School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

LCC(格安航空会社)利用するときの注意点まとめ5つ

20140814162433_100006685128994_2bfd0e6ee

フィリピン留学に行く際に、セブ・パシフィックやジェットスター、エアアジアなどのLCC(格安航空会社)を利用する方もいるかと思います。
LCCを使えば、格安で航空券が購入できるため魅力的です。
しかし、安い反面LCCにはいくつか注意しなくてはいけない点があります。
今回はLCCを利用する際に注意するべきことを5つにまとめてみました。

【PR】

1. 価格の変動が激しい。

LCCは安さが魅力ですが、価格の変動が激しいです。
今日見た航空券を明日買おうと思い、翌日確認すると価格が高騰しているなんてこともしばしばあります。
特にプロモーションセールの際は安い航空券はすぐになくなってしまうので、日程が決まっているのであれば、なるべく早めに購入することにおすすめします。

2. サービスはすべてオプションサービス

LCCはあらゆるサービスを無くすことで、低価格での提供を可能にしています。
そのため、手荷物預かりや食事、映画鑑賞などのサービスを利用するには、追加料金を支払う必要があります。

特に手荷物預かりサービスは事前に申請するのと、当日申請するのとでは大幅に価格が変わるので、手荷物預かりサービスが必要な場合は事前に申請しましょう。
様々なオプションを追加した結果、普通の航空会社と値段が変わらないなんてこともあるので、
サービスオプションも考慮して航空券を購入しましょう。

3. キャンセルが出来ない

LCCには基本的に航空券のキャンセル・払い戻しが出来ない場合が多いです。
そのため、フライトに乗ることが出来なくてもキャンセルの申請をする必要はありません。航空券が安いとはいえ、利用しないで無駄にしてしまうのはもったいないです。
フライトの日程をしっかり確認してから、航空券を購入することにしましょう。

ちなみに日程の変更は手数料と航空運賃の差額を支払えば可能です。手数料は航路によって異なりますので、各航空会社のHPをチェックしましょう。(※フライト変更を可能にするオプションを申請する必要がある場合もあります。)

4. フライト時刻を要チェック!

LCC以外にも言えることですが、当日のフライト時刻が変更されることが多々あります。
時刻が遅くなる分には問題ないかもしれませんが、時刻が早くなる場合は乗り遅れのリスクがあります。
念のため、フライト当日の朝、空港に着いてからフライト時刻を改めて確認しましょう。

5. 乗り遅れに注意!

LCCは普通の航空会社より、チェックイン時間や搭乗時間の締切が厳しいです。
少しでも遅れただけでも乗れないこともありますので、時間に余裕を持ってチェックインをし、搭乗ゲートに行きましょう。


以上がLCC利用の際の注意点でした。
注意しなくてはいけない点はあるものの、事前に把握しておけばトラブルになることはほぼありません。

LCCを使いこせば、格安で旅行に行けてしまいます。
まだLCCを使ったことがない方も、これを機会にぜひご利用してみてください。

※万が一何かトラブル発生した場合は、英語で現地フィリピンに問い合わせることが必要な場合もあるので、注意しておきましょう。

「一カ月15万円から、英語留学ができる!?マンツーマンレッスン中心だから英語初心者でも安心!

常夏の島国フィリピンで、あなたも英語留学に挑戦してみませんか?

社会人の超短期留学って、ぶっちゃけ意味ありますか?イベント詳細

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

kukiwakame

kukiwakame

埼玉出身。半年間のマレーシアへの交換留学経験があるので、多少英語は出来るが、スピーキングについてはかなり難があり。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。