ダブリンから日帰り旅行!北アイルランドの中心都市ベルファストへ | #ダンレアリー留学記 7

ベルファスト中心部

こんにちは、Miyasamaです。アイルランドのダンレアリーにて、1ヶ月半語学留学していました。

せっかくアイルランドに留学するなら、首都ダブリン以外にも色々な都市へ観光してみたいところですよね。今回は北アイルランドの中心都市として知られる、ベルファストについて紹介したいと思います

実際に日帰り旅行してきましたので、ベルファストの基本情報から実際の街の様子をレポートしていきます。

過去の連載記事は以下から ↓↓

# アラサー男子のダンレアリー留学記

【PR】

ベルファストに関する基礎知識

ベルファストは北アイルランドにある、人口60万人ほどの都市。アイルランド島内という観点から見れば、ダブリンに次ぐ規模の都市となっています。

主な産業は造船や機械をはじめとした製造業。首都ダブリンからは169キロメートルほど離れています。

ベルファストはイギリス領!

ロンドンタクシー
イギリスならではのロンドンタクシー

基礎知識ですが、「ベルファストを含む北アイルランドはアイルランド領ではなくイギリス領」です。通貨もユーロではなくポンドで、法律もイギリスのものが適用されます。タクシーもイギリスによくある「ロンドンタクシー」仕様でした。

ではなぜ北アイルランドはイギリス領なのか?

それはプロテスタント系キリスト教を信仰する住民の多さにあります。アイルランドはカトリック系キリスト教を信仰する住民が圧倒的多数なのですが、北アイルランドはイギリスと同じプロテスタント系キリスト教を信仰する住民が比較的多いのです。

そうした背景もあって、1922年のアイルランド正式独立に際してイギリス領に組み込まれました。

なお20世紀中頃から末にかけて、北アイルランドではプロテスタント系住民とカトリック系住民が対立し、「北アイルランド紛争」と呼ばれる内戦が発生しました。現在でもしこりが完全に消えたとは言えないため、現地でこの辺りの話をするのはタブーだと思っていてください。

ベルファストへのアクセス

ダブリンからベルファストへの行き方としては2つあります。

1つはダブリン中心部から出るアイルランド国鉄(DART)の特急電車、もう1つはダブリン中心部から出る高速バスです。

時間は特急電車で2時間10分弱、高速バスだと2時間半〜3時間。ですが高速バスの場合は道路の混雑状況によって到着時間が左右されるため、プラスマイナス10分は考慮しておいたほうがいいでしょうね。

また運賃は特急電車だと往復で35ユーロ (約5,000円)、高速バスだと往復で23ユーロ〜25ユーロ(約3,000円)が相場です。前回ご紹介したゴールウェイまでとさほど変わらないくらいの金額です。

ベルファストへの日帰り旅

私は11月初旬に日帰りでベルファストへ行ってきました。交通手段は今回はバスを利用。日帰りなので朝6時前に起きです。

ダンレアリーにあるホストファミリー宅で朝食をとった後、DARTのサンディコーヴ駅からピアース駅まで乗車し、停留所があるオコンネル通りへ徒歩で移動。

その後8時前発のバスでベルファストに向かい、11時過ぎにベルファストに到着。市内観光後、帰りは夜7時前のバスに乗車して21時前にダブリン着というスケジュールでした。

AirCoachのバス
べルファスト行きに利用したAirCoachのバス

ちなみに高速バスは「Air Coach社」のバスを利用。ベルファスト行きのバスは基本的にAir Coach社のみかと思っておいたほうがいいですね。

気をつけて欲しいのは、ゴールウェイ行きで利用した「Go Bus社」とは違いバスにトイレがない点です。

高速バスのチケットはオンライン購入後に送られるメールを運転手さんに見せればOKですが、印刷環境がある方はバックアップも兼ねてメールを印刷しておいた方がベターでしょう。

AirCoachの車内
AirCoachの車内。ヨーロッパ人の体型に合わせて作られたシートなので、身長180cmの私には快適でした。

 

「タイタニック建造」の足跡を辿る

タイタニックドックのドック内部
タイタニックドックのドック内部

今回は日帰りということでベルファスト中心部を主に観光しました。その中でも楽しみにしていたのが、映画でもお馴染みの豪華客船タイタニックの建造関連場所として知られる「タイタニックドック」

