【徹底比較】オーストラリア留学中は携帯電話はどうする?安く使う方法を伝授します!

オーストラリア 留学 携帯

こんにちは、ライターのけんわたです!

留学がとても身近な時代になり、多くの方が語学を磨くために海外へと飛び立つようになりました。中でもオーストラリアは過ごしやすい気候が魅力的で留学先としても大人気ですよね。

オーストラリアに留学に行きたいと思ってる方や既に留学の予定が決まっている方も多いのではないでしょうか。

オーストリアに留学するとなると1つ、気になりますよね。今では持っていない方のほうが少ない携帯電話です。留学が短期の方も長期の方も、「オーストラリアに行ったら携帯電話ってどうすればいいんだろう?」と悩まれている方も多いと思います。

今回はオーストラリアに留学に行く際の携帯電話事情についてご紹介します。

【PR】

いざオーストラリア留学へ!携帯電話は現地でも使える?

オーストラリア 留学 携帯

もうすぐオーストラリアへの留学の日を迎える、という方も携帯電話をは現地でどう使うかは決めていますか。携帯電話は離れていても家族や友人と連絡を取るだけでなく、現地での生活の情報を調べるためにも欠かせない存在ですよね。

オーストラリアで日本の携帯電話が使えるかというと、基本的にはWi-Fiのある場所であれば利用は可能です。ただ、電話回線ではないのでLINEなどのアプリ以外での電話やSMSはできません。

もし使っている携帯電話がSIMフリースマートフォンであれば、オーストラリアの携帯電話会社のSIMカードを挿入することでどこでも利用できるようになります。SIMフリーのスマートフォンについて詳しくは後述します。

留学期間別に解説!携帯電話の契約は継続?解約

オーストラリア 留学 携帯 契約 解約

留学に出るとき、日本の携帯電話会社を解約するかどうかが焦点になってきます。携帯電話を解約してしまうとこれまで使っていた電話番号が使えなくなってしまうため、よく考えた上で決断することが大切です。

実際にどれくらいの期間であれば契約は解約した方がいいのでしょうか?期間別に詳しくご紹介します。

1〜2週間

基本的に1〜2週間程であれば解約する必要はありません。レンタルWi-Fiを借りるか、Wi-Fiの環境下で利用するだけでも十分でしょう。

留学先の学校はほとんどがWi-Fiに対応していますし、日本に比べカフェなどでのWi-Fi環境も充実しているため短い間の留学であればそれほど困りません。

短期

1カ月〜3カ月の場合でもあまり解約する必要はないかもしれません。携帯電話を解約してしまうと電話番号、キャリアのメールアドレスなどがなくなってしまうため、帰国後に新しく電話番号を取得して周りに伝える手間を考えると継続の方がおすすめです

長期

半年以上の留学になると携帯電話を継続するのは損になってしまうかもしれません。長期滞在の場合は現地の回線の携帯電話も必要になる場面は増えますし、日本の携帯電話の基本料金を払うのがもったいないと感じてしまいます。

ただ、解約には2年縛りを超えていないと違約金がかかってしまうケースや、携帯電話を分割で支払っている場合は解約時に一括で支払わなければいけないということもあるので解約の前に検討する必要があります。

もし電話番号を残しておきたいけど基本料金は払いたくないという方は、各キャリアが用意している電話番号保管制度を活用すれば基本料金を払うよりも安く日本での電話番号を維持できるので、1〜2年未満の留学を考えている方はそちらの制度を利用するのも良いでしょう。

ワーキングホリデー

ワーキングホリデーの場合は、基本的に長期的な海外渡航になるので携帯電話の解約は視野に入れておくべきでしょう。学校に留学に行くのと違い職場に行くことが増えるので、仕事の連絡など携帯電話が業務上でも必要となる場面が増えてきます。

ワーキングホリデーでの海外渡航であれば携帯電話は解約し、現地で携帯電話を購入するかSIMカードを調達するのがおすすめです。

オーストラリア留学中に現地で携帯電話を使う方法5つ

オーストラリア 留学 携帯

それでは、実際にオーストラリアの留学中に現地で携帯電話を使う方法を5つご紹介します。留学の期間によっても向き不向きの方法があるので、ご自身の留学期間を考えながら参考にしてみてくださいね。

