失敗しないオーストラリア大学留学への行き方!入学方法や学費などガイド

失敗しないオーストラリア大学留学への行き方!入学方法や学費など完全ガイド

「オーストラリアの大学へ留学してみたい」
「どうやって留学するんだろう」
と興味はあるものの、海外留学は大きな決断がいりますよね。

オーストラリアは大学の教育レベルも世界トップレベルで、奨学金などサポートの体制が整っており、海外から数多くの留学生が訪れています。

今回はオーストラリアに2年間住んでいた私が、オーストラリアへ大学留学する方法や学費、奨学金などを紹介します。

オーストラリアへの留学を検討している人はぜひ読み進めてくださいね。
※費用はすべて1オーストラリアドル(AUD)=80円で計算しています。(2021年6月現在)

オーストラリア留学
南半球の大都市を有する留学人気国
掲載学校数 361
国の詳細を見る

オーストラリアの大学教育システム

オーストラリアの大学教育システム

オーストラリアの大学教育システムは日本と異なります。日本の大学は4年制ですが、オーストラリアは3年制が一般的です。

ここでは、入学基準や入学時期について紹介します。

入学基準

オーストラリアの大学では、入試はありません。必要なのは、「英語力」「高校の成績」です。

オーストラリアの大学で求められる、英語力と高校の成績の平均はおよそ以下の通りです。

  • ・英語力:IELTS6.0以上
  • ・高校の成績:5段階評価の2.5以上

英語力が足りない場合は、ファウンデーションコースを専攻し大学準備を進めるのがおすすめです。

入学時期

オーストラリアの大学は2学期制が多く、入学時期は基本的に2月と7月です。
中には3学期制の大学もあり、コースによっても入学時期が以下のように変わります。

  • ・一般的な大学の入学時期:2月、7月
  • ・ディプロマコースの入学時期:2月、6月、10月
  • ・ファウンデーションコースの入学時期:2月、6月、8月、10月

オーストラリアの大学に正規留学する方法

オーストラリアの大学に正規留学する方法

オーストラリアの大学に正規留学する方法は大きく3つあります。

  • ・ファウンデーションコース
  • ・ディプロマコース
  • ・直接大学に入学

それぞれについて詳しく紹介します。

ファウンデーションコース

ファウンデーションコースとは、海外留学生を対象に大学へ進学するための準備コースです。

日本人がオーストラリアの大学に入学する場合、基本的に直接進学はできません。日本とオーストラリアでは教育制度が違うためです。

コースは約1年で、ファウンデーションコースのあとに大学へ3年進学し、トータル4年で卒業します。
入学に必要な英語力はIELTS5.5程度です。

ディプロマコース

ディプロマコースとは、大学1年次に相当する授業を受講でき、単位を取得できるプログラムです。

受講期間は8ヶ月〜1年間で、コース終了後は大学2年生に編入できます。
そのため大学を最短3年で卒業することができ、ファウンデーションコースよりも費用を抑えられるのがメリットです。

また実際に通う大学のキャンパス内で学べることが多く、現地の大学生と同様にキャンパスライフを楽しめます。

コースの入学条件はIELTS5.5〜6.0からが一般的ですが、英語力が足りない場合は補習授業を受けたり、語学学校に行くことで入学許可されることもあります。

直接大学に入学

高校卒業後に直接大学に進学できる学校は限られています。
また対象者は高校で優秀な成績を収め、求められる英語力もIELTS6.0〜6.5と非常に高いです。

▼直接進学できる大学例

  • ・西シドニー大学
  • ・マッコーリ大学
  • ・タスマニア大学
  • ・マードック大学 など

正規留学以外でオーストラリアの大学に留学する方法

正規留学以外でオーストラリアの大学に留学する方法

「正規留学するのは、お金もかかるし求められるレベルが高い……」そんな人におすすめなのが短期留学です。

交換留学やエクステンション留学について紹介します。

交換留学

交換留学とは、1学期や1年など現地の大学へ通い「文化交流」することを目的とした留学プログラムです。

日本の大学に在籍をし選考に通った学生のみが留学を認められることが一般的で、大学側での手続きが必要となります。

「正規留学するお金はないけど、海外の大学へ行って経験してみたい」という人には交換留学はおすすめです。大学へ進学する前に、交換留学などを実施しているかなど確認しましょう。

エクステンション留学

エクステンション留学とは、大学生でなくても大卒者や社会人を対象にコースを修了できるプログラムのことです。

大学エクステンションで学べる分野は、ビジネス、ツーリズム、ホスピタリティ、英語教授法、IT、環境問題など様々なコースがあります。授業は夜間の短期間や短時間で行われることが多いです。

