【お知らせ】2月~3月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

留学する高校生が持てるクレジットカードは3択!知っておきたい発行のポイントや方法を解説

高校生 留学 クレジットカード

こんにちは、高校時代カナダに留学していたKanakoです。

海外留学となると、クレジットカードは必須アイテムですよね。緊急時や現金不可のお店でも対応できる、海外生活の必需品といえるでしょう。

しかし高校生で留学する場合は少し事情が異なります。

なぜなら高校生の場合は収入がないため、決済目的のカードを発行できないという場合も多いからです。

では高校生はクレジットカードを持てないのかというと、そんなことはありません。

高校生でも条件付きでキャッシュレス決済のカード発行が可能な会社もあるんです!

そこで、本記事では高校生でも発行可能な3種類のカードから発行時の注意点、おすすめのカードまで丁寧に解説します!

この記事を参考に自分に合ったカードを選んでみてくださいね。

【PR】

留学する高校生が発行できるカードは3択!

高校生 留学 クレジットカード

留学する高校生が発行できるカード3種類をご紹介していきます。

カード(1)家族カード

まずは、家族カードです。

これは、クレジットカードの所有者である本会員(高校留学の場合は両親が一般的)の家族が、本会員と同じカードを発行できるというものです。

発行条件

本来の家族カードの対象者は本会員と生計が同一の配偶者、親、満18歳以上の子(高校生を除く)とされているため、高校生が持つことはできません。

しかし、「高校生が留学やホームステイをする場合に限り」という条件で高校生の申し込みが可能な場合があります。

一度、金融機関にご自身が家族カードの対象となるかどうかを確認してみてください。

カード(2)デビットカード

デビットカードは預金口座と直接紐づけられた決済用カードです。

クレジットカードと同じく、海外でも使用できるキャッシュレス決済が可能なカードですが、一番の違いはその決済方法です。

クレジットカードの場合は翌月にまとめて引き落としとなるのですが、デビットカードの場合は、使用したその都度、代金が口座から即座に引き落とされます。

預金がない状態ではデビットカードは使えませんので、お金の使いすぎを防ぐことができます。

発行条件

デビットカードの発行条件には、年齢があります。

会社によって異なりますが、一般的に15歳以上や16歳以上というものが多いです。

収入などの審査はありませんので、高校生でも持つことが出来ます。

カード(3)海外プリペイドカード

最後にご紹介するのは、海外プリペイドカードです。

海外プリペイドカードとは事前に日本円をカードにチャージをすると、そのお金を海外のATMで現地通貨で引き出せるカードです。留学中の生活費の送金などにおすすめです。

発行条件

発行には年齢制限がある場合があります。多くは13歳以上という制限です。
ですので高校生で留学にいくならば、年齢制限に関する心配はありません。

ただ注意しなければならないのは、基本的に海外プリペイドカードで入金できるのは発行者本人のみということです。

親などが入金する場合は入金委任状を提出する必要があるので注意してください。

高校生がクレジットカードを発行する時の注意点は?

とても便利なクレジットカードですが、高校生が発行するにあたり注意すべきポイントもあります。ここからは注意すべきポイントを3つご紹介します。

ポイント(1)両親名義のクレジットカードは利用できない

高校生のクレジットカード発行が難しいなら、両親のカードを使おう!と思うかもしれません。

しかし、クレジットカードは本人名義でないと使用することができません。

これは両親が使用を許可していた場合でも利用することはできませんので、必ず自分の名義のカードを持参するようにしましょう。

ポイント(2)カード発行には2週間程度かかる

カードを発行には大体2週間から長ければ1ヵ月の時間を要します。

これは申請してから様々な審査を経て発行されるためです。

欲しい時にすぐ手に届く訳ではありませんので、出発2ヶ月前を目安に調べ始めるようにしましょう。

一方でデビットカードや海外プリペイドカードは1週間程度で発行できるところも多くあるため、そちらも利用してみてくださいね。

いずれにせよ、カード発行は時間に余裕を持って行うといいでしょう。

ポイント(3)使いすぎに注意

高校生の場合、おそらく留学のタイミングで初めてクレジットカードを持つ方が多いと思います。

普段現金で買い物をしていると実際に財布の中からお金がなくなるため、お金を使っているという実感を得やすいですよね。ただこれがクレジットカードだとちょっと違います。

カード決済は口座のお金が減るだけで財布の中からお金は減りません。

すると金銭感覚が鈍くなり、必要以上にお金を使ってしまうということも。

特に高校生の場合、生活費などを自分で管理するという経験がない場合が多いです。

保護者が定期的に口座をチェックするなど、お金の管理は慎重に行うようにしましょう。

おすすめのカード

高校生 留学 クレジットカード

それでは、おすすめのカードについてご紹介していきます。

クレジットカード

まずは、クレジットカードです。
各カードの発行は18歳以上という年齢制限がありますので、先ほどご紹介した家族カードを発行してご利用ください。

(1)JALカード

JALカードは搭乗でもショッピングでもマイルがたまる航空会社のカードです。通常200円で1マイル貯まります。

この貯まったマイルは、航空券や電子マネーなどと交換できますよ!

