉強に集中するもよし、たまには息抜きで外食に行ったり、リゾートに行ったりするもよし

そんな魅力的なフィリピン留学、あなたも挑戦してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、私が留学していた学校は下の2校です!
UV ESL
LIFE CEBU

最新のフィリピン留学情報については、School Withが無料で留学相談に乗ってくれますよ。お気軽に問い合わせてみてください!
LINE・メール相談 / 個別相談 / 説明会はこちらから

※ 学校によって費用の仕組みが異なる場合があるので必ず確認しましょう!

フィリピン留学
アジアのラテンと呼ばれる常夏の島国
掲載学校数 192
国の詳細を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

なつ

なつ

東京都出身。趣味は写真を撮ること。大学時代、入りたいゼミが一年間休講と知って、思い切って休学した年にフィリピンに留学。英語は中学時代から大の苦手科目だったが、現在では気ままに海外を一人旅できるまでに。いつかフィリピンに恩返しするのがひとつの夢。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。