20世紀初頭当時は世界最大のドックで、港や造船所の風景が好きな身としては是非行ってみたかった場所でしたね。

「この場所でタイタニックをはじめとした豪華な船舶が数多く建てられたのか!」ということで感慨深かったです。ドック内部はご覧の通りのだだっ広さ。興奮しっぱなしでした。

タイタニック記念館内カフェでの昼食
タイタニック記念館内カフェでの昼食

その後、タイタニック記念館内にあるカフェでお昼。英国風クラブハウスサンドウィッチとサラダのセットを食べましたが、結構ボリュームがあって美味しかったです。時間の関係で記念館の展示は見ませんでしたが、お土産はしっかり買いました!

タイタニック記念館
タイタニック記念館にて

ダブリン以上に都会かも?ベルファスト中心部の都市模様

ベルファスト市庁舎
ベルファスト市庁舎

お土産を見つつベルファスト中心部をぶらついてみましたが、ベルファストはダブリンに比べると都会な印象でした

日本国内に例えるとすれば、ダブリンが広島市内、ベルファストが福岡市中心部といった感じでしょうか。

ダブリン市内にはLUAS(路面電車)が走っていますし、商店や飲食店が中心部に集約されていますが、ベルファストは中心部から結構広い範囲で栄えている感がありましたね。

Victoria Square Shopping Centre
中心部最大のショッピングモール「Victoria Square Shopping Centre」

初体験だったヨーロッパのクリスマスシーズンに感動

そんなベルファスト中心部ですが、ハロウィンが終わって11月に入るとクリスマスシーズンに突入!私が訪問した日は、中心部最大のショッピングモール「Victoria Square Shopping Centre」でクリスマスシーズンのキックオフイベントが開催されていました。

Victoria Square Shopping Centre
「Victoria Square Shopping Centre」でのクリスマスキックオフイべント

賛美歌の合唱や巨大なツリー、そして地元市民のパレードと非常に盛り沢山。

周りの人々もすごく楽しんでいて、「ヨーロッパのクリスマスはこんな感じなのか!」と感激しました。ヨーロッパ人がいかにクリスマスを大切な行事として捉えているのかが分かった気がします。次にヨーロッパに行く機会があったら12月に行きたいな。

まとめ

ここまでベルファストの基本情報から旅の様子までご紹介してきましたが、いかがでしたか?アイルランドに行く機会があれば、ぜひベルファストまで訪れてみてはいかがでしょうか。

See You Again!

前回の連載記事はこちらから ↓↓

日帰りでも行ける!ダブリン郊外のおすすめ観光スポットをレポート | #ダンレアリー留学記 5
こんにちは、Miyasamaです。アイルランドに1ヶ月半語学留学していました。ダブリンは街の中心部だけではなく、郊外にも観光スポットが多いです。放課後に電車やバスを使えば日帰りでもかなり楽しめます。今回はアイルランドの首都ダブリン郊外を観光するならおすすめな街、ホウス、マラハイド、ブレイの3箇所をご紹介しますね。これからダブリンへ行く予定の方はぜひ参考にしてみてください。
2019/03/26
お得な観光情報

西アイルランドの中心都市「ゴールウェイ」に行ってみた | #ダンレアリー留学記 6
アイルランドに留学するのであれば、滞在先にダブリン近辺を選ぶ方が多いかと思います。ですがアイルランドには、ダブリン以外にもぜひ訪れて欲しい都市や地域がたくさんあります。そこで今回は、西アイルランドの中心として知られるゴールウェイについて紹介したいと思います。ゴールウェイの基本情報から現地までのアクセス、おすすめな観光スポットも合わせてご紹介していきます。
2019/04/26
お得な観光情報

過去の連載記事一覧 ↓↓

# アラサー男子のダンレアリー留学記

アイルランド留学についてはこちらもチェック ↓↓

アイルランド留学
どこへ行っても美しい緑豊かな妖精の住む国
掲載学校数 107
国の詳細を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Miyasama

Miyasama

広島県出身。大学院卒業後に都内のクリエイティブ制作会社で2年半働いた後、2018年10月からアイルランドにちょいと語学留学する予定。ヘヴィメタルとカープ、天下一品のこってりが好物。プライベートでは8弦ギターと格闘中です。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。