【お知らせ】2月~3月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

留学したいなら必見!留学すべきか迷う人によくある理由と悩み解消法まとめ

留学 迷う

こんにちは。28歳でフィリピン留学をし、ポーランドでのワーホリに挑戦した白根です。

留学に興味があっても、行くかどうか悩んでいる人もいるかと思います。

自分は行くべきなのか、行かなかったら後悔するのか、いろんな感情が込み上げてきて、答えが見つからない人は多いです。

結論からお伝えすると、留学を迷っているならチャレンジしてみるのがおすすめです。というのも留学を迷う理由には解決策があり、それを知っているだけでも迷いは消えることがあるからです。

またどうしても悩む人でも短期留学なら挑戦しやすいので、ひとつの選択肢としておすすめしています。

そこで今回は、留学での悩みとその解消法、悩んだときに確認したい留学の目的、留学をおすすめする理由を、私の体験談をもとに紹介します。

留学に行くか悩んでいる人は参考にしてみてください。

【PR】

留学するべきか迷う理由と悩みの解消法5つ

留学 迷う

まずは留学するか悩むときに多い理由と、その解消法を6つ紹介します。

悩み(1)英語力がないから現地に行っても話せない

「英語力がないから留学しても意味がない」と悩むケースです。

この場合、留学は英語力がある人がするものというイメージがあり、英語ができない人は勉強してから行かなければならないと思っている人が多いです。

解消法

そもそも英語力は、留学して鍛えるもの。

英語が苦手でも語学学校はレベル別にクラスが分けられており、初心者クラスも用意されているので心配ありません。

ちなみに私は中学高校と英語は赤点で、日常会話すらできない状態で留学しました。

語学学校では、私と同じように「Hello」しか言えない生徒も入学していたので、「自分だけじゃないんだ」と英語力の不安は解消されました。

留学はペラペラに話せる人が行くのではなく、英語ができない人が英語力を高めるためにするもの。「英語が話せないから」と、心配する必要はありません。

不安ならば、中学英語レベルまで復習しておきましょう。日常会話は中学英語レベルに相当するので、最低限勉強しておけば不安は解消されます。

悩み(2)学費が掛かってしまうので親に言い出せない

留学の学費は高額になることも多く、期間によっては数百万円必要になることも少なくありません。特に未成年や学生の場合、迷惑をかけたくないと感じて親に「留学したい」と言い出せない人も多いです。