オーストラリアのSIMカードを契約する

最初の方法は現地のSIMカードを契約することです。オーストラリアでも日本でいうdocomoやau、softbankと同じように携帯電話で3代キャリアがあります。Vodafone、OPTUS、Telstraの3社です。

これらの携帯電話会社はプリペイドSIMカードを販売しています。そしてプリペイドSIMであればスーパーでも購入ができるので比較的入手しやすいです。

使っている端末がSIMフリーであることは必須ですが、SIMカードを入れ替えるだけで現地でどこでも利用できるようになるためおすすめです。

また、プリペイドではなく現地の携帯電話会社で月単位からの契約もできますが、最低期間が24カ月、つまり2年以上有効なビザを持っていることが条件なので短期の留学や、ワーキングホリデービザでは契約は難しいです。

無料のWi-Fiを探す

次の方法は無料のWi-Fiを探す方法。空港や学校、カフェなどさまざまな施設で無料Wi-Fiが提供されているためWi-Fiスポットに向かえば電話やSMS以外の機能は利用できるようになります。

ただ、通学途中など、屋外での使用は難しいため道に迷ってしまった時などに利用できないという欠点があります。

日本でWi-Fiをレンタルする

次の方法は日本でWi-Fiをレンタルする方法。日本では海外で利用する用にモバイルWi-Fiを貸し出している企業がいくつかあります。そのWi-Fiがあれば屋外でも携帯電話の利用が可能です。

ただ、こちらは1週間程の滞在であればまだ良いかもしれませんが、1日単位で料金がかかってきてしまうので2週間以上のレンタルの場合かなり高額になってしまう可能性があります

オーストラリアでスマートフォンをレンタルする

次の方法はスマートフォンをレンタルする方法。オーストラリアではスマートフォンをレンタルするサービスも行なっています。レンタル品は本体、充電器、シムカードの3つで、後は月々の基本使用料を支払っていきます。支払いにはクレジットカードが必要となります。

オーストラリアでスマートフォンを購入する

最後の方法はオーストラリアでスマートフォンを購入することです。オーストラリアではプリペイド携帯が販売されています。通話とSMSのみで30ドル(2400円)ほど、スマートフォンで70〜80ドル(5,600円〜6,400円)ほどで購入できます。

【徹底比較】オーストラリア留学中におすすめの携帯電話会社

オーストラリア 留学 携帯 会社

先ほどオーストラリアでは日本と同じように多くの携帯電話会社があることを紹介しました。それぞれの携帯電話会社や日本人におすすめの日系携帯電話会社まで詳しくご紹介します。

おすすめの携帯会社(1)Telstera

まずは大手のTelstrera。他社に比べて通信料は高めに設定されていますが、通信可能な範囲が広いためファームに行く予定のある方にはおすすめです。

プラン $40 プラン
通話 無料
SMS 無料
パケット通信 3GB(+3GBボーナス 夜のみ使用可)

Telstera公式HP

おすすめの携帯会社(2)OPTUS

続いてはOPTUS。こちらはパケット通信のキャンペーンを定期的に行なっていて、サービス時は通常の倍以上の通信が可能となるのが魅力的です。

プラン $40 プラン
通話 無料
SMS 無料
パケット通信 8GB(キャンペーン中)

OPTUS公式HP

おすすめの携帯会社(3)Vodafone

続いてはかつて日本でも携帯電話会社として存在していたVodafone。値段は手頃ですが、他社よりも通信が弱くシェア数も少ないのが特徴です。

プラン $40 プラン
通話 無料
SMS 無料
パケット通信 6GB

Vodafone公式HP

おすすめの携帯会社(4)ニッテル

続いては現地の日系携帯電話会社のニッテル。日本国内の電話が毎回最初の5分が無料であったり日本語のスタッフがいるため、わからないことも日本語で尋ねられたりと日本人向けにサービスを展開しています。こちらはプリペイドタイプの料金です。

プラン $45 プラン
パケット通信 2.5GB

ニッテル公式HP

おすすめの携帯会社(5)Catch Connect

続いては格安SIM会社のCatch Connect。こちらはとにかく通信料金が安いのが特徴。15ドル(1,200円)ほどで3GBと、大手キャリアでは考えられないような値段で販売されています。

