【お知らせ】7月〜8月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

ニュージーランドに留学に予防接種は義務?必要なワクチンから病気になったときの対処法まで解説

ニュージーランド 予防接種

「ニュージーランドに留学や旅行に行くけれど、予防接種って必要なのかな……」

と感じている方は多いのではないでしょうか。

ニュージーランド留学で、予防接種の義務は特にありません。しかし留学など長期で滞在する場合、ワクチンを接種していると感染症のリスクが下がります。

とはいえ、具体的に必要な予防接種などは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、ニュージーランド留学で予防接種が必要な理由や気をつけたい病気、受けておきたいワクチンなどを紹介します。この記事を読んで、ニュージーランド留学にそなえましょう!

※この記事は1NZドル=75円で計算しています。

【PR】

ニュージーランド留学で予防接種は必要?その理由とは?

ニュージーランド 予防接種 理由

まずはニュージーランド留学における

  • ・予防接種の必要性
  • ・予防接種をおすすめする理由
  • ・ワクチンを接種できる場所

を紹介します。

予防接種は義務ではない!

ニュージーランド留学において、予防接種の義務はありません。予防接種を受けていない人でも、ニュージーランドに入国や留学ができます。

ただし留学など長期滞在する人は、予防接種を受けておくと安心です。次で詳しく解説しますね。

予防接種をおすすめする理由

予防接種をおすすめする理由は、以下の3つです。

  • ・一部の語学学校や大学の入学条件だから
  • ・ほかの旅行者からニュージーランドに持ち込まれたウイルスへの感染を防ぐため
  • ・日本へ帰国後の感染拡大を防ぐため

国として、予防接種の義務化はしていません。

集団感染を防ぐために、予防接種がおすすめされています。

ニュージーランドの医療レベルや医療費

ニュージーランドの医療レベルは日本と同じくらいです。また日本語の通じる病院や、日本人の医師に診察してもらえる病院もあります。

医療費の目安は、以下の通りです。

  • ・風邪の診察 50〜100NZドル(約3,750〜7,500円)
  • ・救急車の利用(留学生やワーホリ利用の人の場合) 800NZドル(約6万円)
  • ・骨折したためレントゲンで検査 150〜500NZドル(約1万1,250〜3万7,500円)

日本よりも高額ですよね。

予防できる病気のワクチンを接種することで、結果として医療費の負担も減らすことができます。

ワクチンを接種できる場所

予防接種は日本にある、

  • ・検疫所
  • ・トラベルクリニック
  • ・病院

で受けることができます。

電話で予約をしてから受診してください。

ここまで予防接種について、ざっくりと解説しました。しかし国によって、気をつけたい病気は異なります。

そこで次はニュージーランドで気をつけたい病気を紹介します。

ニュージランドで気をつけたい7つの病気

ニュージーランド 予防接種

気をつけたい病気として、

  • ・破傷風
  • ・A型肝炎
  • ・インフルエンザ

などを解説します。

破傷風

破傷風は世界中で流行しており、切り傷などの傷口から感染します。

症状は主に、けいれんです。

狂犬病

動物のかみ傷から感染します。症状は発熱や頭痛、倦怠感、知覚異常などです。

A型肝炎

A型肝炎は、ウイルスを持った飲食物の摂取で感染します。

症状は食欲不振や腹痛、おう吐、腹痛などです。

B型肝炎

B型肝炎は、ウイルスを持った血液や体液との接触で感染します。そのため、ケガの治療などにも注意が欠かせません。

症状は食欲不振やおう吐、黄疸(眼球や皮膚が黄色くなること)の出現などです。

インフルエンザ

ニュージーランドでも冬の6〜8月にかけて、インフルエンザが流行します。

症状は発熱やせき、頭痛と、日本で発症するものとほとんど変わりません。

予防接種と、現地での手洗いうがいをおすすめします。

マレーバレー脳炎

オセアニアでよく見られる病気のひとつで、蚊に刺されることで感染します。

症状は関節痛や頭痛や高熱、昏睡などです。

現時点で、予防接種はありません。そのため虫の多い場所では、虫よけスプレーの準備、長そで長ズボンの着用などを心がけてください。

食中毒(感染性腸炎)