留学生がそのプログラムを目的に学生ビザを取得することはできません。ただし中には、学生ビザが取得できるように留学生向けのコースがある大学もあります。

オーストラリアの大学留学にかかる学費の目安

オーストラリアの大学留学にかかる学費の目安

オーストラリアの大学へ留学する場合にかかる学費の相場は以下です。

  • ・ファウンデーションコース:200〜250万円/年
  • ・ディプロマコース:150〜300万円/年
  • ・一般的な大学費用:150〜200万円/年

▼オーストラリアの大学へ正規留学する場合の1年間の学費相場

入学金 $200〜250(1.6〜2万円)
授業費 $20,000〜30,000(160〜240万円)
教材費 $500〜1,200(4万円〜9.6万円)
留学生保険 $450〜550(3.6〜4.4万円)
合計 $21,150〜32,000(約169〜256万円)

授業料は選択するコースや、大学によってそれぞれ大きく異なります。レベルが高くなればなるほど、授業料が高くなる傾向があります。

オーストラリアの大学留学に使える奨学金

オーストラリアの大学留学に使える奨学金

オーストラリアは日本よりも大学の費用が高いので、金銭的に厳しいと諦めてしまう人も多いかもしれません。しかし、奨学金をうまく活用すれば留学資金を調達することができます。

ここでは、オーストラリアの大学で使える奨学金をいくつか紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

トビタテ!留学JAPAN

トビタテ!留学JAPANとは、文部科学省が取り組んでいる留学促進キャンペーンです。奨学金は寄付から成り立っており、給付型なので返済する必要はありません。

▼日本代表プログラム大学生コースの場合

  • ・対象者:日本の大学に在籍していること
  • ・支給額:12〜16万円/月、渡航費〜20万円、授業料は最大60万円
  • ・期間:14日〜2年

日本の大学に在籍していることが条件なので、正規留学は対象になりませんが交換留学などの場合に利用したい奨学金です。

採用基準は成績や語学力ではなく、留学の計画とどんな人物であるかが書面審査、面接で問われます。成績や英語力で決まらないので誰にもチャンスがあります。

トビタテ!留学JAPAN

海外留学支援制度

海外留学支援制度とは、日本学生支援機構(JASSO)が提供している奨学金です。給付型と貸与型の2種類があります。

▼学部学位取得型の一例(給付型)

  • ・対象者:学士号の取得を目的とした留学で、高校卒業後3年以内または卒業見込みの人
  • ・英語力:TOEFL iBT 80、IELTS 6.0以上
  • ・成績:5段階評価で3.7以上
  • ・支給額:5.9〜11.8万円/月、授業料最大年間250万円まで(地域により異なる)
  • ・期間:原則4年

※年によっても異なるのでご参考まで

海外留学支援制度

奨学金制度があるオーストラリアの大学と特徴

奨学金制度があるオーストラリアの大学と特徴

オーストラリアは留学生の受け入れに寛容的なため、奨学金を提供している大学も多いです。奨学金を提供している大学の特徴と奨学金制度を紹介します。

西シドニー大学

西シドニー大学

photo by: B-E / Shutterstock.com

西シドニー大学は1989年に設立され、シドニー北西部にメインキャンパスがあり、総学生数約48,000名という大規模な公立大学です。通訳、看護、農業、社会学など学んだコースがすぐに仕事で活かせるように就職にも力を入れています。

西シドニー大学では、留学生を対象に奨学金を提供しています。

▼西シドニー大学で提供している奨学金の一例
コース期間中の授業料が年間$3,000オフになる奨学金です。

  • ・対象者:2021〜2022年中に学士、修士コースに入学する
  • ・奨学金:授業料年間$3,000オフ
  • ・条件:学士学部の入学条件を満たす

他にも成績が優秀な生徒を対象にした奨学金もあります。

メルボルン大学

メルボルン大学

photo by: e X p o s e / Shutterstock.com

オーストラリアのトップ大学としても知られるメルボルン大学。およそ50,000人以上の学生が在籍し、留学生は約30%を占めており人気があります。

大学・大学院コースで留学生に向けた多くの給与型の奨学金を提供しています。奨学金を受給する条件は、成績が優秀であることが必須です。

▼メルボルン大学で提供している奨学金の一例

  • ・対象条件:入学前の学歴が優秀であること(ファウンデーション97%以上、IB43以上)
  • ・奨学金:授業料$10,000、50%か100%免除の3種類
  • ・対象コース:学士号コース

学士号コース以外にも、ファウンデーションコースに使える奨学金もあります。

オーストラリアの大学に留学する流れ

オーストラリアの大学に留学する際のおおまかな流れを紹介します。

  • (1)大学について調べる
    大学によってコース内容も違うので確認しましょう。
  • (2)出願大学を決定
    希望する専攻や目的に合わせて大学を選びましょう。
  • (3)書類準備
    願書、成績証明書など必要な書類を準備しましょう。
  • (4)出願
  • (5)合格通知
    入学審査に用いる時間は大学によって異なりますが、約4〜12週間程度です。
  • (6)入学手続き
    学費、留学保険(OSCH)の手続きをします。学費は半年分ずつ払うのが一般的です。
  • (7)渡航準備
    航空券、ビザなど準備を進めましょう。