速度も思ったほど遅くないと言われていて安く携帯を利用したいのであれば最もおすすめです。

プラン $15 プラン
パケット通信 3GB

Catch Connect公式HP

オーストラリア留学中に日本の携帯電話利用を一時停止する方法

オーストラリア 留学 携帯

長期でオーストラリアに行く場合、日本の携帯電話を一時的に利用停止にする必要があります。具体的な2種類の方法をご紹介します。

携帯電話を解約する

留学の間は日本での携帯電話料金を一切支払いたくないという方は、携帯電話を解約する必要があります。方法は簡単で、近くの携帯キャリアの販売店に行き海外に住むため携帯電話を解約したい旨を伝え、必要書類などを書くだけです。

ただし、2年縛りの途中の場合は違約金が発生したり、分割支払い中の端末料金が残っている方はその場ですべて支払う必要があるため、自分の契約内容をよく見直した上で解約することをおすすめします。

番号保管サービスを利用する

留学には行くものの、電話番号は変えたくないという方は各キャリアが出している番号保管サービスを利用するのがおすすめです。番号保管サービスとは解約はせずに、自分が持っている電話番号を保管してもらう契約のことです。

保管中は通常の携帯電話料金を支払う必要がない代わりに保管料を支払う必要があります。保管料は以下の通りです。

【au】
・事務手数料:2,000円
・月々の料金:372円

【softbank】
・事務手数料:3,000円
・月々の料金:390円

【docomo】
・事務手数料:1,000円
・月々の料金:電話番号400円 / メールアドレス100円

2年以上の長期の場合は損してしまう可能性もありますが、1年未満の場合は番号保管サービスを利用するのも1つの手です。

オーストラリア留学時の携帯利用で気をつけたいポイント

オーストラリア 留学 携帯

最後にオーストラリアに留学する際の携帯電話の利用で気をつけたいポイントについてご紹介します。日本とは通信事情も異なるので事前に携帯電話事情を知った上で利用することが大事です。

日本の携帯を使う場合は常に機内モードに

もし日本での携帯電話をそのまま使う場合は、必ず機内モードに設定しましょう。基本的には海外で日本の回線は使用できませんが、オーストラリアの場合国際通信が可能な場合もあります。

国際通信はかなり高額です。電話回線を繋いだままにすると勝手に通信してしまう場合があり、まったく使用していないのに数万円の請求が来てしまうという可能性もあります。

行きの飛行機から機内モードに設定し、オーストラリアに到着したらWi-FiだけONにして使用しましょう。

プリペイドSIMを使う場合は通信料の上限に気をつける

オーストラリアでは格安SIMを日本では馴染みのないプリペイド式で販売をしています。日本のように月額固定ではなく、通信料を都度購入するとという制度です。

そのため、現地で後先考えず動画をたくさん見てしまったり通信料を浪費してしまうとすぐに上限になり、通信ができなくなってしまう可能性があるため、使い方には十分注意が必要です。

盗難に気をつける

最後に気をつけるべきポイントは盗難です。オーストラリアは比較的治安がいい国ですがそれでも日本よりは悪いです。

特に日本ではカフェなどの場所取りで携帯電話を机の上に置く方もいますが、オーストラリアでは盗んでくださいと言ってしまっているようなものです。

盗難される可能性は日本より高いということを念頭に置いて、日々の生活でも盗難防止のための工夫をすることが大切です。

まとめ

今回はオーストラリアに留学に行く時の携帯電話事情についてご紹介しました。大事な点は日本での携帯電話の番号を取っておくかどうか、格安SIMスマートフォンを持つかどうかです。この2点をどうするかによってオーストラリアでの携帯電話のコストは大きく変わります。

まずは留学の期間と日本での携帯電話事情を確認した上で、自分にとってベストな方法で携帯電話を利用してくださいね。

オーストラリア留学
南半球の大都市を有する留学人気国
掲載学校数 356
国の詳細を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

けんわたなーべ

けんわたなーべ

都内在住のカメラマン兼ライター。 バリ島をきっかけに海外にハマり東南アジアを中心に回っています。カンボジアの現地日系企業で働いた経験あり。趣味は旅行と歌と料理。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。