解消法

留学するなら具体的にいくらかかるのか、まずは費用を算出しましょう。

特に具体的な留学先が決まっていなければ、一般的な留学費用の相場を確認してみるのがおすすめです。

具体的な金額が分かったらアルバイトをするなどして、自分で留学費用を貯金してみましょう。

いつまでにいくら貯めることができるか、具体的に考えることから始めてみてください。

また学生で留学する人は、親に資金援助してもらっているケースも多いです。足りない分は、ご両親に勇気を出して相談してみることをおすすめします。

それでも現実的に難しい場合は、「留学のために奨学金を借りる」という方法もあります。

学生支援機構をはじめ、多くの団体や企業は留学を希望する学生向けに奨学金を用意しています。

奨学金の話なら親にも相談しやすく、その流れで親が資金を援助してくれることも少なくありません。

奨学金の種類によっては返済が不要なものもあるので、「帰国後であっても資金を用意するのが難しい」という人にもおすすめです。

また国や地域、学校とコース内容、また留学する期間によっても費用は大きく変わってきます。

工夫すれば予算内で収められる可能性もあるので、留学カウンセラーに思い切って相談してみるのもおすすめです。

悩み(3)家族に反対されている

留学を家族から反対されるケースも珍しくありません。反対する理由はさまざまですが、例えば「留学に行く意味はあるの?」「海外は危険でしょ」「学費が高い」など。

家族が留学したことがないからこそ、留学したい理由や海外留学の魅力が伝わらないことは多いです。

また費用の高さから「自分で用意できるの?」など、躊躇されることも。家族を説得できないことで、なかなか留学する決断ができません。

解消法

家族を説得できる1番の方法は、「将来の夢や目標を達成するために留学が必要だ」と伝えることです。

親は「子供の夢を応援したい」という気持ちを持っていることが多いです。

ゆえに、ただ「留学に行きたい」と伝えるのではなく、「CAになりたいから海外で英語を学びたい」など、明確な目的を提示すると許可してくれるかもしれません。

また留学への本気度を示すために、費用を自分で用意しておくのもひとつの方法です。

全額は難しいですが、アルバイトなどで一生懸命貯めておけば、親も納得してくれるかもしれません。

さらに奨学金などについても調べ、お金の不安を解消させてあげることも心がけてみてください。

悩み(4)慣れない環境で上手く生活できるのか不安を感じている

留学中は海外で生活することになるため、「慣れない環境でやっていけるか不安」という人も多いです。

不安を感じる例は、

  • ・ホームシックになったらどうしよう
  • ・現地の食事が合わなかったら帰国しようかな
  • ・ホームステイ先の人と仲良くできるのかな

などさまざまです。

実際に私も、留学先の環境に慣れることができるのか不安でした。

解消法

留学先では同じように、海外生活に不安を持って渡航してきた人がたくさんいます。

同じ不安を抱えていることが多いので、まずは留学先で友達を見つけて、不安な気持ちを共有するところから始めてみてください。

正規留学や交換留学ではハードルが高いかもしれませんが、語学留学であれば周りに日本人が多いはずです。

悩みや不安を打ち明けられる日本人の友達がいれば、慣れない環境でも生活できるようになるでしょう。

私も留学へ行く前は、現地での生活に馴染めるか不安でした。

しかし同じように留学してきた人と話したら、不安がだんだんと少なくなってきたのです。

友達も同じ不安を抱えていると知ったら、話すだけでも気持ちが楽になりますよ。

また環境の変化にも不安を感じますが、基本的には1週間ほど生活すれば、現地生活になじむことはできます。

私も最初は緊張していましたが、1週間も経つと日本と同じように生活していました。

友達を探しながら、まずは1週間ほど現地生活を楽しむ気持ちを持ちましょう。

悩み(5)恋人や友達と離れたくない

留学すると、しばらくは恋人や友達と会えなくなります。

いつも会っている人と離れると、寂しさから留学先でホームシックやうつ状態になってしまう人も少なくありません。

解消法

寂しさを解消するには、留学先で友達を作るのがおすすめです。同じ時期に入学した学生と仲良くなれば、お互いの不安を共有したり、悩みを相談したりすることができます。

また生活を共にして一緒に遊ぶことで、仲の良い友達にもなれるでしょう。留学中に出会った友達は、一生の友達になることが多いです。

実際に私も留学中にできた友達と、今でも連絡を取り合ったり、遊びに行ったりしています。

また留学先で友達ができれば、日本にいる友達や恋人のことを考える時間も少なくなります。その結果、寂しいという気持ちもあまり感じません。

それでも寂しいという人は、ビデオ通話などで日本にいる友人や恋人と連絡を取り合ってみてください。

悩み(6)留学する時間が取れない

留学する時間がないという人は非常に多いです。特に会社員をしている人は、会社を辞めないと時間が取れないですよね。

私も「会社が忙しいから、いつか時間ができたときに留学できたらいいな」という声をよく聞きます。

また大学生も「休学」という選択肢を取りたくない人が多く、「就活や卒業の時期が遅れるのは嫌だから」と、留学を諦める学生も多いです。

解消法

留学する時間がない人には、短期留学がおすすめです。

語学学校は1週間単位で入学できるので、GWなどの長期休暇を利用して留学することが可能です。

私の通っていた語学学校も1週間ごとに入学式があり、「1週間だけ」「2週間だけ」と短期留学をしている人もよく見かけました。

会社で働いている人もいて、例えば「お盆を利用して来ました」「夏休みの1週間だけ来ました」など、長期休暇を上手く活用している人が多かったです。

また「夏休みの2ヶ月間だけ来てます」「毎年1ヶ月だけ来てます」という大学生も非常に多かった印象があります。

社会人は長期休暇の1週間を活用して、お試しで留学してみましょう。そこで「もっと英語を学びたい」と感じたら、会社を休んだりすればいいわけです。

大学生は休学しなくても、夏休みや春休みを利用すれば数ヶ月単位で留学できます。時間をうまく活用して、留学にチャレンジしてみてください。

留学を迷っている人は改めて目的を明確化しよう!よくある5つの目的例

留学 迷う

留学に行くべきか決めかねている人は、「どんな目的で留学したいのか」を明確にすることをおすすめします。

目的や軸をハッキリとさせることができれば、留学すべきかどうかの意思決定もしやすくなるはずです。