気温が高い夏に、ウイルスを持った刺身や寿司など生ものを食べることで、食中毒になることもあります。

続いては、病気を予防できるワクチンを紹介します。

ニュージーランド留学前に受けておきたい予防接種

ニュージーランド 予防接種

受けておきたい予防接種として、

  • ・DPT
  • ・狂犬病
  • ・インフルエンザ

などを解説します。

DPT

DPTは「ジフテリア、百日咳、破傷風」を予防できます。

DPTのワクチンは、多くの人が小さい頃に受けています。しかし接種から4〜12年で、免疫が下がることも少なくありません。

成人してから予防接種を受けることで、感染のリスクがさらに下がります。

費用は1万円です。

狂犬病

野生動物が多い場所に行く場合、ワクチン接種をおすすめします。

費用は2万〜3万円です。予防接種は2〜3回にわけて実施されるため、時間がかかります。

A型肝炎

ワーキングホリデーなど1年以上ニュージーランドに滞在する人向けで、費用は1万〜2万円です。

B型肝炎

ワーキングホリデーなど1年以上ニュージーランドに滞在する人向けで、費用は1万〜2万円です。

インフルエンザ

冬(6〜8月)に留学する人向けで、費用は3,000〜4,000円です。

ここまで受けておきたい予防接種について、ざっくりと解説しました。続いては、予防接種を受けるまでのスケジュールを簡単に紹介します。

ニュージーランド留学までの予防接種スケジュール

ニュージーランド 予防接種

予防接種を受けるスケジュールとして、

  • ・受けるタイミング
  • ・予防接種の記録をチェック
  • ・接種の流れ

を解説します。

予防接種を受けるタイミング

留学の6カ月前までには、準備をスタートしてください。なぜなら狂犬病など、数回にわけて接種するワクチンがあるからです。

留学日から計算して、遅くても1カ月前にワクチン接種が終了しているようにしてください。

母子手帳で予防接種の記録をチェック

ほとんどの人は、母子手帳に今までのワクチン接種歴が記録されています。

しかし接種したワクチンは、全員同じではありません。世代によって、幼少期に義務付けられていた予防接種が変わっているからです。

母子手帳を確認して、自分に足りないワクチンだけを接種してください。

予防接種の流れ

予防接種の流れは以下の通りです。

1.必要な予防接種を確認する
2.希望のワクチンに対応しているか、病院に確認して予約をする
3.予防接種を受けて、証明書を発行してもらう

追加料金は必要ですが、英文の証明書を発行してもらうと安心です。費用は5,000〜1万円ほどです。

ここまで予防接種について、解説しました。

続いては、病気にならないための注意事項を紹介します。

ニュージーランド留学で注意したいこと

ニュージーランド 予防接種

ニュージーランドで気をつけたいこととして、

  • ・食事と睡眠
  • ・虫刺されの対策
  • ・生ものの摂取

を解説します。

食事と睡眠は十分に取る

風邪などの体調不良は、食事や睡眠が不足しているときにかかりやすいです。留学中でも栄養バランスの取れた食事と、7〜8時間の睡眠を意識してみてください。

虫刺され対策をする

感染症の中には、蚊に刺されたことで発症するものも少なくありません。

そのため山や川に行くときは、

  • ・虫よけスプレーを持って行く
  • ・虫よけスプレーは日焼け止めなどを塗ってからつける
  • ・長そで長ズボンを着る

などの対策を用意してみてください。蚊に刺されにくくなります。

生ものを避ける

A型肝炎や食中毒は、生ものを食べることによって感染します。

特に気温が高くなる夏には要注意です。食事をするときは、食べる前ににおいや変色などがないかチェックしましょう。

最後に、現地で病気になったときの対処法を紹介します。

留学や旅行中、病気になったときの対処法

ニュージーランド 予防接種

留学中に病気になったときの対処法として、

  • ・常備薬や市販薬の活用
  • ・病院での診察
  • ・海外旅行保険のサポート利用

を解説します。

常備薬や市販薬を飲む

海外の薬局で薬を探すことは、簡単ではありません。日本と言葉が違うため、薬の効果や飲み方を理解しにくいからです。

そのため日本からいつも使っている薬を持参しましょう。そして薬を飲んで、しばらく安静にしてください。

現地の病院を受診する

薬を飲んでもなおらないときには、ニュージーランドの病院を受診しましょう。ただし英語での診察になり、さらには日本の保険証などが使用できません。

そのため次で紹介する、日本語によるサポートを提供する海外旅行・留学保険への加入が必要です。

海外旅行保険や留学保険のサポートを利用する

海外旅行保険や留学保険へ加入しておくことで、体調不良のときに保険のサポートを活用できます。

海外で日本の健康保険は使用できないため、診察代金などがすべて自己負担になります。しかし冒頭でもお伝えしたように、ニュージーランドの医療費は日本ほど安くありません。

またすべて英語による診察のため、お医者さんの言っていることをなかなか理解できないことも。

病気になったときは、保険が提供する日本語対応のサポートデスクに問い合わせる方がスムーズです。

病院手配の依頼やキャッシュレス診療を利用できるため、精神的な負担を感じません。病院に行く前に、まずは保険会社に電話をしてみてください。

まとめ:ニュージーランド留学にそなえて、予防接種の準備を!

今回はニュージーランド留学に必要な予防接種を解説しました。

おさらいすると、ニュージーランド留学にそなえて受けておきたいワクチンは、以下の通りです。

  • ・DPT
  • ・狂犬病
  • ・A型肝炎
  • ・B型肝炎
  • ・インフルエンザ

また留学中に体調を崩さないためにも、食事や睡眠などにも注意が必要です。

トラブルにそなえて、まずは気になる予防接種から調べてみてくださいね。

ニュージーランド留学
都会も自然も楽しめる優雅な海の国
掲載学校数 248
国の詳細を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

モリキアユミ

モリキアユミ

1992年生まれ、京都府出身のフリーライター。大学卒業時に就職を蹴って、24カ国・50都市の世界一周を実行し、旅の途中からそのままライターへ。現在はタイと日本を行ったり来たりしています。オーストラリア留学とセブ島留学の経験あり。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。