【お知らせ】2月~3月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

英検合格に必要な勉強時間とは?各級ごとに合格するためのポイントも紹介

英検 勉強時間 勉強時間

「英検合格までに必要な勉強時間の目安が知りたい!」

という方は多いのではないでしょうか。

英検はレベルごとに7つの級に分けられています。5級から3級は中学レベル、準2級と2級は高校レベル、準1級と1級は大学レベルといわれています。

合格するには、受験する級にあわせた勉強時間や方法を知ることが必須です。

そこで今回は英検の級ごとに求められる勉強時間、レベル、合格率、必要な語彙数、学習のポイントを紹介します。

最後に勉強法のポイントもお伝えしているので、英検を受ける方は参考にしてみてくださいね。

【PR】

英検の各級別のレベルと勉強時間

英検 勉強時間
Photo by : 英検

ここでは英検

の各級について、

  • ・求められるレベル
  • ・勉強時間
  • ・語彙数
  • ・学習のポイント

をそれぞれ見ていきましょう。

英検5級

英検5級 勉強時間

英検5級は、英検の中で最も簡単な級です。

求められるレベルは中学初級程度で、主に中学1年生が習う基礎的な単語や文法が出題されます。英語学習のスタートといえる内容であるため、小学生の受験者も少なくありません。

英語学習を始めたばかりの方が、基礎力を試すために受験するのもおすすめです。出題形式は、以下の通りです。

  • ・筆記
  • ・リスニング
  • ・録音形式のスピーキングテスト

内容は家族、趣味、スポーツなどです。

必要な勉強時間

英語を勉強し始めた人が合格するのに必要な勉強時間は、約10〜12時間です。

  • ・過去問:5時間
  • ・苦手分野や弱点の復習:3〜4時間
  • ・苦手分野の補強:1〜2時間
  • ・スピーキングの練習:1時間

また英語を基礎から学ぶ場合、さらに20時間ほどの勉強が必要となります。

合格率や合格点

合格率は、どの級も2016年から公表されていません。そのため、旺文社が調査した2015年のデータを参考にしています。

  • ・合格率:81.4%
  • ・合格の目安:筆記419点(425点満点)、スピーキング266点(425点満点)
  • ・平均点:570〜670点(6〜7割)

英検は「英検CSEスコア」という独自の指標を用いる採点方法のため、受験回によって配点に差があります。そのため「〇問正解すれば合格」という明確な基準はありませんが、目安として60%ほどの正答率で合格するといわれています。

必要な語彙数

約300〜500単熟語

学習のポイント/アドバイス

学習のポイントは次の2つです。

  • ・試験の出題形式や雰囲気に慣れること
  • ・リスニングやリーディングの弱点を克服すること

初めて英検を受ける人が多いと思うので、まずは試験の形式や流れに慣れましょう。過去問を解く、時間を計りながら練習問題を解くことで、テスト自体に慣れることは可能です。

英検4級

英検4級 勉強時間

英検4級で求められるレベルは中学中級程度です。中学1〜2年生レベルの単語や文法が、身近なトピックをもとに出題されます。

トピックは例えば、

  • ・友達
  • ・学校
  • ・買い物
  • ・スポーツ
  • ・映画
  • ・道案内

などです。

内容は5級と比べ、いきなり難しくなるわけではありません。しかし実践的な内容が加わり、「There is〜構文」などが出題されます。

出題形式は、次の3つです。

  • ・筆記
  • ・リスニング
  • ・録音形式のスピーキングテスト

基礎力をしっかりと固めておくことで、合格が近づきます。

必要な勉強時間

英検5級程度の実力があると想定すると、合格するには、13〜17時間ほど必要です。

  • ・過去問:6〜7時間
  • ・苦手分野や弱点の復習:5〜6時間
  • ・苦手分野の補強:1〜2時間
  • ・スピーキングの練習:1〜2時間

英語学習を基礎から始めるなら、さらに23〜25時間ほど基礎学習の時間を取ってみてください。

合格率や合格点

合格に関する情報は以下の通りです。

  • ・合格率:69.9%
  • ・合格の目安:筆記622点(リーティングとリスニングあわせて1000点満点)、スピーキング324点(500点満点)