そこで、よくある留学の目的をまとめてみました。自分はどんな目的で留学したいのか、共感できる目的はあるかどうか、チェックしてみてください。

例(1)実践的な英語を身に付けたい

留学中は、教科書では学べない実践的な英語を身につけることができます。

特にフィリピン留学では講師とマンツーマンでのレッスンで会話できるので、実際の会話に役立つ英語が学べるでしょう。

例(2)留学に行って自分を成長させたい

留学は英語力アップだけでなく、自己成長をしたい人にもおすすめです。

授業以外で、現地の生活や文化に触れ合う機会があります。その中で自分を見つめ直したり、自身の強みを認識することは少なくありません。

また現地に住む人の考え方や価値観も異なるので、さまざまな価値観を吸収できます。その結果、自分自身が成長するチャンスにもつながるでしょう。

例(3)留学での経験をキャリアにつなげたい

英語力を活かしてキャリアアップしたい人は、留学に行って損はありません。

もちろんTOEICの点数なども重要ですが、実際に英語を使う仕事ではネイティブなど外国人と会話する力が必要です。

留学すれば、毎日生の英語に触れることができるので、仕事で使える英語レベルまで伸びることが少なくありません。

実践的な語学力が身に付くので、キャリアアップにも有利になります。

例(4)海外経験をしておきたい

人生で一度は海外経験をしておきたいという人も多く、その場合は留学がおすすめです。

留学は旅行よりも現地生活や文化、人々とのふれあいがあり、よりディープな海外経験ができます。私も海外生活の経験は人生の宝となっています。

例(5)英語の資格を取りたい

留学はTOEICや英検など、資格の取得を目指している人にもおすすめです。

というのも語学学校の中には、資格の取得をサポートしてくれるところが多いです。

私が通っていた語学学校も、通うことでTOEICの点数が上がると評判が高く、TOEIC対策の講座も豊富に用意されていました。

また留学生活を通して英会話力が上がることにより、英文の読解力も向上します。

一見関係のないように感じますが、TOEICなどのテストには長文読解の問題がありますよね。

留学することによりリーディングなどさまざまな英語力が伸び、資格の試験に合格するのに必要な力が身に付いていることは多いのです。

留学に行ってよかった!私が絶対に留学をおすすめする理由と体験談

留学 迷う

私もフィリピンのセブ島に3ヶ月ほど語学留学をし、ポーランドでのワーホリを経験しました。その経験を振り返ってみると、留学して本当に良かったと感じています。

そこで私が留学をおすすめする3つの理由を、体験談と一緒にお話します。

理由(1)英語を勉強する習慣が付いた

留学中は毎日、10時間以上も英語を勉強したり話したりしていました。

日本にいるときは1時間ほど勉強するだけでも精一杯でしたが、留学を経験することによって長時間勉強する癖が付いたのです。

実際に毎日10時間ほど勉強していると、1〜2時間くらいの学習なら難なくこなせるようになりました。

また帰国後にはオンライン英会話を始めて、英語を話す習慣も継続しています。英語を勉強する癖を付けたい人は、語学留学をおすすめします。

理由(2)海外の価値観を知ることができた

日本で暮らしてきた自分にとって、海外の価値観は衝撃的なことばかりでした。

私はフィリピンのセブ島に留学したのですが、フィリピン人の明るさと考え方に感動したのを覚えています。

例えばフィリピン人講師は、休憩時間になると小学生のように笑って会話を始め、授業が始まってもずっと笑顔が絶えません。

四六時中ずっと明るく、日本の学校で授業を受けてきた自分には新鮮でした。

また現地のレストランに行っても、自分の仕事がない人はスマホをいじったり、寝っ転がって休憩したりしており、「こんな感じで働いていいんだ」と、必死に働いてきた自分がバカバカしくなりました。

真面目で一生懸命働く日本人の姿勢は素晴らしいですが、体調を崩したり、うつになってしまう人も多いですよね。フィリピン人のように、ゆるく働くのもいいのかもしれません。

この経験から、私も自分の時間を大切にして働けるようになりました。留学をしなかったら、未だに無理をして働いていたことでしょう。

理由(3)一生の友達ができた

私自身、3ヶ月の留学で多くの友達ができました。社会人になって友達ができることは少ないですが、学校に入学することで学生時代のように、友達に囲まれる毎日を過ごすことになります。

また留学に来る人は、同じような考え方や価値観を持っていることが多いので、出会った瞬間から仲良くなります。

すぐに意気投合して、親友のようになれることも少なくありません。

今でも連絡を取っている人は多く、場所と日程が合えば遊んだりすることもあります。留学に行かなければ、こんなにも多くの友達に恵まれることはなかったでしょう。

上記の理由から、私は留学をして本当に良かったなと感じています。

時間は有限!迷っているならまずは短期留学に挑戦しよう

留学 迷う

留学に迷っている時間があるなら、まずは短期留学をしてみるのがおすすめです。

語学学校は最短で1週間から入学できるので、忙しい会社員でも長期休暇を利用して参加できます。

そして短期留学で「もっと英語を学びたい」と思ったら、長期留学に挑戦してみましょう。努力次第ですが、英語力を大きく伸ばすチャンスです。

しかし留学に不安がある、何から準備していいのか分からない人もいるかと思います。

そんなときは、語学留学をサポートしているSchool Withに相談してみるのがおすすめです。

サポート費用は無料なので、些細な疑問でも気軽にご相談ください。

School Withに相談する(ご相談は全て無料)

まとめ

本記事では留学を迷っている方に向けて、留学の良さや悩んだときの判断ポイントをお伝えしました。

留学に行くか悩んでいる人は、迷っている理由を明確にし、紹介した解決策を実践してみてください。

特に留学の目的を明確することにより、自分は留学するべきなのかどうか、分かってくるでしょう。

今回紹介したポイントを踏まえ、留学の計画を立ててみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

しっしー

しっしー

コンビニ商品開発職を退職後、ライター兼ブロガーとして独立。現在はオーストラリア在住ライターとして活躍。主に留学やオーストラリアについて発信していきます。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。