旅好き女子必見!女の子の気になる旅のお悩み6つを解決します

女子旅

皆さんは、1人で海外を旅したことがありますか?

女子一人旅って憧れますよね。
誰にも邪魔されず、自分の行きたいところへ行きたい時に行く…。
そんなかっこいい女の子になってみたいなぁと思います。

でも男の子とは違って、危険や心配事、わがままも多い女の子。
特に東南アジアなどの発展途上国では不安ごとがつきません。

安全面は大丈夫なの?衛生面は?
”可愛さ”は忘れずに旅を楽しみたい!

そんな女の子特有のちょっと”わがままお悩み”を6つあげてみました。

海外でも可愛く安全に、わがままな旅を楽しんじゃいましょう♪

【PR】

お悩み(1)スリや盗難をされたらどうしよう…

スリ

日本にいると日常生活でスられるなんてことは滅多にないでしょう。

しかし、海外ではまったく違います。
電車でスリが起こることなんてよくある話。
「スリにあうような隙を見せている方が悪い!」なんて言われることもあります。

加えて、安全な国にいるため警戒心が弱い日本人は、
スリのターゲットにされることが多いです。

そうならないために、スリ・盗難対策グッズを使って対策をしましょう!

すぐ手に入れられる防犯アイテムを3つ紹介します。
 

アイテム(1)セキュリティポーチ

セキュリティポーチとは、手持ちのカバンとは別に服の下に装着するポーチです。
パスポート・財布・カード類などの貴重品を入れることで、一番大事なものを確実に盗難から守ることができます。

小銭などは取りだしやすい手持ちのバッグに、お札やカードはセキュリティポーチで保管する、というような使い方が便利かもしれません。

Amazon.com「セキュリティポーチ」商品ページ

アイテム(2)南京錠

南京錠

そこまでしなくても…と思うかもしれませんが、すごく役立ちます!

バックパックにつけるだけで金庫のような安全性に高めることができますし、何よりも”南京錠をつけている”という見た目が盗難防止に繋がります。

100均のものでも構わないので、1つ持っていくことをおすすめします。

Amazon.com「旅行用南京錠」商品ページ
 

アイテム(3)隠しポケット付き/防刃性バックパック

パソコンのような、セキュリティーポーチには入らないけど、盗られるとすごく困る…
そんなものを守るには隠しポケット付き/防刃性バックパックがおすすめです。

隠しジッパーでスリから遠ざけることもできますし、防刃性を備え付けていれば、ナイフなどでリュックを切られてものを盗られる心配もありません。

Amazon.com「スリを防ぐ多機能リュック」商品ページ

お悩み(2)色んな人がいるゲストハウスは、ちょっと不安

ゲストハウス

ホテルよりも人との距離が近いゲストハウス。
出会いがたくさんあるのは魅力的ですが、初対面の人と生活するのは不安という人も多いかもしれません。

そんな人に利用して欲しいのが日本人宿・女性専用宿です。

「日本人宿」とは、世界中に存在する日本人向けゲストハウスのことです。
旅人が多く訪れる地には必ずと言ってもいいほどあります。

もちろん言語は日本語。
現地に精通した宿主さんや旅人が様々な情報を教えてくれます。

さらに安全な宿がいい!という方向けの宿としては、
日本人女性専用ゲストハウスなんてものもあるんです!

私も実際にインドのバラナシというところで、日本人女性専用ゲストハウスに遭遇しました。

その他ドミドリーではなく個室を利用するなど、
自分の希望に合わせた宿探しをしてみてください。

ただ、注意点としては日本人だからといって安心しすぎないことです。

実際に、日本人だからと安心しきって行動を共にしていたら、盗難されたという話も耳にします。

気は緩ませすぎず、貴重品などの管理はしっかりとしましょう。

世界の日本人宿紹介サイト
→右側の地球の画像内にある各地域名をクリックすると表示されます。

お悩み(3)バックパックは重過ぎて持てる自信がない

あんな大きなバックパックを背負って移動できる自信はない……。

そんな方にオススメなのが2WAYバックパックです。

2WAYバックパックとは、バックパックにキャリーが付いているカバンのことです。

アジアなどの未舗装道路はバックパックとして背負い、
空港やヨーロッパにはキャリーケースとして転がして使用できます。

バックパックの身軽さと、キャリーケースの楽さを兼ねあわせた優れもの!
体力に自信のない女の子にはぴったりだと思います。

Amazon.com「2wayバックパック」商品ページ

バックパック

お悩み(4)いつものアメニティを使いたい!

シャンプーやボディクリームなどのケア用品は、女の子にとって必須アイテム。

しかし、国際線飛行機での液体持ち込みには制限があるんです!

100mlまでの容器に入れ、縦横40cmまでの透明な袋に入れたもののみ持込可能です。
(私はそのまま持ち込もうとして、NO!の一言でお気に入りの洗顔を捨てられました……)

そこで役立つのが100均のトラベル用容器。

荷物のかさを減らすためにも、100ml以下の小さな容器に移し変えて持っていくようにしましょう。

旅行用アメニティ

海外では日本製のアメニティは売っていますが、海外仕様になっている場合がほとんど。

こだわる人はやはり自分で持っていくのが良いかもしれません。

加えて、海外の水は日本と違って硬水という髪にダメージを与えやすい水の場合が多いです。髪の毛にこだわりのある女の子はトリートメントも忘れずに!

お悩み(5)生理用品は持って行くべき?

女性

どこの国の女性にも生理は起こることなので、
相当な途上国でない限り現地調達可能です。

荷物のかさを考えれば、現地で必要な時に買う方が賢いと思います。

ただ、アジア圏なら日本製のものを置いているところが多いですが、必ずあるというわけではありません。

敏感肌な方は普段使っているものを持って行くのがいいでしょう。

他の選択肢として、布ナプキンや月経カップなら繰り返し使えるので旅向きですね!
これを機に挑戦してみるのも良いかもしれません。

Amazon.com「布ナプキン初心者セット」商品ページ

Amazon.com「月経カップ初心者用」商品ページ

お悩み(6)お気に入りの服、全部持って行きたい!

パッキング

荷物を最低限なんて嫌!お気に入りのものは全部持って行きたい。
そんなわがままを叶えるためのパッキング術としておすすめなのは圧縮袋です。

袋に入れて、掃除機などで圧縮すると1/2ほどに縮めてくれる優れもの。
空いたスペースにお気に入りの靴などを入れるのもいいかもしれません。

圧縮袋は100均のものでも十分使えるようです。

まとめ

本記事で取り上げた知識をまとめると

(1)スリや盗難対策には防犯グッズで対処
(2)宿は日本人宿or女性専用宿を探そう
(3)2WAYバックパックを使い分けて、移動を楽に!
(4)アメニティは100ml以下の容器で持っていく
(5)生理用品は現地調達可能
(6)圧縮袋で荷物を1/2に減らす

の6つです。

女の子だからって旅することを我慢する必要はありません。
むしろ女だからこそできる、旅の楽しみ方があると思います!

しかし日本にはない危険があることを理解しておくことは大切。
無茶をすると、せっかくの旅が台無しになりかねません。

しっかり自分の身を守りながら、可愛く旅を楽しみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

長 亜美

長 亜美

関西の大学四年生。大学生になり初めて行った海外で自分の選択肢の広さを知る。その後タイ、インドなどの東南アジアにハマりました。 今年は休学し、東京でのインターンと夏にフィリピン留学を予定しています。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。