家族で旅行をすることが多い方や、マイルを貯めて航空券に交換したい、という方におすすめのカードです。
JALカード申し込みはこちら

(2)三井住友VISAクラシックカード

このカードのおすすめポイントは、カード発行の速さです。

最短で翌日発行というのは急いでいる時になんともありがたいサービスですね。

また、定期的にキャッシュバックキャンペーンをしていたり、新規入会で景品と交換できるポイントプレゼントなども行なっていますよ。マクドナルド、ローソンなどはポイントが5倍でつくので、よく使う人にはありがたい特典です。
三井住友VISAクラシックカードお申し込みはこちら

デビットカード

デビットカードは下記の会社がおすすめです。

(1)楽天銀行デビットカード

次にご紹介するのは、楽天銀行デビットカードです。このカードは16歳以上であれば審査なしで、発行することが可能です。

カードの種類はVISAとJCBから選択可能で、年会費も無料となっています。

留学の場合は、VISAがおすすめです。というのも海外ではJCBが使えるところは少なく、VISAが一般的だからです。

使った金額に応じてポイントも貯まるので、ネットショッピングなどで使用することができますよ。

楽天銀行デビットカードお申し込みはこちら

(2)三菱UFJデビット

このデビットカードは、15歳以上から発行が可能で、初年度の年会費は無料です。

ブランドの種類はJCBとVISAから選択可能で、2020年6月30日までに入会すれば最長5年間年会費無料でこのカードを使用することができます。

おすすめポイントは、海外ATMでの引き出しの手数料が基本的に100円+税であるということです。

国によって、海外ATMの手数料は高額な場合も多いです。定期的に引き出したいなどのニーズがある場合は、使いやすいですよ。
三菱UFJデビットお申し込みはこちら

海外プリペイドカード

海外プリペイドカードのおすすめ会社をご紹介します。

(1)MoneyT Global

海外プリペイドカードであるMoneyT Globalは、世界200ヶ国以上のATMから現地通貨で引き出し可能です。またプリペイドカードではありますが、VISA加盟店であれば支払いに利用することも可能です。

これだけ多くの国で利用できるカードはやはり安心感がありますね。

サポートも手厚いので「カードのことはよくわからない」「海外留学が初めてでとにかく不安」という方などにおすすめです。
MoneyT Globalお申し込みはこちら

(2)CashPassport

最後にご紹介するのが、CashPassportです。高校留学でカードと聞くとこのカードを思い浮かべる方も多いかもしれません。

こちらのカードは、世界210ヶ国以上で使用することが可能です。
また、Mastercard対応のATMでの引き出しや、Mastercard加盟店で支払いに使用することができます。

24時間365日の緊急時サポートもあるので、もしものときに安心ですね!

CashPassportお申し込みはこちら

以上がおすすめの海外プリペイドカードでした。

さきほど申し上げたように海外プリペイドカードは本来は本人のみが入金可能ですが、あらかじめ入金委任状を登録しておけば、日本の家族がチャージをすることができます。

ですので出発前に登録しておきましょう。

他に持つカードがどの種類なのかによって、海外プリペイドカードの種類は選ぶといいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか。本記事では高校生の海外留学で必要となるクレジットカードについてご紹介しました。

まとめると高校生が留学する際は

(1)クレジットカードの家族カード
(2)デビットカード
(3)海外プリペイドカード

の3択から選ぶことをおすすめします。

高校生の場合、年齢制限でクレジットカードが発行できないということがありますが、条件付きで発行できたり、代用としてデビットカードや海外プリペイドカードなどを発行したりと選択肢は複数あります。

渡航年齢や使い方に合わせて、ぴったりのものをぜひ選んでください。長期留学の際はもしもの時のために2枚ほど発行して行くといいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Kanako

Kanako

こんにちは!女子大生ライターのKanakoです。高校時代に1年間カナダに留学していました。最近は海外旅行と料理にハマっていて、オーストラリアやフランス、イタリア、韓国、台湾、シンガポールなど数々の国を旅しています。みなさんの留学に対するお悩みを解消し、ワクワクやドキドキで溢れた留学生活ができるよう発信していきます。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。