【お知らせ】春から夏にかけての留学人気校の空きが少なくなってきています。まずはお気軽に無料相談から!

【社会人向け】語学留学にローンって使えるの?メリットやデメリット、おすすめローンを紹介

  • 留学前の準備
    • 公開 : 2019/12/30 編集 : 2019/12/30
    • School With 留学ブログ編集部

留学 ローン

留学を考えている人の中には、目標としている金額の費用が用意できなくて困っている人も多いのではないでしょうか。

留学は事前にまとまったお金が必要なので、前もって費用を支払えるだけのお金が用意できない限り、留学に出発できません。

しかしそのような場合でも、留学ローンを活用することで留学できることがあります。

留学はタイミングもとても大切であり、行こうと思ったときにいつでも行けるものではありません。お金を理由に、今しかないステップアップの機会を逃すのはもったいないです。そのようなときでもローンは利子が発生しますが、自分のやりたいことを後押ししてくれる存在となります。

そこで今回は留学ローンの概要や種類、メリットとデメリット、おすすめのローン、契約の流れを順に紹介します。

チャンスを逃さないためにも、ローンなどをうまく活用して留学を実現させましょう。

【PR】

語学留学でもローンは使えるの?そもそも留学ローンとは?

あまり知られていないかもしれませんが、留学にもローンがあります。留学を対象としたローンの存在を初めて聞いた方も多くいるかと思うので、ここでは概要を簡単に紹介しますね。

留学用のローンとは?

留学 ローン

留学ローンとは教育ローンの1種であり、主にさまざまな金融機関や企業が提供しているものです。

留学ローンは奨学金とよく混同されますが、以下の違いがあります。

  • ・奨学金:一定の条件を満たした人が受けられる制度であり、種類によっては返済不要や無利子で借り入れ可能なもの。
  • ・留学ローン:借り入れしたときから利子が発生し、どのローンを使っても返済の義務が発生するもの。

ローンは奨学金と異なり、誰が借りても利子と返済義務が発生します。

語学留学でもローンは使えることが多い

ローンの種類にもよりますが、語学留学でも利用可能な場合がほとんどです。

対して奨学金は、「現地大学への留学」や「留学前もしくは留学後に基準とする語学力を証明すること」が条件となっている場合があります。語学力は主に、IELTSやTOEFLなどのテストで一定の点数をクリアすることが必要なので、ローンより利用のハードルを高く感じるかもしれません。

ローンは審査に通れば借り入れでき、語学力はあまり重視されていないことが多いです。

ローンを申し込むことができる人

留学ローンの申し込みには、継続して安定した収入があることが条件となり、審査では前年度の年収や勤続年数などをもとに借り入れ可能か判断します。

そのため社会人が留学を機に退職した後にローンを借りようとした場合、ローンの借り入れが難しい場合もあります。

ある程度の貯金や前職での長い勤続年数があったとしても、審査で優遇されることは少ないので注意してください。

また原則的に学生は借り入れできないことが多く、その場合は保護者が代わりに契約をすることになります。もしくは学生で借り入れ可能なローンもありますが、その場合は「安定した収入があること」が条件となります。

個人や利用するローンによって異なるので、各種申し込み条件をチェックしておきましょう。

語学留学に使えるローンの種類を2つ紹介

留学 ローン

語学留学に使えるローンとして、「公的ローン」と「民間ローン」の2種類を紹介しますね。

種類(1)公的ローン

公的ローンは基本的に審査が厳しく、借り入れのハードルが高いものです。ただし借り入れができれば、民的ローンより金利を安いうえに、返済期間も長く設定されていることが多いです。

借り入れは難しいこともありますが、返済金額を最小限におさえながら資金調達できるかもしれません。

留学ローンを検討する人はまず公的ローンの中から、自分が申し込めるものがないか確認してみてください。

種類(2)民間ローン

民間ローンは公的ローンと比べると借り入れが簡単ですが、代わりに高い利子が設定されています。そのぶん返済金額も、公的ローンよりは少し高くなるかもしれません。

利用するときは実際にどれくらいの期間で返済できそうか、どれくらいの利子が発生するのかなど、よく吟味してから申し込みすることをおすすめします。

語学留学にローンを使うメリット3つ

留学 ローン

では次に、語学留学にローンを使うメリットを3つご紹介します。

メリット(1)貯金がなくても留学ができる

最大のメリットは、お金を理由に留学のタイミングを遅くしたり諦めたりする必要がないことです。特に民間ローンは、返済可能と判断されれば審査に通りやすいため、利用の難易度はそれほど高くありません。

