School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

カナダ留学はビクトリアがオススメ!今、最も熱い人気都市を徹底解説

ビクトリアのインナーハーバー

カナダで有名な留学先と言えば、バンクーバーやトロントを思い浮かべる方も多いでしょう。しかし留学するのであれば、ビクトリアもこれらの都市に勝る魅力をもつ、とてもオススメな都市なんです。

ビクトリアはコンパクトな都市で気候も温暖、とても住みやすく、ビクトリアへ移り住みたいカナダ人も多いのだとか。またビクトリアはバンクーバーと地理的に近いにも関わらず、住んでいる日本人が少ないです。集中して英語を勉強したい方にはオススメの地域になります。

今回はそんなオススメ都市、ビクトリアを基本から紹介したいと思います。これからビクトリアへ留学をすることを考えている方は、是非参考にしてみてください!

【PR】

ビクトリアってどんな都市?基本情報

ビクトリアはカナダの西海岸の南部にある都市。バンクーバーと同じブリティッシュコロンビア州にある州都です。日本との時差は日本より-17時間(サマータイム時は-16時間)。

ビクトリアまでのアクセス

日本からビクトリアまでは、バンクーバーへの経由便でいくことになります。バンクーバーまでは直行便があり、日本から約8~9時間ほど。バンクーバーからビクトリアまでは約30分ほど、ビクトリアの国際空港から市内のダウンタウンまでは、車でさらに30分ほどの距離です。

イギリス風の街並みが美しい

カナダ・ビクトリア

ビクトリアはイギリス風の美しい街並みが魅力的。ビクトリアはかつてイギリス植民地だった時代があり、いまでも英国調の雰囲気が街に残っています。そこに西海岸の文化が入り混じっていて、他の都市にはない魅力があります。

またビクトリアは人口約37万人ほどと、カナダの他の都市と比較してとてもコンパクト。トロントやバンクーバーのような都会は苦手という方、落ち着いた環境で英語の勉強に集中したい方にはオススメです

ビクトリアの物価

ビクトリアは物価もバンクーバーやトロントと比べると比較的安く、留学するなら生活もしやすいですよ。

カナダでもっとも過ごしやすい?ビクトリアの気候

次はビクトリアの気候について解説します。ビクトリアの気候はカナダの中でも1年を通じて比較的温暖。夏は30℃を超えることはほとんどありません。最高気温は平均21℃と、からっとさわやかな印象。とても過ごしやすい気候です。最も寒い1月でも、平均気温は3℃ほど。

1-3月にかけては雨が降り始めますが、雪は滅多に降りません。ビクトリアの年平均降水量は66.5cmと、カナダの大都市比べると多い方ではありますが、バンクーバーに比べるとかなり少ないです。東京都の丁度半分程度の降水量。

バンクーバーと比較して温暖な気候、雨天の少なさもビクトリアの住みやすさ、人気に繋がっているようです

ビクトリアのオススメ観光地

私がビクトリアでオススメする観光地の1つが「ロイヤル ブリティッシュ コロンビア博物館(Royal British Columbia Museum)」。ビクトリアが位置するブリティッシュコロンビアの自然、文化、歴史を見応えがある展示で学ぶことができます。また博物館はその地域の過去の文化や習慣を説明しているため、英語の勉強にはもってこいの観光地ですよ!

つぎにオススメなのは、ダウンタウンの旧ビクトリア中心部付近にある「マーケットスクウェア(Market Square)」ですね。

マーケットスクウェア(Market Square)

西部劇さながらのレンガ造りの建物の中にあり、ショッピングや食事などもでき、さらには大道芸人もいて、1日中遊べるスポットです。閉店時間は早いので、早めに来るのがいいですよ。

ロイヤル ブリティッシュ コロンビア博物館

  • ・住所:675 Belleville Street, Victoria, B.C. V8W 9W2 Canada
  • ・時間:10~17時(6~9月の金・土:10~22時)

マーケットスクウェア
・住所:560 Johnson Street, Victoria BC V8W3C6
・時間:10~17時(日・祝日:11~16時)

ビクトリア市内の交通手段

ビクトリアはカナダの他の都市と比べても小さい都市。そのため市内の交通機関はバスがメインになります。電車はありません。しかしバスだけでビクトリアの中心部から外れまで行けるので、とっても便利かつバスがあれば十分。

市バスはVictoria Regional Transit Systemが運行しています。ルートやタイムスケジュールは以下サイトを参考にしてみてください。
Victoria Regional Transit System

日本とは違い、バスはスケジュール通りに来ないことは日常茶飯事なので、あくまで目安にしておくといいでしょう。

またバンクーバーやトロントの都市に比べると、ビクトリアでは運賃が安いですどこまで行っても一律$2.50です。マンスリーパスを購入すればもっと安くなりますので、留学の際はぜひ入手してきましょう。

ちなみにビクトリア市内や近郊の観光スポットを巡る「Gray Line」という観光バスもありますので、観光で訪れる際はぜひ活用してみてください。

カナダ人が8割 ビクトリアが留学先にオススメな理由

カナダ・ビクトリア

ビクトリアが英語の勉強に向いていると言われる理由は、何も日本人が少ないからだけではありません。というのも、ビクトリアはネイティブのカナダ人の比率が8割と、他の大きな都市と比較してかなり高いです

カナダ留学で有名なバンクーバーやトロントは、実際には他国から移民してきた人たちがたくさんいます。これは他の国の文化を勉強できる反面、欠点として他国の英語のなまり(例、インド英語)などがあったりしますので、綺麗な英語の発音を習うという意味ではあまり向いていません。 

しかしビクトリアでは移民の数が他の都市と比べると少なく、全体の人口の80%はカナダ人だと言われています。

もしあなたがビクトリアでホームスティなどをすれば、ネィティブ(カナダ生まれの人)などの家がホストになりやすくなります。

またビクトリアは人口がかなり少なく、どこか田舎な雰囲気があります。そのためか、人々がとてもフレンドリー。街全体の治安もとても良いです。何気なく隣になった人と世間話をしたりと、あなたの英語を伸ばす上で絶好のチャンスがあります。

ビクトリアに留学に来た際はこのようなチャンスをどんどん生かしていきましょう!


ビクトリアについてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?紹介してきたようにビクトリアは留学をする上でかなりオススメの地域です。

バンクーバーやトロンとの他にもぜひ選択肢に考えてみてくださいね。
それでは素晴らしいビクトリア留学を!

ビクトリア留学についての詳細は以下から↓↓
ビクトリア留学のおすすめポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

カナダメープル

カナダメープル

カナダ在住10年目。語学学生、ワーホリ、大学生と長期就労者の経験がある、カナダ留学のエキスパートです。

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。