School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

フィリピンでは◯◯が常識?フィリピンあるある7選

日本の事情とは全然違うけど、フィリピンでは当たり前な、フィリピンあるある情報を7つまとめてお届けします。今回は常識編ということで、基本的なフィリピンにまつわるネタをまとめてみました。

これからフィリピンに留学に行かれる方は是非参考に、すでに行かれたことがある方も
「あーそんなことあったな」とフィリピンを懐かしんで頂ければと思います。

【PR】

1) フィリピンのジョリビー人気が尋常じゃない

ジョリビー

ジョリビーは、いわゆるフィリピンのファーストフードです。これはフィリピンに行かれるとすぐ気がつくと思います。赤いハチのキャラクターが目印で、フィリピンの子どもに大人気です。誕生日パーティーなどもここですることが多いです。日本にもそのうち進出するかもしれませんね。。こちらに来たら是非、現地のジョリビーに一度は挑戦しましょう。スパゲッティが甘くて人気ですよ。

余談ですが、私もジョリビーに惚れ込み、ユニクロとコラボしているジョリビーTシャツを購入しました。友人もフィリピンに来た際に購入し、帰国の際にそのTシャツを着ていたら、空港で「ジョリビーやん!」と声を掛けられて大満足のようでした笑。

2) 日本のコンビニが想像以上に進出している

フィリピンのコンビニ・セブン-イレブン

「ここは日本?」と勘違いするくらい日本のコンビニを頻繁に見かけます。セブンイレブン、ミニストップ、ファミリーマートがメインで、最近ローソンもちらほらみます

そしてほとんどのコンビニに机と椅子があります。日本のミニストップみたいな感じで気軽に店内で食べられます。お勧めはソフトクリームです。とてもお買い得(15ペソから)で、味もコーンもしっかりしてます。ファミマやローソンはセルフで作れるので、特大のソフトクリーム作りに挑戦しましょう!

3) セキュリティがとにかく無駄に多い

フィリピンのセキュリティ

フィリピンでは銃を持っているセキュリティの人があちらこちらにいて、最初は少し怖い印象があるかもしれません。セキュリティだけあってガタイのいい人が多く、さらにサングラスをかけているともっと怖い印象を受けます。

フィリピンでは場所にもよりますが、建物内に入るときに荷物チェックを受けることがあります。しかしそこまで厳しくチェックはしていませんのでご心配なく。建物に入るときは、バックの中身を見せる準備をしておきましょう。

そんな一見見た目が怖いセキュリティの方々ですが、道を聞くと丁寧に教えてくれますよ!学校のビルのセキュリティの1人とは友達になって、毎日笑顔で挨拶を交わしています。

4) 日本車の多さと渋滞のひどさ

フィリピンの交通渋滞

フィリピンで走っている車の多くが、日本車ではないでしょうか。そしてなんといっても渋滞がとにかくすごい。ちょこちょこ先生も遅刻してきます。

コーディングシステムといって、車によって運転できる日と、できない日があります。これは渋滞を緩和するためなんですが、それにしても渋滞はひどいです。初めて行く場所などは、時間に余裕をもって行動しましょう

また、フィリピンの方はクラクションを頻繁に鳴らします。こちらでは挨拶程度だと捉えていいと思います。歩行者に向けても、危ないよの合図で結構鳴らされます。そんなにナーバスにならなくて大丈夫です。車もそうですが、バイクも多いので轢かれないように注意して下さいね。

5) フィリピン人は音楽好き! 街に音楽が溢れている

フィリピの音楽

音楽が大好きなフィリピン人は、いろんな場面でとにかく音楽に合わせて歌います。全く恥ずかしがることなく、むしろ私の歌を聞いてと言わんばかりです。店員もいきなり歌いだすから「おっ!!」と驚いたことを覚えています 笑。

もちろんカラオケも大好き、ちなみにこちらでは、ビデオケということが多いです。地域の祭りでもやってるのかな、と思ったら店の中でビデオケをしてた、なんてことは日常茶飯事です笑。ローカルレストランに多く、外までまる聞こえで、タガログソングをみなさん気持ちよさそうに歌っています。土日の朝は彼らのビデオケで起こされることが多いです。

6) 教会がたくさんある

フィリピンの協会

フィリピンでも色々な種類の宗教があります。宗派や教会によっては、中に入ってお祈りをすることができます。特に日曜には、たくさんの人がお祈りのために教会に行きます。日本ではなかなか感じることのできない、宗教というものに触れるのにはいい機会だと思います。

教会にもよりますが、美しい建物の教会や、世界遺産に登録されている教会もあり、きっと何かを感じることができるのではないでしょうか。是非フィリピンの方のやり方を真似て、お祈りをしてみて下さい。授業で経験済みですが、やはりフィリピンの方は、宗教の話とパッキャオの話は熱いです。

7) フィリピンではトイレで紙を流せない

フィリピンのトイレ

これはフィリピンのルールにようなものです。海外では結構あることですが、紙を使用したあとは、個室の中にゴミ箱があるので、そちらに捨てましょう。こちらは便器のパイプが細く、すぐ詰まるからだそうです。

先生や場所によっては、紙を流すと言う話も聞きましたが、原則、紙は流さないと覚えておけばトラブルも減るでしょう。紙も個室のトイレの中に備え付けてあるところ、個室の外に備え付けてあるところ、備え付けていないところ、と様々ですので、個室に入る前に確認するのがいいと思います。できれば外出する時は、万が一に備えてトイレットペーパーを1つ持参しておくと便利ですよ。

まとめ

今回はフィリピンのあるあるについてまとめてみました。フィリピンに来る機会がありましたら、是非自分の目で、ここにある情報を確かめてみて下さいね。さらに新たな発見があるかもしれません。

今回は常識編ということで、誰でも目に付きやすいことをまとめてみました。また機会がありましたら、もっとディープなあるあるもご紹介したいと思います。

「一カ月15万円から、英語留学ができる!?マンツーマンレッスン中心だから英語初心者でも安心!

常夏の島国フィリピンで、あなたも英語留学に挑戦してみませんか?

社会人の超短期留学って、ぶっちゃけ意味ありますか?イベント詳細

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

なまたまご

なまたまご

以前日本で働いていて仕事を辞めフィリピンに留学しております。私の夢であり、誰もが憧れている「英語を話したい!」この目標を達成するために毎日奮闘しております。失ったものもあるけど、それ以上に多くのものを得ています!現地のリアルでディープな話を提供していきます。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。