留学は長い人生において、とても大きな決断であり、ターニングポイントとなり得るチャンスでもあります。お金が原因で夢をあきらめなくて済むのは、とても大きなメリットだと思います。

メリット(2)さまざまな留学費用に利用できる

留学は渡航するための航空券、現地に滞在する家賃、光熱費、通信費、食費、テキスト代、交際費など、必要な費用をあげたらキリがありません。その費用に利用できる、心強い存在が留学ローンです。

留学ローンの使い方は、決して学費に限ったものではありません。学費以外の留学費用にもローンで借り入れたお金を使うことができ、結果として留学生活に余裕が生まれます。

メリット(3)留学中、急にお金が必要になったときに使える

留学中、急にお金が必要になることもあり得ます。そのようなトラブルがあっても留学ローンを借りていれば、借り入れ金額を上げてさらにお金を借りることも可能です。

自分のお金でやりくりする、厳しい状態で留学している人も多くいます。しかし異国の地での生活だからこそ、急なケガや病気など何が起きるかわかりません。お金の苦労はなるべく避けられるように用意しておくことが大切です。

語学留学にローンを使うデメリット3つ

留学 ローン

留学ローンにはメリットもあれば、デメリットもあります。ローンの申し込みにはデメリットもしっかりと認識した上での検討が必要なので、ここで確認しておきましょう。

デメリット(1)返済が必要となる

借りたお金は当然、返済の義務が発生します。借り入れするときは留学することばかりに意識を向けるのではなく、留学後にどうやって返済するのかもセットで考えるようにしましょう。

例えば日本で大学時代の奨学金や、家や車のローンを返済している最中であれば、返済中のローン額も踏まえた上で利用金額を考えることが大切です。どのくらいの留学ローンを組んで、帰国後は月々いくらずつ返済するのか、しっかりと考えるようにしてください。

デメリット(2)利子が発生する

ローンは利子が発生し、一般的には3%前後であることが多いです。

3%と聞くと、そんなに大きな数字ではないと思うかもしれません。しかし個人差はありますが、留学では数十万、数百万を借り入れる場合がほとんどです。例えば100万円を借りたら、利子だけで3万円が発生することに。そして借り入れ期間が長くなるほど、ここからさらに増えていきます。

借りる金額やいつまでに返済するのかによっても利子の付き方が異なるので、申し込み前に必ず確認しましょう。

デメリット(3)留学用といってもローンは借金である

海外で勉強するためのローンとはいえ、お金を借りることには変わりません。また留学ローンを組んでいることにより、帰国後に別のローンが組みにくくなることも考えられます。

ローンは、このようなデメリットを理解したうえで利用する必要があります。

語学留学におすすめのローン5選

留学 ローン

ここからは、語学留学におすすめのローンを5つご紹介します。

語学留学のローン(1)独立行政法人日本学生支援機構

まずはじめに紹介するのが、JASSO(独立行政法人日本学生支援機構)の奨学金です。奨学金というと、一般的には返済の義務がない「給付型」が認知されているかもしれません。

しかしそれとは別に、「貸与型」の奨学金制度にも対応しています。貸与型は返済が必要ですが、審査が通りやすいことも。まずは給付型を申請し、次に貸与型の利用も検討してみてください。

限度額や金利

借りられる金額は2万円〜12万円の間で選択でき、1万円ごとに金額を上げることが可能です。

また金利は、

  • (1)利率固定方式
  • (2)利率見直し方式

の2種類があります。利子の上限は3%と比較的低めに設定されているので、返済額も少額におさまりやすいかもしれません。

利用する条件

利用条件は、(1)学力基準と(2)家計基準の2つが用意されています。

  • (1)学力基準:高校卒業済みまたは見込みがある、成績が平均水準以上である。
  • (2)家計基準:両親の年収・所得金額が一定の基準以下である。

上記をもとに、利用できそうか考えてみてください。
JASSO(独立行政法人日本学生支援機構)

語学留学のローン(2)日本政策金融公庫

2つ目に紹介するのは、日本政策金融公庫の教育一般貸付 (国の教育ローン)です。取扱実績が40年あり、日本学生支援機構との併用が可能です。

限度額や金利

限度額は350万円と、高額な金額の借り入れが可能です。また一定の条件がありますが、海外留学資金の場合は最高450万円と高く設定されています。

金利は固定金利になっており、年1.71%とそれほど高くありません。

利用する条件

利用条件は融資の対象となる学校に入学、もしくは在学される方の保護者であり、世帯年収(所得)が790万円以内の方となっています。
日本政策金融公庫の教育一般貸付 (国の教育ローン)