準備期間は1年以上あると余裕を持って始められます。奨学金を申請する場合は、日々の成績や英語力を上げて準備をしましょう。

まとめ

本記事では、オーストラリアの大学へ留学する際にかかる費用や留学方法についてご紹介しました。今回のポイントをもう一度おさらいしましょう。

  • ・オーストラリアの大学は入試がない
  • ・高校の成績や英語力で決まる
  • ・大学の留学方法は正規留学や、交換留学、エクステンション留学がある
  • ・大学の学費は年間約200万円
  • ・奨学金を利用するのもおすすめ

オーストラリアの大学は日本よりも学費が高いですが、就職に特化しているコースもあるため、大学卒業後に海外で就職したい人には正規留学はおすすめです。

海外の大学へ行ってみたい、留学を経験したい人は、交換留学など日本の大学に在学しながら留学することもできます。自分の目的に合った留学方法、大学を選択してみてくださいね。

あなたはどのステップにいる?語学留学実現までの流れ

留学 ステップ

語学留学を具体的に検討するなら、まずは留学を実現するまでの流れを確認しましょう!留学準備では大まかに5つのステップがあります。


  1. ステップ1:目星をつける
  2. ステップ2:相談する
  3. ステップ3:申し込む
  4. ステップ4:渡航準備
  5. ステップ5:出発!

留学を思い立ったら、まずは渡航時期、期間、渡航先の目星をつけてみてください。
いつ、どれほどの期間、どんな国で留学するかイメージが持てると具体的な計画を立てやすくなります。

考えることが多い留学準備には、プロの伴走者を

留学 ステップ

留学へ行くとなると考えることはたくさんあります。

  • 「そもそもどんな留学体験ができるんだろう?」
  • 「気になる留学先はあるけど、自分に合っているかわからない」
  • 「結局のところ何から準備を始めたらいいんだろう?」
  • 自分で調べてみたものの、ネット上ではさまざまな意見が発信されていて、何を信じていいかわからないまま、検討途中で止まってしまう留学生は多くいます。その疑問、無理に一人で解決せずに留学カウンセラーに相談してみませんか?

    英語力アップに強い留学エージェント「スクールウィズ」

    スクールウィズ

    スクールウィズは英語力アップに強い留学エージェントです。 初中級者のための英語学習プログラム「プレ留学」×「カスタム留学プラン」であなたの留学を、経験豊富なカウンセラーが万全の体制でバックアップ致します。

    1. 【スクールウィズが選ばれる7つの理由】
    2. 1. 専門家監修!英語学習プログラム「プレ留学」で事前学習もバッチリ
    3. 2. 充実した英語学習サポート体制!
    4. 3. 1万通り以上から選べる「カスタム留学プラン」
    5. 4. 経験豊富なカウンセラーによるベストなプラン提案
    6. 5. 代理店手数料0円&最低価格保証
    7. 6. 安心安全、充実の留学サポート体制
    8. 7. スマホで相談から手続きまで完結!

    せっかくの留学を失敗してほしくない想いから、英語力を伸ばす独自のサポート、納得いくプランづくりに力を入れています。

    いま英語力に不安があっても、しっかり準備するから大丈夫。留学で、憧れだった「英語を話せる理想の自分」を私たちと一緒に実現させましょう!

    留学に対するご質問から、留学プランづくり、事前の英語学習、留学中のサポートまで対応しておりますので、ご相談お待ちしております。

    【無料】LINEで留学相談する!

    この留学ブログを書いた人

    Machako

    Machako

    フィジー留学、オーストラリアにワーキングホリデーをしていました。海外を旅することが大好きで現在、海外ノマドでフリーライターをしつつ旅をしています。旅の中で好きなことは、人と会うこと、その国の美味しいご飯食べること、文化を知ることです。Twitterで海外ノマド情報や好きなこと、お仕事のことなど呟いてますので良かったらフォローお願いします^ ^

    カテゴリーから記事を探す

    英語力アップの留学エージェントなら
    スクールウィズ

    無料留学相談する!

    英語力を伸ばす「あなたにピッタリな留学プラン」を一緒に見つけましょう

    \直接話を聞いて相談したいなら/

    留学カウンセラーと
    個別面談する(オンライン)

    \まずは気軽に相談したいなら/

    公式LINEで
    相談・質問する LINE留学相談 QRコード

    スクールウィズのユーザーになる
    ×

    会員登録は無料!30秒で完了します。
    以下いずれかの方法で会員登録してください。

    既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。