必要な語彙数

約600〜700単語

学習のポイント/アドバイス

学習のポイントは次の2つです。

  • ・文法をひと通り復習しておくこと
  • ・単語帳でよく出る単語や重要な語彙を覚えること

語彙数を増やすだけでも、合格の可能性は高まります。

英検3級

英検3級 勉強時間

英検3級で求められるのは中学卒業レベルです。また、3級から二次試験が加わり、英語での面接試験が課されます。

テスト内容は中学卒業レベルのため、文法をひと通り理解していることが欠かせません。過去完了や未来完了など、少し複雑なものも出題されます。

出題形式は、以下の通りです。

  • ・筆記(ライティングあり)
  • ・リスニング
  • ・面接

英語の基礎は復習したけれど不安が残る、準2級を受ける前に英語力をチェックしたい人におすすめです。

必要な勉強時間

英検4級程度の実力があると想定すると、合格するには17〜21時間ほど必要です。

  • ・過去問:7時間
  • ・苦手分野や弱点の復習:5〜6時間
  • ・苦手分野の補強:2〜4時間
  • ・スピーキングの練習:3〜4時間

忙しい人は数ヶ月の計画を立てて、少しずつ勉強に取り組むのがおすすめです。

合格率や合格点

合格に関する情報は以下の通りです。

  • ・合格率:52.9%
  • ・合格の目安:筆記1103点(1650点満点)、スピーキング353点(550点満点)

おおよそですが、合格には6〜7割の点数が目安となります。

必要な語彙数

約700〜1,200単語

学習のポイント/アドバイス

学習のポイントは以下の3つです。

  • ・中学英語をひと通り復習しておくこと
  • ・過去問をくり返し解くこと
  • ・英単語の語彙数を増やすこと

英検3級までは、語彙力さえあれば合格できてしまうことも多いです。単語帳を1冊用意して、くり返し見直しましょう。

英検準2級

英検準2級 勉強時間

英検準2級から全体の難易度が、少しアップします。

英検準2級で求められるレベルは、高校中級です。出題トピックは「教育」や「科学」など専門的なジャンルが増え、大学入試やセンター試験と同様の問題が出題されます。

また長文の穴埋め問題が加わるなど、基礎力と応用力が試されるテストとなっています。

出題形式は、以下の通りです。

  • ・筆記(ライティングあり)
  • ・リスニング
  • ・面接

文部科学省が定めている「高校卒業レベル」が準2級から2級となりますので、大学生や社会人はまず準2級を目指すのがおすすめです。

必要な勉強時間

英検3級程度の実力があると想定すると、合格するには、26〜33時間ほど必要です。

  • ・過去問:11〜12時間
  • ・苦手分野や弱点の復習:8〜10時間
  • ・苦手分野の補強:4〜6時間
  • ・スピーキングの練習:3〜5時間

1日に数時間ほど勉強するならば、計画は1〜2ヶ月を目処に立ててみましょう。

合格率や合格点

合格に関する情報は以下の通りです。

  • ・合格率:36.7%
  • ・合格の目安:筆記1322点(1800点満点)、スピーキング406点(600点満点)

合格率は準2級から大きく下がります。合格するには、しっかりとした基礎固めと対策が必要になりそうですね。

必要な語彙数

約2,000〜3,000単語

学習のポイント/アドバイス

学習のポイントは以下の3つです。

  • ・文法の復習は高校レベルまで終了しておくこと
  • ・ライティングの練習をして、英語を話す、聞く、書く力を鍛えること
  • ・さまざまな長文を読んで読解力を身につけること

長文読解の力を身につけることが、点数アップのカギとなります。目安として、900語の長文を30〜40分ほどで読めるようになるように、過去問などで訓練してみてください。

