【お知らせ】7月〜8月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

日帰りでも行ける!ダブリン郊外のおすすめ観光スポットをレポート | #ダンレアリー留学記 5

ブレイ駅

こんにちは、Miyasamaです。仕事を辞め、2018年の10月半ばよりアイルランドに1ヶ月半語学留学していました。現在は日本に帰国しています。

寒い日が続くアイルランドと違い、東京は乾燥しているので最近は飲み物と保湿グッズが手放せませんよね。そして暖かくなってきたら今度はスギ花粉、アイルランドに戻りたい……。

さて連載第5回目となる今回は、アイルランドの首都ダブリン郊外を観光するならおすすめな街を3箇所ほど紹介しますね

ダブリンは街の中心部だけではなく、郊外にも観光スポットが多いです。私が留学していたダンレアリーもその1つですが、ダンレアリー以外にもおすすめな場所はいっぱいあり、放課後に電車やバスを使えば日帰りでもかなり楽しめます。

なお、ダブリン中心部からの所要時間の基準は、ダブリンを代表するコノリー駅(Connolley Station)を基準にしております。これからダブリンへ行く予定の方はぜひ参考にしてみてください。

【PR】

ダブリン郊外のオススメ観光スポット3選

(1) ハイキングが楽しめる港町「ホウス」

ホウス

まず紹介するのはダブリンの北に位置するホウス。漁港として知られるこの街は、半島を利用したハイキングコースや新鮮な魚介類で知られます。ダブリン中心部からの所要時間は電車(DART)で30分ほど。車で訪れている人も結構見かけました。
 
ちなみに私は11月に入った頃、同じホストファミリー宅で暮らしていたイタリア人(イケメン)と一緒にホウスの半島をハイキングしました。途中の景色は山の風景あり海岸ありで非常に綺麗でしたね。

コース途中にある丘や崖からは普段過ごしているダンレアリーのある半島も見え、「結構遠くまで来たんだなぁ」「でもダブリンって意外と狭い」と思ったりもしました。コースのアップダウンが激しい故、エクササイズにも持ってこいでしたね……。はい、翌日は見事に筋肉痛です。

また、昼ご飯に地元で人気の魚介レストラン・テイクアウト店の1つである「Crabby Jo’s」でフィッシュ&チップスを買って食べたのですが、地元で取れる新鮮な魚介(主に鱈)が使われているというだけあって、身が非常にホロホロで美味しかったです。

フィッシュ&チップ

チップスを含めた全体の量も結構あって大満足。アイルランドで食べる鱈は日本のものに比べて身が大きく、ゴージャス感がありましたね。また食べたい。

(2) アイルランドを代表する城郭がある「マラハイド」

次に紹介するのはホウスと同じく、北に位置するマラハイド。ダブリン中心部からDARTで30分ほどの街です。

マラハイドで最もオススメなのは「マラハイド城」。有力貴族だったマラハイド家が支配していた、アイルランドを代表する城郭の1つです。

ちなみにこの城は城郭の立派さのみならず、その血塗られた歴史も有名。語学学校の先生曰く、幽霊も出るそうです……。それゆえ、ホラー系クリエイティブの題材になったりもしており、今でもホラー好きが訪れたりします。

また、マラハイドには綺麗で広い海岸もあり、夏には海水浴客で賑わうそうです。残念ながら私は留学中にマラハイドに行くことができず……。次に行く機会があったら是非訪れてみたいところです。

(3) ダブリン屈指の景観美を楽しめる「ブレイ」

海岸とブレイ・ヘッド

最後に紹介するのは、ダブリン中心部から南にあるブレイ。ダブリン中心部からDARTで25分ほど行ったところにあります。

ブレイは広い海岸から「ブレイ・ヘッド」と呼ばれる崖に至るお散歩コースが有名で、休日には多くの観光客が訪れます。私もこのルートを一度歩いたことがあるのですが、非常に景色が良く、特にブレイ・ヘッド高所からの眺めは本当に綺麗です!自然が豊かなダブリン周辺の中でも屈指の好景色でした。

ブレイ・ヘッドからの景色
ブレイ・ヘッドからの景色

崖に至るまでの道はそんなに急な斜面ではなかったのですが、雨が多いアイルランドの気候ゆえに「道がぬかるみやすく滑りやすい」、そして「気温が変化しやすい」ということで、登山やハイキングに適した靴や着脱しやすいジャケットを持っていくのが良いでしょう。靴も結構泥で汚れました……。

Box Burger

またブレイでのランチは、ブレイ駅のすぐ近くにあるレストラン「BOX BURGER」がおすすめ。食べることと料理が大好きなホストマザーのオススメということで行ってみたのですが、アイリッシュビーフをふんだんに使ったハンバーガーが非常に美味でした。アイリッシュビーフは普段私たちが食べる日本やオーストラリア、アメリカのものとは違った独特のジューシーさが堪らないです。

Box Burger
Box Burger店内

ちなみに私はダンレアリーのホストファミリー宅からブレイまで3時間〜4時間かけて歩いたことがありますが、途中途中の景色が非常に素晴らしかったです。慣れない場所なので結構ヒヤヒヤしましたし、何よりめっちゃ歩いたということで足が筋肉痛になりましたが……。

DARTを使うならLEAPカードがオススメ!

LEAPカード

今回紹介した3箇所の観光スポットへの所要時間は、全てDARTで示しましたが、DARTでは紙の切符を買うと運賃が高くなるので、「LEAPカード」と呼ばれる交通系ICカードの使用がオススメです

初期費用で5ユーロ取られますが、割引率が結構高い上に、バスやLUAS(路面電車)でも使えるので絶対に持つべし!またカードへの料金チャージにはクレジットカードが使えるので、クレジットカードのポイントも貯まりますね。

ちなみに、長期で語学学校に通う方は学生用のカードを手に入れることが可能。割引率は普通のLEAPカードに比べるとグッと上がります。ダブリンに到着したら、早速カードを作ることをオススメしておきます。

まとめ

ここまでダブリン郊外の観光地についてホウス、マラハイド、ブレイの3箇所を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?ぜひアイルランドを訪れる予定の方はチェックしてみて下さいね。

改めて自分の書いた記事と写真を見てみると、アイルランドは自然豊かな国だなぁ、と思うことが多いです。自然が好きな方にとって、アイルランドは最高な留学先ですね。

ではまた!See You Again!

過去の連載記事は以下から↓↓

# アラサー男子のダンレアリー留学記

アイルランド留学についてはこちらもチェック ↓↓

アイルランド留学
どこへ行っても美しい緑豊かな妖精の住む国
掲載学校数 107
国の詳細を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Miyasama

Miyasama

広島県出身。大学院卒業後に都内のクリエイティブ制作会社で2年半働いた後、2018年10月からアイルランドにちょいと語学留学する予定。ヘヴィメタルとカープ、天下一品のこってりが好物。プライベートでは8弦ギターと格闘中です。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。