語学留学のローン(3)みずほ銀行

次に紹介するのは、みずほ銀行が提供し、10万円~300万円まで借りられる「教育ローン」です。

限度額や金利

最大300万円、最長10年まで利用可能です。金利は変動金利と固定金利の2つがあり、どちらも3〜4%となっています。ただしこちらは2019年10月現在の金利であり、今後変更される可能性もあるのでご注意ください。

利用する条件

利用条件は、以下の通りです。

  • ・借入時の年齢が満20歳以上満66歳未満で、最終返済時の年齢が満71歳未満の方。
  • ・勤続年数(自営の方は営業年数)が2年以上の方。
  • ・前年度の税込年収(個人事業主の方は申告所得)が200万円以上で、安定かつ継続した収入の見込める方。

みずほ銀行

語学留学のローン(4)千葉銀行

千葉銀行の「スーパー教育ローン」も、海外留学で利用可能なローンとなっています。金利が低いうえに定期的にキャンペーンも行っているので、お得に利用できる可能性が高いです。

限度額や金利

限度額は、10万円~3,000万円です。金利はキャンペーン中は1%代、高くても2%と低金利です。

#利用する条件

利用条件は、以下のどちらかに該当する方が対象です。

【(1)インターネット支店での取引を希望する方】

お住まいの所在地が千葉県、東京都、茨城県、埼玉県、神奈川県(横浜市、川崎市)にある人。

【(2)本支店(インターネット支店以外)での取引を希望する方】
お住まいの所在地が千葉県、東京都(千葉銀行の営業地域内にお住まい、またはお勤めの方)、茨城県、埼玉県、神奈川県にある人。

主に関東圏に住んでいる人は利用を検討してみてください。
千葉銀行の「スーパー教育ローン」

語学留学のローン(5)労働金庫

労働組合または生活協同組合に所属している方は、労働金庫の教育ローンを利用できます。

限度額や金利

限度額は2,000万円と、他のローンと比べて高額に設定されています。ただし労働金庫の教育ローンは、留学期間が6ヶ月以上あることが条件なので、長期留学をする方向けのローンです。

金利申し込み地域によって異なりますが、1%~3%代であることが多いです。

利用する条件

プランや労働金庫の地域によって異なるため、以下にある各地域のサイトでご確認ください。

・北海道
・東北
・中央
・近畿
・中国
・九州

語学留学のためにローンを契約する流れ

留学 ローン

最後に、ローンを契約する流れをご紹介します。

ステップ(1)各社のローンを比べて検討する

気になるローンの返済期間と金利を調べて、借り入れる金額で留学費用が足りるか、帰国後に返済可能かなど判断します。

ステップ(2)申し込む

申し込むローンが決まったら必要事項を記入し、店舗またはインターネットから申し込みます。

このとき必要になる書類は、例えば以下のものです。

  • ・本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • ・源泉徴収票、課税証明書、納税証明書など
  • ・資金使途を証明できるもの

利用するローンによっても変わりますので、それぞれの利用規約等をご確認ください。

ステップ(3)審査結果を待つ

申し込んだ会社が申し込み書類を元に審査を進めます。ローンによって期間は異なりますが、結果は1週間ほどで通知されることが多いです。

ステップ(4)審査結果の回答を確認する

回答が届いたら、審査結果を確認しましょう。郵送で来る場合もあれば、インターネット上で告知される場合もあるので、申し込んだローンにあわせて確認してください。

ステップ(5)必要書類を提出する

審査が通ると、次は必要書類を提出します。指定される書類を提出し、実際にお金を借り入れできるまで待ちます。

ステップ(6)借り入れできるようになる

上記の書類提出が完了したら、借り入れ可能となります。借り入れた瞬間から利子が発生するので、計画的に利用しましょう。

まとめ

今回は留学ローンについて解説しました。留学費用を高額に感じている人にとって、留学ローンは便利な制度です。

留学ローンの利用を検討するにあたってのポイントは以下3つです。

  • ・本当にローンを組む必要があるのか
  • ・最も安く借り入れられる方法はどれか
  • ・帰国後にムリなく返済できるか

自分を成長させる経験、ステップアップの機会として、留学は素晴らしいチャンスです。

今回の記事を参考にしながら、留学費用を調達するのに最適な方法を見つけてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部です。一人ひとりのベストな留学の実現を目指すべく、留学生活や英語学習などに役立つ情報を発信しています!

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。