英検2級

英検2級 勉強時間

英検2級で求められるレベルは高校卒業程度です。高校英語の総まとめで、センター入試レベルが出題されます。

英検2級になると、以下のように活用できます。

  • ・大学入試の問題が解ける
  • ・海外留学の選考に通過する
  • ・単位認定に活用できる

英検2級は、3~5級と比較すると、高い英語力が求められます。合格には、長文をスラスラ読める、習得した知識を英語で説明できるなど、実用的な英語力が欠かせません。

また出題トピックも、医療やテクノロジー、ビジネスなど専門的なジャンルがさらに多くなります。専門用語や知識が求められることもあります。

出題形式は、以下の通りです。

  • ・筆記(ライティングあり)
  • ・リスニング
  • ・面接

2級に合格すると、大学進学時に英語力を示すことができ、入試で有利になることがあります。

必要な勉強時間

英検準2級程度の実力があると想定すると、合格するには、30〜36時間ほど必要です。

  • ・過去問:12〜13時間
  • ・苦手分野や弱点の復習:9〜10時間
  • ・苦手分野の補強:5〜7時間
  • ・スピーキングの練習:4〜6時間

英語の基礎固めから含めると、およそ50〜56時間ほどの勉強が必要となります。

合格率や合格点

合格に関する情報は以下の通りです。

  • ・合格率:26.4%
  • ・合格の目安:筆記1520点(1950点満点)、スピーキング460点(650点満点)

中でも、ライティングの点数が高いです。筆記はリーディング、リスニング、ライティングにそれぞれ650点が配点されていますが、ライティングは基本的に1問しか出題されません。

ライティングをしっかり勉強するだけでも、合格率は大幅にアップするでしょう。

必要な語彙数

約3,500〜5,000単語

学習のポイント/アドバイス

学習のポイントは以下の3つです。

  • ・語彙を増やすこと
  • ・リーディングやリスニングなど基礎的な力を固めること
  • ・そのうえでライティングの練習に時間を割くこと

リーディングやリスニングで英語の基本的な文法や文章、よくあるフレーズを理解しておくことで、ライティングがしやすくなります。

英検準1級

英検準1級 勉強時間

英検準1級で求められるレベルは、大学中級程度です。難関大学の入試に値するレベルで、2級と比べると格段にレベルがアップします。日常生活はもちろん、学校や研究で英語を活用できるほどの英語力が必要です。

例えば、次の3つが英語でこなせるレベルが求められます。

  • ・科学など専門ジャンルのレポートや論文を読める
  • ・大学の授業を理解できる
  • ・学会での発表内容を見て、聞くことができる

英検では、ビジネスシーンの英語力よりも、文化や科学など、アカデミックな内容の出題が中心です。またエッセイを書けるほどのライティング力も求められます。

出題形式は、以下の通りです。

  • ・筆記
  • ・リスニング
  • ・面接

必要な勉強時間

英検2級程度の実力があると想定すると、合格するには、33〜41時間ほど必要です。

  • ・過去問:12〜14時間
  • ・苦手分野や弱点の復習:10〜12時間
  • ・苦手分野の補強:6〜8時間
  • ・スピーキングの練習:5〜7時間

基礎から英語学習を始めるならば、勉強時間はあわせて60〜70時間ほど。およそ2〜3ヶ月が必要になります。

合格率や合格点

合格に関する情報は以下の通りです。

  • ・合格率:16.0%
  • ・合格の目安:筆記1792点(2250点満点)、スピーキング512点(750点満点)

合格者はおよそ1割と、やはり英検準1級は簡単に合格できる試験ではありませんね。計画的な勉強と、過去問を解いて出題内容に慣れることが必要です。

必要な語彙数

約6,000〜8,000単語

学習のポイント/アドバイス

学習のポイントは以下の3つです。

  • ・アカデミックな語彙を増やすこと
  • ・英作文の問題を解いて、あらゆるトピックに対応できるようにする
  • ・自分の弱点を理解して攻略しておく

英作文は指定のトピックをもとに執筆します。そのためさまざまなテーマで英作文を書く練習をして、本番に備えましょう。

英検1級

英検1級 勉強時間

英検1級は求められるレベルは大学上級程度です。社会生活に必要な英語を十分に理解し、活用する力が必要です。

また出題トピックも教育や芸術、テクノロジー、政治など専門ジャンルに絞られています。

アカデミックな内容が多いため、以下の英語力が目安となります。

  • ・科学など専門ジャンルのレポートや論文を読める
  • ・大学の授業を理解し、そのテーマについてディスカッションできる
  • ・自分の研究を発表できる

出題形式は、以下の通りです。

  • ・筆記
  • ・リスニング
  • ・面接(自由会話、2分間のスピーチ、スピーチに対する質疑応答)

スピーチでは質疑応答に的確に答えられるよう、相手の質問を理解するリスニング力も求められます。

必要な勉強時間

英検準1級程度の実力があると想定すると、合格には、46〜54時間ほど必要です。

  • ・過去問:15〜17時間
  • ・苦手分野や弱点の復習:15〜18時間
  • ・苦手分野の補強:9〜11時間
  • ・スピーキングの練習:7〜8時間

英検1級を目指す方は、すでに高い英語力を持っていることが多いかと思います。そのため今ある英語力を伸ばしながら、弱点をしっかりと補強しましょう。

合格率や合格点

合格に関する情報は以下の通りです。

  • ・合格率:12.0%
  • ・合格の目安:筆記2028点(2550点満点)、スピーキング602点(850点満点)

総合的な英語力が証明できるので、取得すると転職などさまざまな場面で活用できるはずです。

必要な語彙数

約1万単語

学習のポイント/アドバイス

学習のポイントは以下の3つです。

  • ・過去問を解いて、英検1級の出題形式に慣れること
  • ・苦手ジャンルや間違いやすい文法を徹底的に復習しておくこと
  • ・スピーチは相手に伝わる力や質問への対応力を磨くこと

スピーチはただ話すだけでなく、「相手に正確に伝える力」と「質問を理解する力」が求められます。

ここまで英検の級ごとに、特徴や勉強方法のポイントを紹介しました。

次は、合格のために知っておきたい具体的な勉強方法をお伝えします。

英検合格に向けて!勉強時間を有意義に使うためのポイント3つ

英検ポイント 勉強時間

英検合格のためのポイントとして、

  • ・級ごとに専用教材を使う
  • ・語彙力を固める
  • ・アカデミックな文章を意識する

の3つを紹介しますね。

ポイント(1)受験する級ごとに専用の教材を使う

1つ目は受験する級ごとに専用の教材を使うことです。

先ほどお伝えしたように、英検は級ごとに出題内容やレベルが大きく変わります。5級と1級を比べると、中学1年生から大学上級と、大きな差がありますよね。

級によって内容が大きく異なるので、教材は自分が受験する級にあわせて選びましょう。また受験する級専用の教材を使うことで、テストの傾向をつかむこともできます。

ポイント(2)語彙力を固める

2つ目は語彙力を固めることです。

英検に限りませんが、多くの英語テストは「語彙力が合格を左右する」といっても過言ではありません。英単語や熟語はすべての基礎となるためです。

また語彙力を高めるだけでも、問題が理解しやすくなります。級ごとに紹介した語彙数を目安に、単語帳でより多くの英単語を暗記してみましょう。

ポイント(3)アカデミックな文章を意識する

3つ目はアカデミック(学術的)な文章を意識することです。

英検で、ビジネス英語はほとんど出題されません。どちらかというとアカデミックな内容が多いため、科学や政治、歴史など専門用語を勉強する方が合格に近づくといえます。

単語を覚えたり長文を読んだりするときも、アカデミックな内容を選ぶことを意識してみてください。

まとめ

砂時計 勉強時間

今回は、英検の級ごとに必要なレベルや合格率、勉強法、勉強時間などを解説しました。

おさらいすると、級ごとの勉強時間と求められるレベルは以下の通りです。

  • ・5級:10〜12時間(中学初級)
  • ・4級:13〜17時間(中学中級)
  • ・3級:17〜21時間(中学卒業)
  • ・準2級:26〜33時間(高校中級)
  • ・2級:30〜36時間(高校卒業)
  • ・準1級:33〜41時間(大学中級)
  • ・1級:46〜54時間(大学上級)

ご紹介した勉強時間は、受験するのに前提となる英語力があることを想定しています。級ごとに出題内容も異なるため、レベルにあわせた対策や勉強時間を設けることを意識してくださいね。

勉強のポイントとしては、以下の3つをお伝えしました。

  • ・級ごとに専用教材を使う
  • ・語彙力を固める
  • ・アカデミックな文章を意識する

今回ご紹介した各級ごとの勉強時間を参考に、合格目指して勉強を進めてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

モリキアユミ

モリキアユミ

1992年生まれ、京都府出身のフリーライター。大学卒業時に就職を蹴って、24カ国・50都市の世界一周を実行し、旅の途中からそのままライターへ。現在はタイと日本を行ったり来たりしています。オーストラリア留学とセブ島留学の経験あり。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。